【2022年版】KEIANのおすすめモニター6つ紹介!

ゲーミングデバイスゲーミングモニター

PCモニターをお探しの方の中には、価格の安いKEIAN(ケイアン)のモニターに注目されている方もいるでしょう。

KEIANのモニターは、日本の電子機器卸売企業である恵安株式会社が販売しています。恵安株式会社は、主に中国製のPC・PC周辺機器、格安タブレットなどを取り扱っており、コストパフォーマンス重視のユーザに人気の企業となっています。

KEIANのモニターも同様に、圧倒的なコスパの高さが売りの1つです。さらに、従来のLEDよりもリアルで鮮やかな色彩を再現できる「量子ドット技術」をしており、格安でありながらも綺麗な映像を楽しめます。

写真:製品ページのスクリーンショット

また、PCゲーマー向けの高速なモデルや、画面上に照準を表示する機能を搭載したモデルなどもあり、ゲーマーやeスポーツプレイヤーからも愛用されています。

この記事では、そんなKEIANのおすすめモニターを7つ紹介します!ぜひ、格安で高機能なモニターを手に入れてみてください。

*登場する用語の補足

リフレッシュレート:1秒間に画面を描画する回数のこと。単位は「Hz(ヘルツ)」。たとえば、1秒間に60回描画する場合、リフレッシュレートは60Hzと示されます。一般的なモニターのリフレッシュレートは60Hzです。

応答速度:色が切り替わる速度のこと。色が変化する時間の単位「ms(ミリセカンド)」で示されます。たとえば、1msは、1/1000秒ごとに色を変化させることを意味します。

パネルの種類:PCモニターのパネルにはいくつかの種類があります。この記事に出てくる「ADSパネル」や「AASパネル」は色合いの鮮やかさが強み、「VAパネル」は映像鑑賞向け、という特徴があります。

関連記事
▷ 【徹底厳選】ゲーミングモニターのおすすめ紹介
▷ 安いゲーミングモニターのおすすめ紹介

スポンサーリンク

高リフレッシュレートのおすすめモデル3つ

まずは、なめらかなゲーム映像を実現できる高リフレッシュレートのおすすめモデルを3つご紹介します。

ゲームを快適に楽しむためには、映像のなめらかさや残像感のなさが大切です。ここで紹介するモデルは、いずれも標準的なゲーミングモニター以上の高速スペックであるため、FPSや格闘ゲームのような動きの速いゲームから、MOBA、RTS、RPGなどに至るまで、幅広いゲームを十分快適に楽しめます

KIG270QD-G:27インチ・WQHD・165Hz

画像:製品ページより

まずご紹介するモデルは、「KIG270QD-G」です。

画面サイズは27インチと、一般的なモニターよりも一回り大きめです。さらに、解像度はWQHD(2560×1440)の高解像度であるため、大きな画面で美しいゲーム映像を満喫できます。

リフレッシュレートは165Hz応答速度は最大1ms(GtG)であり、どんなジャンルのゲームでも快適にプレイできます。

量子ドット技術に加え、パネルの種類が鮮やかな色合いを特徴とするAASパネルであるため、発色も綺麗で、どの角度から見ても綺麗な色のまま見えます。また、HDR対応により、暗いシーンや明るいシーンも見やすいです。

ステレオスピーカーも内蔵されているため、外付けのスピーカーやイヤフォン・ヘッドフォンを使わなくても音が鳴らせます。

モニター位置調整の自由度も高く、前後・左右角度調節、高さ調節、回転ができます。自分の姿勢に合った位置にセッティングできるため、長時間のゲームプレイでも身体への負担を軽減できます。

高解像度の映像をスムーズで残像感なく楽しめるモニターとしておすすめです!

製品名KIG270QD-G
サイズ27インチ
解像度QHD (2560×1440)
パネル種類VA
リフレッシュレート165Hz
応答速度オーバードライブ
 ON: GtG 1ms
 OFF: GtG 14ms
入出力PC接続用:
 DisplayPort 1.4 x1
 HDMI 2.0 x2
出力用:
 3.5mm ステレオミニジャック x1
スピーカー2W x2
スタンド前後角度調整(チルト):-5°~15°
左右角度調整(スイベル):左右15°
高さ調節:±100mm
回転(ピボット):右90°
その他機能FreeSync技術対応
G-Sync技術対応
HDR対応

Pioneros KPGM270:27インチ・WQHD・180Hz

写真:Amazonのスクリーンショット

続いてご紹介するモデルは、「Pioneros KPGM270」です。

こちらは、KEIANの新ゲーミングブランド「Pioneros(ピオネロス)」の初のモニターとなります。

リフレッシュレートは180Hz応答速度は1ms(GtG)と、ゲーミングブランドから出ているだけあって、かなりの高速です。FPSなどのゲームで上級者の方がハイレベルな試合を繰り広げるにも十分な速さです。

画面サイズは27インチと、一般的なモニターよりも一回り大きめです。さらに、解像度はWQHD(2560×1440)の高解像度であるため、大きな画面で美しいゲーム映像を満喫できます。

パネルの種類は、映像鑑賞向けのVAパネルです。また、HDR対応により、暗いシーンや明るいシーンも見やすいです。

ステレオスピーカーも内蔵されているため、外付けのスピーカーやイヤフォン・ヘッドフォンを使わなくても音が鳴らせます。

モニター位置調整の自由度も高く、前後・左右角度調節、高さ調節、回転ができます。自分の姿勢に合った位置にセッティングできるため、長時間のゲームプレイでも身体への負担を軽減できます。

より高速な映像にこだわりたい方におすすめのゲーミングモニターです!

製品名KPGM270
サイズ27インチ
解像度QHD (2560×1440)
パネル種類VA
リフレッシュレート180Hz
応答速度GtG 1ms
入出力PC接続用:
 DisplayPort 1.4 x1
 HDMI 1.4 x2
出力用:
 3.5mm ステレオミニジャック x1
スピーカー2W x2
スタンド前後角度調整(チルト):前5°/後25°
左右角度調整(スイベル):左右25°
高さ調節:±120mm
回転(ピボット):左右90°
その他機能FreeSync技術対応
HDR対応

KIG320QD-G:31.5インチ・WQHD・165Hz

写真:Amazonのスクリーンショット

続いてご紹介するモデルは、「KIG320QD-G」です。

画面サイズは31.5インチの超大型であり、視界をゲーム画面で埋め尽くすことができます。さらに、解像度はWQHD(2560×1440)の高解像度であるため、大画面で美しいゲーム映像を満喫できます。

リフレッシュレートは165Hz応答速度は最大1ms(GtG)であり、どんなジャンルのゲームでも快適にプレイできます。

パネルの種類は、映像鑑賞向けのVAパネルです。また、HDR対応により、暗いシーンや明るいシーンも見やすいです。

ステレオスピーカーも内蔵されているため、外付けのスピーカーやイヤフォン・ヘッドフォンを使わなくても音が鳴らせます。

モニター位置調整の自由度も高く、前後・左右角度調節と高さ調節ができます。自分の目線の高さに合わせた位置にセッティングすることができます。

迫力ある大画面で、なめらかで美しい映像を楽しめるモニターとしておすすめです!

製品名KIG320QD-G
サイズ31.5インチ
解像度QHD (2560×1440)
パネル種類VA
リフレッシュレート165Hz
応答速度オーバードライブ
 ON: GtG 1ms
 OFF: GtG 20ms
入出力PC接続用:
 DisplayPort 1.4 x1
 HDMI 2.0 x2
出力用:
 3.5mm ステレオミニジャック x1
スピーカー2W x2
スタンド前後角度調整(チルト):前5°/後20°
左右角度調整(スイベル):左右15°
高さ調節:±100mm
回転(ピボット):なし
その他機能FreeSync技術対応
G-Sync技術対応
HDR対応

関連記事:165Hzのおすすめゲーミングモニター紹介

超高解像度のおすすめモデル1つ

続いて、最高クラスの高解像度である4K(3840×2160)おすすめモデルを1つご紹介いたします。

4Kの超高解像度モニターでは、圧倒的に精細で美しい映像を満喫することができます。RPGなどのゲームの世界に浸ることはもちろん、PCでのイラスト制作や、写真・動画の編集など、クリエイティブな作業をする方にもおすすめです。

画像や映像の美しさにこだわりたい方は、ぜひ検討してみてください!

KWIN28:28インチ・4K・圧倒的な安さ!

画像:製品ページより

ご紹介するモデルは、「KWIN28」です。

画面サイズは28インチの大きめ画面であり、密度の高い4K映像を堪能することができます。映像鑑賞が趣味な方は、より満足感のある視聴体験ができるでしょう。

パネルの種類は映像鑑賞向けのVAパネルであるため、綺麗な画面で楽しめます。また、HDR対応により、暗いシーンや明るいシーンも見やすいです。

リフレッシュレートは60Hz応答速度は最大2ms(GtG)と、標準的なモニターの速さです。応答速度はゲーミングモニター並みに速いため、残像感のない映像を楽しめます。

ステレオスピーカーも内蔵されているため、外付けのスピーカーやイヤフォン・ヘッドフォンを使わなくても音が鳴らせます。

さらに、リモコンが付属しているため、離れた場所から操作することもできます。

4Kモニターは高額なものが多い中、こちらのモデルはなんと2万円台で購入可能という悪魔的破格です。気軽に入手できる4Kモニターとしておすすめです!

製品名KWIN28
サイズ28インチ
解像度4K (3840×2160)
パネル種類VA
リフレッシュレート60Hz
応答速度オーバードライブ
 ON: GtG 2ms
 OFF: GtG 8ms
入出力PC接続用:
 DisplayPort 1.2a x1
 HDMI 2.0(HDCP 2.2) x1
 HDMI 1.4(HDCP 1.4) x2
出力用:
 3.5mm ステレオミニジャック x1
スピーカー5W x2
スタンド前後角度調整(チルト):前5°/後15°
左右角度調整(スイベル):なし
高さ調節:なし
回転(ピボット):なし
その他機能Line of Sight(クロスヘア)機能を搭載
FreeSync技術対応
HDR対応
リモコン付属

関連記事:4Kのゲーミングモニターおすすめ紹介

モバイルモニターのおすすめ2つ

最後に、持ち運びが可能なモバイルモニターのおすすめモデルを2つご紹介いたします。

場所を選ばずどこでも使えるモバイルモニターは、近年人気が高まっています。家の外で作業をする方や、PC用のサブモニターが欲しい方、スマホゲームやSwitchなどの映像を大きな画面に映したい方などに特に愛用されています。

KEIANのモバイルモニターは価格も安く、手軽に購入しやすいです。何かと便利なモバイルモニター、1台持っておくと生活スタイルの幅が広がるかもしれません!

GDP133FQ:13.3インチ・フルHDで使いやすい

写真:製品ページのスクリーンショット

まずご紹介するモデルは、「GDP133FQ」です。

画面サイズは13.3インチです。13インチ前後の大きさは、AppleのMacBook Proなどのノートパソコンにも採用されている主流なサイズであり、持ち運びもしやすく使いやすいです。

通常のモニターと同様に、量子ドット技術に加え、鮮やかな色合いのADSパネルが採用されているため、綺麗な画面で楽しめます。解像度もフルHD(1920×1080)と一般的です。

リフレッシュレートは60Hzであり、一般的なモニターの速さです(応答速度は非公開です)。

USB Type-Cによるスマホとの接続や、miniHDMIによるSwitch、PS4との接続など、様々なデバイスと接続することができます。(miniHDMIでの接続の際には付属のminiHDMI-HDMIケーブルを使用します。)

ステレオスピーカーも内蔵されているため、外付けのスピーカーやイヤフォン・ヘッドフォンを使わなくても音が鳴らせます。また、スタンドとしても使えるカバーが付属しているため、別途スタンドを用意する必要もありません。

1万円台で購入できる便利なモバイルモニターとしておすすめです!

製品名KIGP133FQ
パネルADS 13.3インチ
解像度FHD (1920×1080)
入出力PC接続用:
 USB 3.1 Type-C(DP Alt mode) x2
 Mini HDMI 2.0 x1
出力用:
 3.5mm ステレオミニジャック x1
USBハブ機能:
 USB 2.0 Type-A x2
スピーカー1W x2
サイズ312.9×196.4×12.5mm
重量695g
その他スタンドカバー付属
レザーバッグ付属

KIPD4K156:15.6インチ・4Kでタッチパネル付き

写真:製品ページのスクリーンショット

続いてご紹介するモデルは、「KIPD4K156」です。

画面サイズは15.6インチであり、大きめのノートパソコンに採用されているような大きさです。また、タッチパネルが搭載されているため、タブレットのように使うことが出来ます。

さらに、解像度は4K(3840×2160)の超高解像度であるため、映像や写真を鮮明で美しく楽しむことができます。

パネルの種類は鮮やかな色合いを特徴とするADSパネルであるため、発色も綺麗です。また、HDR対応により、暗いシーンや明るいシーンも見やすいです。

リフレッシュレートは60Hz応答速度は最大9ms(GtG)と、普段使い用のモニターとして十分な速さです。

USB Type-Cによるスマホとの接続や、miniHDMIによるSwitch、PS4との接続など、様々なデバイスと接続することができます。(miniHDMIでの接続の際には付属のminiHDMI-HDMIケーブルを使用します。)

ステレオスピーカーも内蔵されているため、外付けのスピーカーやイヤフォン・ヘッドフォンを使わなくても音が鳴らせます。また、スタンドとしても使えるカバーが付属しているため、別途スタンドを用意する必要もありません。

4Kのモバイルモニターでありながら2万円台と、価格も非常にお手頃です。コスパの高い4Kモバイルモニターとしておすすめです!

製品名KIPD4K156
パネルADS 15.6インチ
解像度4K (3840×2160)
入出力PC接続用:
 USB 3.1 Type-C(DP Alt mode) x1
 Mini HDMI 2.0 x1
出力用:
 3.5mm ステレオミニジャック x1
USBハブ機能:
 Micro USB 2.0 x2
スピーカー1W x2
サイズ367.8×232.8×10.5mm
重量960g
その他10点マルチタッチ対応
スタンドカバー付属

ほかのゲーミングモニターも見てみる

▷ Acer(Predator/Nitro/AOPEN)のおすすめゲーミングモニター紹介
▷ AOC(AGON)のおすすめゲーミングモニター紹介
▷ ASUS(ROG/TUF Gaming)のおすすめゲーミングモニター紹介
▷ BenQのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ Dell(ALIENWARE)のおすすめゲーミングモニター紹介
▷ GIGABYTE(AORUS)のおすすめゲーミングモニター紹介
▷ HP(OMEN)のおすすめゲーミングモニター紹介
▷ iiyamaのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ I-O DATA「GigaCrysta」のおすすめゲーミングモニター紹介
▷ JAPANNEXTのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ KEIANのおすすめモニター紹介
▷ Lenovoのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ LGのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ MSIのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ Pixioのおすすめゲーミングモニター紹介

用途や特徴からモニターを探す

▷ 【徹底厳選】ゲーミングモニターのおすすめ紹介
▷ 安いゲーミングモニターのおすすめ紹介
▷ 湾曲ゲーミングモニターのおすすめ紹介
▷ 4Kゲーミングモニターのおすすめ紹介
▷ ウルトラワイドゲーミングモニターのおすすめ紹介
▷ HDR対応のゲーミングモニターのおすすめ紹介
▷ 白色のゲーミングモニターのおすすめ紹介

▷ リフレッシュレート144Hzのおすすめモニター紹介
▷ 【コスパ最強】安い144Hzモニターのおすすめを解像度別に紹介
▷ 144Hz・WQHDのおすすめモニター紹介
▷ 144Hz・4Kのおすすめモニター紹介
▷ 144Hz・IPSパネルのおすすめモニター紹介
▷ 144Hz・24インチのおすすめモニター紹介
▷ 144Hz・27インチのおすすめモニター紹介
▷ 144Hzの湾曲モニターおすすめ紹介

▷ リフレッシュレート165Hzのおすすめモニター紹介

▷ リフレッシュレート240Hzのおすすめモニター紹介
▷ 【コスパ最強】安い240Hzモニターのおすすめ紹介
▷ 240Hz・WQHDのおすすめモニター紹介
▷ 240Hz・IPSパネルのおすすめモニター紹介

▷ リフレッシュレート360Hzのおすすめモニター紹介
▷ リフレッシュレート390Hzのおすすめモニター紹介

▷ リフレッシュレート60Hzのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ リフレッシュレート75Hzのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ Nintendo Switch向けのゲーミングモニターおすすめ紹介
▷ PS5におすすめの4K・120Hzモニター紹介
▷ PS5におすすめのゲーミングモニター紹介