【2021年版】ASUSのゲーミングモニターおすすめ紹介!

eスポーツとパソコン・スマホ

ゲーミングモニターをお探しの方の中には、ASUSのゲーミングモニターを検討されている方もいるでしょう。

ASUSのゲーミングモニターは、高品質・高機能であるほか、画面上に照準を表示したりタイマーを表示したりできる、ゲーム専用の独自機能「GamePlus(ゲームプラス)」が搭載されているのも人気の理由です。

そんなASUSのゲーミングモニターには、最高峰のハイスペックを誇る「ROG(アールオージー)」シリーズや、耐久性・安定性の高さを誇る「TUF Gaming(タフゲーミング)」をはじめ、数々の種類がラインナップされています。

種類の多さゆえに、自分に合ったゲーミングモニターをどのように選べばよいか、迷ってしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで、この記事では、シチュエーションごとにおすすめのASUSゲーミングモニターをご紹介します!ぜひ、ゲーミングモニター選びの参考にしてみてください。

関連記事
▷ MSIのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ Dellのおすすめゲーミングモニター紹介

スポンサーリンク

一般PC、入門用ゲーミングPC、コンソールゲームにおすすめ2つ

まずは、

・ゲーム向けではない普通のPC、入門用のゲーミングPC、ノートPCなどを使っている方
・Nintendo SwitchやPlayStation 4のゲームをメインに映したい方

におすすめのASUSゲーミングモニターを2つご紹介します。

ゲーミングモニターといえば、リフレッシュレートが100Hzを超えるようなハイスペックな商品が魅力的に映るものですが、高いリフレッシュレートを継続的に出すためには、PC側も、30万円を超えるようなハイスペックPCである必要があります

ゲーム用ではないPCや、入門用のゲーミングPCを使っている場合には、高リフレッシュレートを継続的に出すのが難しいため、高額でハイスペックなゲーミングモニターを購入しても、その性能を活かしきれない可能性が高いです。

また、Nintendo SwitchやPlayStation 4は、映像出力が最大60Hzですので、これらのコンソールゲームを中心に映したいとお考えの場合も、100Hz超えのハイスペックゲーミングモニターはオーバースペックとなってしまいます(ただしPlayStation 5は、4Kで120Hzに対応しています)。

このような場合に当てはまるという方は、リフレッシュレートは抑えめで、応答速度の速さや画面の綺麗さを重視して選んだほうが良いと考えます。

こうした観点で、編集部からは、以下の2つのゲーミングモニターをおすすめします!

VG245HE-J:24型FHD TN 75Hz 0.6ms(GtG)

写真:製品ページのスクリーンショット

「VG245HE-J」は、0.6msの超高速な応答速度75Hzのリフレッシュレートを実現したASUSのゲーミングモニターです。

0.6msという応答速度は、ゲーミングモニターの中でも特に高速な部類に属します。応答速度が速いほど、残像感のないスムーズな映像を楽しむことができます。FPSや格闘ゲームなどの動きの速いゲームも快適にプレイできるでしょう。

画面サイズは24インチ、解像度はフルHD(1920×1080)と標準的です。パネルの種類は、応答速度の速さを特徴とするTNパネルです。

6万円を超えるようなハイスペックゲーミングモニターでも応答速度は1msのものが多い中、2万円前後で0.6msの超高速な応答速度のゲーミングモニターを購入できるのは、大変コスパが良いと言えます。

手頃な価格で高性能なゲーミングモニターとしておすすめです!

液晶サイズ24インチ
解像度1920×1080
パネルTN
入力端子HDMI 1.4 x 2
D-Sub
出力端子イヤフォンジャック
リフレッシュレート75Hz
応答速度(GtG)0.6ms
多機能スタンド前後角度調整(チルト):-5°~+22°

VP28UQG:28型4K TN 60Hz 1ms(GtG)

写真:製品ページのスクリーンショット

「VP28UQG」は、28インチの大型画面4K(3840×2160)の高解像度を特徴とする、ASUSのゲーミングモニターです。

応答速度は1msリフレッシュレートは60Hzであるため、PCのスぺックをあまり必要としないMOBA、RTS、RPGなどのゲームを中心にやる人に特におすすめです。大画面で高解像度なので、1画面で多くの情報を表示でき、ゲームを有利に進められますよ。

また、PlayStation 4 ProやPlayStation 5などの、4Kに対応したコンソールゲームを楽しみたい方にもおすすめできます。

28インチ・4Kでありながら4万円前後で買えるのは、コスパの観点からもとても良いと言えます。大きな画面でゲームの世界観をじっくり味わいたい方におすすめです!

液晶サイズ28インチ
解像度3840×2160
パネルTN
入力端子HDMI 1.4 x 2
D-Sub
出力端子イヤフォンジャック
リフレッシュレート60Hz
応答速度(GtG)1ms
多機能スタンド前後角度調整(チルト):-5°~+35°

ハイスペックPCでのFPS・格闘ゲームにおすすめ4つ

続いては、

・ハイスペックなゲーミングPCで、FPSや格闘ゲームをメインにプレイしたい方

におすすめのASUSゲーミングモニターを4つご紹介します。

FPSや格闘ゲームなど、コンマ数秒のアクションが勝敗のカギを握るゲームでは、リフレッシュレートの高さがゲームの有利さに直結します。リフレッシュレートの値が大きいほど、映像がなめらかになり、敵の位置を正確に把握できます。

ゆえに、高リフレッシュレートであることを第一優先事項として選ぶと良いでしょう。(どの程度高いものが良いかは、お使いのPCのスペックをご考慮ください)。

一方、解像度に関しては、高リフレッシュレートかつ高解像度では、いくらハイスペックPCでも処理が追い付かなくなり、ゲーミングモニターの性能を発揮しきれなくなる恐れがありますので、一般的なフルHD(1920×1080)が良いでしょう。

また、画面サイズは、大きすぎると目線の移動に時間がかかるため、標準的な24インチ前後、またはモニターを遠めに置く場合は27インチ前後が良いでしょう。いずれにせよ、大きすぎないほうが瞬時に全体を把握しやすいです。

こうした観点で、編集部からは、以下の4つのゲーミングモニターをおすすめします!

TUF GAMING VG249Q1R:23.8型FHD IPS 165Hz 1ms(MPRT)

写真:製品ページのスクリーンショット

「TUF GAMING VG249Q1R」は、1msの応答速度(MPRT)165Hzのリフレッシュレートを実現した、ASUSの「TUF Gaming」シリーズのゲーミングモニターです。

165Hzという、FPSや格闘ゲームをプレイするには十分に高いリフレッシュレートが出せるにも関わらず2万円台と、大変コスパが良いモニターとなっています。

画面サイズは23.8インチとちょうど良い大きさで、パネルの種類は、鮮やかな色表現を得意とするIPSパネルであるため、綺麗です。解像度はフルHD(1920×1080)で、PCへの負荷も抑えています。

十分な機能を持ったゲーミングモニターをお安く手に入れたい方におすすめです!

液晶サイズ23.8インチ
解像度1920×1080
パネルIPS
入力端子DisplayPort 1.2 x 1
HDMI 1.4 x 2
出力端子イヤフォンジャック
リフレッシュレート165Hz
応答速度(GtG)-ms (MPRT 1ms)
多機能スタンド前後角度調整(チルト):-5°~+20

ROG STRIX XG258Q:24.5型FHD TN 240Hz 1ms(GtG)

写真:製品ページのスクリーンショット

「ROG STRIX XG258Q」は、1msの応答速度と、240Hzの超高速リフレッシュレートを実現した、ASUSの「ROG STRIX」シリーズのゲーミングモニターです。

240Hzは超高速であり、プレイ時の感覚をワンランク上に変化させてくれることでしょう。240Hzで出力し続けられるスペックの高級ゲーミングPCをお持ちの方には、ぜひ試していただきたいと思います。

画面サイズは24.5インチとちょうど良い大きさで、パネルの種類は、応答速度の速さを特徴とするTNパネルです。解像度はフルHD(1920×1080)で、PCへの負荷も抑えています。

ROGシリーズなので、モニターの背面やスタンド底面のロゴが光るところもカッコイイです。モニター位置調節の自由度も高いので、自分に合った快適な位置にセットすることもできます。

とにかく速さを追求するFPS・格闘ゲーマーにおすすめです!

液晶サイズ24.5インチ
解像度1920×1080
パネルTN
入力端子DisplayPort 1.2 x 1
HDMI 1.4 x 1
HDMI 1.2 x 1
出力端子イヤフォンジャック
リフレッシュレート240Hz
応答速度(GtG)1ms
多機能スタンド左右角度調整:左50°~右50°
回転(ピボット):0°~90°(時計回り)
高さ調節:0~120mm
前後角度調整(チルト):搭載

ROG SWIFT 360Hz PG259QN:24.5型FHD IPS 360Hz 1ms(GtG)

写真:製品ページのスクリーンショット

「ROG Swift 360Hz PG259QN」は、1msの応答速度と、360Hzという驚異的なリフレッシュレートを実現した、ASUSの「ROG SWIFT」シリーズのゲーミングモニターです。

2021年4月現在、360Hzは世界最速を誇っています。360Hzのリフレッシュレートを維持できるPCとは一体どんなスペックなんだ…と思わされますが、非常にロマンあふれるゲーミングモニターです。

画面サイズは24.5インチで、パネルの種類は、鮮やかな色表現を得意とするIPSパネルです。ROGシリーズなので、モニターの背面が光ります。モニター位置調節の自由度も高く、自分に合った位置にセットすることで身体負担を軽減できます。

また、PG259QNは、映像をより鮮明にするHDR技術に対応しており、鮮やかな色と明るさで臨場感あふれる美しいゲーム映像を体験することができます。

ご予算に余裕のある方は、ロマンあふれる世界最速スペックのPG259QNをぜひ体験してみてください!

液晶サイズ24.5インチ
解像度1920×1080
パネルIPS
入力端子DisplayPort 1.4 x 1
HDMI 2.0 x 1
USB(Upstream) x 1
出力端子イヤフォンジャック
USB (Downstream) x 2
リフレッシュレート360Hz
応答速度(GtG)1ms
多機能スタンド左右角度調整:左25°~右25°
回転(ピボット):0°~90°(時計回り)
高さ調節:0~120mm
前後角度調整(チルト):-5°~+20°

TUF GAMING VG279QM:27型FHD IPS 280Hz 1ms(GtG)

写真:製品ページのスクリーンショット

「TUF GAMING VG279QM」は、1msの応答速度と、280Hzの超高速リフレッシュレートを実現した、ASUSの「TUF Gaming」シリーズのゲーミングモニターです。

280Hzという超高速リフレッシュレートでありながら、さらに画面サイズが27インチと大型です。また、鮮やかな色表現を得意とするIPSパネルを採用しています。このようなスペックで5万円台というのは、なかなかにコスパが良いです。

解像度はフルHD(1920×1080)で、パソコンへの負荷も抑えています。モニター位置調節の自由度も高く、自分に合った位置にセットできます。

ディスプレイを目線から遠めに置く方や、よりハイレベルな試合をしたい方におすすめです!

液晶サイズ27インチ
解像度1920×1080
パネルIPS
入力端子DisplayPort 1.2 x 1
HDMI 2.0 x 2
出力端子イヤフォンジャック
リフレッシュレート280Hz
応答速度(GtG)1ms
多機能スタンド左右角度調整:左90°~右90°
回転(ピボット):-90°~90°
 (時計回り&反時計回り)
高さ調節:0~130mm
前後角度調整(チルト):-5°~+33°

ハイスペックPCでのMOBA・RTS・RPGにおすすめ2つ

続いては、

・ハイスペックなゲーミングPCで、MOBAやRTSやRPGをメインにプレイしたい方

におすすめのASUSゲーミングモニターを2つご紹介します。

MOBA、RTS、RPGなどのゲームでは、高解像度なほど、1画面で確認できる情報量が多くなり、プレイしやすいです。高解像度とは、一般的な「フルHD(1920×1080)」よりも高い「WQHD(2560×1440)」「4K(3840×2160)」などのことを言います。

また、画面サイズが大きいほど、ゲームの世界で視界を埋め尽くすことができるため、没入感のあるゲーム体験ができます。可能であれば、27インチ以上がおすすめです。

FPSなどのようにコンマ数秒の瞬発力で勝負するゲームではないため、リフレッシュレートは144Hzもあれば十分です。リフレッシュレートはほどほどにして、解像度を優先させたほうが良いでしょう(高リフレッシュレートで高解像度では、PC側の処理が追いつかない可能性が高いので、おすすめしません)。

こうした観点で、編集部からは、以下の2つのゲーミングモニターをおすすめします!

TUF GAMING VG27AQL1A:27型WQHD IPS 170Hz 3ms(GtG)

写真:製品ページのスクリーンショット

「TUF GAMING VG27AQL1A」は、27インチの大型画面WQHD(2560×1440)の高解像度を特徴とする、ASUSの「TUF Gaming」シリーズのゲーミングモニターです。

大画面で高解像度、さらには鮮やかな色表現を得意とするIPSパネルを採用しているため、リアリティのある綺麗な映像を楽しむことができます。

また、応答速度は3msリフレッシュレートは170Hzと、MOBA・RTS・RPGには十分高速なスペックです。映像の綺麗さとスペックのバランスに優れていながら、5万円台で購入できる点も魅力的です。

モニター位置調節の自由度も高く、自分に合った位置にセットすることで身体負担を軽減できます。

ゲームの世界観をじっくり楽しめるゲーミングモニターとしておすすめです!

液晶サイズ27インチ
解像度2560×1440
パネルIPS
入力端子DisplayPort 1.2 x 1
HDMI 2.0 x 2
USB(Upstream) x 1
出力端子イヤフォンジャック
USB (Downstream) x 2
リフレッシュレート170Hz
応答速度(GtG)3ms(MPRT 1ms)
多機能スタンド左右角度調整:左20°~右20°
回転(ピボット):-90°~90°
 (時計回り&反時計回り)
高さ調節:0~130mm
前後角度調整(チルト):-5°~+20°

ROG STRIX XG27UQ:27型4K IPS 144Hz 4ms(GtG)

写真:製品ページのスクリーンショット

「ROG STRIX XG27UQ」は、27インチの大型画面4K(3840×2160)の高解像度を特徴とする、ASUSの「ROG STRIX」シリーズのゲーミングモニターです。

4Kという超高画質、色が綺麗なIPSパネル、DisplayHDR400準拠により、美しく繊細な高画質映像を楽しめるゲーミングモニターとなっています。

リフレッシュレートは144Hz応答速度は4msと、MOBA・RTS・RPGには十分なスペックです。

また、ROGシリーズなので、モニターの背面とスタンドの底面ロゴが光ります。モニター位置調節の自由度も高く、自分に合った位置にセットすることで身体負担を軽減できます。

超高画質でスペックも十分に高いので、その分値段が張りますが、世界観の綺麗なゲームをリアルに堪能でき、今後4K対応のゲームが増えても長く使い続けられることを考慮すると、良い買い物になるでしょう。

4Kの圧倒的に美しい映像で臨場感のあるゲーム体験をしたい方におすすめです!

液晶サイズ27インチ
解像度3840×2160(4K)
パネルIPS
入力端子DisplayPort 1.4 x 2
HDMI 2.0 x 2
USB(Upstream) x 1
出力端子イヤフォンジャック
USB (Downstream) x 2
リフレッシュレート144Hz
応答速度(GtG)4ms
多機能スタンド左右角度調整:左40°~右40°
回転(ピボット):0°~90°(反時計回り)
高さ調節:0~120mm
前後角度調整(チルト):-5°~+20°

ハイスペックPCでのレースゲーム・フライトシミュレータにおすすめ3つ

最後に、

・ハイスペックなゲーミングPCで、レースゲームやフライトシミュレータをメインにプレイしたい方

におすすめのASUSゲーミングモニターを3つご紹介します。

レースゲームやフライトシミュレータをプレイする際には、視界を画面で埋め尽くしやすい湾曲型のモニターがおすすめです。

湾曲モニターは、実際に車の運転や飛行機の操縦をする時の視界に似た視界を作り出すため、本当に操縦しているかのような感覚を楽しむことができます。さらに、大画面なほど、より高い没入感を得られます。

解像度は、フルHD(1920×1080)以上であれば十分ですが、それよりも高解像度であるほうが、より鮮明に世界観に没入できます。

湾曲モニターの画面の大きさ・解像度の高さを考慮すると、リフレッシュレートは144Hz前後に抑えておくのが良いでしょう。高すぎるリフレッシュレートでは、PC側の処理が追い付かなくなる恐れがあるためです。もちろんゲームによりますが、多くは144Hz前後で十分快適に楽しめると思います。

こうした観点で、編集部からは、以下の3つのゲーミングモニターをおすすめします!

TUF GAMING VG27VQ:27型FHD VA(曲面) 165Hz 4ms(GtG)

写真:製品ページのスクリーンショット

「TUF GAMING VG27VQ」は、27インチの大型画面を特徴とする、ASUSの「TUF Gaming」シリーズの湾曲ゲーミングモニターです。

応答速度は4msリフレッシュレートは165Hzと高速ですが、解像度がフルHD(1920×1080)に抑えられているため、標準的なゲーミングPCでもなめらかなゲーム映像を楽しむことが出来ます。パネルの種類は、映像鑑賞に向いたVAパネルです。

モニターは回転できませんが、高さ・左右角度・前後角度を調節でき、自分に合った位置にセットすることができます。視点から近い距離に設置すると、より高い没入感を得られますよ。

価格も3万円台に抑えられているため、湾曲ゲーミングモニターとしてはコストパフォーマンスが高いと言えます。

手頃に湾曲モニターを手に入れたい方や、入門用の湾曲モニターをお探しの方におすすめです!

液晶サイズ27インチ
解像度1920×1080
パネルVA(曲面)
入力端子DisplayPort 1.2 x 1
HDMI 2.0 x 1
Dual-Link DVI x 1
Audio line-in
出力端子イヤフォンジャック
リフレッシュレート165Hz
応答速度(GtG)4ms (MPRT 1ms)
多機能スタンド左右角度調整:左90°~右90°
高さ調節:0~120mm
前後角度調整(チルト):-5°~+25°

ROG STRIX XG35VQ:35型UWQHD VA(湾曲) 100Hz 4ms(GtG)

写真:製品ページのスクリーンショット

「ROG STRIX XG35VQ」は、35インチのウルトラワイド画面を特徴とする、ASUSの「ROG STRIX」シリーズの湾曲ゲーミングモニターです。

解像度は、UWQHD(3440×1440)という、4KやフルHDよりも横方向に長い(横:縦=21:9)高解像度タイプになります。プレイヤーを包み込むように湾曲しているため、圧倒的な臨場感を楽しめます。パネルの種類は、映像鑑賞に向いたVAパネルです。

応答速度は4msリフレッシュレートは100Hzと、他より少し低いとはいえ、解像度の高さを考慮すると十分なスペックです。

ROGシリーズなので、モニターの背面とスタンドの底面ロゴが光ります。モニターは回転できませんが、高さ・左右角度・前後角度を調節でき、自分に合った位置にセットすることができます。

写真:製品ページのスクリーンショット

また、XG35VQは、モニターの額の部分がほとんどない「超狭額ベゼルデザイン」を採用しているので、複数台並べて使っても、継ぎ目がなく一体感のある映像を楽しむことができます。(視界のすべてをモニターで埋め尽くすのは、夢がありますねぇ…!)

ウルトラワイド画面はやっぱり臨場感が違いますので、ご予算に余裕のある方は、ぜひ検討してみてください!

液晶サイズ35インチ
解像度3440×1440(UWQHD)
パネルVA(湾曲)
入力端子DisplayPort 1.2 x 1
HDMI 1.4 x 1
HDMI 1.2 x 1
USB(Upstream) x 1
出力端子イヤフォンジャック
USB (Downstream) x 2
リフレッシュレート100Hz
応答速度(GtG)4ms
多機能スタンド左右角度調整:左50°~右50°
高さ調節:0~100mm
前後角度調整(チルト):-5°~+20°

ROG STRIX XG49VQ:49型SUFHD VA(湾曲) 144Hz 4ms(GtG)

写真:製品ページのスクリーンショット

「ROG STRIX XG49VQ」は、49インチというスーパーウルトラワイド画面を特徴とする、ASUSの「ROG STRIX」シリーズの湾曲ゲーミングモニターです。

解像度は、SUFHD(3840×1080)という高解像度タイプで、27インチフルHD(1920×1080)のモニターを横に2つ並べた場合に相当します。パネルの種類は、映像鑑賞に向いたVAパネルです。とにかくデカいですね!

写真:製品ページのスクリーンショット

それでいて、リフレッシュレートは144Hz応答速度は4msと、十分に高いスペックです。ROGシリーズなので、モニターの背面とスタンドの底面ロゴが光ります。モニターは回転できませんが、高さ・左右角度・前後角度を調節でき、自分に合った位置にセットすることができます。

価格は10万越えという高級品ですが、究極の没入感を得られること間違いないでしょう。本気のゲーム空間を作りたい方におすすめです!

液晶サイズ49インチ
解像度3840×1080(SUFHD)
パネルVA(湾曲)
入力端子DisplayPort 1.2 x 1
HDMI 2.0 x 2
USB(Upstream) x 1
出力端子イヤフォンジャック
USB (Downstream) x 2
リフレッシュレート144Hz
応答速度(GtG)4ms
多機能スタンド左右角度調整:左16°~右16°
高さ調節:0~120mm
前後角度調整(チルト):-5°~+20°

ほかのゲーミングモニターも見てみる

▷ BenQのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ iiyamaのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ ASUS「ROG」のおすすめゲーミングモニター紹介
▷ ASUS「TUF Gaming」のおすすめゲーミングモニター紹介
▷ ASUSの低価格ゲーミングモニターおすすめ紹介
▷ MSIのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ Acer「Predator」のおすすめゲーミングモニター紹介
▷ Acer「Nitro」のおすすめゲーミングモニター紹介
▷ Acer「SigmaLine」のおすすめゲーミングモニター紹介
▷ Dellのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ ALIENWAREのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ HPのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ HP「OMEN」のおすすめゲーミングモニター紹介
▷ AOC(AGON)のおすすめゲーミングモニター紹介
▷ Pixioのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ Lenovoのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ JAPANNEXTのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ GIGABYTEのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ GIGABYTE「AORUS」のおすすめゲーミングモニター紹介
▷ I-O DATA「GigaCrysta」のおすすめゲーミングモニター紹介
▷ LGのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ KEIANのおすすめモニター紹介

用途や特徴からモニターを探す

▷ リフレッシュレート144Hzのおすすめモニター紹介
▷ 【コスパ最強】安い144Hzモニターのおすすめを解像度別に紹介
▷ 144Hz・WQHDのおすすめモニター紹介
▷ 144Hz・4Kのおすすめモニター紹介
▷ 144Hz・IPSパネルのおすすめモニター紹介
▷ 144Hz・27インチのおすすめモニター紹介
▷ 144Hzの湾曲モニターおすすめ紹介
▷ 144Hzのウルトラワイドモニターおすすめ紹介
▷ リフレッシュレート165Hzのおすすめモニター紹介
▷ リフレッシュレート240Hzのおすすめモニター紹介
▷ 【コスパ最強】安い240Hzモニターのおすすめ紹介
▷ 240Hz・WQHDのおすすめモニター紹介
▷ 240Hz・IPSパネルのおすすめモニター紹介
▷ リフレッシュレート360Hzのおすすめモニター紹介
▷ Nintendo Switch向けのゲーミングモニターおすすめ紹介
▷ PS5におすすめの4K・120Hzモニター紹介

▷ Acerの144Hzモニターおすすめ紹介
▷ ASUSの144Hzモニターおすすめ紹介
▷ BenQの144Hzモニターおすすめ紹介
▷ I-O DATA「GigaCrysta」の144Hzモニターおすすめ紹介

▷ Acerの240Hzモニターおすすめ紹介
▷ ASUSの240Hzモニターおすすめ紹介
▷ BenQの240Hzモニターおすすめ紹介
▷ I-O DATA「GigaCrysta」の240Hzモニターおすすめ紹介