【2022年最新】144Hz以上のおすすめゲーミングモニター16選

ゲーミングデバイスゲーミングモニター

ゲームやeスポーツを本格的にプレイするために、ゲーミングモニターの購入を検討されている方もいるでしょう。

ゲーミングモニターは、通常のモニターよりもなめらかな映像を映せるのが大きな魅力です。これは、映像のなめらかさに関わる数値である「リフレッシュレート」が通常のモニターよりも高いからです。

中でも、リフレッシュレートが144Hzのゲーミングモニターは、多くのeスポーツプレイヤーやプロ選手が使用している標準的なスペックです。また最近では、165Hzのゲーミングモニターの価格が144Hzのゲーミングモニターと同等まで下がってきているため、165Hzのゲーミングモニターも人気です。

この記事では、リフレッシュレートが144Hz~165Hzのおすすめモニターをご紹介しました!数ある中からコスパが高いものを厳選しています。解像度ごとに分けて紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください!

関連記事
▷ 【徹底厳選】ゲーミングモニターのおすすめ紹介
▷ 【コスパ最強】安い144Hzモニターのおすすめを解像度別に紹介

スポンサーリンク

フルHDタイプ:FPSや格闘ゲームに最適

まずは、解像度がフルHD(1920×1080)のおすすめモニターをご紹介いたします。

フルHDは一般的な解像度であり、多くのモニターに採用されています。ゲームのプレイ時には、解像度が高すぎるとPC側の処理の負担が大きくなり、高リフレッシュレートを出せなくなるため、フルHDでプレイするのが主流です。

入門向け~標準的なゲーミングPCをお使いの方や、FPSや格闘ゲームなどの動きの速いゲームをメインにプレイする方は、フルHDのモデルを選んでおくと、144Hz~165Hzのリフレッシュレートをしっかり活かすことができるでしょう!

【23.8型】LG「UltraGear 24GN650-BAJP」(2万円台後半)

写真:Amazonのスクリーンショット

まずご紹介するモデルは、韓国の総合家電メーカーであるLG(エルジー)「UltraGear 24GN650-BAJP」です。

こちらのモデルは、IPSパネルを採用しているため色鮮やかな画面を楽しめるほか、モニターの位置を自分の姿勢に合わせて調整できる、使い勝手の良いモデルとなっています。

画面サイズは23.8インチと、一般的なモニターサイズです。FPSや格闘ゲームなどの動きの速いゲームにおいても、視線を移動させずに全体の戦況を把握できるためプレイしやすいです。

リフレッシュレートは144Hz応答速度は1ms(GtG)と、幅広いジャンルのゲームを十分快適に楽しめるスペックです。

HDRにも対応しているため、暗いシーンや明るいシーンでも見やすいです。

モニターの位置調整の自由度も高く、前後角度調節・高さ調節・回転が可能です。

標準的なスペックで使いやすい144Hzゲーミングモニターとしておすすめです!

製品名24GN650-BAJP
サイズ23.8インチ
解像度FHD (1920×1080)
パネル種類IPS
リフレッシュレート144Hz
応答速度GtG 1ms
入出力PC接続用:
 DisplayPort 1.4 x1
 HDMI x2
出力用:
 3.5mm ステレオミニジャック x1
その他:
 USB Type-A(メンテナンス用) x1
スピーカーなし
スタンド前後角度調整(チルト):前5°/後15°
左右角度調整(スイベル):なし
高さ調節:±110mm
回転(ピボット):左右90°
その他機能ゲーム機能(クロスヘア対応)搭載
FreeSync Premium技術対応
HDR対応(HDR10)

関連記事
▷ LGのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ 144Hz・IPSパネルのおすすめモニター紹介

【23.8型】AOC「G2490VX/11」(1万円台)

写真:Amazonのスクリーンショット

続いてご紹介するモデルは、台湾の老舗モニターメーカーであるAOC(エーオーシー)「G2490VX/11」です。

こちらは、1万円台から購入可能と価格が非常に安いため、なるべく安いモニターを探している方におすすめできるモデルです。

画面サイズは23.8インチと、一般的なモニターサイズです。 FPSや格闘ゲームなどの動きの速いゲームにおいても、視線を移動させずに全体の戦況を把握できるためプレイしやすいです。

リフレッシュレートは144Hz応答速度は1ms(MPRT)であり、入門用ゲーミングPCや標準的なゲーミングPCでも機能が発揮できる十分なスペックです。

パネルの種類は、映像鑑賞向けのVAパネルであるため、ゲームだけでなく日頃の映像鑑賞も綺麗に楽しめます。HDRにも対応しているため、暗いシーンや明るいシーンでも見やすいです。

モニターの位置調整は、前後角度調節のみ可能です。

シンプルで必要な機能が揃った144Hzゲーミングモニターを少しでも安く手に入れたい方におすすめです!

製品名G2490VX/11
サイズ23.8インチ
解像度FHD (1920×1080)
パネル種類VA
リフレッシュレート144Hz
応答速度MPRT 1ms
入出力PC接続用:
 DisplayPort 1.2 x1
 HDMI 1.4 x1
出力用:
 3.5mm ステレオミニジャック x1
スピーカーなし
スタンド前後角度調整(チルト):前5°/後23°
左右角度調整(スイベル):なし
高さ調節:なし
回転(ピボット):なし
その他機能Dial Point(クロスヘア)機能搭載
FreeSync Premium技術対応
HDR Mode搭載

関連記事
▷ AOCのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ 24インチのゲーミングモニターのおすすめ紹介

【23.8型】I-O DATA「EX-LDGC243HDB」(2万台後半)

写真:Amazonのスクリーンショット

続いてご紹介するモデルは、日本の老舗PC周辺機器メーカーであるI-O DATA(アイオーデータ)「EX-LDGC243HDB」および「LCD-GC243HXDB」です。

(2つのモデルの違いは保証期間であり、モニターとしてのスペックは同じです。)

こちらは、スピーカーが内蔵されているため、ヘッドフォンやスピーカーを用意しなくてもモニターから直接音を出すことができます。スピーカー付きのモニターをお探しの方におすすめです。

画面サイズは23.6インチと、一般的なモニターサイズです。ゲームから日頃の作業に至るまで、どんなシーンでも使いやすい大きさです。

リフレッシュレートは165Hz応答速度は最大1ms(GtG)と、幅広いゲームを十分なめらかに残像感なくプレイすることができます。

また、人気ゲーム『ファイナルファンタジーXIV』推奨ディスプレイに認定されているほか、PlayStationシリーズやNintendo Switchなどの各種ゲーム機での動作確認も取れているので、こうしたゲームをプレイする方にもおすすめです。

パネルの種類は、鮮やかな色表現を得意とするADSパネルであり、綺麗な画面で楽しめます。HDRにも対応しているため、くっきりと見やすい映像を楽しむこともできます。

モニター位置調整の自由度も高く、前後・左右角度調節、高さ調節、回転ができます。自分の姿勢に合った快適な位置にセットすることができます。

スピーカー付きで十分なスペックの165Hzゲーミングモニターとしておすすめです!

製品名EX-LDGC243HDB
LCD-GC243HXDB
サイズ23.8インチ
解像度FHD (1920×1080)
パネル種類ADS
リフレッシュレート165Hz
応答速度オーバードライブ
 ON: GtG 1ms
 OFF: GtG 5ms
入出力PC接続用:
 DisplayPort x1
 HDMI x3
出力用:
 3.5mmステレオミニジャック x3
その他:
 USB Type-A(メンテナンス用) x1
スピーカー2W x2
スタンド前後角度調整(チルト):前3°/後20°
左右角度調整(スイベル):左右65°
高さ調節:±110mm
回転(ピボット):対応
その他機能FreeSync Premium技術対応(EX-LDGC243HDB)
G-Sync技術対応(LCD-GC243HXDB)
HDR対応(HDR10)
推奨ディスプレイ認定ゲーム
ファイナルファンタジーXIV
I-O Dataによる動作確認済みのゲーム機
PS5、PS4 Pro、PS4、PS3、Switch、Xbox One、Xbox One S、Xbox One X

EX-LDGC243HDB:3年保証 特定EC専売品

LCD-GC243HXDB:5年保証 有償保守対応製品

I-O DATAの公式オンラインストア「io PLAZA」でも購入できますので、ぜひ価格を比較してみてください!

>> io PLAZAで「LCD-GC243HXDB」チェック!

関連記事:I-O DATAのおすすめゲーミングモニター紹介

【24型】BenQ 「ZOWIE XL2411K」(3万円前後)★24型のイチオシ!

写真:製品ページのスクリーンショット

続いてご紹介するモデルは、台湾の電化製品メーカーであるBenQ(ベンキュー)のプロ向けゲーミングブランドZOWIE(ゾーイ)「XL2411K」です。

BenQのZOWIEのゲーミングモニターは、世界的なeスポーツ大会のモニターとしての採用実績もあります。こちらのモデルは、FPSのプロ視点で開発されており、FPSプレイヤーに特に愛用されています。

画面サイズは24インチと、一般的なモニターサイズです。FPSなどの動きの速いゲームにおいても、視線を移動させずに全体の戦況を把握できるためプレイしやすいです。

リフレッシュレートは144Hz、応答速度は1ms(GtG)と、ゲーミングモニターとして十分に高速な映像を出力できます。

パネルの種類は、応答速度の速さを特徴とするTNパネルであるため、動きの激しいゲームでも残像感のない画面でプレイできます。

モニターの位置調整の自由度も高く、前後・左右角度調節、高さ調節、回転ができるため、思い通りの位置にセットして使うことが出来ます。

また、友人や他のプレイヤーとプロファイル(モニター設定)をシェアできる機能「XL Setting to Share」も搭載されており、便利です。

★イチオシのポイント★
プロ向けブランドのモニターの中でも標準的なスペックで入手しやすい、売れ筋の144Hzのゲーミングモニターです。FPSプレイヤーならこれを買っておけば間違いなしの一台としておすすめです!

製品名XL2411K
サイズ24インチ
解像度FHD (1920×1080)
パネル種類TN
リフレッシュレート144Hz
応答速度GtG 1ms
入出力PC接続用:
 DisplayPort 1.2 x1
 HDMI 2.0 x1
 HDMI 1.4 x2
出力用:
 3.5mm ステレオミニジャック x1
スピーカーなし
スタンド前後角度調整(チルト):前5°/後23°
左右角度調整(スイベル):左右45°
高さ調節:±155mm
回転(ピボット):対応
その他機能モーションブラー低減機能DyAc搭載
Black eQualizer搭載
Color Vibrance搭載
S.Switch対応(別売)
XL Setting to Share搭載

関連記事
▷ BenQのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ 【徹底厳選】ゲーミングモニターのおすすめ紹介

【27型】BenQ「MOBIUZ EX2710S」(4万円前後)★27型のイチオシ!

写真:Amazonのスクリーンショット

続いてご紹介するモデルは、同じくBenQの映像や音楽を楽しめるゲーミングブランドMOBIUZ(モビウス)「EX2710S」です。

こちらのモデルは、高音質なスピーカーがついている点が特徴的です。BenQ独自の「treVolo True Sound」によって、正確な高音域、上質な中音域、そしてエネルギッシュな重低音を表現できます。

画面サイズは27インチと、一般的なモニターよりも一回り大きいです。はっきりとした迫力ある映像でゲームに没入することができます。

リフレッシュレートは165Hz、応答速度は1ms(MPRT)と十分に高速であり、幅広いジャンルのゲームをなめらかで残像感のない映像でプレイできます。

パネルの種類は、鮮やかな色表現を得意とするIPSパネルであり、綺麗な画面で楽しめます。HDR対応により、暗いシーンや明るいシーンでも見やすいです。

モニターの位置調整の自由度も高く、前後・左右角度調節と高さ調節ができるため、自分の目線の高さに合わせた位置にセットできます。

★イチオシのポイント★
165Hzのなめらかなゲーム映像と、迫力ある高音質なゲームサウンドを1台で楽しめるハイクオリティなモニターとしてイチオシ!モニターの位置も自由に調整できるので、快適な姿勢で長時間プレイできます。

製品名EX2710S
サイズ27インチ
解像度FHD (1920×1080)
パネル種類IPS
リフレッシュレート165Hz
応答速度GtG 2ms
MPRT 1ms
入出力PC接続用:
 DisplayPort 1.2 x1
 HDMI 2.0 x2
出力用:
 3.5mmステレオミニジャック x1
スピーカー2.5W x2
スタンド前後角度調整(チルト):前5°/後20°
左右角度調整(スイベル):左右20°
高さ調節:±130mm
回転(ピボット):なし
その他機能HDRi搭載(HDR10)
FreeSync Premium技術対応

BenQ「MOBIUZ EX2510S」

同等のスペックで24.5インチのモデル「EX2510S」も人気です。27インチは大きすぎるという方は、こちらもぜひチェックしてみてください。

関連記事
▷ BenQのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ 27インチのゲーミングモニターのおすすめ紹介

【27型】JAPANNEXT「JN-VG27144FHDR」(2万5千円前後)

写真:Amazonのスクリーンショット

続いてご紹介するモデルは、日本の液晶モニターメーカーであるJAPANNEXT(ジャパンネクスト)「JN-VG27144FHDR」です。

こちらは、27インチの大きめ画面でありながらも2万円台という安さが魅力的なモデルとなります。

リフレッシュレートは144Hz応答速度は5ms(MPRT)と、入門向けのゲーミングPCでもモニターの性能を発揮しやすいです。

パネルの種類は、映像鑑賞向けのVAパネルです。また、HDR対応により、暗いシーンや明るいシーンでも見やすいです。

モニターの位置調整は、前後角度調節のみ可能です。

とにかくシンプルで安い、大きめ画面の144Hzゲーミングモニターとしておすすめです!

製品名JN-VG27144FHDR
サイズ27インチ
解像度FHD (1920×1080)
パネル種類VA
リフレッシュレート144Hz
応答速度MPRT 5ms
入出力PC接続用:
 DisplayPort 1.2 x1
 HDMI 1.4 x1
出力用:
 3.5mm ステレオミニジャック x1
その他:
 USB Type-A(充電用) x1
スピーカーなし
スタンド前後角度調整(チルト):前5°/後15°
左右角度調整(スイベル):なし
高さ調節:なし
回転(ピボット):なし
その他機能FreeSync技術対応
HDR対応(HDR10)

関連記事
▷ JAPANNEXTのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ 安いゲーミングモニターのおすすめ紹介

【27型】GIGABYTE「M27F」(4万円前後)

写真:Amazonのスクリーンショット

続いてご紹介するモデルは、台湾発の老舗PC・PCパーツメーカーであるGIGABYTE(ギガバイト)「M27F」です。

こちらは、USB Type-Cでの接続に対応しているほか、KVM機能(後述)がついているなど、機能性の高いモデルとなります。フルHDで144Hzのモニターでこのような機能がついたモデルは珍しいです。

画面サイズは27インチであり、標準的なモニターよりも大きな画面で見やすいです。

リフレッシュレートは144Hz応答速度は1ms(MPRT)と、幅広いゲームを十分快適にプレイできる高速さです。

パネルの種類は、鮮やかな色表現を得意とするIPSパネルであるため、画面も綺麗です。また、HDR対応により、暗いシーンや明るいシーンでも見やすいです。

モニターの位置調整は、前後角度調節と高さ調節ができます。自分の目線の高さに合わせた位置にセットできます。

また、USBハブ機能が搭載されているため、キーボードやマウスをモニターにつないで操作できて便利です。

さらに、便利なKVM機能がついています。KVM機能とは、モニターにキーボードとマウスを接続することで、モニターに表示するデバイスを切り替えても、同じキーボードとマウスでそのまま別のPCを操作できる機能です。

ノートPC用のモニターとしても使いやすい、高機能な144Hzゲーミングモニターとしておすすめです!

製品名M27F
サイズ27インチ
解像度FHD (1920×1080)
パネル種類IPS
リフレッシュレート144Hz
応答速度MPRT 1ms
入出力PC接続用:
 DisplayPort 1.2 x1
 HDMI 2.0 x2
 USB Type-C(DP Alt Mode) x1
 USB 3.0 Type-B x1
出力用:
 3.5mm ステレオミニジャック x1
USBハブ機能:
 USB 3.0 Type-A x2
スピーカーなし
スタンド前後角度調整(チルト):前5°/後20°
左右角度調整(スイベル):なし
高さ調節:±130mm
回転(ピボット):なし
その他機能ゲームアシスト機能搭載
FreeSync Premium技術対応
HDR対応
KVM機能搭載
created by Rinker
¥39,680(2022/09/29 19:59:38時点 Amazon調べ-詳細)

関連記事
▷ GIGABYTEのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ HDR対応のゲーミングモニターのおすすめ紹介

WQHDタイプ:ハイスペックなPCをお持ちの人向け

続いて、フルHDよりも高解像度なWQHD(2560×1440)のおすすめモニターをご紹介いたします。

WQHDの映像をリフレッシュレート144Hz~165Hzで安定して出力するためには、相当に高いスペックのゲーミングPCが必要ではあります。もし、こうしたハイスペックゲーミングPCをお持ちであれば、高速さと映像の鮮明さを兼ね備えたゲーム体験をすることができます。

お持ちのゲーミングPCのスペックに自信がある方は、ぜひWQHDモニターも検討してみてください!

【27型】iiyama「G-MASTER GB2760QSU-B1C」(3万円台前半)★編集部イチオシ!

写真:Amazonのスクリーンショット

まずご紹介するモデルは、日本の液晶ディスプレイブランドであるiiyama(イーヤマ)「G-MASTER GB2760QSU-B1C」です。

こちらのモデルは、3万円台前半というお手頃価格でありながら、安いモニターに省略されがちなスピーカーの内蔵USBハブ機能の搭載など、十分な機能性を備えています。

画面サイズは27インチと、一般的なモニターよりも一回り大きいです。WQHDとの相性も良く、美しく迫力ある映像でゲームに没入することができます。

リフレッシュレートは144Hz応答速度は1ms(GtG)と、様々なジャンルのゲームを十分快適にプレイできる高速さです。

パネルの種類は、応答速度の速さを特徴とするTNパネルです。

モニターの位置調整の自由度も高く、前後・左右角度調節、高さ調節、回転が出来ます。自分の姿勢に合わせた位置にセットすることができます。

★イチオシのポイント★
3万円台前半という安さで、内蔵スピーカーやUSBハブ、多機能スタンドなどの便利機能が一通り揃っており、非常にコストパフォーマンスが高いです。日本メーカーであるため安心して購入できる点も魅力的な高解像度ゲーミングモニターです!

製品名GB2760QSU-B1C
サイズ27インチ
解像度QHD (2560×1440)
パネル種類TN
リフレッシュレート144Hz
応答速度GtG 1ms
入出力PC接続用:
 DisplayPort x1
 HDMI x1
 DVI-D x1
 USB 3.0 Type-B x1
 3.5mmステレオミニジャック x1
出力用:
 3.5mmステレオミニジャック x1
USBハブ機能:
 USB 3.0 Type-A x2
スピーカー2W x2
スタンド前後角度調整(チルト):前5°/後22°
左右角度調整(スイベル):左右45°
高さ調節:±130mm
回転(ピボット):右90°
その他機能FreeSync Premium技術対応

関連記事
▷ iiyamaのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ 144Hz・WQHDのおすすめモニター紹介

【27型】Pixio「PX278」(3万円台前半)

写真:Amazonのスクリーンショット

続いてご紹介するモデルは、アメリカ発のゲーマーのためのモニターブランドであるPixio(ピクシオ)「PX278」です。

こちらのモデルは、IPSパネルなどよりも低コストなTNパネルの採用や、機能をシンプルにすることで、3万円台前半(2022年8月時点)というお手頃価格を実現しています。

画面サイズは27インチと大きめであり、解像度はWQHD(2560×1440)の高解像度です。

リフレッシュレートは144Hz応答速度は1ms(GtG)であり、高解像度の美しい映像をなめらかで残像感なく満喫することができます。

また、HDRに対応しているため、暗いシーンや明るいシーンでも色がつぶれず見やすいです。

モニターの位置調整は、前後角度調節のみ可能です。

安くてシンプルな高解像度・144Hzゲーミングモニターとしておすすめです!

WQHD・144Hzのゲーミングモニターを少しでも安く手に入れた方におすすめです!

製品名PX278
サイズ27インチ
解像度WQHD (2560×1440)
パネル種類TN
リフレッシュレート144Hz
応答速度GtG 1ms
入出力PC接続用:
 DisplayPort 1.2 (144Hz) x1
 HDMI 2.0 (144Hz) x1
 HDMI 1.4 (75Hz) x1
出力用:
 3.5mm ステレオミニジャック x1
その他:
 USB (メンテナンス用) x1
スピーカーなし
スタンド前後角度調整(チルト):前5°/後15°
左右角度調整(スイベル):なし
高さ調節:なし
回転(ピボット):なし
その他機能ゲームアシスト機能搭載
FreeSync Premium技術対応
HDR対応

関連記事
▷ Pixioのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ 240Hz・WQHDのおすすめモニター紹介

【31.5型】LG「UltraGear 32GN600-BAJP」(3万円台前半)

写真:Amazonのスクリーンショット

続いてご紹介するモデルは、韓国の総合家電メーカーであるLG(エルジー)「UltraGear 32GN600-BAJP」です。

こちらは、31.5インチの大型・高解像度モデルでありながらも3万円台という圧倒的な手頃さが魅力的なモデルです。

リフレッシュレートは165Hz応答速度は5ms(GtG)であり、幅広いゲームを十分快適にプレイできる高速さです。

パネルの種類は、映像鑑賞向きのVAパネルであり、日ごろの動画視聴なども綺麗に楽しめます。HDR対応により、暗いシーンや明るいシーンでも見やすいです。

モニターの位置調整の自由度も高く、前後角度調節のみ可能です。

大画面で没入感の高いゲームプレイが可能な、お手頃価格のWQHD・165Hzゲーミングモニターとしておすすめです!

製品名32GN600-BAJP
サイズ31.5インチ
解像度QHD (2560×1440)
パネル種類VA
リフレッシュレート165Hz
応答速度GtG 5ms
入出力PC接続用:
 DisplayPort 1.4 x1
 HDMI x2
出力用:
 3.5mm ステレオミニジャック x1
スピーカーなし
スタンド前後角度調整(チルト):前5°/後15°
左右角度調整(スイベル):なし
高さ調節:なし
回転(ピボット):なし
その他機能ゲーム機能(クロスヘア対応)搭載
FreeSync Premium技術対応
HDR対応(HDR10)

関連記事
▷ LGのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ リフレッシュレート165Hzのおすすめモニター紹介

4Kタイプ:超解像度で鮮明な映像を楽しめる

続いて、超高解像度な4K(3840×2160)のおすすめモニターをご紹介いたします。

4Kの映像をリフレッシュレート144Hz~165Hzで安定して出力するためには、最高クラスのゲーミングPCが必要となります。もし、超高級ゲーミングPCをお持ちであれば、高速さと映像の鮮明さを兼ね備えた最高のゲーム体験をすることができます。

お持ちのゲーミングPCのスペックに自信がある方は、ぜひ4Kモニターも検討してみてください!

【28型】JAPANNEXT「GX28」(7万円台後半)

写真:Amazonのスクリーンショット

まずご紹介するモデルは、日本発のモニターメーカーであるJAPANNEXT(ジャパンネクスト)「GX28」(製品型番:JN-280IPS144UHDR-C65W)です。

こちらは、4K(3840×2160)の超高解像度モデルであるだけでなく、USB Type-C接続への対応やKVM機能の搭載など、便利な機能も十分に揃っています。それでいて価格が7万円台(2022年8月時点)と、ダントツのコストパフォーマンスの高さが魅力的です。

画面サイズは28インチと、一般的なモニターよりも一回り大きめです。4Kの精細な映像を高密度で楽しむことができます。

リフレッシュレートは144Hz、応答速度は1ms(MPRT)と、幅広いゲームを十分快適にプレイできる高速さです。HDMI2.1にも対応しているため、PlayStation 5の映像を4K・120Hzで出力することもできます。

パネルの種類は、鮮やかな色表現を得意とするIPSパネルであり、綺麗な画面を楽しめます。また、HDR対応により、暗いシーンや明るいシーンでも見やすいです。

スピーカーが内蔵されており、外付けのヘッドフォンやスピーカーを接続しなくてもモニターだけで音が出せます。

また、USBハブ機能が搭載されているため、キーボードやマウスをモニターにつないで操作できて便利です。

さらに、便利なKVM機能がついています。モニターにキーボードとマウスを接続することで、モニターに表示するデバイスを切り替えても、同じキーボードとマウスでそのまま別のPCを操作できます。

モニターの位置調整も、前後・左右角度調節、高さ調節、回転ができるため、自分の姿勢に合わせた位置にセットすることができます。

文句なしの機能性で圧倒的な安さを誇る4K・144Hzゲーミングモニターとしておすすめです!

製品名GX28(JN-280IPS144UHDR-C65W)
サイズ28インチ
解像度4K (3840×2160)
パネル種類IPS
リフレッシュレート144Hz
応答速度MPRT 1ms
入出力PC接続用:
 DisplayPort 1.4(3440×1440@144Hz) x1
 HDMI 2.1(3440×1440@120Hz) x1
 HDMI 2.0(3440×1440@60Hz) x1
 USB Type-C(3440×1440@144Hz/電源供給 最大65W) x1
 USB Type-B x1
出力用:
 3.5mm ステレオミニジャック x1
USBハブ機能:
 USB Type-A x2
スピーカー2w x2
スタンド前後角度調整(チルト):前5°/後15°
左右角度調整(スイベル):左右15°
高さ調節:±110mm
回転(ピボット):右90°
その他機能ゲームモードターゲット(クロスヘア)搭載
FreeSync技術対応
HDR対応
リモコン付属
KVM機能搭載
created by Rinker
ジャパンネクスト(Japannext)
¥75,436(2022/09/29 17:43:33時点 Amazon調べ-詳細)

JAPANNEXT「JN-280IPS144UHDR」:機能を省いたシンプルバージョン(7万5千円前後)

GX28(JN-280IPS144UHDR-C65W)から、USB Type-C接続対応やモニターの位置調整機能を省いたシンプルなバージョンである「JN-280IPS144UHDR」もあります。

こちらはさらにお安くなっているため、より安い値段で4Kゲーミングモニターを入手したい方におすすめです。

関連記事
▷ JAPANNEXTのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ 144Hz・4Kのおすすめモニター紹介

【28型】ASUS「TUF Gaming VG28UQL1A」(8万円台前半)★編集部イチオシ!

写真:製品ページのスクリーンショット

続いてご紹介するモデルは、台湾のPC・スマートフォン関連メーカーであるASUS(エイスース)「TUF Gaming VG28UQL1A」です。

こちらは、4K(3840×2160)の超高解像度モデルであることに加え、HDMIポートが4つあり、そのうち2つが4K・120Hzに対応したHDMI 2.1となっています。このため、PCゲームだけでなくPlayStation 5の映像も4K・120Hzで出力できます。

画面サイズは28インチと、一般的なモニターよりも一回り大きめです。4Kの精細な映像を高密度で楽しむことができます。

リフレッシュレートは144Hz応答速度は1ms(GtG)と、幅広いゲームを残像感なく快適にプレイできます。

パネルの種類はIPSパネルであり、鮮やかな色合いの画面を楽しめます。さらにHDR対応により、暗いシーンや明るいシーンでも見やすいです。

スピーカーが内蔵されているため、外付けのスピーカーやヘッドフォンがなくても音が出せます。

モニターの位置調整の自由度が高く、前後・左右角度調節、高さ調節、回転ができます。自分の姿勢に合った快適な位置にセットできます。

さらに、USBハブ機能もついているため、モニターに直接キーボードやマウスを接続して操作することなどもできて便利です。

★イチオシのポイント★
PlayStation 5の性能を最大発揮できるほか、HDMI入力の数が多いため、Nintendo SwitchやXbox、はたまたAmazon Fire TVなど、様々な機器に同時に接続しておけて便利です。PCゲームだけでなく幅広いゲーム機で遊びたい方におすすめです!

製品名VG28UQL1A
サイズ28インチ
解像度4K (3840×2160)
パネル種類IPS
リフレッシュレート144Hz
応答速度GtG 1ms
入出力PC接続用:
 DisplayPort 1.4 x1
 HDMI 2.1 x2
 HDMI 2.0 x2
 USB 3.0 Type-B x1
出力用:
 3.5mm ステレオミニジャック x1
USBハブ機能:
 USB 3.0 Type-A x2
スピーカー2W x2
スタンド前後角度調整(チルト):前5°/後20°
左右角度調整(スイベル):左右15°
高さ調節:±120mm
回転(ピボット):左右90°
その他機能GamePlus機能搭載
Adaptive-Sync技術対応
FreeSync Premium技術対応
G-Sync技術対応
HDR対応(HDR10)

関連記事
▷ ASUS「TUF Gaming」のおすすめモニター紹介
▷ PS5におすすめの4K・120Hzモニター紹介

【31.5型】I-O DATA「LCD-GCU321HXAB」(12万円前後)

写真:Amazonのスクリーンショット

続いてご紹介するモデルは、日本の老舗PC周辺機器メーカーであるI-O DATA(アイオーデータ)のゲーミングモニターブランドであるGigaCrysta(ギガクリスタ)「LCD-GCU321HXAB」です。

画面サイズは31.5インチの大型であり、RPGやレーシングゲームなど、ゲームの世界観を満喫するようなゲームを主にプレイする方にぴったりです。また、4K(3840×2160)の高解像度を活かして1画面に多くの情報を表示することができ、仕事などの日常作業の効率アップも期待できます。

リフレッシュレートは144Hz応答速度は1ms(GtG)と、幅広いゲームを快適に楽しめる十分な高速性です。HDMI 2.1にも対応しておりPS5の映像を4K・120Hzで楽しむこともできます。

パネルの種類は、鮮やかな色表現を得意とするIPSパネルの一種であるAASパネルであり、綺麗な画面で楽しめます。HDR対応により、暗いシーンや明るいシーンでも見やすいです。

モニターの位置調整の自由度も高く、前後・左右角度調節と高さ調節ができます。自分の目線の高さに合わせた位置にセットできます。

また、DisplayPortに加えて、HDMIポートが3つあるため、PCだけではなく、Nintendo SwitchやPlayStation 5、Xboxなど複数のコンソールゲームをつなぐのにも向いています。

写真:製品ページのスクリーンショット

さらに、リモコンが付属しており、入力をワンタッチで変更できます。また、FPSやRPGといったゲームジャンルや動画鑑賞などの用途に合わせたモード変更も、リモコンでワンタッチでできて便利です。

スピーカーが内蔵されているため、外付けヘッドフォンやスピーカーを用意しなくても音を出すことができます。

大画面で4K映像を満喫できる、高機能な144Hzゲーミングモニターとしておすすめです!

製品名LCD-GCU321HXAB
サイズ31.5インチ
解像度4K (3840×2160)
パネル種類AAS
リフレッシュレート144Hz
応答速度オーバードライブ
 ON: GtG 1ms
 OFF: GtG 7ms
入出力PC接続用:
 DisplayPort x1
 HDMI 2.1 x3
 USB 3.2 Gen 1 Type-B x1
出力用:
 3.5mmステレオミニジャック x2
USBハブ機能:
 USB 3.2 Gen 1 Type-A x2
スピーカー3.5W x2
スタンド前後角度調整(チルト):前3°/後20°
左右角度調整(スイベル):左右65°
高さ調節:±110mm
回転(ピボット):なし
その他機能HDMI VRR技術対応
HDR対応(DisplayHDR 400)
リモコン付属
推奨ディスプレイとなっているゲーム
ファイナルファンタジーXIV
I-O Dataによる動作確認済みのゲーム機
PS5、PS4 Pro、PS4、PS3、Switch

関連記事
▷ I-O DATA「GigaCrysta」のおすすめゲーミングモニター紹介
▷ 4Kゲーミングモニターのおすすめ紹介

超大画面な湾曲タイプ:没入感やリアリティ重視の方向け

最後に、画面が横に広い「ウルトラワイド」かつ、湾曲したタイプのおすすめモニターをご紹介いたします。

ウルトラワイドな湾曲モニターは、プレイヤーを包みこむような構造をしているため、ゲームへの没入感が圧倒的に高いです。レースゲームやフライトシミュレータのようなゲームでは、実際に操縦しているかのような感覚が味わえます。

加えて、リフレッシュレート144Hz以上であれば、景色の移り変わりが激しいゲームでもなめらかな映像で楽しめます。リアリティを追求したい方は、ぜひ湾曲タイプを検討してみてください!

【34型】HUAWEI「MateView GT」(6万5千円前後)

写真:Amazonのスクリーンショット

まずご紹介するモデルは、中国発の世界的な通信機器メーカーであるHUAWEI(ファーウェイ)
「MateView GT(34-inch Sound Edition)」です。

湾曲モニターとしては王道サイズの34インチ、さらに一般的なモニターよりも横長なウルトラワイドモニターであり、没入感を存分に味わうことができます。

写真:製品ページのスクリーンショット

こちらのモデルの最大の特徴は、デザインの美しいデュアル5Wスピーカー「ステレオサウンドバー」が組み込まれている点です。モニターに付属しているスピーカーとしては高出力であるため、高音質で迫力あるステレオサウンドを楽しむことができます。

また、ディスプレイ上部には、スマートデュアルマイクシステムが搭載されています。ノイズキャンセルやエコーキャンセル機能を搭載しており、最大4メートル離れた場所でも声をクリアに拾うことができます。

もちろん、ゲーミングモニターとしても十分なスペックであり、リフレッシュレートは165Hz応答速度は4msと、幅広いゲームを快適に楽しめる高速さです。

解像度は、WQHD(2560×1440)をさらに横長にしたUWQHD(3440×1440)の高解像度です。パネルの種類は、湾曲モニターの多くに採用されている映像鑑賞向けのVAパネルであり、ゲームも映像作品も綺麗に楽しめます。また、HDR対応により、暗いシーンや明るいシーンでも見やすいです。

モニターの位置調整は、前後角度調節と高さ調節ができます。

視界の隅々に広がる美しいゲーム映像と贅沢なサウンドを楽しめる湾曲165Hzゲーミングモニターとしておすすめです!

製品名MateView GT
34-inch Sound Edition
サイズ34インチ
解像度UWQHD (3440×1440)
パネル種類VA(曲面)
リフレッシュレート165Hz
応答速度4ms
入出力PC接続用:
 DisplayPort(165Hz) 1.4 x1
 HDMI 2.0(100Hz) x1
 USB Type-C(DP Alt Mode) x1
出力用:
 3.5mmステレオミニジャック x1
スピーカー5W x2
スタンド前後角度調整(チルト):前5°/後20°
左右角度調整(スイベル):なし
高さ調節:±110mm
回転(ピボット):なし
その他機能ゲームアシスト機能搭載
HDR対応(HDR10)
ノイズキャンセリングマイク搭載

関連記事:ウルトラワイドのゲーミングモニターおすすめ紹介

【34型】JAPANNEXT「‎JN-VCG34165UWQHDR」(5万5千円前後)★編集部イチオシ!

写真:Amazonのスクリーンショット

続いてご紹介するモデルは、日本発のモニターメーカーであるJAPANNEXT(ジャパンネクスト)「‎JN-VCG34165UWQHDR」です。

こちらは、34インチの大型湾曲ウルトラワイドモニターであり、界いっぱいに広がる迫力ある映像を楽しむことができます。解像度もUWQHD (3440×1440)の高解像度であり、美しいゲームの世界に没入できます。それでいながら5万円台という破格です。

リフレッシュレートは165Hz応答速度は1ms(MPRT)と十分に高速であり、幅広いジャンルのゲームをなめらかで残像感のない映像でプレイできます。

また、こちらのモデルは、JAPANNEXT側で公式にPlayStation 5でのフルHD・120Hz出力の接続確認を取っているため、PlayStation 5ユーザにも安心です。

パネルの種類は、映像鑑賞向けのVAパネルであるため、ゲームだけでなく日頃の映像鑑賞も綺麗に楽しめます。HDRにも対応しているため、くっきりと見やすい映像を楽しむこともできます。

モニターの位置調整は、前後角度調節のみとなります。ただし、モニターアームに接続できるVESAマウントに対応しているため、モニターアームを使用することで調節が可能となります。

また、スピーカーが内蔵されているため、外付けヘッドフォンやスピーカーを用意しなくても音を出すことができます。

★イチオシのポイント★
DisplayPortとHDMIをそれぞれ2つずつ搭載しており、豊富な入力にも対応しているので、各種ゲーム機やPCとの接続性にも優れています。機能性の高い165Hzの大型湾曲モニターを5万円台で購入できるのは本当にコスパが良く、編集部イチオシの大画面・高解像度・湾曲モニターです!

製品名‎JN-VCG34165UWQHDR
サイズ34インチ
解像度UWQHD (3440×1440)
パネル種類VA(曲面)
リフレッシュレート165Hz
応答速度MPRT 1ms
入出力PC接続用:
 DisplayPort 1.4(3440×1440@165Hz) x2
 HDMI 2.0(3440×1440@100Hz) x2
出力用:
 3.5mmステレオミニジャック x1
スピーカー3W x2
スタンド前後角度調整(チルト):前5°/後15°
左右角度調整(スイベル):なし
高さ調節:なし
回転(ピボット):なし
その他機能ゲームモードターゲット(クロスヘア)搭載
FreeSync技術対応
HDR対応(HDR10)

関連記事
▷ JAPANNEXTのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ ウルトラワイドのゲーミングモニターおすすめ紹介

【34型】Acer「Nitro XZ342CUPbmiiphx」(6万5千円前後)

写真:Amazonのスクリーンショット

続いてご紹介するモデルは、台湾のPC・PC関連機器メーカーであるAcer(エイサー)「Nitro XZ342CUPbmiiphx」です。

1個前のモデルと同じく、34インチ・UWQHD (3440×1440)の大型湾曲モニターです。

リフレッシュレートは144Hz応答速度は1ms(VRB)と、幅広いゲームを十分快適にプレイできる高速さです。

パネルは、映像鑑賞に向いたVAパネルであるため、ゲームのみならず日頃の動画視聴も綺麗に楽しめます。さらに、HDR対応により、暗いシーンや明るいシーンでも見やすいです。

モニターの位置調整は、前後・左右角度調節と高さ調節ができます。自分の目線の高さに合わせた位置にセットできるため、快適に長時間ゲームをプレイし続けられます。

美しくなめらかな映像を没入感の高い視界で楽しめる144Hzゲーミングモニターとしておすすめです!

製品名XZ342CUPbmiiphx
サイズ34インチ
解像度UWQHD (3440×1440)
パネル種類VA(曲面)
リフレッシュレート144Hz
応答速度VRB 1ms
入出力PC接続用:
 DisplayPort 1.4 x1
 HDMI 2.0 x2
出力用:
 3.5mm ステレオミニジャック x1
スピーカー2W x2
スタンド前後角度調整(チルト):前5°/後35°
左右角度調整(スイベル):左右180°
高さ調節:±130mm
回転(ピボット):なし
その他機能Adaptive-Sync技術対応
DisplayHDR 400認証

関連記事
▷ Acerのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ ウルトラワイドのゲーミングモニターおすすめ紹介

用途や特徴からモニターを探す

▷ 【徹底厳選】ゲーミングモニターのおすすめ紹介
▷ 安いゲーミングモニターのおすすめ紹介
▷ 湾曲ゲーミングモニターのおすすめ紹介
▷ 4Kゲーミングモニターのおすすめ紹介
▷ ウルトラワイドゲーミングモニターのおすすめ紹介
▷ HDR対応のゲーミングモニターのおすすめ紹介
▷ 白色のゲーミングモニターのおすすめ紹介

▷ リフレッシュレート144Hzのおすすめモニター紹介
▷ 【コスパ最強】安い144Hzモニターのおすすめを解像度別に紹介
▷ 144Hz・WQHDのおすすめモニター紹介
▷ 144Hz・4Kのおすすめモニター紹介
▷ 144Hz・IPSパネルのおすすめモニター紹介
▷ 144Hz・24インチのおすすめモニター紹介
▷ 144Hz・27インチのおすすめモニター紹介
▷ 144Hzの湾曲モニターおすすめ紹介

▷ リフレッシュレート165Hzのおすすめモニター紹介

▷ リフレッシュレート240Hzのおすすめモニター紹介
▷ 【コスパ最強】安い240Hzモニターのおすすめ紹介
▷ 240Hz・WQHDのおすすめモニター紹介
▷ 240Hz・IPSパネルのおすすめモニター紹介

▷ リフレッシュレート360Hzのおすすめモニター紹介
▷ リフレッシュレート390Hzのおすすめモニター紹介

▷ リフレッシュレート60Hzのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ リフレッシュレート75Hzのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ Nintendo Switch向けのゲーミングモニターおすすめ紹介
▷ PS5におすすめの4K・120Hzモニター紹介
▷ PS5におすすめのゲーミングモニター紹介

ほかのゲーミングモニターも見てみる

▷ Acer(Predator/Nitro/AOPEN)のおすすめゲーミングモニター紹介
▷ AOC(AGON)のおすすめゲーミングモニター紹介
▷ ASUS(ROG/TUF Gaming)のおすすめゲーミングモニター紹介
▷ BenQのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ Dell(ALIENWARE)のおすすめゲーミングモニター紹介
▷ GIGABYTE(AORUS)のおすすめゲーミングモニター紹介
▷ HP(OMEN)のおすすめゲーミングモニター紹介
▷ iiyamaのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ I-O DATA「GigaCrysta」のおすすめゲーミングモニター紹介
▷ JAPANNEXTのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ KEIANのおすすめモニター紹介
▷ Lenovoのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ LGのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ MSIのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ Pixioのおすすめゲーミングモニター紹介