60Hzのゲーミングモニターおすすめ9選。高解像度を優先させたい人向け!

ゲーミングモニター

ゲーミングモニターの購入を検討されている方の中には、リフレッシュレートを抑えたゲーミングモニターをお探しの方もいらっしゃるでしょう。

高リフレッシュレートのゲーミングモニターは、FPSや格闘ゲームといった動きの速いゲームで有利に働く一方で、高リフレッシュレートの出力がPCへ大きな負担をかけるというデメリットもあります。

このため、リフレッシュレートがゲームの結果に大きな影響を与えないMOBARPGなどのゲームでは、リフレッシュレートを抑えて解像度の高さを優先したほうが良い場合があります。高解像度では、1画面により多くの情報を表示できたり、ゲームの世界観を美しく楽しんだりすることができます。

この記事では、PCの処理をリフレッシュレートよりも高解像度の出力に割きたいゲーマーに向けて、通常のモニターと同じリフレッシュレート60Hzかつ高解像度のゲーミングモニターをご紹介します!コストパフォーマンスの高い商品を厳選しましたので、ぜひ参考にしてみてください。

関連記事
▷ リフレッシュレート75Hzのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ 【コスパ最強】安い144Hzモニターのおすすめを解像度別に紹介

スポンサーリンク

WQHDのおすすめモデル

まずは、一般的な解像度であるフルHDよりもワンランク上の高解像度であるWQHD(2560×1440)のおすすめモデルをご紹介します。

23.8型:I-O Data GigaCrysta EX-LDGCQ241DB(2万円台後半)

写真:Amazonのスクリーンショット

まずは、日本の老舗PC周辺機器メーカーであるI-O DATA(アイオーデータ)のゲーミングブランドGigaCrysta(ギガクリスタ) 「EX-LDGCQ241DB」をご紹介します。

こちらは、23.8インチの一般的なモニターサイズのモデルです。ゲームをはじめとする幅広い用途で使いやすい大きさであり、WQHDの美しい映像を高密度で楽しむことができます。また、鮮やかな色表現が得意なADSパネルを採用しているため、画面も綺麗です。

この美しさは、スクウェア・エニックスの検証基準をクリアしており、『ファイナルファンタジーXIV』や『ファイナルファンタジーXV WINDOWS EDITION』標準ディスプレイに認定されています。RPGなどの美しいゲームの世界観を満喫するにはうってつけのモニターだと言えます。

リフレッシュレート60Hz応答速度は最大5msと、ゲーミングモニターとしては控えめなスペックですが、その分高解像度の出力にPCの処理を割くことができます。また、応答速度は高速であるため、残像感の少ない映像を楽しめます。

モニターの位置調整の自由度も高く、前後・左右角度調節、高さ調節、回転が可能であるため、自分の姿勢に合わせた快適な位置にセットすることができます。

また、スピーカーが内蔵されているため、外付けスピーカーやヘッドフォンを使用しなくても音が出せます。

さらに、入力切替、音量調節、画面モードなどが切り替えられるリモコンが付属しており、便利です。

製品名EX-LDGCQ241DB
LCD-GCQ241XDB
サイズ23.8インチ
解像度QHD (2560×1440)
パネル種類ADS
リフレッシュレート60Hz
応答速度オーバードライブ
 ON: GtG 5ms
 OFF: GtG 14ms
入出力PC接続用:
 DisplayPort x1
 HDMI x3
出力用:
 3.5mmステレオミニジャック x2
その他:
 USB Type-A(メンテナンス用) x1
スピーカー2W x2
スタンド前後角度調整(チルト):前3°/後20°
左右角度調整(スイベル):左右65°
高さ調節:±110mm
回転(ピボット):右90°
その他機能
推奨ディスプレイ認定ゲーム
ファイナルファンタジーXIV、ファイナルファンタジーXV WINDOWS EDITION
I-O Dataによる動作確認済みのゲーム機
PS5、PS4 Pro、PS4、PS3、Switch、Wii U、Xbox One、Xbox One S、Xbox One X

EX-LDGCQ241DB:3年保証 特定EC専売品

LCD-GCQ241XDB:5年保証 有償保守対応製品

保証期間が5年間と長く、手厚いサポートを受けることができるモデル「LCD-GCQ241XDB」もあります。製品のスペック自体はEX-LDGCQ241DBと同一です。

I-O DATAの公式オンラインストア「io PLAZA」でも購入できますので、ぜひ価格を比較してみてください!

>> io PLAZAで「LCD-GCQ241XDB」チェック!

関連記事:I-O DATA「GigaCrysta」のおすすめゲーミングモニター紹介

27型:I-O Data GigaCrysta EX-LDGCQ271DB(3万円台後半)

写真:Amazonのスクリーンショット

続いて、同じくGigaCrysta(ギガクリスタ)「EX-LDGCQ271DB」をご紹介します。

こちらは、27インチの大型モデルです。27インチとWQHDは相性が良く、ゲームだけでなく日常使いでも美しい映像を満喫することができます。さらに、鮮やかな色表現が得意なADSパネルを採用しているため、画面も綺麗です。

こちらもスクウェア・エニックスの検証基準をクリアしており、『ファイナルファンタジーXIV』の標準ディスプレイに認定されています。画面が大きい分、ゲームの美しい世界によりどっぷりと浸ることができます。

リフレッシュレート60Hz応答速度は最大5msと、ゲーミングモニターとしては控えめなスペックですが、その分高解像度の出力にPCの処理を割くことができます。また、応答速度は高速であるため、残像感の少ない映像を楽しめます。

モニターの位置調整の自由度も高く、前後・左右角度調節、高さ調節、回転が可能であるため、自分の姿勢に合わせた快適な位置にセットすることができます。

また、スピーカーが内蔵されているため、外付けスピーカーやヘッドフォンを使用しなくても音が出せます。

さらに、入力切替、音量調節、画面モードなどが切り替えられるリモコンが付属しており、便利です。

製品名EX-LDGCQ271DB
LCD-GCQ271XDB
サイズ27インチ
解像度QHD (2560×1440)
パネル種類ADS
リフレッシュレート60Hz
応答速度オーバードライブ
 ON: GtG 5ms
 OFF: GtG 14ms
入出力PC接続用:
 DisplayPort x1
 HDMI x3
出力用:
 3.5mmステレオミニジャック x2
その他:
 USB Type-A(メンテナンス用) x1
スピーカー2W x2
スタンド前後角度調整(チルト):前3°/後20°
左右角度調整(スイベル):左右65°
高さ調節:±110mm
回転(ピボット):右90°
その他機能リモコン付属
推奨ディスプレイ認定ゲーム
ファイナルファンタジーXIV
I-O Dataによる動作確認済みのゲーム機
PS5、PS4 Pro、PS4、PS3、Switch、Wii U、Xbox One、Xbox One S、Xbox One X

EX-LDGCQ271DB:3年保証 特定EC専売品

LCD-GCQ271XDB:5年保証 有償保守対応製品

保証期間が5年間と長く、手厚いサポートを受けることができるモデル「LCD-GCQ271XDB」もあります。製品のスペック自体はEX-LDGCQ271DBと同一です。

I-O DATAの公式オンラインストア「io PLAZA」でも購入できますので、ぜひ価格を比較してみてください!

>> io PLAZAで「LCD-GCQ271XDB」チェック!

関連記事:I-O DATA「GigaCrysta」のおすすめゲーミングモニター紹介

4Kのおすすめモデル

続いて、最高クラスの高解像度である4K(3840×2160)のおすすめモデルをご紹介します。

28型:BenQ EW2880U(4万円台後半)

写真:Amazonのスクリーンショット

まずは、台湾の電化製品メーカーであるBenQ(ベンキュー)のエンターテインメントモニター「EW2880U」をご紹介します。

こちらは、ゲーミングモニターとして売られているモデルではありませんが、映像品質にこだわったモデルであり、応答速度も高速なため、ゲームを4Kで美しく楽しめるモニターとしておすすめです。

最大の特徴は、高音質なスピーカーが搭載されている点です。BenQ独自の「treVoloサウンドシステム」によって、正確な高音域、上質な中音域、そしてエネルギッシュな重低音を表現できます。4K映像に加えて、モニター1台で迫力あるサウンドを楽しめます。

画面サイズは28インチであり、密度の高い精細な4K映像を表示することができます。

リフレッシュレートは60Hz応答速度は5ms(GtG)です。リフレッシュレートは控えめですが、応答速度が高速であるため、残像感の少ない映像を楽しめます。

パネルの種類は、鮮やかな色表現を得意とするIPSパネルであり、綺麗な画面でゲームの世界観を楽しめます。HDRにも対応しているため、くっきりと見やすい映像を楽しむこともできます。

モニターの位置調整の自由度も高く、前後・左右角度調節、高さ調節が可能です。自分の姿勢や目線の高さに合わせた位置にセットできるため、快適に長時間ゲームをプレイし続けられます。

さらに、USB Type-C(ケーブル1本でPC充電と映像出力ができる)に対応しているため、ノートPCに接続したい場合にも使いやすくて便利です。

また、入力切替、音量調節、画面モードなどが切り替えられるリモコンが付属しています。

製品名EW2880U
サイズ28インチ
解像度4K (3840×2160)
パネル種類IPS
リフレッシュレート60Hz
応答速度GtG 5ms
入出力PC接続用:
 DisplayPort 1.4 x 1
 HDMI 2.0 x2
 USB Type-C(DP Alt Mode/電源供給 最大60W) x1
出力用:
 3.5mmステレオミニジャック x1
スピーカー3W x2
スタンド前後角度調整(チルト):前5°/後15°
左右角度調整(スイベル):左右15°
高さ調節:±100mm
回転(ピボット):なし
その他機能FreeSync技術対応
HDR対応(HDR10)
treVoloサウンドシステム搭載
リモコン付属

関連記事:BenQのおすすめゲーミングモニター紹介

28型:Acer Nitro KG282Kbmiipx(3万5千円前後)

写真:Amazonのスクリーンショット

続いて、台湾の大手PC・PC関連機器メーカーであるAcer(エイサー)のゲーミングブランドNitro(ニトロ)「Nitro KG282Kbmiipx」をご紹介します。

こちらは、大きめサイズの28インチのモデルであり、密度の高い精細な4K映像を表示することができます。また、鮮やかな色表現を得意とするIPSパネルを採用しているため、綺麗な画面でゲームをプレイできます。

リフレッシュレートは60Hz応答速度は4ms(GtG)です。リフレッシュレートは控えめですが、応答速度が高速であるため、残像感の少ない映像を楽しめます。

HDR対応により、暗いシーンや明るいシーンでも見やすいです。

モニターの位置調整は、前後角度調節のみ可能です。高さを変えるには、別途モニタースタンドなどを利用すると良いでしょう。

さらに、スピーカーが内蔵されているため、外付けのスピーカーやヘッドフォンがなくても音が出せます。

製品名KG282Kbmiipx
サイズ28インチ
解像度4K (3840×2160)
パネル種類IPS
リフレッシュレート60Hz
応答速度GtG 4ms
入出力PC接続用:
 DisplayPort 1.2 x1
 HDMI 2.0 x2
出力用:
 3.5mmステレオミニジャック x1
スピーカー2W x2
スタンド前後角度調整(チルト):前5°/後15°
左右角度調整(スイベル):なし
高さ調節:なし
回転(ピボット):なし
その他機能FreeSync技術対応
HDR対応(HDR 10)

関連記事:Acer(Predator/Nitro/AOPEN)のおすすめゲーミングモニター紹介

28型:ASUS TUF Gaming VG289Q1A(4万円前後)

写真:Amazonのスクリーンショット

続いて、台湾のPC・スマートフォン関連メーカーであるASUS(エイスース)のゲーミングブランドTUF Gaming(タフゲーミング)「VG289Q1A」をご紹介します。

こちらは、大きめサイズの28インチのモデルであり、密度の高い精細な4K映像を表示することができます。また、ASUSのゲーミングモニターオリジナル機能である「GamePlus」も搭載されており、画面上に照準を表示したり(FPS向け)、タイマーを表示したり(RTS向け)することができます。

リフレッシュレートは60Hz応答速度は5ms(GtG)です。リフレッシュレートは控えめですが、応答速度が高速であるため、残像感の少ない映像を楽しめます。

パネルの種類は、鮮やかな色表現を得意とするIPSパネルです。また、HDR対応により、暗いシーンや明るいシーンでも見やすいです。

モニターの位置調整は、前後・左右角度調節が可能です。

さらに、スピーカーが内蔵されているため、モニターから直接音を出すこともできます。

製品名VG289Q1A
サイズ28インチ
解像度4K (3840×2160)
パネル種類IPS
リフレッシュレート60Hz
応答速度GtG 5ms
入出力PC接続用:
 DisplayPort 1.2 x1
 HDMI 2.0 x2
出力用:
 3.5mmステレオミニジャック x1
スピーカー2W x2
スタンド前後角度調整(チルト):前5°/後20°
左右角度調整(スイベル):左右15°
高さ調節:なし
回転(ピボット):なし
その他機能GamePlus機能搭載
FreeSync技術対応
HDR対応(HDR10)

関連記事:ASUS(ROG/TUF Gaming)のおすすめゲーミングモニター紹介

31.5型:KEIAN KWIN-4K32BH(3万円台後半)

写真:製品HPのスクリーンショット

続いて、日本の電子機器卸売企業である恵安株式会社のブランドであるKEIAN(ケイアン)「KWIN28」をご紹介します。

KEIANは知名度が低いブランドではありますが、圧倒的なコスパの高さが理由で、Amazonなどの通販サイトで隠れ人気ブランドとなっています。

こちらは、31.5インチの大型モデルでありながらも3万円台というお手頃価格が魅力的です。迫力ある大画面で4Kの美しい映像を堪能できます。

リフレッシュレートは60Hz応答速度は最大8ms(GtG)です。ゲーミングモニターとしては控えめなスペックですが、その分高解像度の出力にPCの処理を割くことができます。

パネルの種類は、映像鑑賞向けのVAパネルであるため、綺麗な画面で楽しめます。また、HDR対応により、暗いシーンや明るいシーンも見やすいです。

モニターの位置調節は、前後角度調節のみできます。

また、スピーカーが内蔵されているため、外付けのヘッドフォンやスピーカーがなくても音が出せます。

製品名KWIN-4K32BH
サイズ31.5インチ
解像度4K (3840×2160)
パネル種類VA
リフレッシュレート60Hz
応答速度応答速度モード
 ON: GtG 8ms
 OFF: GtG 9.5ms
入出力PC接続用:
 DisplayPort 1.2 x1
 HDMI 2.0 x2
出力用:
 3.5mmステレオミニジャック x1
スピーカー3W x2
スタンド前後角度調整(チルト):前5°/後15°
左右角度調整(スイベル):なし
高さ調節:なし
回転(ピボット):なし
その他機能Line of Sight(クロスヘア)機能搭載
FreeSync技術対応
HDR対応
リモコン付属

関連記事:KEIANのおすすめゲーミングモニター紹介

31.5型:LG 32UN500-W(4万円台前半)★編集部イチオシ

写真:Amazonのスクリーンショット

続いて、韓国の総合家電メーカーであるLG(エルジー)「32UN500-W」をご紹介します。

こちらは、ゲームに特化したモニターではありませんが、応答速度がゲーミングモニターと同等に高速であるほか、迫力あるスピーカーが搭載されているため、モニター1台で美しい映像をサウンドを楽しめるモデルとしておすすめです。

画面サイズは31.5インチと大型であり、RPGやレーシングゲームなど、ゲームの世界観を満喫したい方にぴったりです。また、日常使いのPCモニターとして併用する場合でも、4Kの高解像度で多くの情報を1画面に表示できるため、PC作業が効率的に進められます。

リフレッシュレートは60Hz応答速度は4ms(GtG)です。リフレッシュレートは控えめですが、応答速度が高速であるため、残像感の少ない映像を楽しめます。

パネルの種類は、映像鑑賞向けのVAパネルであるため、ゲームだけでなく日頃の映像鑑賞も綺麗に楽しめます。HDRにも対応しているため、くっきりと見やすい映像を楽しむこともできます。

モニターの位置調整は、前後角度調節のみとなります。ただし、モニターアームに接続できるVESAマウントに対応しているため、モニターアームを使用することで調節が可能となります。

さらに、モニター内蔵スピーカーとしては大容量の5W+5Wのステレオスピーカーが搭載されています。迫力ある鮮明なゲームサウンドを楽しむことができます。

★イチオシのポイント★
4Kの超高解像度を活かしやすい31.5インチの大型モニターです。大画面、高音質スピーカー、映像の美しさに定評のあるVAパネルの採用など、ゲームの世界を存分に味わうのにぴったりのモニターです。品質に定評のあるLGのモニターでありながら4万円台という手頃さも魅力であり、編集部イチオシです!

製品名32UN500-W
サイズ31.5インチ
解像度4K (3840×2160)
パネル種類VA
リフレッシュレート60Hz
応答速度GtG 4ms
入出力PC接続用:
 DisplayPort 1.4 x1
 HDMI x2
出力用:
 3.5mmステレオミニジャック x1
スピーカー5W x2
スタンド前後角度調整(チルト):前5°/後15°
左右角度調整(スイベル):なし
高さ調節:なし
回転(ピボット):なし
その他機能FreeSync技術対応
HDR対応(HDR10)

関連記事:LGのおすすめゲーミングモニター紹介

32型:BenQ EW3280U(9万5千円前後)

写真:Amazonのスクリーンショット

続いて、台湾の電化製品メーカーであるBenQ(ベンキュー)のエンターテインメントモニター「EW3280U」をご紹介します。

こちらは、31.5インチの大型モニターであることに加え、高音質スピーカーが内蔵されている点が特徴的です。また、機能性の高さも魅力的であり、ゲームも映像鑑賞もハイクオリティに楽しめる贅沢なモニターとなっています。

重低音から高音域まで鮮やかに表現するBenQのオーディオシステム「treVolo True Sound」により、正確な高音域、上質な中音域、エネルギッシュな重低音を表現してくれます。

リフレッシュレートは60Hz応答速度は5ms(GtG)です。リフレッシュレートは控えめですが、応答速度が高速であるため、残像感の少ない映像を楽しめます。

パネルの種類は、鮮やかな色表現を得意とするIPSパネルであり、綺麗な画面でゲームの世界観を楽しめます。HDRにも対応しているため、くっきりと見やすい映像を楽しむこともできます。

モニターの位置調整の自由度も高く、前後・左右角度調節、高さ調節が可能です。自分の姿勢や目線の高さに合わせた位置にセットできるため、快適に長時間ゲームをプレイし続けられます。

さらに、USB Type-C(ケーブル1本でPC充電と映像出力ができる)に対応しているため、ノートPCに接続したい場合にも使いやすくて便利です。

また、入力切替、音量調節、画面モードなどが切り替えられるリモコンが付属しています。

製品名EW3280U
サイズ32インチ
解像度4K (3840×2160)
パネル種類IPS
リフレッシュレート60Hz
応答速度GtG 5ms
入出力PC接続用:
 DisplayPort 1.4 x 1
 HDMI 2.0 x2
 USB Type-C(DP Alt Mode/電源供給 最大60W) x1
出力用:
 3.5mmステレオミニジャック x1
スピーカー2W x2
5Wサブウーファー
スタンド前後角度調整(チルト):前5°/後15°
左右角度調整(スイベル):なし
高さ調節:なし
回転(ピボット):なし
その他機能FreeSync技術対応
HDR対応(HDR10)
treVolo True Sound対応
リモコン付属

関連記事:BenQのおすすめゲーミングモニター紹介

ウルトラワイドのおすすめ

続いて、ウルトラワイドタイプのおすすめゲーミングモニターをご紹介していきます。

ウルトラワイドモニターは、一般的なモニターよりも横長です。多くのモニターの横縦比は16:9ですが、ウルトラワイドモニターは21:9です。視界の隅々までゲーム画面で埋め尽くすことができるため、没入感の高いゲーム体験ができるのが特徴です。

曲面37.5型:BenQ EW3880R(15万円前後)

写真:Amazonのスクリーンショット

ご紹介するのは、台湾の電化製品メーカーであるBenQ(ベンキュー)のエンターテインメントモニター「EW3880R」です。

こちらは、37.5インチの超大型ウルトラワイドモニターです。解像度もUWQHD+(3440×1600)の高解像度であり、視界めいっぱいに広がる大画面で美しい映像を満喫できます。

リフレッシュレートは60Hz応答速度は5ms(GtG)です。リフレッシュレートは控えめですが、応答速度が高速であるため、残像感の少ない映像を楽しめます。

パネルの種類は、鮮やかな色表現を得意とするIPSパネルであり、綺麗な画面でゲームの世界観を楽しめます。HDRにも対応しているため、くっきりと見やすい映像を楽しむこともできます。

モニターの位置調整の自由度も高く、前後・左右角度調節、高さ調節が可能です。自分の姿勢や目線の高さに合わせた位置にセットできるため、快適に長時間ゲームをプレイし続けられます。

さらに、USB Type-C(ケーブル1本でPC充電と映像出力ができる)に対応しているため、ノートPCに接続したい場合にも使いやすくて便利です。

また、入力切替、音量調節、画面モードなどが切り替えられるリモコンが付属しています。

製品名EW3880R
サイズ37.5インチ
解像度UWQHD+ (3840×1600)
パネル種類IPS(曲面)
リフレッシュレート60Hz
応答速度GtG 4ms
入出力PC接続用:
 DisplayPort 1.4 x 1
 HDMI 2.0 x2
 USB Type-C(DP Alt Mode/電源供給 最大60W) x1
出力用:
 3.5mmステレオミニジャック x1
スピーカー3W x2
8Wサブウーファー
スタンド前後角度調整(チルト):前5°/後15°
左右角度調整(スイベル):左右15°
高さ調節:±120mm
回転(ピボット):なし
その他機能FreeSync技術対応
HDR対応(HDR10)
treVolo True Sound対応
リモコン付属

関連記事:BenQのおすすめゲーミングモニター紹介

用途や特徴からモニターを探す

▷ 【徹底厳選】ゲーミングモニターのおすすめ紹介
▷ 安いゲーミングモニターのおすすめ紹介
▷ 湾曲ゲーミングモニターのおすすめ紹介
▷ 4Kゲーミングモニターのおすすめ紹介
▷ ウルトラワイドゲーミングモニターのおすすめ紹介
▷ HDR対応のゲーミングモニターのおすすめ紹介
▷ 白色のゲーミングモニターのおすすめ紹介

▷ リフレッシュレート144Hzのおすすめモニター紹介
▷ 【コスパ最強】安い144Hzモニターのおすすめを解像度別に紹介
▷ 144Hz・WQHDのおすすめモニター紹介
▷ 144Hz・4Kのおすすめモニター紹介
▷ 144Hz・IPSパネルのおすすめモニター紹介
▷ 144Hz・24インチのおすすめモニター紹介
▷ 144Hz・27インチのおすすめモニター紹介
▷ 144Hzの湾曲モニターおすすめ紹介

▷ リフレッシュレート165Hzのおすすめモニター紹介

▷ リフレッシュレート240Hzのおすすめモニター紹介
▷ 【コスパ最強】安い240Hzモニターのおすすめ紹介
▷ 240Hz・WQHDのおすすめモニター紹介
▷ 240Hz・IPSパネルのおすすめモニター紹介

▷ リフレッシュレート360Hzのおすすめモニター紹介
▷ リフレッシュレート390Hzのおすすめモニター紹介

▷ リフレッシュレート60Hzのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ リフレッシュレート75Hzのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ Nintendo Switch向けのゲーミングモニターおすすめ紹介
▷ PS5におすすめの4K・120Hzモニター紹介
▷ PS5におすすめのゲーミングモニター紹介

ほかのゲーミングモニターも見てみる

▷ Acer(Predator/Nitro/AOPEN)のおすすめゲーミングモニター紹介
▷ AOC(AGON)のおすすめゲーミングモニター紹介
▷ ASUS(ROG/TUF Gaming)のおすすめゲーミングモニター紹介
▷ BenQのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ Dell(ALIENWARE)のおすすめゲーミングモニター紹介
▷ GIGABYTE(AORUS)のおすすめゲーミングモニター紹介
▷ HP(OMEN)のおすすめゲーミングモニター紹介
▷ iiyamaのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ I-O DATA「GigaCrysta」のおすすめゲーミングモニター紹介
▷ JAPANNEXTのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ KEIANのおすすめモニター紹介
▷ Lenovoのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ LGのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ MSIのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ Pixioのおすすめゲーミングモニター紹介