4Kのゲーミングモニターおすすめ8選。美しい映像でゲームを楽しもう!【2022年版】

ゲーミングモニター

ゲーミングモニターをお探しの方の中には、解像度が4Kのゲーミングモニターを検討されている方もいるでしょう。ゲームの美しい世界観を、最高クラスの4Kの精細な映像で楽しめたら、普段のゲーム体験が充実すること間違いなしですね!

この記事では、おすすめの4Kゲーミングモニターをご紹介します!ぜひ参考にしてみてください。

補足:PlayStation 5を4K・120Hzで映したい方へ
PS5の映像を4Kかつリフレッシュレート120Hzで出力したい方は、HDMI 2.1に対応したモニターを選びましょう。HDMI 2.0では4K・60Hz、HDMI 1.4では4K・30Hzしか出せません。ご注意くださいね!

関連記事
▷ 湾曲ゲーミングモニターのおすすめ紹介
▷ 144Hz・WQHDのおすすめモニター紹介

スポンサーリンク

32インチ前後のおすすめモデル3つ

まずは、画面サイズが32インチ前後のおすすめモデルを3つご紹介します。いずれもPS5で4K・120Hz出力ができるHDMI2.1に対応しているモデルです。

RPGやレーシングゲームなど、ゲームの世界観を満喫するようなゲームをプレイする場合には、大画面のゲーミングモニターがおすすめであり、32インチ前後はぴったりのサイズです。迫力のある大画面で没入感のあるプレイ体験ができます。

また、ゲーム専用モニターとしてだけではなく、日常使いのPCモニターとして併用する場合にも32インチ前後はおすすめできます。4Kの高解像度で多くの情報を1画面に表示しても文字が小さくなりすぎず、PC作業が効率的に進められます。

Acer「Predator XB323QKNVbmiiphuzx」★編集部イチオシ!

写真:Amazonのスクリーンショット

まずは、台湾のPC・PC関連機器メーカーであるAcer(エイサー)「Predator XB323QKNVbmiiphuzx」をご紹介します。

こちらは31.5インチの大型モニターであり、価格と機能性のバランスが良いモデルとして編集部イチオシです。

4K(3840×2160)の高解像度とリフレッシュレート144HzHDMI2.1に対応しているため、PS5での4K・120Hz出力もできます。応答速度も0.5ms(GtG)と高速であり、なめらかで残像感のない映像を楽しめます。

パネルの種類はIPSパネルであり、大きな画面で鮮やかな色合いを楽しめます。さらにHDR対応により、暗いシーンや明るいシーンでも見やすいです。

スピーカーが内蔵されているため、外付けのヘッドフォンやスピーカーを使用しなくてもモニターから音を出せます。さらに、USBハブ機能がついているため、キーボードやマウスを直接モニターに接続して使用することなどができて便利です。

また、USB 3.2 Type-C(ケーブル1本でPC充電と映像出力ができる)に対応しているため、ノートPC用のモニターとして併用する場合にも便利です。

モニターの位置調整は、前後・左右角度調節と高さ調節ができます。

ゲームにも日常使いにも便利な4Kゲーミングモニターとしておすすめです!

製品名XB323QKNVbmiiphuzx
サイズ31.5インチ
解像度4K (3840×2160)
パネル種類IPS
リフレッシュレート144Hz
応答速度GtG 0.5ms
入出力PC接続用:
 DisplayPort 1.4 x1
 HDMI 2.1 x2
 USB 3.2 Type-C(給電対応65W) x1
 USB 3.2 Type-B x1
出力用:
 3.5mm ステレオミニジャック x1
USBハブ機能:
 USB 3.2 Type-A x4
スピーカー4W x2
スタンド前後角度調整(チルト):前5°/後25°
左右角度調整(スイベル):左右30°
高さ調節:±130mm
回転(ピボット):なし

関連記事:Acer「Predator」のおすすめモニター紹介

GIGABYTE「AORUS FI32U」★音も良くて高機能

続いて、台湾発の老舗PC・PCパーツメーカーであるGIGABYTE(ギガバイト)「AORUS(オーラス) FI32U」をご紹介します。

こちらは31.5インチの大型モニターであり、KVM機能(後述)もついている高機能なモデルです。

4K(3840×2160)の高解像度とリフレッシュレート144HzHDMI2.1に対応しているため、PS5での4K・120Hz出力もできます。応答速度も1ms(GtG/MPRT)であり、なめらかで残像感のない映像を楽しめます。

パネルの種類はIPSパネルであり、大きな画面で鮮やかな色合いを楽しめます。さらにHDR対応により、暗いシーンや明るいシーンでも見やすいです。

スピーカーは内臓されていませんが、高品質なヘッドフォン端子を搭載しているため、ゲーミングヘッドフォンを使えば深みのあるサウンドでゲームに没入できます。

さらに、便利なKVM機能がついています。KVM機能とは、モニターにキーボードとマウスを接続することで、モニターに表示するデバイスを切り替えても、同じキーボードとマウスでそのまま別のPCを操作できる機能です。こちらのモデルでは、一組のキーボード・マウスで最大2台のデバイスを操作できます。

モニターの位置調節は、前後・左右角度調節、高さ調節、回転ができます。自分が快適にプレイできる位置にセッティングできて便利です。

豊かな映像やサウンドを楽しめる高機能な4Kゲーミングモニターとしておすすめです!

製品名FI32U
サイズ31.5インチ
解像度4K (3840×2160)
パネル種類IPS
リフレッシュレート144Hz
応答速度GtG 1ms
MPRT 1ms
入出力PC接続用:
 Display port 1.4 (DSC) x1
 HDMI 2.1 x2
 USB Type-C(電源供給 最大60W) x1
 USB 3.0 Type-B x1
出力用:
 3.5mm ステレオミニジャック x1
USBハブ機能:
 USB 3.0 Type-A x2
スピーカーなし
スタンド前後角度調整(チルト):前5°/後21°
左右角度調整(スイベル):左右20°
高さ調節:±130mm
回転(ピボット):右90°

関連記事:AORUSのおすすめモニター紹介

JAPANNEXT「JN-315IPS144UHDR」★安くて高品質

写真:Amazonのスクリーンショット

続いて、日本発のモニターメーカーであるJAPANNEXT(ジャパンネクスト)「JN-315IPS144UHDR」をご紹介します。

JAPANNEXTはまだ知名度の低いメーカーですが、良質で低価格なモニターを提供していることに定評があり、知る人ぞ知る優良メーカーとしてAmazonなどを中心に人気です。

こちらのモデルも価格の安さが魅力的であり、31.5インチの大型で内蔵スピーカーや多機能スタンドも付いた便利なモニターです。

4K(3840×2160)の高解像度とリフレッシュレート144HzHDMI2.1に対応しているため、PS5での4K・120Hz出力もできます。応答速度も1ms(MPRT)であり、なめらかで残像感のない映像を楽しめます。

パネルの種類はIPSパネルであり、大きな画面で鮮やかな色合いを楽しめます。さらにHDR対応により、暗いシーンや明るいシーンでも見やすいです。

内臓スピーカーが搭載されているため、外付けのスピーカーやヘッドフォンがなくても音が出せます。

モニターの位置調整の自由度も高く、前後・左右角度調節、高さ調節、回転ができます。長時間ゲームに熱中しても疲れにくい位置にセットすることができます。

良質でお手頃価格な4Kゲーミングモニターとしておすすめです!

製品名JN-315IPS144UHDR
サイズ31.5インチ
解像度4K (3840×2160)
パネル種類IPS
リフレッシュレート144Hz
応答速度MPRT 1ms
入出力PC接続用:
 DisplayPort 1.4 x2
 HDMI 2.1 x1
 HDMI 2.0 x1
出力用:
 3.5mm ステレオミニジャック x1
スピーカー3W x2
スタンド前後角度調整(チルト):前2°/後18°
左右角度調整(スイベル):左右45°
高さ調節:±130mm
回転(ピボット):左90°
created by Rinker
ジャパンネクスト(Japannext)
¥98,982(2022/01/26 21:59:41時点 Amazon調べ-詳細)

関連記事:JAPANNEXTのおすすめゲーミングモニター紹介

28インチのおすすめモデル3つ

続いて、4Kモニターとしてはやや小ぶりな28インチのおすすめモデルを3つご紹介します。

28インチの画面は、1画面にたくさんの情報を表示するには少々小さいですが、写真や映像をメインに映す場合には、高密度で鮮明な画面を楽しむことができます。

また、ゲームという点では、FPSや格闘ゲームなどの動きの激しいゲームをプレイする際にも視線を移動させずに全体を把握できるため、快適にプレイしやすいサイズ感であると言えます。

ASUS「TUF Gaming VG28UQL1A」★編集部イチオシ!

写真:製品ページのスクリーンショット

まずは、台湾のPC・スマートフォン関連メーカーであるASUS(エイスース)「TUF Gaming VG28UQL1A」をご紹介します。

こちらはHDMIポートが4つあり、そのうち2つが4K・120Hzに対応したHDMI 2.1となっている点が特徴的です。「PS5をHDMI2.1につないでSwitchやPS4をHDMI2.0につないでも、まだ1つポートが余ってる!」といった具合に、複数のゲーム機につないでおける便利なモニターとして編集部イチオシです。

リフレッシュレートは144Hz応答速度は1ms(GtG)と、様々なゲーム機でどんなジャンルのゲームをプレイしても快適に遊べる高速さです。

パネルの種類はIPSパネルであり、鮮やかな色合いの画面を楽しめます。さらにHDR対応により、暗いシーンや明るいシーンでも見やすいです。

内臓スピーカーが搭載されているため、外付けのスピーカーやヘッドフォンがなくても音が出せます。

モニターの位置調整の自由度も高く、前後・左右角度調節、高さ調節、回転ができます。自分の姿勢に合った快適な位置にセットできます。

1台で複数のゲーム機・PCと接続できて便利な4Kゲーミングモニターとしておすすめです!

製品名VG28UQL1A
サイズ28インチ
解像度4K (3840×2160)
パネル種類IPS
リフレッシュレート144Hz
応答速度GtG 1ms
入出力PC接続用:
 DisplayPort 1.4 x1
 HDMI 2.1 x2
 HDMI 2.0 x2
 USB 3.0 Type-B x1
出力用:
 3.5mm ステレオミニジャック x1
USBハブ機能:
 USB 3.0 Type-A x2
スピーカー2W x2
スタンド前後角度調整(チルト):前5°/後20°
左右角度調整(スイベル):左右15°
高さ調節:±120mm
回転(ピボット):左右90°

関連記事:ASUS「TUF Gaming」のおすすめモニター紹介

ViewSonic「VX2882-4KP」★高コスパ

写真:製品HPのスクリーンショット

続いて、アメリカのモニターメーカーであるViewSonic(ビューソニック)「VX2882-4KP」をご紹介します。

ViewSonicは国内での知名度は低いですが、30年以上の歴史を持つモニターメーカーであり、海外では様々な賞を受賞し顧客満足度No.1を達成するなど、高品質なモニターメーカーとして知られています。

4K(3840×2160)の高解像度とリフレッシュレート150HzHDMI2.1に対応しているため、PS5での4K・120Hz出力もできます。応答速度も1ms(GtG)であり、なめらかで残像感のない映像を楽しめます。

パネルの種類はIPSパネルであり、大きな画面で鮮やかな色合いを楽しめます。さらにHDR対応により、暗いシーンや明るいシーンでも見やすいです。

モニターの位置調整の自由度も高く、前後・左右角度調節、高さ調節、回転ができます。長時間ゲームに熱中しても疲れにくい位置にセットすることができます。

また、内臓スピーカーが搭載されているため、外付けのスピーカーやヘッドフォンがなくても音が出せます。

価格も安めで十分な機能を備えた4Kゲーミングモニターとしておすすめです!

パネルサイズ28インチ
解像度4K (3840×2160)
パネル種類IPS
入出力PC接続用:
 DisplayPort 1.4 x 2
 HDMI 2.1 x2
 USB 3.2 Type-C x1
 USB 3.2 Type-B x1
出力用:
 3.5mm ステレオミニジャック x1
USBハブ機能:
 USB 3.2 Type-A x2
スピーカー2W x2
リフレッシュレート150Hz
応答速度GtG 1ms
MPRT 1ms
スタンド前後角度調整(チルト):前5°/後20°
左右角度調整(スイベル):左右45°
高さ調節:±120mm
回転(ピボット):90°

Acer「SigmaLine KG281KAbmiipx」★人気メーカーの4K入門機

写真:Amazonのスクリーンショット

続いて、台湾のPC・PC関連機器メーカーであるAcer(エイサー)「SigmaLine KG281KAbmiipx」をご紹介します。

ゲーミングモニターといえば144Hz以上のリフレッシュレートが多いですが、4Kかつ144Hzを出力するには、相当にハイスペックなゲーミングPCが必要です。こちらのモデルは、リフレッシュレートが60Hzであるため、ミドルクラスのゲーミングPCでも4K映像を楽しめます

ただし、60Hzまでしか出せないので、PS5の4K・120Hz出力には対応していない点に注意です。

応答速度は1ms(GtG)と一般的なゲーミングモニターのように高速であるため、残像感のない映像を楽しめます。

パネルの種類は、応答速度の速さを特徴とするTNパネルです。また、HDR対応により、暗いシーンや明るいシーンでも見やすいです。

モニターの位置調整は前後角度調節のみ可能です。高さを変えるには、別途モニタースタンドなどを利用すると良いでしょう。

さらに、内臓スピーカーが搭載されているため、外付けのスピーカーやヘッドフォンがなくても音が出せます。

PCスペックがそこまで高くなくても4Kでゲームを楽しめる、入門向けの4Kゲーミングモニターとしておすすめです!

パネルサイズ28インチ
解像度4K (3840×2160)
パネル種類TN
入力端子DisplayPort v1.2 x1
HDMI 2.0 x2
出力端子3.5mm ステレオミニジャック x1
スピーカー2W x2
リフレッシュレート60Hz
応答速度GtG 1ms
スタンド前後角度調整(チルト):前5°/後15°
左右角度調整(スイベル):なし
高さ調節:なし
回転(ピボット):なし

40インチ以上のおすすめモデル2つ

最後に、画面サイズが40インチ以上のおすすめを2つご紹介します。どちらもPS5で4K・120Hz出力ができるHDMI2.1に対応しているモデルです。

40インチ以上は大型テレビ並みのサイズであり、4Kの超高解像度映像を迫力ある大画面で楽しむことができます。一般的なPCデスクに設置するモニターとしては大きすぎるため、リビングに置いてソファでゲームをするような方や、YouTubeやNetflixなどの映像鑑賞向けとして兼用するような方におすすめです。

ASUS「ROG Strix XG43UQ」★機能的で本体が光る

写真:Amazonのスクリーンショット

まずは、台湾のPC・スマートフォン関連メーカーであるASUS(エイスース)「ROG Strix XG43UQ」をご紹介します。

こちらは43インチの超大型モニターであり、大画面でゲームを楽しめます。

HDMIポートが4つあり、そのうち2つが4K・120Hzに対応したHDMI 2.1となっているため、PS5だけでなくSwitchやPS4などのゲーム機にも接続しておけます。リビングなどのスペースに設置するモニターとして、複数のゲーム機につないでおけるのは便利です。

リフレッシュレートは144Hz応答速度は1ms(MPRT)と、様々なゲーム機でどんなジャンルのゲームをプレイしても快適に遊べる高速さです。

パネルの種類はIPSパネルであり、鮮やかな色合いの画面を楽しめます。また、 HDR対応により、暗いシーンや明るいシーンでも見やすいです。色精度も高く、リアルな色を表示できます。

さらに、高音質なスピーカーも内蔵されているため、別途スピーカーやヘッドフォンを用意しなくても音を出せます。

モニターの位置調整は、前後角度調節のみできます。モニターの底面部分は光るため、暗い部屋で使用した際にもカッコイイです。

どんなゲームも超大画面でプレイできる4Kゲーミングモニターとしておすすめです!

製品名XG43UQ
サイズ43インチ
解像度4K (3840×2160)
パネル種類IPS
リフレッシュレート144Hz
応答速度MPRT 1ms
入出力PC接続用:
 DisplayPort 1.4 x1
 HDMI 2.1 x2
 HDMI 2.0 x2
 USB 3.0 Type-B x1
出力用:
 3.5mm ステレオミニジャック x1
USBハブ機能:
 USB 3.0 Type-A x2
スピーカー10W x2
スタンド前後角度調整(チルト):前5°/後10°
左右角度調整(スイベル):なし
高さ調節:なし
回転(ピボット):なし

関連記事:ASUS「ROG」のおすすめモニター紹介

GIGABYTE「AORUS FO48U」★美しい有機ELモデル

写真:Amazonのスクリーンショット

続いて、台湾発の老舗PC・PCパーツメーカーであるGIGABYTE(ギガバイト)「AORUS FO48U」をご紹介します。

こちらは47.53インチの巨大モニターであることに加え、OLED(有機EL)を採用しているため、通常の液晶パネルよりも鮮明な映像を楽しめます。

HDMI 2.1ポートは2つあるため、PS5で4K・120Hz出力もできます。USB 3.2 Type-C(ケーブル1本でPC充電と映像出力ができる)に対応しているため、ノートPC用のモニターとしても併用できます。

リフレッシュレートは120Hz応答速度は1ms(GtG)と、幅広いジャンルのゲームを快適にプレイできるスペックです。

さらに、サブウーファーを搭載した15Wのスピーカーも内蔵されているため、重低音が豊かなゲームサウンドをモニターだけで楽しむこともできます。

鮮明な映像と迫力あるサウンドを楽しめる超大画面な4Kゲーミングモニターとしておすすめです!

製品名FO48U
サイズ47.53インチ
解像度4K (3840×2160)
パネル種類OLED(有機EL)
リフレッシュレート120Hz
応答速度GtG 1ms
入出力PC接続用:
 DisplayPort 1.4(DSC) x1
 HDMI 2.1 x2
 USB Type-C(DP Alt Mode) x1
 USB 3.0 Type-B x1
出力用:
 3.5mm ステレオミニジャック x2
USBハブ機能:
 USB 3.0 Type-A x2
スピーカー15W x2
20Wサブウーファー
スタンド前後角度調整(チルト):なし
左右角度調整(スイベル):なし
高さ調節:なし
回転(ピボット):なし

GIGABYTE「AORUS FV43U」:43インチバージョン

なお、「AORUS FO48U」に似たモデルとして、VA液晶を採用した43インチのモデル「AORUS FV43U」があります。液晶と画面サイズ以外の点はAORUS FO48Uと同等のスペックです。有機ELにこだわらない方や、47インチは大きすぎるという方には、少し安いこちらのモデルもおすすめです。

関連記事:AORUSのおすすめモニター紹介

用途や特徴からモニターを探す

▷ 安いゲーミングモニターのおすすめ紹介
▷ 湾曲ゲーミングモニターのおすすめ紹介
▷ 24インチのゲーミングモニターのおすすめ紹介

▷ リフレッシュレート144Hzのおすすめモニター紹介
▷ 【コスパ最強】安い144Hzモニターのおすすめを解像度別に紹介
▷ 144Hz・WQHDのおすすめモニター紹介
▷ 144Hz・4Kのおすすめモニター紹介
▷ 144Hz・IPSパネルのおすすめモニター紹介
▷ 144Hz・24インチのおすすめモニター紹介
▷ 144Hz・27インチのおすすめモニター紹介
▷ 144Hzの湾曲モニターおすすめ紹介
▷ 144Hzのウルトラワイドモニターおすすめ紹介

▷ リフレッシュレート165Hzのおすすめモニター紹介

▷ リフレッシュレート240Hzのおすすめモニター紹介
▷ 【コスパ最強】安い240Hzモニターのおすすめ紹介
▷ 240Hz・WQHDのおすすめモニター紹介
▷ 240Hz・IPSパネルのおすすめモニター紹介

▷ リフレッシュレート360Hzのおすすめモニター紹介

▷ リフレッシュレート60Hzのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ リフレッシュレート75Hzのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ Nintendo Switch向けのゲーミングモニターおすすめ紹介
▷ PS5におすすめの4K・120Hzモニター紹介

▷ Acerの144Hzモニターおすすめ紹介
▷ ASUSの144Hzモニターおすすめ紹介
▷ BenQの144Hzモニターおすすめ紹介
▷ I-O DATA「GigaCrysta」の144Hzモニターおすすめ紹介

▷ Acerの240Hzモニターおすすめ紹介
▷ ASUSの240Hzモニターおすすめ紹介
▷ BenQの240Hzモニターおすすめ紹介
▷ I-O DATA「GigaCrysta」の240Hzモニターおすすめ紹介

ほかのゲーミングモニターも見てみる

▷ BenQのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ iiyamaのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ ASUSのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ ASUS「ROG」のおすすめゲーミングモニター紹介
▷ ASUS「TUF Gaming」のおすすめゲーミングモニター紹介
▷ ASUSの低価格ゲーミングモニターおすすめ紹介
▷ MSIのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ Acer「Predator」のおすすめゲーミングモニター紹介
▷ Acer「Nitro」のおすすめゲーミングモニター紹介
▷ Acer「SigmaLine」のおすすめゲーミングモニター紹介
▷ Dellのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ ALIENWAREのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ HPのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ HP「OMEN」のおすすめゲーミングモニター紹介
▷ AOC(AGON)のおすすめゲーミングモニター紹介
▷ Pixioのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ Lenovoのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ JAPANNEXTのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ GIGABYTEのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ GIGABYTE「AORUS」のおすすめゲーミングモニター紹介
▷ I-O DATA「GigaCrysta」のおすすめゲーミングモニター紹介
▷ LGのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ KEIANのおすすめモニター紹介