75Hzのゲーミングモニターおすすめ15選【2022年最新】

ゲーミングモニター

リフレッシュレートの高いゲーミングモニターは、1秒間に画面を描画する回数が多いため、なめらかな映像でゲームをプレイすることができます。

しかし、以下に当てはまるゲーマーの方は、リフレッシュレート抑えたゲーミングモニターが欲しいと感じているかもしれません。

・「自分のPCのスペックを考えると、高リフレッシュレートの出力は負担が大きそうだ」
・「RPGなど世界観重視のゲームが中心なので、リフレッシュレートより高解像度を優先したい」
・「Nintendo SwitchやPlayStation 4用に使いたいので、高リフレッシュレートはいらない」

こんな方々に向けて、この記事では、通常のモニターよりは高いけどゲーミングモニターとしては控えめであるリフレッシュレート75Hzのゲーミングモニターのおすすめをご紹介していきます!

*登場する用語の補足

リフレッシュレート:1秒間に画面を描画する回数のこと。単位は「Hz(ヘルツ)」。たとえば、1秒間に60回描画する場合、リフレッシュレートは60Hzと示されます。数値が高いほどなめらかな映像になります。

応答速度:色が切り替わる速度のこと。色が変化する時間の単位「ms(ミリセカンド)」で示されます。たとえば、1msは、1/1000秒ごとに色を変化させることを意味します。数値が小さいほど残像感のない映像になります。

解像度:画面をいくつの点で表示するかの値のこと。単位は「ピクセル」で、横×縦で表します。ピクセル数が多い(=解像度が高い)ほど、鮮明な画像になります。一般的な解像度としては「フルHD(1920×1080ピクセル)」、高解像度としては「QHD(2560×1440ピクセル)」や「4K(3840×2160ピクセル)」などがあります。

パネルの種類:ゲーミングモニターのパネルにはいくつかの種類があります。TNパネルは応答速度が速いことが強み、IPSパネルは映像の鮮明さが強み、VAパネルは映像鑑賞向け、という特徴があります。

関連記事
▷ 60Hzのゲーミングモニターおすすめ紹介
▷ 【コスパ最強】安い144Hzモニターのおすすめを解像度別に紹介

スポンサーリンク

フルHDのおすすめ

まずは、解像度がフルHD(1920×1080)のおすすめゲーミングモニターをご紹介します。

フルHDは、多くのモニターに採用されている一般的な解像度です。PCへの負荷も低いことから、お持ちのPCスペックがあまり高くなくても、安定した映像を出力しやすいです。

また、Nintendo SwitchやPlayStation 4の最大出力はフルHDであるため、こうしたゲームをメインにプレイする方にも向いています。

高解像度のゲーミングモニターに比べると価格が安いのも魅力です。

21.5型IPS:Acer Nitro VG220Qbmiifx(2万円前後)★綺麗な画面

写真:Amazonのスクリーンショット

まずは、台湾の大手PC・PC関連機器メーカーであるAcer(エイサー)のゲーミングブランドNitro(ニトロ)Nitro VG220Qbmiifx」をご紹介します。

こちらは、21.5インチのコンパクトなモデルです。スペースを取りすぎないため、気軽に使うことができます。また、鮮やかな色表現が得意なIPSパネルを採用しているため、画面が綺麗なのも特徴です。

リフレッシュレートは75Hz応答速度は1ms(VRB)です。リフレッシュレートは控えめであるものの、応答速度が超高速であるため、残像感の少ない映像を楽しめます。

モニターの位置調節は、前後角度調節のみができます。高さを調節したい場合は、別途モニタースタンドなどを用意すると良いでしょう。

また、スピーカーが内蔵されているため、外付けヘッドフォンやスピーカーを用意しなくても音を出すことができます。

製品名VG220Qbmiifx
サイズ21.5インチ
解像度FHD (1920×1080)
パネル種類IPS
リフレッシュレート75Hz
応答速度VRB 1ms
入出力PC接続用:
 HDMI 1.4 x2
 ミニD-Sub 15ピン x1
 3.5mmステレオミニジャック x1
出力用:
 3.5mmステレオミニジャック x1
スピーカー2W x2
スタンド前後角度調整(チルト):前5°/後20°
左右角度調整(スイベル):なし
高さ調節:なし
回転(ピボット):なし
その他機能FreeSync技術対応

関連記事:Acer(Predator/Nitro/AOPEN)のおすすめゲーミングモニター紹介

21.5型TN:Acer AOPEN 22MX1Qbmiix(1万5千円前後)★安さ重視

写真:Amazonのスクリーンショット

続いて、同じくAcer(エイサー)のモニターブランドAOPEN(エーオープン)AOPEN 22MX1Qbmiix」をご紹介します。

こちらも、21.5インチの小型モデルです。パネルに、低コストなTNパネルを採用していることで、1万5千円前後というお手頃価格を実現しています。コンパクトで安いモニターをお探しの方におすすめです。

リフレッシュレートは75Hz応答速度は1ms(VRB)です。リフレッシュレートは控えめであるものの、応答速度が超高速であるため、残像感の少ない映像を楽しめます。

モニターの位置調節は、前後角度調節のみができます。高さを調節したい場合は、別途モニタースタンドなどを用意すると良いでしょう。

また、スピーカーが内蔵されているため、外付けヘッドフォンやスピーカーを用意しなくても音を出すことができます。

製品名22MX1Qbmiix
サイズ21.5インチ
解像度FHD (1920×1080)
パネル種類TN
リフレッシュレート75Hz
応答速度GtG 1ms
入出力PC接続用:
 HDMI 1.4 x2
 ミニD-Sub 15ピン x1
 3.5mmステレオミニジャック x1
出力用:
 3.5mmステレオミニジャック x1
スピーカー2W x2
スタンド前後角度調整(チルト):前5°/後15°
左右角度調整(スイベル):なし
高さ調節:なし
回転(ピボット):なし
その他機能FreeSync機能搭載

関連記事:Acer(Predator/Nitro/AOPEN)のおすすめゲーミングモニター紹介

22型VA:Pixio PX222(1万円台後半)★映像鑑賞も綺麗

写真:Amazonのスクリーンショット

続いて、アメリカ発のモニターブランドであるPixio(ピクシオ)「PX222」をご紹介します。

Pixioは、日本ではまだ知名度が低いですが、広告や販売に関わるコストを最大限カットすることで、最高水準のモニターを低コストで販売することを使命としている優良ブランドです。Pixio日本支部もあるため、何かあった際に日本語で問い合わせることも可能です。

こちらは、22インチの小型モデルです。また、映像鑑賞向けのVAパネルを採用しているため、ゲームだけでなく日頃の動画視聴も綺麗に楽しめるという特徴があります。

リフレッシュレートは75Hz応答速度は最大4ms(GtG)です。リフレッシュレートは控えめであるものの、応答速度が高速であるため、残像感の少ない映像を楽しめます。

モニターの位置調整は、前後角度調節のみとなります。ただし、モニターアームに接続できるVESAマウントに対応しているため、モニターアームを使用することで調節が可能となります。

製品名PX222
サイズ22インチ
解像度FHD (1920×1080)
パネル種類VA
リフレッシュレート75Hz
応答速度GtG 4ms
入出力PC接続用:
 HDMI 1.4 x1
 ミニD-Sub 15ピン x1
出力用:
 3.5mmステレオミニジャック x1
スピーカーなし
スタンド前後角度調整(チルト):前5°/後15°
左右角度調整(スイベル):なし
高さ調節:なし
回転(ピボット):なし
その他機能Adaptive-Sync技術対応

関連記事:Pixioのおすすめゲーミングモニター紹介

23.8型IPS:Acer Nitro VG240Ybmiifx(1万円台後半)★画面が綺麗で安い

写真:Amazonのスクリーンショット

続いて、台湾の大手PC・PC関連機器メーカーであるAcer(エイサー)のゲーミングブランドNitro(ニトロ)「Nitro VG240Ybmiifx」をご紹介します。

画面サイズは23.8インチと、一般的なモニターサイズです。競技性の高いゲームをプレイする場合でも、視線を移動させずに全体の戦況を把握しやすいです。また、鮮やかな色表現が得意なIPSパネルを採用しているため、画面が綺麗なのも特徴です。

リフレッシュレートは75Hz応答速度は1ms(VRB)です。リフレッシュレートは控えめですが、応答速度が超高速であるため、残像感の少ない映像を楽しめます。

モニターの位置調節は、前後角度調節のみができます。

また、スピーカーが内蔵されているため、外付けヘッドフォンやスピーカーを用意しなくても音を出すことができます。

製品名VG240Ybmiifx
サイズ23.8インチ
解像度FHD (1920×1080)
パネル種類IPS
リフレッシュレート75Hz
応答速度VRB 1ms
入出力PC接続用:
 HDMI 1.4 x2
 ミニD-Sub 15ピン x1
 3.5mmステレオミニジャック x1
出力用:
 3.5mmステレオミニジャック x1
スピーカー2W x2
スタンド前後角度調整(チルト):前5°/後20°
左右角度調整(スイベル):なし
高さ調節:なし
回転(ピボット):なし
その他機能FreeSync機能搭載

関連記事:Acer(Predator/Nitro/AOPEN)のおすすめゲーミングモニター紹介

23.8型TN:ASUS VG245HE-J(2万円前後)★人気メーカーの売れ筋

写真:Amazonのスクリーンショット

続いて、台湾の大手PC・スマートフォン関連メーカーであるASUS(エイスース)「VG245HE-J」をご紹介します。

こちらは、人気メーカーASUSのゲーミングモニターが2万円とお手頃価格で購入できることもあり、Amazonなどで常に売れ筋となっているゲーミングモニターです。

大きな特徴は、ゲームプレイに便利な「GamePlus機能」が搭載されている点です。FPSなどのシューティングゲームで照準を画面に表示できる「CROSSHAIR(クロスヘア)」や、経過時間を表示できる「TIMER(タイマー)」など、初心者でもゲームがプレイしやすい機能が揃っています。

画面サイズは23.8インチと、一般的なモニターサイズです。競技性の高いゲームをプレイする場合でも、視線を移動させずに全体の戦況を把握しやすいです。パネルの種類は、応答速度の速さを特徴とするTNパネルです。

リフレッシュレートは75Hz応答速度は0.6ms(GtG)です。リフレッシュレートは控えめですが、応答速度が超高速であるため、残像感の少ない映像を楽しめます。

モニターの位置調節は、前後角度調節のみができます。

また、スピーカーが内蔵されているため、外付けヘッドフォンやスピーカーを用意しなくても音を出すことができます。

製品名VG245HE-J
サイズ24インチ
解像度FHD (1920×1080)
パネル種類TN
リフレッシュレート75Hz
応答速度GtG 0.6ms
入出力PC接続用:
 HDMI 1.4 x 2
 D-Sub x 1
 3.5mmステレオミニジャック x1
出力用:
 3.5mmステレオミニジャック x1
スピーカー2W x2
スタンド前後角度調整(チルト):前5°/後35
左右角度調整(スイベル):なし
高さ調節:なし
回転(ピボット):なし
その他機能GamePlus機能対応
FreeSync技術対応

関連記事:ASUS(ROG/TUF Gaming)のおすすめゲーミングモニター紹介

23.8型VA:I-O Data GigaCrysta EX-LDF241SVB(2万円前後)★安心の日本メーカー

写真:Amazonのスクリーンショット

続いて、日本の老舗PC周辺機器メーカーであるI-O DATA(アイオーデータ)のゲーミングモニターブランドであるGigaCrysta(ギガクリスタ)「GigaCrysta EX-LDF241SVB」をご紹介します。

画面サイズは23.8インチと、一般的なモニターサイズです。競技性の高いゲームをプレイする場合でも、視線を移動させずに全体の戦況を把握しやすいです。また、映像鑑賞向けのVAパネルを採用しているため、ゲームだけでなく日頃の動画視聴も綺麗に楽しめるという特徴があります。

リフレッシュレートは75Hz応答速度は最大4ms(GtG)です。リフレッシュレートは控えめであるものの、応答速度が高速であるため、残像感の少ない映像を楽しめます。

モニターの位置調整は、前後角度調節のみ可能です。

また、スピーカーが内蔵されているため、モニターから直接音を出すこともできます。

製品名EX-LDF241SVB
サイズ23.8インチ
解像度FHD (1920×1080)
パネル種類VA
リフレッシュレート75Hz
応答速度オーバードライブ
 ON: GtG 4ms
 OFF: GtG 16ms
入出力PC接続用:
 DisplayPort x1
 HDMI x2
出力用:
 3.5mm ステレオミニジャック x1
その他:
 USB Type-A(メンテナンス用) x1
スピーカー1W x2
スタンド前後角度調整(チルト):前5°/後20°
左右角度調整(スイベル):なし
高さ調節:なし
回転(ピボット):なし
その他機能
I-O Dataによる動作確認済みのゲーム機
PS4 Pro、PS4、PS3、Switch、Xbox One、Xbox One X

EX-LDF241SVB:3年保証 特定EC専売品

関連記事:I-O DATA「GigaCrysta」のおすすめゲーミングモニター紹介

27型IPS:AOC 27G2E5/11(2万円台前半)★編集部イチオシ

写真:Amazonのスクリーンショット

続いて、台湾の老舗モニターメーカーであるAOC(エーオーシー)27G2E5/11をご紹介します。

こちらは、27インチのモデルであり、迫力ある大きな画面でゲームを楽しめます。さらに、DisplayPortだけでなくHDMIポートが2つあるため、PCだけでなく複数のゲーム機と接続できて便利です。

リフレッシュレートは75Hz応答速度は1ms(MPRT)です。リフレッシュレートは控えめですが、応答速度が超高速であるため、残像感の少ない映像を楽しめます。

パネルの種類は、鮮やかな色表現を得意とするIPSパネルであり、綺麗な画面です。HDR対応により、暗いシーンや明るいシーンでも見やすいです。

モニターの位置調節は、前後角度調節のみ可能です。

また、画面の中央に照準を表示することができる「Dual Point」機能も搭載されており、シューティングゲームなどもプレイしやすいです。

★イチオシのポイント★
IPSパネル採用の綺麗で大きな画面が特徴であり、ゲームだけでなく仕事用や普段用にも使いやすいです。HDMIが2つあるため、Nintendo SwitchやPlayStation 4など複数のゲーム機にも繋いでおけるので、幅広いゲームを1台で楽しめます。価格も2万円台前半とお手頃であり、編集部イチオシです!

製品名27G2E5/11
サイズ27インチ
解像度FHD (1920×1080)
パネル種類IPS
リフレッシュレート75Hz
応答速度MPRT 1ms
入出力PC接続用:
 DisplayPort 1.2 x1
 HDMI 1.4 x2
 ミニD-Sub 15ピン x1
出力用:
 3.5mm ステレオミニジャック x1
スピーカーなし
スタンド前後角度調整(チルト):前5°/後23°
左右角度調整(スイベル):なし
高さ調節:なし
回転(ピボット):なし
その他機能Dial Point(クロスヘア)機能搭載
FreeSync技術対応
HDR Mode搭載

関連記事:AOC(AGON)のおすすめゲーミングモニター紹介

27型IPS:Acer AOPEN 27ML2bmix(2万円前後)★安さ重視

写真:Amazonのスクリーンショット

続いて、台湾の大手PC・PC関連機器メーカーであるAcer(エイサー)のモニターブランドAOPEN(エーオープン)「AOPEN 27ML2bmix」をご紹介します。

こちらは、27インチの大型で、鮮やかな色表現を得意とするIPSパネルを採用したモデルでありながらも2万円前後という安さが魅力的です。

リフレッシュレートは75Hz、応答速度は1ms(TVR)です。リフレッシュレートは控えめであるものの、応答速度が超高速であるため、残像感の少ない映像を楽しめます。

モニターの位置調節は、前後角度調節のみ可能です。

また、スピーカーも内蔵されているため、モニターから直接音を出すこともできて便利です。

製品名27ML2bmix
サイズ27インチ
解像度FHD (1920×1080)
パネル種類IPS
リフレッシュレート75Hz
応答速度TVR 1ms
入出力PC接続用:
 HDMI 1.4 x1
 ミニD-Sub 15ピン x1
 3.5mmステレオミニジャック x1
出力用:
 3.5mmステレオミニジャック x1
スピーカー2W x2
スタンド前後角度調整(チルト):前5°/後15°
左右角度調整(スイベル):なし
高さ調節:なし
回転(ピボット):なし
その他機能FreeSync機能搭載

関連記事:Acer(Predator/Nitro/AOPEN)のおすすめゲーミングモニター紹介

27型TN:iiyama G-MASTER G2730HSU-B1(3万5千円前後)★老舗日本メーカー

写真:Amazonのスクリーンショット

続いて、日本の液晶ディスプレイブランドであるiiyama(イーヤマ)「G-MASTER G2730HSU-B1」をご紹介します。

iiyamaは1980年代からパソコン用モニターを製造する老舗ブランドで、古くからのパソコンユーザを中心に評判の良いメーカーです。国内メーカーということで、サポートの安心感も魅力です。

こちらは、27インチの大型モデルであり、視界いっぱいに広がるゲームの世界にしっかり没入することができます。パネルの種類は、応答速度の速さを特徴とするTNパネルです。

リフレッシュレートは75Hz、応答速度は1ms(TVR)です。リフレッシュレートは控えめであるものの、応答速度が超高速であるため、残像感の少ない映像を楽しめます。

モニターの位置調整は、前後角度調節のみとなります。

また、USBハブ機能が搭載されているため、キーボードやマウスをモニターにつないで操作することもできて便利です。

さらに、スピーカーが内蔵されているため、外付けヘッドフォンやスピーカーを用意しなくても音を出すことができます。

製品名G2730HSU-B1
サイズ27インチ
解像度FHD (1920×1080)
パネル種類TN
リフレッシュレート75Hz
応答速度GtG 1ms
入出力PC接続用:
 DisplayPort x1
 HDMI x1
 D-Sub x1
 USB 2.0 Type-B x1
 3.5mmステレオミニジャック x1
出力用:
 3.5mmステレオミニジャック x1
USBハブ機能:
 USB 2.0 Type-A x2
スピーカー2W x2
スタンド前後角度調整(チルト):前5°/後22°
左右角度調整(スイベル):なし
高さ調節:なし
回転(ピボット):なし
その他機能FreeSync技術対応

関連記事:iiyamaのおすすめゲーミングモニター紹介

WQHDのおすすめ

続いて、解像度がWQHD(2560×1440)のおすすめゲーミングモニターをご紹介します。

フルHDよりも高解像度なWQHDでは、ゲームの美しい世界をより繊細に楽しむことができるほか、1画面に多くの情報を表示することができます。世界観重視のMMORPGや、1画面あたりの情報量が多いことでプレイしやすくなるMOBAやRTSなどのジャンルをプレイする方に特に人気です。

仕事も効率よく作業でき、映像鑑賞も綺麗に楽しめるため、日常使いとの併用時にも便利です。

23.8型IPS:Acer Nitro VG240YUbmiipx(3万円前後)★バランス良し

写真:Amazonのスクリーンショット

まずは、台湾の大手PC・PC関連機器メーカーであるAcer(エイサー)「Nitro VG240YUbmiipx」をご紹介します。

こちらは、23.8インチと標準的なサイズのモデルです。WQHDの美しい映像度を高密度で楽しむことができます。

リフレッシュレートは75Hz応答速度は1ms(VBR)です。リフレッシュレートは控えめですが、応答速度が超高速であるため、残像感の少ない映像を楽しめます。

パネルには、鮮やかな色表現を得意とするIPSパネルを採用しているため、画面も綺麗です。

モニターの位置調節は、前後角度調節のみができます。

また、スピーカーが内蔵されているため、モニターから直接音を出すこともできます。

製品名VG240YUbmiipx
サイズ23.8インチ
解像度QHD (2560×1440)
パネル種類IPS
リフレッシュレート75Hz
応答速度VRB 1ms
入出力PC接続用:
 DisplayPort 1.2 x1
 HDMI 2.0 x2
出力用:
 3.5mmステレオミニジャック x1
スピーカー2W x2
スタンド前後角度調整(チルト):前5°/後20°
左右角度調整(スイベル):なし
高さ調節:なし
回転(ピボット):なし
その他機能FreeSync技術対応

関連記事:Acer(Predator/Nitro/AOPEN)のおすすめゲーミングモニター紹介

27型IPS:Pixio PX274 Prime(3万円前後)★色合いも鮮やか

写真:Amazonのスクリーンショット

続いて、アメリカのゲーム向けモニターブランドPixio(ピクシオ)「PX274 Prime」をご紹介します。

Pixioは、日本ではまだ知名度が低いですが、広告や販売に関わるコストを最大限カットすることで、最高水準のモニターを低コストで販売することを使命としている優良ブランドです。Pixio日本支部もあるため、何かあった際に日本語で問い合わせることも可能です。

こちらは、27インチの大型モデルです。27インチとWQHDは相性が良く、ゲームだけでなく日常使いでも美しい映像を満喫することができます。

リフレッシュレートは75Hz応答速度は1ms(MPRT)です。リフレッシュレートは控えめですが、応答速度が超高速であるため、残像感の少ない映像を楽しめます。

パネルの種類は、鮮やかな色表現を得意とするIPSパネルであり、綺麗な画面で楽しめます。さらに、HDR対応により、暗いシーンや明るいシーンでも見やすいです。

モニターの位置調節は、前後角度調節のみができます。

また、画面の中央に照準を表示することができる「Crosshairオーバーレイ機能」も搭載されており、シューティングゲームなどもプレイしやすいです。

製品名PX274 Prime
サイズ27インチ
解像度QHD (2560×1440)
パネル種類IPS
リフレッシュレート75Hz
応答速度MPRT 1ms
入出力PC接続用:
 DisplayPort 1.2(75Hz) x1
 HDMI 1.4(60Hz) x2
出力用:
 3.5mmステレオミニジャック x1
スピーカーなし
スタンド前後角度調整(チルト):前5°/後15°
左右角度調整(スイベル):なし
高さ調節:なし
回転(ピボット):なし
その他機能クロスヘア機能搭載
FreeSync Premium技術対応
HDR対応

関連記事:Pixioのおすすめゲーミングモニター紹介

27型TN:JAPANNEXT JN-T27WQHD-C65W(2万円台後半)★Type-C対応

写真:Amazonのスクリーンショット

続いて、日本発のモニターメーカーであるJAPANNEXT(ジャパンネクスト)「JN-T27WQHD-C65W」をご紹介します。

JAPANNEXTは、良質なモニターを低価格で提供していることに定評のあるメーカーであり、Amazonなどの通販だけでなく、最近では大手家電量販店でも見かけるようになってきた人気メーカーです。こちらのモデルも価格が安めで入手しやすいです。

こちらは、27インチの大型モデルです。27インチとWQHDは相性が良く、ゲームだけでなく日常使いでも美しい映像を満喫することができます。

リフレッシュレートは75Hz応答速度は1ms(MPRT)です。リフレッシュレートは控えめであるものの、応答速度が超高速であるため、残像感の少ない映像を楽しめます。

パネルの種類は、応答速度の速さを特徴とするTNパネルです。HDR対応により、暗いシーンや明るいシーンでも見やすいです。

モニターの位置調節は、前後角度調節のみができます。高さを調節したい場合は、別途モニタースタンドなどを用意すると良いでしょう。

また、USB Type-C(ケーブル1本でPC充電と映像出力ができる)に対応しているため、ノートPCに接続したい場合にも使いやすくて便利です。

製品名JN-T27WQHD-C65W
サイズ27インチ
解像度QHD (2560×1440)
パネル種類TN
リフレッシュレート75Hz
応答速度MPRT 2ms
入出力PC接続用:
 DisplayPort 1.2 x1
 HDMI 1.4 x1
 USB Type-C(電源供給 最大65W) x1
出力用:
 3.5mmステレオミニジャック x1
スピーカーなし
スタンド前後角度調整(チルト):前5°/後15°
左右角度調整(スイベル):なし
高さ調節:なし
回転(ピボット):なし
その他機能FreeSync技術対応
HDR対応

関連記事:JAPANNEXTのおすすめゲーミングモニター紹介

ウルトラワイドのおすすめ

続いて、ウルトラワイドタイプのおすすめゲーミングモニターをご紹介していきます。

ウルトラワイドモニターは、一般的なモニターよりも横長です。多くのモニターの横縦比は16:9ですが、ウルトラワイドモニターは21:9です。視界の隅々までゲーム画面で埋め尽くすことができるため、没入感の高いゲーム体験ができるのが特徴です。

29型ADS:I-O Data GigaCrysta EX-LDGCWF291SDB(3万円前後)★コンパクト

写真:Amazonのスクリーンショット

まずは、日本の老舗PC周辺機器メーカーであるI-O DATA(アイオーデータ)のゲーミングモニターブランドであるGigaCrysta(ギガクリスタ)GigaCrysta EX-LDGCWF291SDB」をご紹介します。

こちらは、ウルトラワイドモニターとしてはコンパクトな29インチのモデルです。いきなり大型のウルトラワイドモニターを導入することに抵抗のある方でも、試してみやすいサイズ感です。

解像度はUWFHD(2560×1080)という、フルHD(1920×1080)を横に約1.3倍広くした解像度であるため、PCへの負担も抑えられています。

リフレッシュレートは75Hz、応答速度は最大1.4ms(GtG)です。リフレッシュレートは控えめであるものの、応答速度が超高速であるため、残像感の少ない映像を楽しめます。

パネルの種類は、鮮やかな色表現を得意とするADSパネルであるため、画面も綺麗です。

モニター位置調整は、前後角度調節のみできます。

また、スピーカーが内蔵されているため、モニターから直接音を出すこともできます。

製品名EX-LDGCWF291SDB
サイズ29インチ
解像度UWFHD (2560×1080)
パネル種類ADS
リフレッシュレート75Hz
応答速度オーバードライブ
 ON: GtG 1.4ms
 OFF: GtG 14ms
入出力PC接続用:
 DisplayPort x1
 HDMI x2
出力用:
 3.5mmステレオミニジャック x1
その他:
 USB Type-A(メンテナンス用) x1
スピーカー2W x2
スタンド前後角度調整(チルト):前5°/後20°
左右角度調整(スイベル):なし
高さ調節:なし
回転(ピボット):なし
その他機能FreeSync技術対応
推奨ディスプレイ認定ゲーム
ファイナルファンタジーXIV
I-O Dataによる動作確認済みのゲーム機
PS5、PS4 Pro、PS4、Switch

関連記事:I-O DATA「GigaCrysta」のおすすめゲーミングモニター紹介

34型IPS:LG UltraWide 34WP65G-B(4万5千円前後)★大型で迫力ある映像

写真:Amazonのスクリーンショット

続いて、韓国の総合家電メーカーであるLG(エルジー)「UltraWide 34WP65G-B」をご紹介します。

こちらは、34インチの大型ウルトラワイドモニターです。迫力ある大きな画面でゲームを存分に楽しめます。

解像度はUWFHD(2560×1080)という、フルHD(1920×1080)を横に約1.3倍広くした解像度であるため、PCへの負担も抑えられています。

リフレッシュレートは75Hz応答速度は5ms(GtG)です。リフレッシュレートは控えめですが、応答速度が高速であるため、残像感の少ない映像を楽しめます。

パネルの種類は、鮮やかな色表現を得意とするIPSパネルであり、綺麗な画面でゲームの世界観を楽しめます。HDRにも対応しているため、くっきりと見やすい映像を楽しむこともできます。

モニター位置調整の自由度も高く、前後角度調節、高さ調節ができます。自分の姿勢に合った快適な位置にセットすることができます。

製品名34WP65G-B
サイズ34インチ
解像度UWFHD (2560×1080)
パネル種類IPS
リフレッシュレート75Hz
応答速度GtG 5ms
入出力PC接続用:
 DisplayPort 1.4 x1
 HDMI x1
 USB Type-C(DP Alt Mode) x1
出力用:
 3.5mmステレオミニジャック x1
スピーカーなし
スタンド前後角度調整(チルト):前5°/後15°
左右角度調整(スイベル):なし
高さ調節:±110mm
回転(ピボット):対応
その他機能ゲーム機能(クロスヘア対応)搭載
FreeSync技術対応
HDR対応(DisplayHDR 400)

関連記事:LGのおすすめゲーミングモニター紹介

34型ADS:I-O Data GigaCrysta LCD-GCWQ341XDB(6万円台前半)★高解像度

写真:Amazonのスクリーンショット

続いては、日本の老舗PC周辺機器メーカーであるI-O DATA(アイオーデータ)のゲーミングモニターブランドであるGigaCrysta(ギガクリスタ)GigaCrysta LCD-GCWQ341XDBをご紹介します。

こちらは、迫力ある34インチのウルトラワイドモニターであることに加え、UWQHD(3440×1440)の高解像度であるため、視界の隅々まで美しい映像を楽しむことができます。

リフレッシュレートは75Hz、応答速度は最大2ms(GtG)です。リフレッシュレートは控えめであるものの、応答速度が超高速であるため、残像感の少ない映像を楽しめます。

パネルの種類ははADSパネルであり、色合いも鮮やかであるほか、DisplayHDR 400に対応しているため、暗いシーンや明るいシーンでも色が潰れることなく美しい描画を実現します。

このモニターは映像の美しさが高く評価されており、スクウェア・エニックスの検証基準をクリアし、『ファイナルファンタジーXIV』の標準ディスプレイに認定されています。

モニターの位置調整は、前後・左右角度調節と高さ調節が可能であり、身体への負担が少ない快適な位置にセットすることができます。

また、スピーカーが内蔵されているため、モニターから直接音を出すこともできます。

さらに、入力切替、音量調節、画面モードなどが切り替えられるリモコンが付属しており、便利です。

製品名LCD-GCWQ341XDB
サイズ34インチ
解像度UWQHD (3440×1440)
パネル種類ADS
リフレッシュレート75Hz
応答速度オーバードライブ
 ON: GtG 2ms
 OFF: GtG 14ms
入出力PC接続用:
 DisplayPort x1
 HDMI x2
 USB Type-C(DP Alt Mode) x1
出力用:
 3.5mm ステレオミニジャック x2
その他:
 USB Type-A(メンテナンス用) x1
スピーカー3.5W x2
スタンド前後角度調整(チルト):-3°~20°
左右角度調整(スイベル):左65°~右65°
高さ調節:0mm~110mm
回転(ピボット):なし
その他機能HDR対応(DisplayHDR 400)
リモコン付属
推奨モニター対象ゲーム
ファイナルファンタジーXIV
I-O Dataによる動作確認済みのゲーム機
PS5、PS4 Pro、PS4、PS3、Switch、Wii U、Xbox One、Xbox One S、Xbox One X

関連記事:I-O DATA「GigaCrysta」のおすすめゲーミングモニター紹介

用途や特徴からモニターを探す

▷ 【徹底厳選】ゲーミングモニターのおすすめ紹介
▷ 安いゲーミングモニターのおすすめ紹介
▷ 湾曲ゲーミングモニターのおすすめ紹介
▷ 4Kゲーミングモニターのおすすめ紹介
▷ ウルトラワイドゲーミングモニターのおすすめ紹介
▷ HDR対応のゲーミングモニターのおすすめ紹介
▷ 白色のゲーミングモニターのおすすめ紹介

▷ リフレッシュレート144Hzのおすすめモニター紹介
▷ 【コスパ最強】安い144Hzモニターのおすすめを解像度別に紹介
▷ 144Hz・WQHDのおすすめモニター紹介
▷ 144Hz・4Kのおすすめモニター紹介
▷ 144Hz・IPSパネルのおすすめモニター紹介
▷ 144Hz・24インチのおすすめモニター紹介
▷ 144Hz・27インチのおすすめモニター紹介
▷ 144Hzの湾曲モニターおすすめ紹介

▷ リフレッシュレート165Hzのおすすめモニター紹介

▷ リフレッシュレート240Hzのおすすめモニター紹介
▷ 【コスパ最強】安い240Hzモニターのおすすめ紹介
▷ 240Hz・WQHDのおすすめモニター紹介
▷ 240Hz・IPSパネルのおすすめモニター紹介

▷ リフレッシュレート360Hzのおすすめモニター紹介
▷ リフレッシュレート390Hzのおすすめモニター紹介

▷ リフレッシュレート60Hzのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ リフレッシュレート75Hzのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ Nintendo Switch向けのゲーミングモニターおすすめ紹介
▷ PS5におすすめの4K・120Hzモニター紹介
▷ PS5におすすめのゲーミングモニター紹介

ほかのゲーミングモニターも見てみる

▷ Acer(Predator/Nitro/AOPEN)のおすすめゲーミングモニター紹介
▷ AOC(AGON)のおすすめゲーミングモニター紹介
▷ ASUS(ROG/TUF Gaming)のおすすめゲーミングモニター紹介
▷ BenQのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ Dell(ALIENWARE)のおすすめゲーミングモニター紹介
▷ GIGABYTE(AORUS)のおすすめゲーミングモニター紹介
▷ HP(OMEN)のおすすめゲーミングモニター紹介
▷ iiyamaのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ I-O DATA「GigaCrysta」のおすすめゲーミングモニター紹介
▷ JAPANNEXTのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ KEIANのおすすめモニター紹介
▷ Lenovoのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ LGのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ MSIのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ Pixioのおすすめゲーミングモニター紹介