【2021年夏版】144Hzの湾曲モニターおすすめ8つ紹介!

eスポーツとパソコン・スマホ

ゲーミングモニターの購入を検討されている方の中には、湾曲タイプのモニターをお探しの方もいらっしゃるでしょう。

画面の両端がプレイヤーを包み込むように湾曲しているモニターは、平面タイプよりもゲームへの没入感がアップするほか、大型の画面でも視線の移動がしやすく、集中してゲームや作業が進められます。

この記事では、ゲーミングモニターとして一般的なリフレッシュレート144Hzが出せる湾曲モニターのおすすめを8つご紹介します!

関連記事
▷ 144Hzのおすすめモニター厳選紹介!

スポンサーリンク

【入門向け】小型・解像度抑えめのモデル3つ

まずは、はじめて湾曲モニターを使う方におすすめのモデルを3つご紹介します。

湾曲モニターの主流といえば、34インチでUWQHD(3440×1440)の高解像度のものです。しかし、34インチは結構存在感のある大きさですし、UWQHDを出力するには相応のPCスペックの高さが要求されます。

ここでは、もう少し小型のモデルや、PCに負担のかかりすぎない解像度のモデルをお望みの方に向けて、手軽に使える湾曲モニターを紹介しました!

【こんな人におすすめ】
・大きすぎるモニターを置くスペースがない人
・高解像度を出力するにはPCスペックが足りない人

Dell「S2721HGF」:小型フルHDの入門向け

写真:製品ページのスクリーンショット

まずご紹介するのは、アメリカの大手PCメーカーDell(デル)「S2721HGF」です。

こちらは、画面サイズが27インチと、湾曲モニターとしては小型であり、スペースを取りすぎずに湾曲の良さを楽しむことができます。

加えて、解像度がフルHD(1920×1080)と、一般的なモニターに採用されている解像度であるため、PCへの負荷が抑えられています

リフレッシュレートは144Hz応答速度は4ms(GtG)であり、入門用ゲーミングPCや標準的なゲーミングPCでも機能が発揮できる十分なスペックです。

パネルの種類は、大型モデルにも使用されている映像鑑賞向けのVAパネルです。

また、モニターの位置調整もしやすく、前後・左右角度調節と高さ調節ができるため、自分の姿勢に合った位置にセットすることが出来ます。

価格も3万円台とお手頃で、小型でPCへの負荷も低いことから、144Hz湾曲モニターの入門機として気軽に取り入れやすくておすすめです!

パネルサイズ27インチ
解像度FHD (1920×1080)
パネル種類VA (曲面)
入力端子DisplayPort 1.2 x1
HDMI 1.4 x2
出力端子3.5mm ステレオミニジャック x1
スピーカーなし
リフレッシュレート144Hz
応答速度GtG 4ms
スタンド前後角度調整(チルト):前5°/後21°
左右角度調整(スイベル):対応
高さ調節:±100mm
回転(ピボット):なし

関連記事:Dellのおすすめゲーミングモニター紹介

ASUS「TUF Gaming VG32VQ」:一回り小さくてお手頃

写真:製品ページのスクリーンショット

続いてご紹介するのは、台湾のPC・スマートフォン関連メーカーASUS(エイスース)のゲーミングブランドTUF Gaming(タフゲーミング)「VG32VQ」です。

こちらは、画面サイズが31.5インチと、主流の湾曲モニターよりも少し小ぶりです。また、左右に広いウルトラワイド(横縦比21:9)ではなく、一般的なモニターと同じ比率(横縦比16:9)であるため、左右のスペースを取りすぎずに使えます

一方で、解像度はWQHD(2560×1440)と高解像度であり、鮮明で美しいゲーム映像を楽しむことができます。パネルの種類も、多くの湾曲モニターに採用されているのと同じVAパネルです。

リフレッシュレートは144Hz応答速度は4ms(GtG)であり、ゲーミングモニターとして十分なめらかな映像を出力することができます。

また、モニターの位置調整もしやすく、前後・左右角度調節と高さ調節ができるため、自分の姿勢に合った位置にセットすることが出来ます。

さらに、スピーカーが内蔵されているため、外付けのスピーカーやヘッドフォンがなくても音を出すことが出来ます。

価格も5万円台とお手頃です。スペックの高いPCを持ってはいるけど一回り小さな144Hz湾曲モニターをお探しの方におすすめです!

パネルサイズ31.5インチ
解像度QHD (2560×1440)
パネル種類VA (曲面)
入力端子DisplayPort 1.2 x1
HDMI 2.0 x2
出力端子3.5mm ステレオミニジャック x1
スピーカー2W ×2
リフレッシュレート144Hz
応答速度GtG 4ms
MPRT 1ms
スタンド前後角度調整(チルト):前5°/後15°
左右角度調整(スイベル):左右62°
高さ調節:±140mm
回転(ピボット):なし

関連記事:ASUS「TUF Gaming」のおすすめゲーミングモニター紹介

LG「UltraGear 34GL750-B」:大型だけど解像度抑えめ

写真:Amazonのスクリーンショット

続いてご紹介するのは、韓国の総合家電メーカーであるLG(エルジー)のゲーミングブランドUltraGear(ウルトラギア)「34GL750-B」です。

こちらは、画面サイズが34インチでウルトラワイド(横縦比21:9)と、本格的な湾曲モニターのサイズ感であるため、湾曲モニターの没入感を存分に満喫することが出来ます。

一方で、解像度はUWFHD(2560×1080)という、フルHDを横に約1.3倍広くした解像度であるため、PCへの負荷が抑えられています

リフレッシュレートは144Hz応答速度は5ms(GtG)と、ゲーミングモニターとして十分な高速性も備えています。

また、モニターの位置調整は、前後角度調節と高さ調節ができるため、自分の目線の高さに合う位置にセットすることが出来ます。

価格も6万円程度とお手頃です。標準的なスペックのゲーミングPCでも楽しめる144Hz大型湾曲モニターとしておすすめです!

パネルサイズ34インチ
解像度UWFHD (2560×1080)
パネル種類VA (曲面)
入力端子DisplayPort(1.4) x1
HDMI x2
出力端子3.5mm ステレオミニジャック x1
スピーカーなし
リフレッシュレート144Hz
応答速度GtG 5ms
スタンド前後角度調整(チルト):前5°/後20°
左右角度調整(スイベル):なし
高さ調節:±120mm
回転(ピボット):なし

関連記事:LGのゲーミングモニターおすすめ紹介

【主流】大画面・高解像度のモデル3つ

続いて、湾曲モニターの主流である、画面サイズ34インチ・解像度UWQHD(3440×1440)のおすすめモデルを3つご紹介します。

いずれもウルトラワイド(縦横比21:9)であるため、左右にめいっぱい広がる大画面です。視界を邪魔するものなく、ゲームや作業に集中できます。

さらに、UWQHDは高解像度であるWQHD(2560×1440)を約1.3倍横長にした解像度であり、鮮明で美しい映像を隅々まで楽しめます。

高解像度を高リフレッシュレートで出力するには、ハイスペックなPCが必要ですが、PCスペックに自信のある方は、ぜひチャレンジしてみてください!

【こんな人におすすめ】
・本格的な大型・高解像度な湾曲モニターが欲しい方
・ハイスペックPCをお持ちの方

MSI「Optix MPG341CQR」:バランス良し

写真:製品ページのスクリーンショット

まずご紹介するのは、台湾発の自作PCパーツ・ゲーミングデバイスメーカーであるMSI(エムエスアイ)「Optix MPG341CQR」です。

画面サイズは34インチ、解像度はUWQHD(3440×1440)の、王道な大型・高解像度湾曲モニターです。

リフレッシュレートは144Hz応答速度は1ms(MPRT)と、ゲーミングモニターとして十分な高速性も備えています。パネルの種類は、映像鑑賞に向いたVAパネルです。

モニターの位置調節は、前後角度調節と高さ調節が可能であるため、自分の目線の高さに合う位置にセットすることが出来ます。

また、画面フレームの下部を光らせることができ、カッコいいです。USBハブもついているため、様々な機器を接続できて便利です。

スペックのバランスが良い34インチ・UWQHDの144Hz湾曲モニターとしておすすめです!

パネルサイズ34インチ
解像度UWQHD (3440×1440)
パネル種類VA (曲面)
入力端子DisplayPort 1.4 ×1
HDMI 2.0 ×2
USB Type-C (DP Alt Mode) ×1
3.5mm ステレオミニジャック x1
USB (PC接続用) x1
出力端子3.5mm ステレオミニジャック x2
USB 3.2 x3
スピーカーなし
リフレッシュレート144Hz
応答速度MPRT 1ms
スタンド前後角度調整(チルト):前5°/後20°
左右角度調整(スイベル):なし
高さ調節:±100mm
回転(ピボット):なし

関連記事:MSIのおすすめゲーミングモニター紹介

JAPANNEXT「JN-VCG34144UWQHDR」:コスパ最強

写真:製品ページのスクリーンショット

続いてご紹介するのは、日本の液晶モニターメーカーであるJAPANNEXT(ジャパンネクスト)「JN-VCG34144UWQHDR」です。

画面サイズは34インチ、解像度はUWQHD(3440×1440)の、王道な大型・高解像度湾曲モニターです。

リフレッシュレートは144Hz応答速度は1ms(MPRT)と、ゲーミングモニターとして十分な高速性も備えています。

パネルの種類は、映像鑑賞に向いたVAパネルであるため美しく、さらにHDRにより、鮮やかな色表現を楽しめます。

モニターの位置は前後角度調節のみが可能ですが、モニターアームに接続できるVESAマウントに対応しているため、モニターアームを使用することでさらに調節可能となります。

さらに、スピーカーが内蔵されているため、外付けのスピーカーやヘッドフォンがなくても音を出すことが出来ます。

これだけ贅沢なスペックでありながら7万円台と、他社と比べるとかなり良心的な価格です。コストパフォーマンスの高い144Hz湾曲モニターとしておすすめです!

パネルサイズ34インチ
解像度UWQHD (3440×1440)
パネル種類VA (曲面)
入力端子DisplayPort (3440×1440@144Hz) x2
HDMI (3440×1440@100Hz) x2
出力端子3.5mm ステレオミニジャック x1
スピーカー3W x2
リフレッシュレート144Hz
応答速度MPRT 1ms
スタンド前後角度調整(チルト):前15°/後3°
左右角度調整(スイベル):なし
高さ調節:なし
回転(ピボット):なし

関連記事:JAPANNEXTのおすすめゲーミングモニター紹介

LG「UltraGear 34GN850-B」:IPSパネルで鮮明

写真:Amazonのスクリーンショット

続いてご紹介するのは、韓国の総合家電メーカーであるLG(エルジー)「34GN850-B」です。

画面サイズは34インチ、解像度はUWQHD(3440×1440)の、王道な大型・高解像度湾曲モニターです。

こちらの最大の特徴は、湾曲には珍しいIPSパネルであるという点です。多くの湾曲モニターに採用されているVAパネルも綺麗なのですが、IPSは鮮やかな色表現が得意であるため、さらに綺麗な画面を楽しめます。

リフレッシュレートは144Hz応答速度は1ms(GtG)と、ゲーミングモニターとして十分な高速性も備えています。

また、モニターの位置調整は、前後角度調節と高さ調節ができるため、自分の目線の高さに合う位置にセットすることが出来ます。USBハブもついているため、様々な機器を接続できて便利です。

画面の美しさを追求したい方におすすめの、大型・高解像度144Hz湾曲モニターです!

パネルサイズ34インチ
解像度UWQHD (3440×1440)
パネル種類IPS (曲面)
入力端子DisplayPort 1.4 x1
HDMI (3440×1440@85Hz) x2
USB (PC接続用) x1
出力端子3.5mm ステレオミニジャック x1
USB 3.0 x2
スピーカーなし
リフレッシュレート144Hz
応答速度GtG 1ms
スタンド前後角度調整(チルト):前5°/後15°
左右角度調整(スイベル):なし
高さ調節:±110mm
回転(ピボット):なし

関連記事:LGのゲーミングモニターおすすめ紹介

【贅沢】超大画面のモデル2つ

最後に、主流の湾曲モニターよりもさらに大画面のおすすめモデルを2つご紹介します。

大型テレビ並みに大きな湾曲モニターは、何にも視界を邪魔されない、最高のゲーム空間を作ることができます。画面が大きい分、さらに解像度も高くなっており、鮮明で美しい映像を隅々まで満喫できます。

高解像度を高リフレッシュレートで出力するには、ハイスペックなPCが必要ですが、PCスペックに自信のある方は、ぜひ贅沢な超大型モデルも検討してみてください!

【こんな人におすすめ】
・妥協のない最強のゲーミング環境を作りたい方
・ハイスペックPCをお持ちの方

Dell「ALIENWARE AW3821DW」:IPSパネルの超大画面

写真:製品ページのスクリーンショット

まずご紹介するのは、アメリカの大手PC・PC関連機器メーカーであるDell(デル)の高級ゲーミングブランドALIENWARE(エイリアンウェア)の「AW3821DW」です。

こちらは画面サイズが37.5インチと、主流の34インチよりもさらに大型です。ウルトラワイドなゲーム画面が視界を埋め尽くし、まるで自分がゲーム内のプレイヤーになったかのようにゲームの世界に入り込むことができます。

解像度は、WQHDを一回り大きくしたWQHD+(3840×1600)の高解像度であるため、鮮明で美しい映像を楽しめます。

パネルの種類は、湾曲モニターでは数少ないIPSパネルであり、色表現が鮮やかな画面で綺麗です。また、HDRにも対応しているため、暗いシーンや明るいシーンでも見やすいです。

リフレッシュレートは144Hz応答速度は1ms(GtG)と、幅広いゲームをなめらかに楽しめる十分な高速さです。

モニターの位置調整の自由度も高く、前後・左右角度調節・高さ調節ができるため、自分に合った位置にセットできます。

また、ゲーミングモニターは黒色のものが多いですが、こちらのモニターは背面や支柱部分がホワイトで、スタイリッシュなデザインとなっている点も魅力です。

鮮やかで美しいゲーム映像を超大型画面で堪能したい方におすすめの、贅沢な144Hz湾曲モニターです!

パネルサイズ37.5インチ
解像度WQHD+ (3840×1600)
パネル種類IPS (曲面)
入力端子DisplayPort 1.4 x1
HDMI 2.0 x2
USB (PC接続用) x1
出力端子3.5mm ステレオミニジャック x2
USB 3.1 x4
スピーカーなし
リフレッシュレート144Hz
応答速度GtG 1ms
スタンド前後角度調整(チルト):前5°/後21°
左右角度調整(スイベル):左右20°
高さ調節:0mm~130mm
回転(ピボット):なし

なお、Dellの製品は、公式オンラインストアで大幅に割引されている時も多いので、購入前には必ず公式オンラインストアをチェックすることをおすすめします!↓

関連記事:ALIENWAREのおすすめゲーミングモニター紹介

ASUS「ROG STRIX XG49VQ」:最強の49インチ!

写真:製品ページのスクリーンショット

続いてご紹介するのは、台湾のPC・スマートフォン関連メーカーであるASUS(エイスース)のゲーミングブランドROG(アールオージー)「ROG STRIX XG49VQ」です。

画面サイズが49インチという圧倒的な大画面のモニターです。さらに、解像度はSUFHD(3840×1080)という高解像度で、27インチフルHD(1920×1080)のモニターを横に2つ並べた場合に相当します。

写真:製品ページのスクリーンショット

リフレッシュレートは144Hz応答速度は4ms(GtG)と、ゲーミングモニターとして十分な速さです。パネルの種類は、映像鑑賞向けのVAパネルです。

モニターの位置調整は、左右・前後角度調整、高さ調整が可能であるため、自分に合った位置にセットすることができます。

また、スピーカーが内蔵されているため、外付けのスピーカーやヘッドフォンがなくても音を出すことが出来ます。

さらに、モニターの背面とスタンドの底面ロゴが光るため、ゲーミングらしいカッコイイ空間を作ってくれます。

圧倒的な没入感のあるリアルなゲーム体験をしたい方に、ぜひチャレンジして頂きたい贅沢なゲーミングモニターです!

パネルサイズ49インチ
解像度SUWFHD (3840×1080)
パネル種類VA (曲面)
入力端子DisplayPort 1.2 x1
HDMI 2.0 x2
USB (PC接続用) x1
出力端子3.5mm ステレオミニジャック x1
USB 3.0 x 2
スピーカー5W x2
リフレッシュレート144Hz
応答速度GtG 4ms
スタンド前後角度調整(チルト):前5°/後20°
左右角度調整(スイベル):左右16°
高さ調節:±120mm
回転(ピボット):なし

関連記事:ASUS「ROG」のおすすめモニター紹介

用途や特徴からモニターを探す

▷ リフレッシュレート144Hzのおすすめモニター紹介
▷ 【コスパ最強】安い144Hzモニターのおすすめを解像度別に紹介
▷ 144Hz・WQHDのおすすめモニター紹介
▷ 144Hz・4Kのおすすめモニター紹介
▷ 144Hz・IPSパネルのおすすめモニター紹介
▷ 144Hz・27インチのおすすめモニター紹介
▷ 144Hzのウルトラワイドモニターおすすめ紹介
▷ リフレッシュレート165Hzのおすすめモニター紹介
▷ リフレッシュレート240Hzのおすすめモニター紹介
▷ 【コスパ最強】安い240Hzモニターのおすすめ紹介
▷ 240Hz・WQHDのおすすめモニター紹介
▷ 240Hz・IPSパネルのおすすめモニター紹介
▷ リフレッシュレート360Hzのおすすめモニター紹介
▷ Nintendo Switch向けのゲーミングモニターおすすめ紹介
▷ PS5におすすめの4K・120Hzモニター紹介

▷ Acerの144Hzモニターおすすめ紹介
▷ ASUSの144Hzモニターおすすめ紹介
▷ BenQの144Hzモニターおすすめ紹介
▷ I-O DATA「GigaCrysta」の144Hzモニターおすすめ紹介

▷ Acerの240Hzモニターおすすめ紹介
▷ ASUSの240Hzモニターおすすめ紹介
▷ BenQの240Hzモニターおすすめ紹介
▷ I-O DATA「GigaCrysta」の240Hzモニターおすすめ紹介

ほかのゲーミングモニターも見てみる

▷ BenQのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ iiyamaのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ ASUSのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ ASUS「ROG」のおすすめゲーミングモニター紹介
▷ ASUS「TUF Gaming」のおすすめゲーミングモニター紹介
▷ ASUSの低価格ゲーミングモニターおすすめ紹介
▷ MSIのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ Acer「Predator」のおすすめゲーミングモニター紹介
▷ Acer「Nitro」のおすすめゲーミングモニター紹介
▷ Acer「SigmaLine」のおすすめゲーミングモニター紹介
▷ Dellのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ ALIENWAREのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ HPのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ HP「OMEN」のおすすめゲーミングモニター紹介
▷ AOC(AGON)のおすすめゲーミングモニター紹介
▷ Pixioのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ Lenovoのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ JAPANNEXTのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ GIGABYTEのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ GIGABYTE「AORUS」のおすすめゲーミングモニター紹介
▷ I-O DATA「GigaCrysta」のおすすめゲーミングモニター紹介
▷ LGのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ KEIANのおすすめモニター紹介