【2021年夏版】144Hzのウルトラワイドモニターおすすめ紹介

eスポーツとパソコン・スマホ

ゲーミングモニターをお探しの方の中には、左右に広がるウルトラワイドなモニターが気になっている方もいるでしょう。

一般的なディスプレイは横幅と縦幅の比率が16:9ですが、ウルトラワイドは21:9と横長です。また、32:9のスーパーウルトラワイドはさらに横長です。

こうしたウルトラワイドモニターは、視界をめいっぱいゲーム画面で埋め尽くすことができるため、没入感の高いゲーム体験ができます。特に、レースゲームやフライトシミュレータなどの操縦系のゲームをプレイする方に人気が高いです。

この記事では、リフレッシュレート144Hzが出力できるウルトラワイドモニターのおすすめを5つご紹介いたします!

関連記事
▷ 144Hz・4Kのおすすめモニター紹介

スポンサーリンク

UWFHD(2560×1080)のおすすめモデル1つ

まずは、ウルトラワイドの中でも最も解像度が低いUWFHD(2560×1080)のモデルをご紹介します。

低いといっても、一般的な解像度であるフルHD(1920×1080)を約1.3倍横長にした解像度であるため、普通に使う分には十分です。また、高解像度のタイプよりもPCへの負荷が低いため、そこまでスペックが高くないPCでもウルトラワイドの良さを満喫できます。

LG「34GL750-B」:34型 VA 144Hz 5ms

写真:Amazonのスクリーンショット

UWFHDモニターとしてご紹介するのは、韓国の総合家電メーカーであるLG(エルジー)「34GL750-B」です。

画面サイズは34インチと超大型であり、さらに湾曲タイプであるため、左右の端のほうでも見やすく、視界めいっぱいにゲームの世界を広げることができます。

パネルは、映像鑑賞に向いたVAパネルであり、さらにHDR対応により、暗いシーンや明るいシーンでも見やすいです。

リフレッシュレートは144Hz応答速度は5ms(GtG)と、ゲーミングモニターとして十分な高速性も備えており、なめらかな映像を楽しめます。

モニターの位置調節は、前後角度調節と高さ調節が可能です。

標準的なスペックのPCでも湾曲の良さを味わえるウルトラワイドなゲーミングモニターとしておすすめです!

パネルサイズ34インチ
解像度UWFHD (2560×1080)
パネル種類VA (曲面)
入力端子DisplayPort(1.4) x1
HDMI x2
出力端子3.5mm ステレオミニジャック x1
スピーカーなし
リフレッシュレート144Hz
応答速度GtG 5ms
スタンド前後角度調整(チルト):前5°/後20°
左右角度調整(スイベル):なし
高さ調節:±120mm
回転(ピボット):なし

関連記事:LGのゲーミングモニターおすすめ紹介!

UWQHD(3440×1440)のおすすめモデル3つ

続いて、ウルトラワイドの中でも高解像度なUWQHD(3440×1440)のモデルを3つご紹介します。

UWQHDは、フルHDよりも高解像度であるWQHD(2560×1440)を約1.3倍横長にした解像度です。出力にはある程度スペックの高いPCが必要ですが、高解像度の鮮明な映像を左右に広がる大きな画面で満喫できる、贅沢感のあるタイプとなります。

ゲームの美しい世界観に没入したい方は、ぜひ検討してみてください!

MSI「Optix MPG341CQR」:34型 144Hz 1ms ★バランス良し!

写真:製品ページのスクリーンショット

まずご紹介するのは、台湾発の自作PCパーツ・ゲーミングデバイスメーカーであるMSI(エムエスアイ)「Optix MPG341CQR」です。

画面サイズは34インチと超大型であり、UWQHDの高解像度が活きる大きさです。さらに湾曲タイプであるため、左右の隅々まで負担なく美しい映像を楽しめます。パネルは、映像鑑賞に向いたVAパネルです。

リフレッシュレートは144Hz応答速度は1ms(MPRTと、ゲーミングモニターとして十分な高速性も備えています。

モニターの位置調節は、前後角度調節と高さ調節が可能です。USBハブもついているため、様々な機器を接続できて便利です。

また、画面フレームの下部を光らせることができ、カッコいいです。

バランスの良い高解像度ウルトラワイドモニターとしておすすめです!

パネルサイズ34インチ
解像度UWQHD (3440×1440)
パネル種類VA (曲面)
入力端子DisplayPort 1.4 ×1
HDMI 2.0 ×2
USB Type-C (DP Alt Mode) ×1
3.5mm ステレオミニジャック x1
USB (PC接続用) x1
出力端子3.5mm ステレオミニジャック x1
USB (Downstream) x 2
スピーカーなし
リフレッシュレート144Hz
応答速度MPRT 1ms
スタンド前後角度調整(チルト):前5°/後20°
左右角度調整(スイベル):なし
高さ調節:±100mm
回転(ピボット):なし

関連記事:MSIのおすすめゲーミングモニター紹介!

LG「34GN850-B」:34型 IPS 144Hz 1ms★珍しいIPSの湾曲!

写真:Amazonのスクリーンショット

続いてご紹介するのは、韓国の総合家電メーカーであるLG(エルジー)「34GN850-B」です。

画面サイズは34インチと超大型であり、UWQHDの高解像度が活きる大きさです。さらに湾曲タイプであるため、左右の隅々まで負担なく美しい映像を楽しめます。

また、パネルの種類は、鮮やかな色表現が得意なIPSパネルです。多くの大型、湾曲モニターはVAパネルの採用が多い中、IPSパネルの大型湾曲モニターは珍しいです。より綺麗な色合いの画面を楽しめます。

リフレッシュレートは144Hz応答速度は1ms(GtG)と、ゲーミングモニターとして十分な高速性も備えています。

モニターの位置調節は、前後角度調節と高さ調節が可能です。USBハブもついているため、様々な機器を接続できて便利です。

鮮やかな色合いで高解像度の美しい映像を楽しめるウルトラワイドモニターとしておすすめです!

パネルサイズ34インチ
解像度UWQHD (3440×1440)
パネル種類IPS (曲面)
入力端子DisplayPort 1.4 x1
HDMI (3440×1440@85Hz) x2
USB (PC接続用) x1
出力端子3.5mm ステレオミニジャック x1
USB 3.0 x2
スピーカーなし
リフレッシュレート144Hz
応答速度GtG 1ms
スタンド前後角度調整(チルト):前5°/後15°
左右角度調整(スイベル):なし
高さ調節:±110mm
回転(ピボット):なし

関連記事:LGのゲーミングモニターおすすめ紹介!

JAPANNEXT「JN-VCG34144UWQHDR」:34型 VA 144Hz 1ms★コスパ重視

写真:製品ページのスクリーンショット

続いてご紹介するのは、日本の液晶モニターメーカーであるJAPANNEXT(ジャパンネクスト)「JN-VCG34144UWQHDR」です。

画面サイズは34インチと超大型であり、UWQHDの高解像度が活きる大きさです。さらに湾曲タイプであるため、左右の隅々まで負担なく美しい映像を楽しめます。

パネルは、映像鑑賞に向いたVAパネルです。さらに、HDR対応により、暗いシーンや明るいシーンでも見やすいです。

リフレッシュレートは144Hz応答速度は1ms(MPRTと、ゲーミングモニターとして十分な高速性も備えています。

モニターの位置調節は、前後角度調節のみ可能です。ただし、モニターアームに接続できるVESAマウントに対応しているため、モニターアームを利用すればさらに調整できます。

さらに、スピーカーが内蔵されているため、外付けのスピーカーやヘッドフォンがなくても音を出すことが出来ます。

高解像度なウルトラワイドモニターでありながら7万円台と、コストパフォーマンスが非常に高くておすすめです!

パネルサイズ34インチ
解像度UWQHD (3440×1440)
パネル種類VA (曲面)
入力端子DisplayPort (3440×1440@144Hz) x2
HDMI (3440×1440@100Hz) x2
出力端子3.5mm ステレオミニジャック x1
スピーカー3W x2
リフレッシュレート144Hz
応答速度MPRT 1ms
スタンド前後角度調整(チルト):前15°/後3°
左右角度調整(スイベル):なし
高さ調節:なし
回転(ピボット):なし

関連記事:JAPANNEXTのおすすめゲーミングモニター紹介!

SUWFHD(3840×1080)のおすすめモデル1つ

最後に、スーパーウルトラワイドと呼ばれるSUWFHD(3840×1080)のモデルをご紹介します。

49インチのSUWFHDであれば、27インチのフルHD(1920×1080)のモニターを横に2つ並べた場合に相当する高解像度となります。

写真:製品ページのスクリーンショット

ウルトラワイドよりもさらに横長になっており、何にも視界を邪魔されない、最高のゲーム空間を作ることができます!

ASUS「ROG STRIX XG49VQ」:49型 VA 144Hz 4ms

写真:製品ページのスクリーンショット

SUWFHDモニターとしてご紹介するのは、台湾のPC・スマートフォン関連メーカーであるASUS(エイスース)「ROG STRIX XG49VQ」です。

画面サイズは49インチという圧倒的な大きさです。さらに湾曲タイプであるため、左右の隅々まで負担なく迫力ある映像を楽しめます。パネルの種類は、映像鑑賞に向いたVAパネルです。

リフレッシュレートは144Hz応答速度は4ms(GtG)と、ゲーミングモニターとして十分な速さです。

モニターの位置調整は、前後・左右角度調節、高さ調節が可能であるため、自分の目線に合った位置にセットできます。また、モニターの背面とスタンドの底面ロゴが光るため、カッコいいです。

さらに、スピーカーが内蔵されているため、外付けのスピーカーやヘッドフォンがなくても音を出すことが出来ます。

本気のゲーム空間を作れること間違いなしの超大型スーパーウルトラワイドゲーミングモニターです!

パネルサイズ49インチ
解像度SUWFHD (3840×1080)
パネル種類VA (曲面)
入力端子DisplayPort 1.2 x1
HDMI 2.0 x2
USB (PC接続用) x1
出力端子3.5mm ステレオミニジャック x1
USB 3.0 x 2
スピーカー5W x2
リフレッシュレート144Hz
応答速度GtG 4ms
スタンド前後角度調整(チルト):前5°/後20°
左右角度調整(スイベル):左右16°
高さ調節:±120mm
回転(ピボット):なし

関連記事:ASUS「ROG」のおすすめモニター紹介!

用途や特徴からモニターを探す

▷ リフレッシュレート144Hzのおすすめモニター紹介
▷ 【コスパ最強】安い144Hzモニターのおすすめを解像度別に紹介
▷ 144Hz・WQHDのおすすめモニター紹介
▷ 144Hz・4Kのおすすめモニター紹介
▷ 144Hz・IPSパネルのおすすめモニター紹介
▷ 144Hz・27インチのおすすめモニター紹介
▷ 144Hzの湾曲モニターおすすめ紹介
▷ リフレッシュレート165Hzのおすすめモニター紹介
▷ リフレッシュレート240Hzのおすすめモニター紹介
▷ 【コスパ最強】安い240Hzモニターのおすすめ紹介
▷ 240Hz・WQHDのおすすめモニター紹介
▷ 240Hz・IPSパネルのおすすめモニター紹介
▷ リフレッシュレート360Hzのおすすめモニター紹介
▷ Nintendo Switch向けのゲーミングモニターおすすめ紹介
▷ PS5におすすめの4K・120Hzモニター紹介

▷ Acerの144Hzモニターおすすめ紹介
▷ ASUSの144Hzモニターおすすめ紹介
▷ BenQの144Hzモニターおすすめ紹介
▷ I-O DATA「GigaCrysta」の144Hzモニターおすすめ紹介

▷ Acerの240Hzモニターおすすめ紹介
▷ ASUSの240Hzモニターおすすめ紹介
▷ BenQの240Hzモニターおすすめ紹介
▷ I-O DATA「GigaCrysta」の240Hzモニターおすすめ紹介

ほかのゲーミングモニターも見てみる

▷ BenQのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ iiyamaのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ ASUSのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ ASUS「ROG」のおすすめゲーミングモニター紹介
▷ ASUS「TUF Gaming」のおすすめゲーミングモニター紹介
▷ ASUSの低価格ゲーミングモニターおすすめ紹介
▷ MSIのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ Acer「Predator」のおすすめゲーミングモニター紹介
▷ Acer「Nitro」のおすすめゲーミングモニター紹介
▷ Acer「SigmaLine」のおすすめゲーミングモニター紹介
▷ Dellのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ ALIENWAREのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ HPのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ HP「OMEN」のおすすめゲーミングモニター紹介
▷ AOC(AGON)のおすすめゲーミングモニター紹介
▷ Pixioのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ Lenovoのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ JAPANNEXTのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ GIGABYTEのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ GIGABYTE「AORUS」のおすすめゲーミングモニター紹介
▷ I-O DATA「GigaCrysta」のおすすめゲーミングモニター紹介
▷ LGのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ KEIANのおすすめモニター紹介