4Kのゲーミングモニターおすすめ10選。美しい映像でゲームを楽しもう!【2022年新春版】

ゲーミングモニター

ゲーミングモニターをお探しの方の中には、解像度が4Kのゲーミングモニターを検討されている方もいるでしょう。ゲームの美しい世界観を、最高クラスの4Kの精細な映像で楽しめたら、普段のゲーム体験が充実すること間違いなしですね!

この記事では、おすすめの4Kゲーミングモニターをご紹介します!ぜひ参考にしてみてください。

補足:PlayStation 5を4K・120Hzで映したい方へ
PS5の映像を4Kかつリフレッシュレート120Hzで出力したい方は、HDMI 2.1に対応したモニターを選びましょう。HDMI 2.0では4K・60Hz、HDMI 1.4では4K・30Hzしか出せません。ご注意くださいね!

関連記事
▷ 湾曲ゲーミングモニターのおすすめ紹介
▷ 144Hz・WQHDのおすすめモニター紹介

スポンサーリンク

32インチ前後のおすすめモデル4つ

まずは、画面サイズが32インチ前後のおすすめモデルを4つご紹介します。

RPGやレーシングゲームなど、ゲームの世界観を満喫するようなゲームをプレイする場合には、大画面のゲーミングモニターがおすすめであり、32インチ前後はぴったりのサイズです。迫力のある大画面で没入感のあるプレイ体験ができます。

また、ゲーム専用モニターとしてだけではなく、日常使いのPCモニターとして併用する場合にも32インチ前後はおすすめできます。4Kの高解像度で多くの情報を1画面に表示しても文字が小さくなりすぎず、PC作業が効率的に進められます。

【144Hz】GIGABYTE「M32U」:編集部イチオシ!

写真:Amazonのスクリーンショット

まずご紹介するモデルは、台湾発の老舗PC・PCパーツメーカーであるGIGABYTE(ギガバイト)「M32U」です。31.5インチのモニターです。

リフレッシュレートは144Hz応答速度は1ms(MPRT)であり、幅広いゲームを十分になめらかで残像感のない映像で楽しめます。また、HDMI2.1に対応しているため、PlayStation 5での4K・120Hz出力も可能です。

パネルの種類は、鮮やかな色表現を得意とするIPSパネルであるため、画面も綺麗です。また、HDR対応により、暗いシーンや明るいシーンでも見やすいです。

モニターの位置調整は、前後・左右角度調節と高さ調節ができます。自分の目線の高さに合わせた位置にセットできます。

また、USBハブ機能が搭載されているため、キーボードやマウスをモニターにつないで操作できて便利です。USB Type-C(ケーブル1本でPC充電と映像出力ができる)にも対応しているため、ノートPC用のモニターとして使用する場合にも便利です。

さらに、便利なKVM機能もついています。KVM機能とは、モニターにキーボードとマウスを接続することで、モニターに表示するPCを切り替えても、同じキーボードとマウスでそのまま別のPCを操作できる機能のことです。

スピーカーも内蔵されているため、モニターから直接音を出すこともできます。

様々な場面で活躍できる高機能な4Kゲーミングモニターとして、編集部イチオシです!

製品名M32U
サイズ31.5インチ
解像度4K (3840×2160)
パネル種類IPS
リフレッシュレート144Hz
応答速度MPRT 1ms
入出力PC接続用:
 DisplayPort 1.4(DSC) x1
 HDMI 2.1 x2
 USB Type-C(DP Alt Mode) x1
 USB 3.0 Type-B x1
出力用:
 3.5mm ステレオミニジャック x1
USBハブ機能:
 USB 3.0 Type-A x3
スピーカー3W x2
スタンド前後角度調整(チルト):前5°/後20°
左右角度調整(スイベル):左右30°
高さ調節:±130mm
回転(ピボット):なし
その他機能ゲームアシスト機能搭載
Adaptive-Sync技術対応
HDR対応(DisplayHDR 400)
KVM機能搭載

関連記事:GIGABYTEのおすすめモニター紹介

【144Hz】JAPANNEXT「JN-315IPS144UHDR-N」:高品質でお手頃

写真:Amazonのスクリーンショット

続いてご紹介するモデルは、日本発のモニターメーカーであるJAPANNEXT(ジャパンネクスト)「JN-315IPS144UHDR-N」です。31.5インチのモニターです。

JAPANNEXTは、良質で低価格なモニターを提供していることに定評があるメーカーです。こちらのモデルも、スペックに対してお手頃価格である点が魅力的です。

リフレッシュレートは144Hz応答速度は1ms(MPRT)であり、幅広いゲームを十分になめらかで残像感のない映像で楽しめます。また、HDMI2.1に対応しているため、PlayStation 5での4K・120Hz出力も可能です。

パネルの種類は、鮮やかな色表現を得意とするIPSパネルであるため、画面も綺麗です。また、HDR対応により、暗いシーンや明るいシーンでも見やすいです。

モニターの位置調整の自由度も高く、前後・左右角度調節、高さ調節、回転ができます。長時間ゲームに熱中しても疲れにくい位置にセットすることができます。

また、内臓スピーカーが搭載されているため、外付けのスピーカーやヘッドフォンがなくても音が出せます。

良質でお手頃価格な4Kゲーミングモニターとしておすすめです!

製品名JN-315IPS144UHDR-N
サイズ31.5インチ
解像度4K (3840×2160)
パネル種類IPS
リフレッシュレート144Hz
応答速度MPRT 1ms
入出力PC接続用:
 DisplayPort 1.4 (144Hz) x2
 HDMI 2.1 (120Hz) x1
 HDMI 2.0 (60Hz) x1
出力用:
 3.5mmステレオミニジャック x1
スピーカー3W x2
スタンド前後角度調整(チルト):前2°/後18°
左右角度調整(スイベル):左右45°
高さ調節:±130mm
回転(ピボット):左90°
その他機能ゲームモードターゲット(クロスヘア)搭載
FreeSync技術対応
HDR対応(HDR10)

関連記事:JAPANNEXTのおすすめゲーミングモニター紹介

【144Hz】BenQ「MOBIUZ EX3210U」:高音質なスピーカー付き

写真:Amazonのスクリーンショット

続いてご紹介するモデルは、台湾の電化製品メーカーであるBenQ(ベンキュー)「MOBIUZ EX3210U」です。31.5インチのモニターです。

こちらのモデルは、薄型の高音質スピーカーが内蔵されている点が特徴的です。重低音から高音域まで鮮やかに表現するオーディオシステム「treVolo True Sound」により、正確な高音域、上質な中音域、エネルギッシュな重低音が表現されたサウンドを楽しむことができます。

リフレッシュレートは144Hz、応答速度は1ms(MPRT)と、幅広いゲームを十分快適にプレイできる高速さです。また、HDMI2.1に対応しているため、PlayStation 5での4K・120Hz出力も可能です。

パネルの種類は、鮮やかな色表現を得意とするIPSパネルであるため、画面も綺麗です。また、HDR対応により、暗いシーンや明るいシーンでも見やすいです。

モニターの位置調整は、前後・左右角度調節と高さ調節ができます。自分の目線の高さに合わせた位置にセットできます。また、USBハブ機能が搭載されているため、キーボードやマウスをモニターにつないで操作できて便利です。

映像もサウンドもハイクオリティに楽しめる4Kゲーミングモニターとしておすすめです!

製品名EX3210U
サイズ31.5インチ
解像度4K (3840×2160)
パネル種類IPS
リフレッシュレート144Hz
応答速度GTG 2ms
MPRT 1ms
入出力PC接続用:
 DisplayPort 1.4 x1
 HDMI 2.1 x2
 USB 3.0 Type-B x1
出力用:
 3.5mmステレオミニジャック x1
USBハブ機能:
 USB 3.0 Type-A x4
スピーカー2W x2
5Wサブウーファー
スタンド前後角度調整(チルト):前5°/後15°
左右角度調整(スイベル):左右15°
高さ調節:±100mm
回転(ピボット):なし
その他機能FreeSync Premium Pro技術対応
HDRi搭載(Display HDR 400)
ノイズキャンセリングマイク搭載
treVolo True Sound対応
リモコン付属

関連記事:BenQのおすすめゲーミングモニター紹介

【60Hz】BenQ「EW3270U」:4Kの入門機に最適

写真:Amazonのスクリーンショット

続いて紹介するモデルは、同じくBenQのエンターテインメントモニター「EW3270U」です。

こちらはゲーミングモニターとして売られているモデルではありませんが、映像品質にこだわったモデルであるため、ゲームを綺麗に楽しむのに向いています。価格も手が出しやすいため、4Kの入門向けに最適なモデルとしてご紹介します。

リフレッシュレートは60Hz応答速度は4ms(GtG)と、ゲーム用モニターとしては控えめのスペックですが、その分PCへの負荷が低いため、入門向け~ミドルクラスのゲーミングPCをお使いの場合でも4K映像を出力しやすいです。

パネルの種類は、映像鑑賞向けのVAパネルであり、幅広い色表現が可能であるほか、自然に近い見え方を目指して設計されています。また、HDR対応により、暗いシーンや明るいシーンでも見やすいです。

モニターの位置調節は、前後角度調節のみができます。高さを調節したい場合は、別途モニタースタンドなどを用意すると良いでしょう。

また、スピーカーが内蔵されているため、外付けヘッドフォンやスピーカーを用意しなくても音を出すことができます。

FPSや格闘ゲームなどの高リフレッシュレートを要するゲームには不向きですが、美しい映像でRPGなどの世界観に没入したい方におすすめの4Kモニターです!

製品名EW3270U
サイズ31.5インチ
解像度4K (3840×2160)
パネル種類VA
リフレッシュレート60Hz
応答速度GtG 4ms
入出力PC接続用:
 DisplayPort 1.4 x 1
 HDMI 2.0 x2
 USB Type-C(DP Alt Mode) x1
出力用:
 3.5mmステレオミニジャック x1
スピーカー2W x2
スタンド前後角度調整(チルト):対応
左右角度調整(スイベル):なし
高さ調節:なし
回転(ピボット):なし
その他機能FreeSync技術対応
HDR対応(HDR10)

関連記事:リフレッシュレート60Hzのおすすめゲーミングモニター紹介

28インチのおすすめモデル4つ

続いて、4Kモニターとしてはやや小ぶりな28インチのおすすめモデルを4つご紹介します。

28インチの画面は、1画面にたくさんの情報を表示するには少し小さいですが、写真や映像をメインに映す場合には、高密度で鮮明な画面を楽しむことができます。

また、ゲームという点では、FPSや格闘ゲームなどの動きの激しいゲームをプレイする際にも視線を移動させずに全体を把握できるため、快適にプレイしやすいサイズ感であると言えます。

【144Hz】ASUS「TUF Gaming VG28UQL1A」:編集部イチオシ!

写真:製品ページのスクリーンショット

まずご紹介するモデルは、台湾のPC・スマートフォン関連メーカーであるASUS(エイスース)「TUF Gaming VG28UQL1A」です。28インチのモニターです。

リフレッシュレートは144Hz応答速度は1ms(GtG)であり、幅広いゲームを十分になめらかで残像感のない映像で楽しめます。

パネルの種類はIPSパネルであり、鮮やかな色合いの画面を楽しめます。さらにHDR対応により、暗いシーンや明るいシーンでも見やすいです。

モニターの位置調整の自由度も高く、前後・左右角度調節、高さ調節、回転ができます。自分の姿勢に合った快適な位置にセットできます。

USBハブ機能もついているため、モニターにキーボードやマウスを直接つないで操作することもできます。

また、内臓スピーカーが搭載されているため、外付けのスピーカーやヘッドフォンがなくても音が出せます。

さらに、HDMIポートが4つあり、そのうち2つが4K・120Hzに対応したHDMI 2.1となっている点が特徴的です。PS5、PS4、Nintendo Switchなどの複数のゲーム機につないでおけて便利です。

1台で複数のゲーム機・PCと接続できて便利な4Kゲーミングモニターとして、編集部イチオシです!

製品名VG28UQL1A
サイズ28インチ
解像度4K (3840×2160)
パネル種類IPS
リフレッシュレート144Hz
応答速度GtG 1ms
入出力PC接続用:
 DisplayPort 1.4 x1
 HDMI 2.1 x2
 HDMI 2.0 x2
 USB 3.0 Type-B x1
出力用:
 3.5mm ステレオミニジャック x1
USBハブ機能:
 USB 3.0 Type-A x2
スピーカー2W x2
スタンド前後角度調整(チルト):前5°/後20°
左右角度調整(スイベル):左右15°
高さ調節:±120mm
回転(ピボット):左右90°
その他機能GamePlus機能搭載
Adaptive-Sync技術対応
FreeSync Premium技術対応
G-Sync技術対応
HDR対応(HDR10)

関連記事:ASUS「TUF Gaming」のおすすめモニター紹介

【144Hz】GIGABYTE「M28U」:KVM機能付き

写真:Amazonのスクリーンショット

続いてご紹介するモデルは、台湾発の老舗PC・PCパーツメーカーであるGIGABYTE(ギガバイト)「M28U」です。28インチのモニターです。

リフレッシュレートは144Hz応答速度は1ms(GtG)であり、幅広いゲームを十分になめらかで残像感のない映像で楽しめます。また、HDMI2.1に対応しているため、PlayStation 5での4K・120Hz出力も可能です。

パネルの種類は、鮮やかな色表現を得意とするIPSパネルであるため、画面も綺麗です。また、HDR対応により、暗いシーンや明るいシーンでも見やすいです。

モニターの位置調整は、前後角度調節と高さ調節ができます。自分の目線の高さに合わせた位置にセットできます。

また、USBハブ機能が搭載されているため、キーボードやマウスをモニターにつないで操作できて便利です。さらに、KVM機能もついているため、モニターに表示するデバイスを切り替えても、同じキーボードとマウスでそのまま別のPCを操作できます。

スピーカーも内蔵されているため、モニターから直接音を出すこともできます。

高機能で使い勝手の良い4Kゲーミングモニターとしておすすめです!

製品名M28U
サイズ28インチ
解像度4K (3840×2160)
パネル種類IPS
リフレッシュレート144Hz
応答速度GtG 1ms
MPRT 2ms
入出力PC接続用:
 Display port 1.4(DSC) x1
 HDMI 2.1 x2
 USB 3.0 Type-B x1
出力用:
 3.5mm ステレオミニジャック x1
USBハブ機能:
 USB 3.0 Type-A x3
 USB 3.0 Type-C x1
スピーカー3W x2
スタンド前後角度調整(チルト):前5°/後20°
左右角度調整(スイベル):なし
高さ調節:±130mm
回転(ピボット):なし
その他機能ゲームアシスト機能搭載
Adaptive-Sync技術対応
HDR対応(DisplayHDR 400)
KVM機能搭載

関連記事:GIGABYTEのおすすめモニター紹介

【144Hz】JAPANNEXT「JN-280IPS144UHDR」:圧倒的な安さ

写真:Amazonのスクリーンショット

続いてご紹介するモデルは、日本発のモニターメーカーであるJAPANNEXT(ジャパンネクスト)「JN-280IPS144UHDR」です。28インチのモニターです。

こちらのモデルは、7万円台(2022年5月時点)という圧倒的な安さが魅力的なモデルです。必要な機能は十分に揃っているため、安さを重視される方におすすめです。

リフレッシュレートは144Hz応答速度は1ms(MPRT)であり、幅広いゲームを十分になめらかで残像感のない映像で楽しめます。また、HDMI2.1に対応しているため、PlayStation 5での4K・120Hz出力も可能です。

パネルの種類は、鮮やかな色表現を得意とするIPSパネルであり、綺麗な画面を楽しめます。また、HDR対応により、暗いシーンや明るいシーンでも見やすいです。

モニターの位置調整は、前後角度調節のみ可能です。

また、スピーカーが内蔵されているため、外付けのヘッドフォンやスピーカーを接続しなくてもモニターだけで音が出せます。

PS5でも使える文句なしの高機能でありながら圧倒的に安い4Kゲーミングモニターとしておすすめです!

製品名JN-280IPS144UHDR
サイズ28インチ
解像度4K (3840×2160)
パネル種類IPS
リフレッシュレート144Hz
応答速度MPRT 1ms
入出力PC接続用:
 DisplayPort 1.4(3440×1440@144Hz) x2
 HDMI 2.1(3440×1440@120Hz) x1
 HDMI 2.0(3440×1440@60Hz) x1
出力用:
 3.5mm ステレオミニジャック x1
スピーカー2w x2
スタンド前後角度調整(チルト):前5°/後15°
左右角度調整(スイベル):なし
高さ調節:なし
回転(ピボット):なし
その他機能ゲームモードターゲット(クロスヘア)搭載
FreeSync技術対応
HDR対応(HDR10)
リモコン付属

JAPANNEXT「GX28 (JN-280IPS144UHDR-C65W) 」:高機能版

JN-280IPS144UHDRに似たモデルとして、「GX28(JN-280IPS144UHDR-C65W)」があります。

こちらは、USB Type-C接続、多機能スタンド、KVM機能に対応した、より高機能なモデルです。値段は少し上がるものの、さらにコストパフォーマンスが高いモデルとなっています。

モニターの機能性にこだわる方は、こちらもぜひ検討してみてください。

created by Rinker
ジャパンネクスト(Japannext)
¥75,436(2022/06/29 23:32:18時点 Amazon調べ-詳細)

関連記事:JAPANNEXTのおすすめゲーミングモニター紹介

【60Hz】Acer「SigmaLine KG281KAbmiipx」:TNパネルの4K入門機

写真:Amazonのスクリーンショット

続いてご紹介するモデルは、台湾のPC・PC関連機器メーカーであるAcer(エイサー)「SigmaLine KG281KAbmiipx」です。28インチのモニターです。

リフレッシュレートは60Hzと控えめですが、その分PCへの負荷が低いため入門向け~ミドルクラスのゲーミングPCでも4K映像を楽しめます応答速度は1ms(GtG)と一般的なゲーミングモニターのように高速であるため、残像感のない映像を楽しめます。

パネルの種類は、応答速度の速さを特徴とするTNパネルです。また、HDR対応により、暗いシーンや明るいシーンでも見やすいです。

モニターの位置調整は、前後角度調節のみ可能です。高さを変えるには、別途モニタースタンドなどを利用すると良いでしょう。

さらに、内臓スピーカーが搭載されているため、外付けのスピーカーやヘッドフォンがなくても音が出せます。

PCスペックがそこまで高くなくても4Kでゲームを楽しめる、入門向けの4Kゲーミングモニターとしておすすめです!

製品名KG281KAbmiipx
サイズ28インチ
解像度4K (3840×2160)
パネル種類TN
リフレッシュレート60Hz
応答速度GtG 1ms
入出力PC接続用:
 DisplayPort 1.2 x1
 HDMI 2.0(HDCP2.2) x2
出力用:
 3.5mm ステレオミニジャック x1
スピーカー2W x2
スタンド前後角度調整(チルト):前5°/後15°
左右角度調整(スイベル):なし
高さ調節:なし
回転(ピボット):なし
その他機能FreeSync機能搭載
HDR対応(HDR10)

関連記事:Acer「SigmaLine」のおすすめモニター紹介

【60Hz】Acer「Nitro KG282Kbmiipx」:IPSパネルの4K入門機

写真:Amazonのスクリーンショット

続いてご紹介するモデルは、同じくAcer「Nitro KG282Kbmiipx」です。28インチのモニターです。

リフレッシュレートは60Hzと控えめですが、その分PCへの負荷が低いため入門向け~ミドルクラスのゲーミングPCでも4K映像を楽しめます応答速度は4ms(GtG)と一般的なゲーミングモニターのように高速であるため、残像感のない映像を楽しめます。

パネルの種類は、鮮やかな色表現を得意とするIPSパネルであるため、画面も綺麗です。また、HDR対応により、暗いシーンや明るいシーンでも見やすいです。

モニターの位置調整は、前後角度調節のみ可能です。高さを変えるには、別途モニタースタンドなどを利用すると良いでしょう。

さらに、内臓スピーカーが搭載されているため、外付けのスピーカーやヘッドフォンがなくても音が出せます。

PCスペックがそこまで高くなくても綺麗な画面で4K映像を楽しめる、入門向けの4Kゲーミングモニターとしておすすめです!

製品名KG282Kbmiipx
サイズ28インチ
解像度4K (3840×2160)
パネル種類IPS
リフレッシュレート60Hz
応答速度GtG 4ms
入出力PC接続用:
 DisplayPort 1.2 x1
 HDMI 2.0 x2
出力用:
 3.5mmステレオミニジャック x1
スピーカー2W x2
スタンド前後角度調整(チルト):前5°/後15°
左右角度調整(スイベル):なし
高さ調節:なし
回転(ピボット):なし
その他機能FreeSync技術対応
HDR対応(HDR 10)

関連記事:Acer「Nitro」のおすすめゲーミングモニター紹介

40インチ以上のおすすめモデル2つ

最後に、画面サイズが40インチ以上のおすすめモデルを2つご紹介します。どちらもPS5で4K・120Hz出力ができるHDMI2.1に対応しているモデルです。

40インチ以上は大型テレビ並みのサイズであり、4Kの超高解像度映像を迫力ある大画面で楽しむことができます。一般的なPCデスクに設置するモニターとしては大きすぎるため、リビングに置いてソファでゲームをするような方や、YouTubeやNetflixなどの映像鑑賞向けとして兼用するような方におすすめです。

【144Hz】ASUS「ROG Strix XG43UQ」:機能的で本体が光る

写真:Amazonのスクリーンショット

まずご紹介するモデルは、台湾のPC・スマートフォン関連メーカーであるASUS(エイスース)「ROG Strix XG43UQ」です。43インチの超大型モニターです。

リフレッシュレートは144Hz応答速度は1ms(MPRT)と、幅広いゲームを十分になめらかで残像感のない映像で楽しめます。

パネルの種類はIPSパネルであり、鮮やかな色合いの画面を楽しめます。また、 HDR対応により、暗いシーンや明るいシーンでも見やすいです。色精度も高く、リアルな色を表示できます。

モニターの位置調整は、前後角度調節のみできます。モニターの底面部分は光るため、暗い部屋で使用した際にもカッコイイです。

さらに、高音質なスピーカーも内蔵されているため、別途スピーカーやヘッドフォンを用意しなくても迫力あるサウンドを楽しめます。

USBハブ機能もついているため、モニターに直接キーボードやマウスを接続して操作することなどもできて便利です。

また、HDMIポートが4つあり、そのうち2つが4K・120Hzに対応したHDMI 2.1となっているため、PS5だけでなくSwitchやPS4などのゲーム機にも接続しておけます。リビングなどのスペースに設置するモニターとして、複数のゲーム機につないでおけるのは便利です。

どんなゲームも超大画面で満喫できる4Kゲーミングモニターとしておすすめです!

製品名XG43UQ
サイズ43インチ
解像度4K (3840×2160)
パネル種類IPS
リフレッシュレート144Hz
応答速度MPRT 1ms
入出力PC接続用:
 DisplayPort 1.4 x1
 HDMI 2.1 x2
 HDMI 2.0 x2
 USB 3.0 Type-B x1
出力用:
 3.5mm ステレオミニジャック x1
USBハブ機能:
 USB 3.0 Type-A x2
スピーカー10W x2
スタンド前後角度調整(チルト):前5°/後10°
左右角度調整(スイベル):なし
高さ調節:なし
回転(ピボット):なし
その他機能GamePlus機能搭載
FreeSync Premium Pro技術対応
DisplayHDR 400認証

関連記事:ASUS「ROG」のおすすめモニター紹介

【120Hz】GIGABYTE「AORUS FO48U」:美しい有機ELモデル

写真:Amazonのスクリーンショット

続いてご紹介するモデルは、台湾発の老舗PC・PCパーツメーカーであるGIGABYTE(ギガバイト)「AORUS FO48U」です。47.53インチの巨大モニターです。

こちらのモデルは、OLED(有機EL)を採用しているため、通常の液晶パネルよりも鮮明な画面で美しい4K映像を楽しめます。

リフレッシュレートは120Hz応答速度は1ms(GtG)と、幅広いジャンルのゲームを十分快適にプレイできるスペックです。

USBハブ機能もついているため、モニターに直接キーボードやマウスを接続して操作することなどもできて便利です。KVM機能もついているため、モニターに表示するデバイスを切り替えても、同じキーボードとマウスでそのまま別のPCを操作できます。

また、HDMI 2.1ポートは2つあるため、PS5で4K・120Hz出力もできます。USB 3.2 Type-C(ケーブル1本でPC充電と映像出力ができる)にも対応しているため、ノートPC用のモニターとしても併用できます。

さらに、サブウーファーを搭載した15Wのスピーカーも内蔵されているため、重低音が豊かなゲームサウンドをモニターだけで楽しむこともできます。

鮮明な映像と迫力あるサウンドを楽しめる超大画面な4Kゲーミングモニターとしておすすめです!

製品名FO48U
サイズ47.53インチ
解像度4K (3840×2160)
パネル種類OLED(有機EL)
リフレッシュレート120Hz
応答速度GtG 1ms
入出力PC接続用:
 DisplayPort 1.4(DSC) x1
 HDMI 2.1 x2
 USB Type-C(DP Alt Mode) x1
 USB 3.0 Type-B x1
出力用:
 3.5mm ステレオミニジャック x2
USBハブ機能:
 USB 3.0 Type-A x2
スピーカー15W x2
20Wサブウーファー
スタンド前後角度調整(チルト):なし
左右角度調整(スイベル):なし
高さ調節:なし
回転(ピボット):なし
その他機能ゲームアシスト機能搭載
FreeSync Premium技術対応
HDR対応(HDR10)
KVM機能搭載

【144Hz】GIGABYTE「AORUS FV43U」:43型VAバージョン

なお、「AORUS FO48U」に似たモデルとして、VA液晶を採用した43インチのモデル「AORUS FV43U」があります。液晶と画面サイズ以外の点はAORUS FO48Uと同等のスペックです。有機ELにこだわらない方や、47インチは大きすぎるという方には、少し安いこちらのモデルもおすすめです。

関連記事:AORUSのおすすめモニター紹介

用途や特徴からモニターを探す

▷ 【徹底厳選】ゲーミングモニターのおすすめ紹介
▷ 安いゲーミングモニターのおすすめ紹介
▷ 湾曲ゲーミングモニターのおすすめ紹介
▷ 4Kゲーミングモニターのおすすめ紹介
▷ HDR対応のゲーミングモニターのおすすめ紹介
▷ 白色のゲーミングモニターのおすすめ紹介

▷ 24インチのゲーミングモニターのおすすめ紹介
▷ 24.5インチのゲーミングモニターのおすすめ紹介
▷ 27インチのゲーミングモニターのおすすめ紹介

▷ リフレッシュレート144Hzのおすすめモニター紹介
▷ 【コスパ最強】安い144Hzモニターのおすすめを解像度別に紹介
▷ 144Hz・WQHDのおすすめモニター紹介
▷ 144Hz・4Kのおすすめモニター紹介
▷ 144Hz・IPSパネルのおすすめモニター紹介
▷ 144Hz・24インチのおすすめモニター紹介
▷ 144Hz・27インチのおすすめモニター紹介
▷ 144Hzの湾曲モニターおすすめ紹介
▷ 144Hzのウルトラワイドモニターおすすめ紹介

▷ リフレッシュレート165Hzのおすすめモニター紹介

▷ リフレッシュレート240Hzのおすすめモニター紹介
▷ 【コスパ最強】安い240Hzモニターのおすすめ紹介
▷ 240Hz・WQHDのおすすめモニター紹介
▷ 240Hz・IPSパネルのおすすめモニター紹介

▷ リフレッシュレート360Hzのおすすめモニター紹介
▷ リフレッシュレート390Hzのおすすめモニター紹介

▷ リフレッシュレート60Hzのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ リフレッシュレート75Hzのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ Nintendo Switch向けのゲーミングモニターおすすめ紹介
▷ PS5におすすめの4K・120Hzモニター紹介
▷ PS5におすすめのゲーミングモニター紹介

▷ Acerの144Hzモニターおすすめ紹介
▷ ASUSの144Hzモニターおすすめ紹介
▷ BenQの144Hzモニターおすすめ紹介
▷ I-O DATA「GigaCrysta」の144Hzモニターおすすめ紹介

▷ Acerの240Hzモニターおすすめ紹介
▷ ASUSの240Hzモニターおすすめ紹介
▷ BenQの240Hzモニターおすすめ紹介
▷ I-O DATA「GigaCrysta」の240Hzモニターおすすめ紹介

ほかのゲーミングモニターも見てみる

▷ BenQのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ iiyamaのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ ASUSのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ ASUS「ROG」のおすすめゲーミングモニター紹介
▷ ASUS「TUF Gaming」のおすすめゲーミングモニター紹介
▷ ASUSの低価格ゲーミングモニターおすすめ紹介
▷ MSIのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ Acerのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ Acer「Predator」のおすすめゲーミングモニター紹介
▷ Acer「Nitro」のおすすめゲーミングモニター紹介
▷ Acer「SigmaLine」のおすすめゲーミングモニター紹介
▷ AOPENのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ Dellのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ ALIENWAREのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ HPのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ HP「OMEN」のおすすめゲーミングモニター紹介
▷ AOC(AGON)のおすすめゲーミングモニター紹介
▷ Pixioのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ Lenovoのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ JAPANNEXTのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ GIGABYTEのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ GIGABYTE「AORUS」のおすすめゲーミングモニター紹介
▷ I-O DATA「GigaCrysta」のおすすめゲーミングモニター紹介
▷ LGのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ KEIANのおすすめモニター紹介