【2021年秋版】おすすめゲーミングチェア9つ厳選!選び方も分かりやすく解説

ゲーミングチェアゲーミング家具

ゲーミングチェアに興味を持ったものの、いざ商品を探してみると種類が多く、何を選んでよいか分からない方もいらっしゃると思います。

そんな方に向けて、有名メーカーから格安メーカーまで幅広くゲーミングチェアをリサーチしてきた筆者が、ゲーミングチェアの選び方や、おすすめのゲーミングチェアを厳選紹介します!

この記事を読めば、自分にはどんなゲーミングチェアが合いそうか見えてくるかと思います。ぜひ参考にしてみてください!

関連記事
▷ ゲーミングチェアのおすすめメーカー10選
▷ 【1万円台】安いゲーミングチェアのおすすめ紹介

スポンサーリンク

メーカーの選び方:品質重視?安さ重視?

ゲーミングチェアは、大きく2種類に分けられます。

1.有名メーカーの高級ゲーミングチェア
2.謎メーカーの格安ゲーミングチェア

<1について>
ゲーミングチェア界隈には、eスポーツのプロにも採用されている有名メーカーがいくつかあります。価格帯としては3~6万円程度と、大きめの買い物になります。ただし高額な分、品質が良く、安心して使えます

<2について>
一方で、主に中国の格安メーカーが販売しているゲーミングチェアもあります。有名メーカーに劣らない高機能なゲーミングチェアを1~2万円台という格安で提供しており、コスパが高いことが魅力です。ただし安い分、品質は価格相応という声も多いです。

まずは、お財布と相談して、あなたは以下のどちらに当てはまるかを考えてみると良いでしょう。

・高額でも良いから有名メーカーの高品質なゲーミングチェアが欲しいか?
・品質はそれなりで低予算でコスパの良いゲーミングチェアが欲しいか?

記事の後半で、有名メーカーのおすすめ、格安メーカーのおすすめチェアをそれぞれ紹介していきます!

☆以下の記事もぜひ参考にしてみてください。
▷ おすすめの有名ゲーミングチェアメーカーを紹介!
▷ おすすめの格安ゲーミングチェアメーカーを紹介!

チェアの選び方:4つのポイント

有名系にするか、格安系にするかを大まかに決めたら、続いては商品を選ぶときに大切な4つのポイントを見ていきましょう。

1.デザインや色が好きか

ゲーミングチェアは思いのほかサイズが大きいため、部屋の中で存在感を放ちます。このため、見た目が好きになれることや、部屋に調和することは、重要視すべきポイントです。

ゲーミングチェアは、レーシングカーのシート風のカッコいいデザインのものが定番ですが、中にはナチュラルテイストなもの、ピンクやブルーで可愛いものなど、様々な見た目のものがありますので、自分が愛着を持てそうなものを選ぶのが良いでしょう。

☆以下の記事もぜひ参考にしてみてください。
▷ おしゃれなゲーミングチェア厳選紹介【部屋になじむ落ち着いたデザイン】
▷ 【全10色】色別のおすすめゲーミングチェア紹介

2.サイズが合うかどうか

続いて重要なのは、サイズです。日本で販売されているモデルの多くは、日本人向けに低座面設計となっており、欧米人よりも低身長の方や小柄な方でも足がつくように設計されています。

とはいえ、一部の海外メーカーのものは、日本で販売されているモデルであっても小柄な人には大きすぎる場合があります。逆に、高身長の方にとっては、日本人向けのサイズ感では小さく感じる場合があります。

座面の高さやメーカーの推奨身長などを参考に、自分の体にフィットするものを選ぶ意識を持っておくと良いです。(記事の後半で紹介するチェアは、フィットする身長を記事内で明記しています!)

☆以下の記事もぜひ参考にしてみてください。
▷ 【150cm台】小柄・低身長におすすめのゲーミングチェア紹介!
▷ 【180cm~】大柄・高身長におすすめのゲーミングチェア紹介!

3.素材

続いて重要なのは、素材です。ゲーミングチェアの大半は、PU(ポリウレタン)レザーという合皮タイプか、布製のファブリックタイプのいずれかです。一般的に、それぞれ以下の特徴があります。

【PUレザー】
見た目に高級感があり、汚れた時にふき取りやすいなどお手入れもしやすいです。ただし、ファブリックよりも通気性の良さが損なわれるため、長時間使用によって蒸れやすいという注意点があります。

【ファブリック】
落ち着いた見た目であり、高級感というよりは優しい印象になります。PUレザーよりも通気性が優れており、長時間使用でも蒸れにくいという魅力があります。ただし汚した時のお手入れがPUレザーよりも大変です。

高級感重視の方はPUレザー、背中やお尻の蒸れが気になる方はファブリックを選ぶと良いと思います。

☆以下の記事もぜひ参考にしてみてください。
▷ 通気性の良い「ファブリック素材」のゲーミングチェアおすすめ紹介

4.どんな機能が欲しいか

最後に見るポイントは、機能です。ゲーミングチェアの特徴的な機能は以下の通りです。

・背もたれを倒せる「リクライニング機能」。商品によって、135~180度ほど倒せます。

・座面を前後に揺らせる「ロッキング機能」。商品によって、あるタイプとないタイプがあります。

・肘置き「アームレスト」。商品によって、上下に動くもの、4方向に動くものなど、可動域が異なります。

・首クッション「ヘッドレスト」と腰クッション「ランバーサポート」。大半には付属していますが、カバーが洗えるなどお手入れしやすいタイプもあります。

・足置き「オットマン」。有名メーカーの場合は大抵別売りで、格安メーカーの場合は付属しているモデルもあります。

こうした機能の中で、一番重要視したいポイントを考えておくと、選びやすくなります。

例:
「真横になりたいからリクライニングは絶対に180度がいい!」
「肘をついて作業したいから、アームレストは可動域が一番広いタイプがいい!」
「足置きは絶対に欲しい!」
など。

☆以下の記事もぜひ参考にしてみてください。
▷ 180度リクライニングできるおすすめゲーミングチェア紹介【真横になれる】
▷ オットマン(足置き)付きゲーミングチェアのおすすめ紹介!

それでは、選び方を一通り紹介したところで、続いておすすめゲーミングチェアの紹介に移ってまいります!

有名海外メーカーのおすすめゲーミングチェア3つ

まずは、有名海外メーカーの高級ゲーミングチェアのおすすめを3つ厳選してご紹介します。eスポーツのプロも使う本格的なメーカーの人気モデルとなります。

AKRacing「Nitro V2」★人気定番モデル

画像:Amazonをスクリーンショット

AKRacing(エーケーレーシング)は、中国を拠点とするゲーミングチェアメーカーです。まだゲーミングチェアという言葉がなかった頃からゲーム用のチェアを開発している、最も有名なゲーミングチェアメーカーの1つです。世界各地のeスポーツ大会でよく使われています。

そんなAKRacingの中でも「Nitro V2」は、AKRacingを代表する人気モデルです。

ゲーミングチェアらしいレーシングシート風のデザインで、身体を包み込むような座り心地です。カラーは、レッド、ブルー、グリーン、オレンジ、ホワイトの5色があります。素材はPU(ポリウレタン)レザーで、高級感があります。155cm~175cmぐらいの身長にフィットする低座面タイプです。

機能としては、180度リクライニングが可能、座面を最大12度傾けられるロッキング機能、上下昇降できる1Dアームレスト、首を支えるヘッドレストと腰を支えるランバーサポートの付属など、充実しています。

身長155~175cm
素材PUレザー
リクライニング180度
ロッキング
アームレスト1D
ヘッドレスト
ランバーサポート
オットマン別売り

真横にもなれる高品質な定番モデルとして、幅広い方におすすめの高級ゲーミングチェアです!

created by Rinker
エーケーレーシング(Akracing)
¥44,033(2021/09/18 18:24:52時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
エーケーレーシング(Akracing)
¥15,226(2021/09/18 19:37:28時点 Amazon調べ-詳細)

関連記事:AKRacingのゲーミングチェア全紹介

DXRACER「DX-61」★ゆったり座れる

画像:Amazonをスクリーンショット

DXRACER(デラックスレーサー)は、アメリカのゲーミングチェアメーカーです。1個前に紹介したAKRacingと並んでゲーミングチェア黎明期からゲーム用チェアを開発している、 最も有名なゲーミングチェアメーカーの1つです。人気ゲームPUBGなどのeスポーツの公式大会でも使用されています。

そんなDXRACERの中でも「DX-61」は、ゲームでも仕事でも快適に使えるワイドモデルです。

明るい配色を特徴とするデザインで、背もたれや座面が通常よりもワイドになっているため、ゆったりした座り心地です。カラーは、レッド、ブルー、オレンジ、バイオレットの4色があります。素材は、肌触りの良いソフトPU(ポリウレタン)レザーで、柔らかな質感です。推奨身長は155~175cmの低座面設計です。

機能としては、135度リクライニングが可能、座面を最大15度傾けられるロッキング機能、上下昇降できる1Dアームレスト、首を支えるヘッドレストと腰を支えるランバーサポートの付属など、充実しています。

身長155~175cm
素材PUレザー
リクライニング135度
ロッキング
アームレスト1D
ヘッドレスト
ランバーサポート
オットマン別売り

あぐらをかきながら座りたい方や、ゆとりのある座り心地を求める方におすすめの高級ゲーミングチェアです!

関連記事:DXRACERのゲーミングチェア全紹介

noblechairs「ICON」★おしゃれデザイン

画像:Amazonをスクリーンショット

noblechairs(ノーブルチェアーズ)は、ドイツのゲーミングチェアブランドです。ドイツの高級車のようなラグジュアリーな雰囲気のデザインを特徴とするブランドで、機能性とおしゃれさを求めるeスポーツプレイヤーに人気です。日本最大級の格闘ゲーム大会などのeスポーツ大会でも使用されています。

そんなnoblechairsの中でも「ICON」は、流線形フォルムが美しいモデルです。

コクーンのような丸みのある背もたれを特徴とするデザインで、余裕のある座り心地となっています。カラーはブラックが基本で、刺繍の色にいくつかのバリエーションがあります。素材はPU(ポリウレタン)レザーですが、牛革風のシボ加工が施されており、本革のようなしなやかな素材となっています。155cm~185cmぐらいの身長に合うサイズ感です。

機能としては、135度リクライニングが可能、座面を最大11度傾けられるロッキング機能、上下・前後・左右・斜めに動かせる4Dアームレスト、首を支えるネックピローと腰を支えるランバーサポートの付属など、充実しています。ネックピローとランバーサポートはベロア素材であり、エレガントな雰囲気があります。

身長155~185cm
素材シボ加工入りPUレザー
リクライニング135度
ロッキング
アームレスト4D
ヘッドレスト
ランバーサポート
オットマン別売り

他社にはない美しいデザインが気に入った方におすすめの高級ゲーミングチェアです!

created by Rinker
noblechairs
¥20,023(2021/09/18 19:37:28時点 Amazon調べ-詳細)

関連記事:noblechairsのゲーミングチェア全紹介

日本メーカーのおすすめゲーミングチェア3つ

続いて、日本メーカーのゲーミングチェアのおすすめを3つ厳選してご紹介します。日本人が使いやすいよう設計された、国内で人気の高いメーカーのモデルとなります。

Contieaks「ルセル・オットマン」★足が置けて楽々!

画像:Amazonをスクリーンショット

Contieaks(コンティークス)は、福岡を拠点とする家具の総合商社である関家具がプロデュースしているオリジナルゲーミングチェアブランドです。日本人の体格や利用シーンに真摯に向き合って開発されており、国内のeスポーツプレイヤーから厚い支持を得ています。

そんなContieaksの中でも「ルセル・オットマン」は、足置きのついた快適モデルです。

ゲーミングチェアらしい立体的なデザインで、身体へのフィット感が高い座り心地となっています。カラーは、グレー、レッド、ブルー、グリーンの4色があります。素材はPU(ポリウレタン)レザーであり、高級感があり耐久性も高いです。150cm~175cmぐらいの身長にフィットする低座面設計で、小柄な人でも足がつきます。

機能としては、135度リクライニングが可能(17段階調節)、座面を揺らせるロッキング機能、上下・前後・左右・斜めに動かせる4Dアームレスト、首を支えるヘッドレストと腰を支えるランバーサポートの付属、足置き(オットマン)の付属など、充実しています。

身長150~175cm
素材PUレザー
リクライニング135度
ロッキング
アームレスト4D
ヘッドレスト
ランバーサポート
オットマン

足置き(オットマン)を使って足を伸ばして座りたい方におすすめの日本のゲーミングチェアです!

created by Rinker
コンティークス(Contieaks)
¥32,780(2021/09/18 19:37:29時点 Amazon調べ-詳細)

関連記事:Contieaksのゲーミングチェア全紹介

イトーキ「クロスフォーカスチェア」★自然なデザイン

画像:Amazonをスクリーンショット

イトーキは、1950年代より続く日本の老舗オフィス家具メーカーです。オフィス空間で使用される製品を中心に販売している中、長年のノウハウを活かしたゲーミングチェアをラインナップしています。

そんなイトーキの中でも「クロスフォーカスチェア」は、部屋に溶け込むデザインのモデルです。

まるで普通のソファのような自然なデザインであるため、派手なゲーミングチェアが苦手な方にもおすすめできます。カラーは、ブラウン、ブルー、チャコール、グリーン、HTホワイトブラック、HTブラウンブラックの6色があり、いずれも落ち着いた淡いカラーとなっています。素材はファブリックであり、通気性も良好です。

ゲーミングチェアらしい立体的なデザインで、身体へのフィット感が高い座り心地となっています。カラーは、グレー、レッド、ブルー、グリーンの4色があります。素材はファブリックであり、通気性が良くて長時間使っても蒸れにくいです。155~185cmぐらいの方にフィットする、幅広い人に向いたサイズ感です。

機能としては、135度リクライニングが可能、座面を最大10度傾けられるロッキング機能、上下に7段階調節できる1Dアームレスト、首を支えるヘッドレストと腰を支えるランバーサポートの付属など、充実しています。

身長155cm~185cm
素材ファブリック
リクライニング135度
ロッキング
アームレスト1D
ヘッドレスト
ランバーサポート
オットマン×

生活空間に馴染むデザインのゲーミングチェアをお探しの方におすすめです!

関連記事:イトーキのゲーミングチェア全紹介

Bauhutte「G-530」★高機能で使いやすい

画像:Amazonをスクリーンショット

Bauhutte(バウヒュッテ)は、大阪を拠点とするメーカーであるビーズ株式会社がプロデュースしているオリジナルゲーミング家具ブランドです。「デスクを秘密基地にする」といったコンセプトで、ゲームを快適にプレイするためのユニークなゲーミング家具を展開しており、日本人プレイヤーに人気です。

そんなBauhutteの中でも「G-530」は、最新の高機能モデルです。

ゲーミングチェアらしい立体的なデザインで、身体へのフィット感が高い座り心地となっています。カラーは、グレー、レッド、ブルー、グリーンの4色があります。素材はファブリックであり、通気性が良くて長時間使っても蒸れにくいです。日本人向けの低座面設計であり、推奨身長は154cm~177cmと、幅広い方が座れます。

機能としては、135度リクライニングが可能、座面を揺らせるロッキング機能、上下・前後・左右・斜めに動かせる4Dアームレスト、首を支えるヘッドレストと腰を支えるランバーサポートの付属など、充実しています。ヘッドレストとランバーサポートのカバーは着脱可能であるため、汚れたら洗うこともできます。

さらに、座面クッションは取り外し可能なため、奥行の調節やお手入れがしやすく便利です。また、キャスターにロックがついているので、好きな位置で固定もできます。

身長154cm~177cm
素材ファブリック
リクライニング135度
ロッキング
アームレスト4D
ヘッドレスト
ランバーサポート
オットマン別売り

高機能でありながらお手頃で使いやすい日本のゲーミングチェアとしておすすめです!

created by Rinker
Bauhutte(バウヒュッテ)
¥37,500(2021/09/18 18:34:49時点 Amazon調べ-詳細)

関連記事:Bauhutteのゲーミングチェア全紹介

格安メーカーのおすすめゲーミングチェア

最後に、格安メーカーのゲーミングチェアのおすすめを3つ厳選してご紹介します。格安メーカーの中でも特に人気で、コストパフォーマンスの高さに定評があるモデルとなります。

GTRACING「GT002」★1万円台で高コスパ

画像:Amazonをスクリーンショット

GTRACING(ジーティーレーシング)は、中国の格安ゲーミングチェアメーカーです。有名メーカーに劣らない高機能なゲーミングチェアを1万円台から提供しており、格安系メーカーの中ではダントツ人気メーカーとなっています。日本国内のゲーマーにも愛用されているほか、eスポーツカフェにも導入されています。

そんなGTRACINGの中でも「GT002」は、1万円台で購入できる人気定番モデルです。

有名メーカーのようなゲーミングチェアらしいレーシングシート風のデザインで、 身体を包み込むような座り心地となります。カラーは、パープル、グレー、ブルー、ホワイト、ピンク、レッドの6色があります。素材はPU(ポリウレタン)レザーで、高級感のある見た目です。アジア人向けのサイズ感で作られており、推奨身長は155~185cmです。

機能としては、165度リクライニングが可能、座面を揺らせるロッキング機能、上下に動かせる1Dアームレスト、首を支えるヘッドレストと腰を支えるランバーサポートの付属など、充実しています。

身長155cm~185cm
素材ファブリック
リクライニング165度
ロッキング
アームレスト1D
ヘッドレスト
ランバーサポート
オットマンなし

1万円台で十分な機能性を持ったおすすめの格安ゲーミングチェアです!

関連記事:GTRACINGのゲーミングチェア全紹介

Dowinx「LS-6668」★ナチュラルでオットマン付き

画像:Amazonをスクリーンショット

Dowinx(ドウィンクス)は、中国の格安ゲーミングチェアメーカーです。価格の安さや機能性の高さに加え、デザインがおしゃれである点も高く評価されており、自宅の部屋になじみやすいゲーミングチェアをお探しの方に特に人気の格安系メーカーとなっています。

そんなDowinxの中でも「LS-6668」は、自然な風合いを特徴とするモデルです。

ソファのような落ち着いたデザインで、高級ソファにも使用されているコイルスプリングクッションを採用した座面によって、硬すぎず柔らかすぎない座り心地となっています。カラーは、グレー、スカイブルー、ブラックの3色があります。素材はファブリックであるため、長時間使っても蒸れにくいです。座面は若干高めであり、推奨身長は160~180cmとなっています。

機能としては、170度リクライニングが可能、上下に動かせる1Dアームレスト、首を支えるヘッドレストと腰を支えるランバーサポート(マッサージ振動機能付き)の付属、足置き(オットマン)付属など、充実しています。

身長160cm~180cm
素材ファブリック
リクライニング170度
ロッキング×
アームレスト1D
ヘッドレスト
ランバーサポート
オットマン

機能性とデザイン性の高いゲーミングチェアを2万円程度で購入できておすすめです!

関連記事:Dowinxのゲーミングチェア全紹介

NEOLEAD「NL-OGC」★真横になれてシンプル

写真:Amazonをスクリーンショット

NEOLEAD(ネオリード)は、日本のライフスタイルブランドです。ゲーミングチェア以外にも幅広い生活家具をラインナップしています。格安系には珍しい日本のメーカーである点や、どんな部屋にもなじみやすいシンプルなデザインが魅力で、隠れ人気ブランドとなっています。

そんなNEOLEADの中でも「LS-6668」は、シンプルで高機能なモデルです。

性別や年齢を選ばない、ロゴさえもない圧倒的にシンプルなデザインでありながら、ゲーミングチェアらしい身体にフィットする座り心地です。カラーは、ブラウンベージュ、ブラックグレー、ネイビーアイボリーの3色があります。素材は完全オリジナルの特殊加工PU(ポリウレタン)レザーで、手触りと通気性が良いです。155~185cmぐらいの身長にフィットするサイズ感です。

機能としては、180度リクライニングが可能、座面を揺らせるロッキング機能、上下・前後に動き回転もできる3Dアームレスト、首を支えるヘッドレストと腰を支えるランバーサポートの付属、足置き(オットマン)付属など、充実しています。180度リクライニングとオットマンを組み合わせれば、真横になって休憩できます。

身長160cm~180cm
素材ファブリック
リクライニング180度
ロッキング
アームレスト3D
ヘッドレスト
ランバーサポート
オットマン

どんな人でも使いやすい1万円台の高コスパゲーミングチェアとしておすすめです!

関連記事:NEOLEADのゲーミングチェア全紹介

色や特徴からゲーミングチェアを選ぼう

▷ 【全10色】色別のおすすめゲーミングチェア紹介
▷ 「赤色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「オレンジ色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「黄色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「緑色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「水色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「青色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「パープル色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「ピンク色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「白色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「黒色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「グレー色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「ブラウン色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「ベージュ色」のゲーミングチェアおすすめ紹介

▷ 部屋に自然になじむ「おしゃれ」なゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ ファブリック素材で「通気性の良い」ゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ メッシュ素材のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 180度リクライニングで「寝れる」ゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ オットマン(足置き)付きのゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ テレワークにおすすめのゲーミングチェア紹介
▷ 「ゲーミングソファ」のおすすめ紹介
▷ 「ゲーミング座椅子」のおすすめ紹介
▷ 【180cm~】大柄・高身長におすすめのゲーミングチェア紹介
▷ 【150cm台】小柄・低身長におすすめのゲーミングチェア紹介
▷ 女性向け!かわいいゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 高級ゲーミングチェアのおすすめ紹介
▷ マッサージ機能付きゲーミングチェアのおすすめ紹介
▷ 日本メーカーのゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 光るゲーミングチェアのおすすめ紹介

有名メーカーのゲーミングチェアを見てみる

▷ AKRacingのゲーミングチェア全紹介
▷ DXRACERのゲーミングチェア全紹介
▷ 【番外編】AKRacing・DXRACER・GTRACINGの違いを解説!
▷ Bauhutteのゲーミングチェア全紹介
▷ CORSAIRのゲーミングチェア全紹介
▷ イトーキのゲーミングチェア全紹介
▷ COUGARのゲーミングチェア全紹介
▷ noblechairsのゲーミングチェア全紹介
▷ 関家具のゲーミングチェア全紹介
▷ Secretlabのゲーミングチェア全紹介
▷ サンワダイレクトのゲーミングチェア全紹介
▷ VETRAGEARのゲーミングチェア全紹介
▷ オカムラのゲーミングチェア全紹介
▷ Razerのゲーミングチェア全紹介

格安メーカーのゲーミングチェアを見てみる

▷ GTRACINGのゲーミングチェア全紹介
▷ E-WINのゲーミングチェア全紹介
▷ SWOLOLのゲーミングチェア全紹介
▷ EXRACINGのゲーミングチェア全紹介
▷ GALAXHEROのゲーミングチェア全紹介
▷ JKOOKのゲーミングチェア全紹介
▷ Dowinxのゲーミングチェア全紹介
▷ GTXMANのゲーミングチェア全紹介
▷ HBADAのゲーミングチェア全紹介
▷ SKYEのゲーミングチェア全紹介
▷ RAKUのゲーミングチェア全紹介
▷ GTPLAYERのゲーミングチェア全紹介
▷ LEOVOLのゲーミングチェア全紹介
▷ IODOOSのゲーミングチェア全紹介
▷ LUCKRACERのゲーミングチェア全紹介
▷ NEOLEAD(Liv House)のゲーミングチェア全紹介
▷ PRORACINGのゲーミングチェア全紹介
▷ KARNOXのゲーミングチェア全紹介