【2022年版】Pixioのゲーミングモニターおすすめ紹介!

ゲーミングデバイスゲーミングモニター

ゲーミングモニターをお探しの方の中には、Pixio(ピクシオ)のゲーミングモニターが気になっている方もいるでしょう。

Pixioは、アメリカで2016年にコアゲーマーによって設立された、ゲーマーのためのモニターブランドです。広告や販売に関わるコストを最大限カットすることで、最高水準のモニターを低コストで販売することを使命としています。

日本ではまだ知名度がありませんが、妥協のない品質や性能が強みであるPixioのモニターは、Amazonなどの通販サイトでの評判も良く、知る人ぞ知る優良ブランドといった立ち位置です。Pixio日本支部もあるため、何かあった際に日本語で問い合わせることも可能です。

この記事では、現在購入可能なPixioのゲーミングモニターを詳しくご紹介します!

*登場する用語の補足

リフレッシュレート:1秒間に画面を描画する回数のこと。単位は「Hz(ヘルツ)」。たとえば、1秒間に60回描画する場合、リフレッシュレートは60Hzと示されます。一般的なモニターは60Hzです。ゲーミングモニターは144Hzが標準的です。

応答速度:色が切り替わる速度のこと。色が変化する時間の単位「ms(ミリセカンド)」で示されます。たとえば、1msは、1/1000秒ごとに色を変化させることを意味します。多くの場合、むずかしい処理である「中間色から中間色への変化(通称:GtG)」にかかる時間が示されています。ゲーミングモニターとしては5ms以下は欲しいところです。

パネルの種類:ゲーミングモニターのパネルにはいくつかの種類があります。IPSパネルは映像の鮮明さが強み、TNパネルは応答速度が速いことが強み、VAパネルは映像鑑賞向け、という特徴があります。

関連記事
▷ 【徹底厳選】ゲーミングモニターのおすすめ紹介
▷ 安いゲーミングモニターのおすすめ紹介

スポンサーリンク

Pixioのゲーミングモニターの3つの特徴

Pixioは、低価格でありながらもゲーミングモニターに求められる便利機能を搭載しているところが魅力的です。以下に、3つの便利機能を紹介します。

クロスヘアオーバーレイ機能搭載

写真:製品ページのスクリーンショット

Pixioのゲーミングモニターには、FPSなどに効果的な機能である「Crosshairオーバーレイ機能」が搭載されています。これは、画面上に照準を表示できる機能であり、FPSの練習時などに使うと便利です。

有名ゲーミングブランドのモニターにも搭載されているような便利機能を、手ごろな価格で入手できるのはお得です。

可変リフレッシュレート技術・フリッカーフリー技術対応

写真:製品ページのスクリーンショット

また、Pixioのゲーミングモニターは、可変リフレッシュレート技術(VRR:Variable Refresh Rate)やフリッカーフリー技術(Flicker Free)に対応しています。これは、大まかに言えば、画面のずれや画面のちらつきを抑える技術のことです。

高速で画面が切り替わる機会の多いゲーミングモニターには必須級の技術ですが、Pixioのゲーミングモニターはしっかり対応しています。

HDR対応

写真:製品ページのスクリーンショット

さらに、Pixioのゲーミングモニターの多くのモデルは、HDRに対応しています。HDR(ハイダイナミックレンジ)とは、従来の技術では実現が難しかった、明るいところと暗いところを同時に表現できる技術のことです。

HDR対応のゲームやコンテンツを視聴する際に、暗いシーンでの黒飛びや明るいシーンでの白飛びが軽減され、より見やすくなり、深みのある色で映像を楽しむことができます。

Pixioのゲーミングモニターの特徴をご紹介したところで、続いて商品紹介に移ります!

フルHDのモデル5つ【FPS・格闘ゲームにおすすめ】

まずは、解像度がフルHD(1920×1080)のおすすめモニターを5つご紹介します。

FPSや格闘ゲームなど、映像の鮮明さよりは高速さが重要となるゲームをプレイする人は、標準的な解像度であるフルHDのモニターがおすすめです。

ゲーミングモニターといえば、高速でスムーズな映像が大きな特徴ですが、高速な画面描画にはある程度スペックの高いPCが必要となります。加えて、解像度まで高解像度で出力しようとすると、PCへの負荷が高くなるため相当なハイスペックPCが求められます。

このため、FPSや格闘ゲームがメインの場合は、PCへの負荷を下げるために解像度をフルHDに抑えておくのが賢明です。

今回は、24インチ27インチのモデルをご紹介します。どちらを選ぶかは、モニターとの距離で決めると良いでしょう。近くに置くなら24インチ、遠くに置くなら27インチがおすすめです。目線を移動させずに1画面がすべて視界に入る大きさを選ぶのが理想的です。

こんな方におすすめ
・144Hz以上のリフレッシュレートを出せるゲーミングPCをお持ちの方
・FPSや格闘ゲームなどでハイレベルな試合をしたい方

PX248 Prime Advanced:23.8型IPS 144Hz★入門機にピッタリ

写真:Amazonのスクリーンショット

まずご紹介するモデルは、「PX248 Prime Advanced」です。23.8インチのモニターです。

リフレッシュレートは144Hz応答速度は1ms(GtG)と、FPSや格闘ゲームをはじめとする幅広いジャンルのゲームを十分快適にプレイできる高速さです。

パネルの種類は、鮮やかな色合いを特徴とするIPSパネルであり、綺麗な画面を楽しめます。

また、スピーカーが内蔵されているため、外付けのヘッドフォンやスピーカーを接続しなくてもモニターだけで音が出せます。

基本機能をしっかり押さえたお手頃価格のゲーミングモニターとして、入門機におすすめです!

製品名PX248 Prime Advanced
サイズ23.8インチ
解像度FHD (1920×1080)
パネル種類IPS
リフレッシュレート144Hz
応答速度GtG 1ms
入出力PC接続用:
 DisplayPort 1.4(144Hz) x2
 HDMI 2.0(144Hz) x2
出力用:
 3.5mm ステレオミニジャック x1
スピーカー2W x2
スタンド前後角度調整(チルト):前5°/後15°
左右角度調整(スイベル):なし
高さ調節:なし
回転(ピボット):なし
その他機能ゲームアシスト機能搭載
FreeSync Premium技術対応
フリッカーフリー技術搭載
ブルーライトカット機能搭載

PX243:23.8型VA 165Hz★高速でお手頃価格

写真:Amazonのスクリーンショット

続いてご紹介するモデルは、「PX243」です。23.8インチのモニターです。

リフレッシュレートは165Hz応答速度は1ms(MPRT)とさらに高速であり、幅広いジャンルのゲームをなめらかで残像感のない映像でプレイできます。

パネルの種類は、映像鑑賞向けのVAパネルであるため、ゲームだけでなく日頃の動画視聴も綺麗に楽しめます。

また、スピーカーが内蔵されているため、外付けのヘッドフォンやスピーカーを接続しなくてもモニターだけで音が出せます。

十分に高速な映像でコストパフォーマンスの高いゲーミングモニターとしておすすめです!

製品名PX243
サイズ23.8インチ
解像度FHD (1920×1080)
パネル種類VA
リフレッシュレート165Hz
応答速度MPRT 1ms
入出力PC接続用:
 DisplayPort 1.4 (165Hz) x2
 HDMI 2.0 (165Hz) x2
出力用:
 3.5mm ステレオミニジャック x1
スピーカー2W x2
スタンド前後角度調整(チルト):前5°/後15°
左右角度調整(スイベル):なし
高さ調節:なし
回転(ピボット):なし
その他機能ゲームアシスト機能搭載
FreeSync Premium技術対応
フリッカーフリー技術搭載
ブルーライトカット機能搭載

PX259 Prime:24.5型IPS 280Hz★ガチ勢向けの超高速

写真:Amazonのスクリーンショット

続いてご紹介するモデルは、「PX259 Prime」です。24.5インチのモニターです。

リフレッシュレートは280Hz応答速度は1ms(GtG)であり、FPSや格闘ゲームの上級者でも満足にプレイできる超高速映像を出力できます。

(280Hzのリフレッシュレートを出すためにはDisplayPortでの接続が必要になる点をご注意ください。HDMI接続の場合は240Hzのリフレッシュレートになります)。

パネルの種類は、鮮やかな色合いを特徴とするIPSパネルであり、HDR対応もしているため、フルHDでありながらも鮮やかな映像表現を楽しむことができます。

また、スピーカーが内蔵されているため、外付けのヘッドフォンやスピーカーを接続しなくてもモニターだけで音が出せます。

280Hzのリフレッシュレートを出すためにはハイスペックなゲーミングPCが必要となりますが、本気で上を目指したいeスポーツガチ勢の方におすすめのゲーミングモニターです!

製品名PX259 Prime
サイズ24.5インチ
解像度FHD (1920×1080)
パネル種類IPS
リフレッシュレート280Hz
応答速度GtG 1ms
入出力PC接続用:
 DisplayPort 1.2(280Hz) x2
 HDMI 2.0(240Hz) x2
出力用:
 3.5mm ステレオミニジャック x1
スピーカー3W x2
スタンド前後角度調整(チルト):前5°/後15°
左右角度調整(スイベル):なし
高さ調節:なし
回転(ピボット):なし
その他機能クロスヘア機能搭載
FreeSync Premium技術対応
HDR対応
フリッカーフリー技術搭載
ブルーライトカット機能搭載

PX273:27型VA 165Hz★圧倒的な高コスパ

写真:Amazonのスクリーンショット

続いてご紹介するモデルは、「PX273」です。27インチの大きめサイズのモニターです。

リフレッシュレートは165Hz応答速度は1ms(MPRT)と、標準的なゲーミングモニターよりもさらに高速であり、なめらかな映像でゲームを満喫できます。

パネルの種類は、映像鑑賞向けのVAパネルであるため、ゲームだけでなく日頃の動画視聴も綺麗に楽しめます。HDR対応もしているため、フルHDでありながらも鮮やかな映像表現を楽しむことができます。

機能はシンプルですが、このスペックで2万円台(2022年1月時点)というのは、他と比べても圧倒的にコストパフォーマンスが高いです。27インチのゲーミングモニターを安く手に入れたい方におすすめです!

製品名PX273
サイズ27インチ
解像度FHD (1920×1080)
パネル種類VA
リフレッシュレート165Hz
応答速度MPRT 1ms
入出力PC接続用:
 DisplayPort 1.2(165Hz) x1
 HDMI 2.0(165Hz) x1
 HDMI 1.4(120Hz) x1
出力用:
 3.5mm ステレオミニジャック x1
その他:
 USB (メンテナンス用) x1
スピーカーなし
スタンド前後角度調整(チルト):前5°/後15°
左右角度調整(スイベル):なし
高さ調節:なし
回転(ピボット):なし
その他機能ゲームアシスト機能搭載
FreeSync Premium技術対応
HDR対応
フリッカーフリー技術搭載
ブルーライトカット機能搭載

PX279 Prime:27型IPS 240Hz★大画面・超高速

写真:Amazonのスクリーンショット

続いてご紹介するモデルは、「PX279 Prime」です。27インチの大きめサイズのモニターです。

リフレッシュレートは240Hz応答速度は1ms(GtG)であり、FPSや格闘ゲームの上級者でも満足にプレイできる超高速映像を出力できます。

パネルの種類は、鮮やかな色合いを特徴とするIPSパネルであり、HDR対応もしているため、フルHDでありながらも鮮やかな映像表現を楽しむことができます。

240Hzのリフレッシュレートを出すためにはハイスペックなゲーミングPCが必要ではありますが、大きめの画面で超高速映像を出力したい方におすすめのゲーミングモニターです!

製品名PX279 Prime
サイズ27インチ
解像度FHD (1920×1080)
パネル種類IPS
リフレッシュレート240Hz
応答速度GtG 1ms
入出力PC接続用:
 DisplayPort 1.2 (240Hz) x1
 HDMI 2.0 (240Hz) x1
 HDMI 1.4 (120Hz) x1
出力用:
 3.5mm ステレオミニジャック x1
その他:
 USB (メンテナンス用) x1
スピーカーなし
スタンド前後角度調整(チルト):前5°/後15°
左右角度調整(スイベル):なし
高さ調節:なし
回転(ピボット):なし
その他機能ゲームアシスト機能搭載
FreeSync Premium技術対応
G-Sync技術対応
HDR対応
フリッカーフリー技術搭載
ブルーライトカット機能搭載

WQHDのモデル3つ【MOBA、RTS、RPGにおすすめ】

続いて、解像度がWQHD(2560×1440)のおすすめモニターを3つご紹介します。

WQHDは、一般的な解像度であるフルHDよりも高解像度であり、より鮮明で美しい映像を楽しめます。MOBAやRTS、RPGなど、カンマ数秒の高速さがそこまで重要にならないゲームをメインにプレイする方は、高リフレッシュレートよりも高解像度にこだわることで、より没入感の高いゲーム体験ができます。

今回ご紹介するモデルはいずれも27インチのサイズとなります。27インチの大きめ画面とWQHDの高解像度はバランスが良く、ゲームだけでなく普段使いでも活躍してくれます。

こんな方におすすめ
・大画面で美しい映像を楽しみたい方
・RPGなどのゲームの世界観に没入したい方
・MOBAやRTS向けに1画面内の情報量が多いほうが良い方

PX275C Prime:27型IPS 100Hz★編集部イチオシ!

写真:製品ページのスクリーンショット

まずご紹介するモデルは、「PX275C Prime」です。27インチのモニターです。こちらは編集部イチオシのモデルです!

リフレッシュレートは100Hz応答速度は4ms(GtG)と、一般的なゲーミングモニターと比べると少し控えめですが、MOBA、RTS、RPGといったジャンルには十分な速度だと考えます。加えて、そこまでハイスペックでないPCでも高解像度映像を楽しめるというメリットがあります。

パネルの種類は、鮮やかな色合いを特徴とするIPSパネルであり、HDR対応もしているため、細部まで美しい鮮やかな映像表現を楽しむことができます。フレーム部分の少ないデザインとなっているため、画面の表示領域が広いのも魅力です。

写真:製品ページのスクリーンショット

また、PX275C PrimeはUSB Type-CによるPC接続が可能であり、モニターに映しながらPCに最大65Wで電源供給をすることができます。MacBookなど、USB Type-C接続に対応したノートPCでの利用時にも便利です。

スピーカーが内蔵されているため、外付けのヘッドフォンやスピーカーを接続しなくてもモニターだけで音が出せます。

さらに、PX275C Primeには多機能なスタンドが採用されており、モニターの位置調整の自由度が高く、前後・左右角度調節、高さ調節、回転が可能です。自分に合った快適な位置で集中して作業を進められます。

ゲームを美しい映像で楽しめるだけでなく機能性も高いWQHDのゲーミングモニターとして、編集部イチオシです!

製品名PX275C Prime
サイズ27インチ
解像度WQHD (2560×1440)
パネル種類IPS
リフレッシュレート100Hz
応答速度GtG 4ms
入出力PC接続用:
 DisplayPort 1.2(100Hz) x1
 HDMI 1.4(100Hz) x1
 USB Type-C(100Hz/電源供給 最大65W) x1
出力用:
 3.5mm ステレオミニジャック x1
スピーカー3W x2
スタンド前後角度調整(チルト):前10°/後20°
左右角度調整(スイベル):左右45°
高さ調節:±150mm
回転(ピボット):右90°
その他機能クロスヘア機能搭載
FreeSync Premium技術対応
G-Sync技術対応
HDR対応
フリッカーフリー技術搭載
ブルーライトカット機能搭載

PX278:27型TN 144Hz★コスパ高し

写真:Amazonのスクリーンショット

続いてご紹介するモデルは、「PX278」です。27インチのモニターです。

リフレッシュレートは144Hz応答速度は1ms(GtG)と、ゲーミングモニターとして標準的なスペックです。MOBA、RTS、RPGはもちろん、格闘ゲームやFPSをプレイする上でも十分な速度です。

パネルの種類は、応答速度の速さを特徴とするTNパネルです。IPSパネルなどよりも低コストなTNパネルを採用することで、3万円台前半(2022年1月時点)というお手頃価格を実現しています。

高解像度なゲーミングモニターを少しでも安く手に入れた方におすすめです!

製品名PX278
サイズ27インチ
解像度WQHD (2560×1440)
パネル種類TN
リフレッシュレート144Hz
応答速度GtG 1ms
入出力PC接続用:
 DisplayPort 1.2 (144Hz) x1
 HDMI 2.0 (144Hz) x1
 HDMI 1.4 (75Hz) x1
出力用:
 3.5mm ステレオミニジャック x1
その他:
 USB (メンテナンス用) x1
スピーカーなし
スタンド前後角度調整(チルト):前5°/後15°
左右角度調整(スイベル):なし
高さ調節:なし
回転(ピボット):なし
その他機能ゲームアシスト機能搭載
FreeSync Premium技術対応
HDR対応
フリッカーフリー技術搭載
ブルーライトカット機能搭載

PX277 Prime:27型IPS 165Hz★高解像度でありながら高速

写真:Amazonのスクリーンショット

続いてご紹介するモデルは、「PX277 Prime」です。27インチのモニターです。

リフレッシュレートは165Hz応答速度は1ms(MPRT)と、標準的なゲーミングモニターよりもさらに高速であり、なめらかな映像でゲームを満喫できます。

パネルの種類は、鮮やかな色合いを特徴とするIPSパネルであり、HDR対応もしているため、細部まで美しい鮮やかな映像表現を楽しむことができます。

大画面、高解像度、高速性、すべてを妥協したくない方におすすめのゲーミングモニターです!

製品名PX277 Prime
サイズ27インチ
解像度QHD (2560×1440)
パネル種類IPS
リフレッシュレート165Hz
応答速度MPRT 1ms
入出力PC接続用:
 DisplayPort 1.2 (165Hz) x1
 HDMI 2.0 (144Hz) x2
出力用:
 3.5mm ステレオミニジャック x1
スピーカーなし
スタンド前後角度調整(チルト):前5°/後15°
左右角度調整(スイベル):なし
高さ調節:なし
回転(ピボット):なし
その他機能ゲームアシスト機能搭載
FreeSync Premium技術対応
HDR対応
フリッカーフリー技術搭載
ブルーライトカット機能搭載

湾曲タイプのモデル3つ【すべてのゲームにおすすめ】

最後に、画面の両端が湾曲したタイプのおすすめモニターを3つご紹介します。

湾曲モニターは、プレイヤーを包み込むように湾曲しているため、没入感と集中力の高いゲームプレイができます。特にRPGやレースゲームなどでは、ゲーム内の主人公になったような臨場感を楽しめます。また、湾曲の方が大画面でも視線の移動がしやすく、より自然な見え方になります。

今回は、27インチ~34インチのモデルをご紹介します。いずれも、色の再現性が高くメリハリのある映像表現が得意なVAパネルを採用したモデルであり、美しい映像でゲームの世界に浸ることができます。普段の動画鑑賞用モニターとしてもおすすめできます。

こんな方におすすめ
・大画面で美しい映像を楽しみたい方
・圧倒的な没入感でRPGやレースゲームなどの世界観を楽しみたい方

PXC279/PXC277:27型VA 240Hz・フルHD/165Hz・WQHD

写真:Amazonのスクリーンショット

まずご紹介するモデルは、「PXC279」および「PXC277」です。どちらも27インチのモニターです。

27インチは、湾曲モニターとしては小ぶりであり、PCデスクのスペースにあまり余裕のない方でも湾曲の良さを体感できます。

2つのモデルの違いはリフレッシュレートと解像度であり、PXC279は240HzでフルHD、PXC277は165HzでWQHDとなっています。

格闘ゲームやFPSなど画面の動きが激しいゲームを主にプレイする方は高リフレッシュレートなPXC279を、RPG、RTS、MOBA、レースゲームなどを主にプレイする方は高解像度なPXC277を選ぶと良いでしょう。

リフレッシュレートと解像度以外のスペックはおおよそ同じです。どちらもパネルの種類はVAパネルであり、HDRに対応しているため、没入感の高く美しい映像を楽しむことができます。

手軽に導入できる湾曲ゲーミングモニターとしておすすめです!

製品名PXC279PXC277
サイズ27インチ
解像度FHD (1920×1080)WQHD (2560×1440)
パネル種類VA(曲面)
リフレッシュレート240Hz165Hz
応答速度MPRT 1ms
入出力PC接続用:
 DisplayPort 1.2 (240Hz) x1
 HDMI 2.0 (240Hz) x1
 HDMI 1.4 (120Hz) x1
出力用:
 3.5mm ステレオミニジャック x1
その他:
 USB (メンテナンス用) x1
PC接続用:
 DisplayPort 1.2 (165Hz) x2
 HDMI 2.0 (144Hz) x1
出力用:
 3.5mm ステレオミニジャック x1
その他:
 USB (メンテナンス用) x1
スピーカーなし
スタンド前後角度調整(チルト):前5°/後15°
左右角度調整(スイベル):なし
高さ調節:なし
回転(ピボット):なし
その他機能ゲームアシスト機能搭載
FreeSync Premium技術対応
G-Sync技術対応
HDR対応
フリッカーフリー技術搭載
ブルーライトカット機能搭載

PXC279:240Hz・フルHD

PXC279は、240Hz・フルHDのモデルです。FPSや格闘ゲームを中心にプレイする方におすすめです。

PXC277:165Hz・WQHD

PXC277は、165Hz・WQHDのモデルです。RPG、RTS、MOBA、レースゲームなどを中心にプレイする方や、普段使い用として併用したい方におすすめです。

PXC325/PXC327:32型VA 165Hz・フルHD/165Hz・WQHD

写真:Amazonのスクリーンショット

続いてご紹介するモデルは、「PXC325」および「PXC327」です。どちらも32インチ前後のモニターです。

32インチは、湾曲モニターとしても十分に大型であり、没入感の高い迫力ある映像を楽しめます。

2つのモデルの大きな違いは解像度であり、PXC325はフルHD、PXC327はWQHDとなっています。PCへの負荷をなるべく減らしたい方はPXC327を、高解像度の映像を大画面で満喫したい方はPXC327を選ぶと良いでしょう。

解像度以外のスペックはおおよそ同じです。ともにリフレッシュレートは165Hz応答速度は1ms(MPRT)と、どんなゲームをプレイする上でも十分に高速です。

大画面で迫力あるスムーズな映像を楽しめる湾曲ゲーミングモニターとしておすすめです!

製品名PXC325PXC327
サイズ32インチ31.5インチ
解像度FHD (1920×1080)WQHD (2560×1440)
パネル種類VA(曲面)
リフレッシュレート165Hz
応答速度MPRT 1ms
入出力PC接続用:
 DisplayPort 1.4 (165Hz) x2
 HDMI 2.0 (165Hz) x2
出力用:
 3.5mm ステレオミニジャック x1
PC接続用:
 DisplayPort 1.2 (165Hz) x2
 HDMI 2.0 (144Hz) x1
出力用:
 3.5mm ステレオミニジャック x1
その他:
 USB (メンテナンス用) x1
スピーカーなし
スタンド前後角度調整(チルト):前5°/後15°
左右角度調整(スイベル):なし
高さ調節:なし
回転(ピボット):なし
その他機能ゲームアシスト機能搭載
FreeSync Premium技術対応
G-Sync技術対応
HDR対応
フリッカーフリー技術搭載
ブルーライトカット機能搭載
ゲームアシスト機能搭載
FreeSync Premium技術対応
HDR対応
フリッカーフリー技術搭載
ブルーライトカット機能搭載

PXC325:フルHDのモデル

PXC325は、32インチ・フルHDのモデルです。

解像度が抑えられていることにより、そこまでハイスペックPCでなくてもリフレッシュレート165Hzを出しやすいです。

PXC327:WQHDのモデル

PXC327は、31.5インチ・WQHDのモデルです。WQHDの繊細で美しい映像を楽しむことができます。

ハイスペックPCをお持ちの方は、高解像度・高速のゲーム映像を大画面で満喫してみてください!

PXC348C:34型VA 144Hz UWQHD

写真:Amazonのスクリーンショット

続いてご紹介するモデルは、「PXC348C」です。34インチの大型ウルトラワイドモニターです。

一般的なモニターよりも横長なウルトラワイドモニターは、視界の隅々までゲーム画面で埋め尽くすことが出来ます。34インチは湾曲モニターとしても大型であり、ゲームの世界に入り込んだような臨場感を楽しめます。

リフレッシュレートは144Hz応答速度は1ms(MPRT)であり、幅広いゲームを十分快適にプレイできる高速さです。

解像度はUWQHD(3440×1440)の高解像度であり、ゲームの美しい世界を存分に楽しむことができます。パネルの種類は、映像鑑賞向けのVAパネルであるため、ゲームだけでなく日頃の動画視聴も綺麗に楽しめます。HDR対応もしています。

さらに、スピーカーが内蔵されているため、モニターから直接音を出すこともできて便利です。

視界いっぱいに広がる大画面でゲームに没頭したい方におすすめの大型湾曲ゲーミングモニターです!

製品名PXC348C
サイズ34インチ
解像度UWQHD (3440×1440)
パネル種類VA(曲面)
リフレッシュレート144Hz
応答速度MPRT 1ms
入出力PC接続用:
 DisplayPort 1.4 (144Hz) x1
 HDMI 2.0 (100Hz) x2
 USB Type-C(電源供給 最大65W/100Hz) x1
出力用:
 3.5mm ステレオミニジャック x1
スピーカー2W x2
スタンド前後角度調整(チルト):前5°/後20°
左右角度調整(スイベル):なし
高さ調節:なし
回転(ピボット):なし
その他機能ゲームアシスト機能搭載
FreeSync Premium技術対応
HDR対応
フリッカーフリー技術搭載
ブルーライトカット機能搭載

ほかのゲーミングモニターも見てみる

▷ BenQのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ iiyamaのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ ASUSのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ ASUS「ROG」のおすすめゲーミングモニター紹介
▷ ASUS「TUF Gaming」のおすすめゲーミングモニター紹介
▷ ASUSの低価格ゲーミングモニターおすすめ紹介
▷ MSIのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ Acerのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ Acer「Predator」のおすすめゲーミングモニター紹介
▷ Acer「Nitro」のおすすめゲーミングモニター紹介
▷ Acer「SigmaLine」のおすすめゲーミングモニター紹介
▷ AOPENのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ Dellのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ ALIENWAREのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ HPのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ HP「OMEN」のおすすめゲーミングモニター紹介
▷ AOC(AGON)のおすすめゲーミングモニター紹介
▷ Pixioのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ Lenovoのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ JAPANNEXTのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ GIGABYTEのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ GIGABYTE「AORUS」のおすすめゲーミングモニター紹介
▷ I-O DATA「GigaCrysta」のおすすめゲーミングモニター紹介
▷ LGのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ KEIANのおすすめモニター紹介

用途や特徴からモニターを探す

▷ 【徹底厳選】ゲーミングモニターのおすすめ紹介
▷ 安いゲーミングモニターのおすすめ紹介
▷ 湾曲ゲーミングモニターのおすすめ紹介
▷ 4Kゲーミングモニターのおすすめ紹介
▷ HDR対応のゲーミングモニターのおすすめ紹介
▷ 白色のゲーミングモニターのおすすめ紹介

▷ 24インチのゲーミングモニターのおすすめ紹介
▷ 24.5インチのゲーミングモニターのおすすめ紹介
▷ 27インチのゲーミングモニターのおすすめ紹介

▷ リフレッシュレート144Hzのおすすめモニター紹介
▷ 【コスパ最強】安い144Hzモニターのおすすめを解像度別に紹介
▷ 144Hz・WQHDのおすすめモニター紹介
▷ 144Hz・4Kのおすすめモニター紹介
▷ 144Hz・IPSパネルのおすすめモニター紹介
▷ 144Hz・24インチのおすすめモニター紹介
▷ 144Hz・27インチのおすすめモニター紹介
▷ 144Hzの湾曲モニターおすすめ紹介
▷ 144Hzのウルトラワイドモニターおすすめ紹介

▷ リフレッシュレート165Hzのおすすめモニター紹介

▷ リフレッシュレート240Hzのおすすめモニター紹介
▷ 【コスパ最強】安い240Hzモニターのおすすめ紹介
▷ 240Hz・WQHDのおすすめモニター紹介
▷ 240Hz・IPSパネルのおすすめモニター紹介

▷ リフレッシュレート360Hzのおすすめモニター紹介
▷ リフレッシュレート390Hzのおすすめモニター紹介

▷ リフレッシュレート60Hzのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ リフレッシュレート75Hzのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ Nintendo Switch向けのゲーミングモニターおすすめ紹介
▷ PS5におすすめの4K・120Hzモニター紹介
▷ PS5におすすめのゲーミングモニター紹介

▷ Acerの144Hzモニターおすすめ紹介
▷ ASUSの144Hzモニターおすすめ紹介
▷ BenQの144Hzモニターおすすめ紹介
▷ I-O DATA「GigaCrysta」の144Hzモニターおすすめ紹介

▷ Acerの240Hzモニターおすすめ紹介
▷ ASUSの240Hzモニターおすすめ紹介
▷ BenQの240Hzモニターおすすめ紹介
▷ I-O DATA「GigaCrysta」の240Hzモニターおすすめ紹介