おしゃれなゲーミングチェア7選。部屋になじむ落ち着いたデザインを厳選!

ゲーミングチェアゲーミング家具

「ゲーミングチェア特有のデザインがちょっとなぁ…」

ゲーミングチェアが欲しくても、デザイン面で抵抗があるという方はいませんか?多くのゲーミングチェアに見られる、黒地に派手なカラーのレーシングシートのようなデザインは、存在感が大きく、部屋の雰囲気や好みに合わないと感じる方もいらっしゃるでしょう。

そんな方に向けて、この記事では、部屋になじみやすいおしゃれなデザインのゲーミングチェアをご紹介していきます!落ち着いたデザインや大人びたデザインのゲーミングチェアをお探しの方のお役に立てれば幸いです。

関連記事
▷ 【ガチで厳選】おすすめゲーミングチェア紹介
▷ 女性向け!かわいいゲーミングチェアおすすめ紹介

スポンサーリンク

イトーキ「クロスフォーカスチェア」

画像:楽天の販売ページより

まずご紹介するのは、イトーキ「クロスフォーカスチェア」です。

イトーキは、日本の老舗オフィス家具メーカーであり、オフィス空間設計で培った長年のノウハウを詰め込んだゲーミングチェアを展開しています。自宅に違和感なく溶け込むデザインをコンセプトにしているため、まさにゲーミングチェア特有の派手なデザインが苦手な方におすすめです。

そんなイトーキの「クロスフォーカスチェア」は、部屋になじみやすいデザインでおすすめです。

正面と背面のカラーが異なるおしゃれなデザインで、カラーバリエーションは6色です。いずれもナチュラルな色合いで、部屋のインテリアになじみやすくなっています。素材もファブリックであるため優しい雰囲気であり、通気性の良さも期待できます。

画像:楽天の販売ページより

サイズ感は、日本人の体型にあった低座面設計になっているため、幅広い体型の方が座りやすいです。

機能としては、135度リクライニング、座面を揺らせるロッキング機能、上下昇降する1Dアームレスト、首を支えるネックサポートと腰を支えるランバーサポートの付属など、十分な機能が備わっています。

生活空間に溶け込むゲーミングチェアをお探しの方におすすめです!

イトーキなら「クロスフォーカスチェアa」もおすすめ!

イトーキなら、素材違いバージョンである「クロスフォーカスチェアa」もおすすめです!

画像:楽天の販売ページより

こちらは、素材にPVC(ポリ塩化ビニル)レザーを採用したモデルです。ファブリック素材よりも高級感があるほか、汚れた際に掃除がしやすいというメリットもあります。

カラーもトーンの落ち着いた4色展開であり、大人っぽいおしゃれさがあるデザインとなっています。あわせてチェックしてみてください!

関連記事:イトーキのゲーミングチェア全紹介

Dowinx「LS-66684D」

画像:Amazonをスクリーンショット

続いてご紹介するのは、Dowinx(ドウィンクス)「LS-66684D」です。

Dowinxは、中国のゲーミングチェアメーカーです。2万円前後のお手頃価格で、おしゃれな雰囲気のゲーミングチェアを展開しています。コスパの高さやサポート対応の質にも定評があり、人気で信頼できる格安メーカーです。

そんなDowinxの「LS-66684D」は、部屋になじみやすいデザインでおすすめです。

チェア全体がくすみ系カラーとなっているデザインが特徴です。カラーバリエーションは6色あり、いずれも落ち着いた色であるため、幅広いインテリアに合わせやすいです。素材もファブリックであるため優しい雰囲気であり、通気性の良さも期待できます。

画像:Amazonの画像をもとに編集部で作成

サイズ感は、座面の大きさや背もたれの高さは平均的であり、推奨身長160~180cmとされています。

機能としては、170度リクライニング、座面を揺らせるロッキング機能、上下・前後・左右に動き首振りもできる4Dアームレスト、首を支えるヘッドレストと腰を支えるランバーサポート(マッサージ振動機能付き)の付属、足置き(オットマン)の付属など、十分な機能が備わっています。

落ち着きとほっこりした可愛さのあるゲーミングチェアとしておすすめです!

Dowinxなら「LS-6689」もおすすめ!

Dowinxなら、中世ヨーロッパ風デザインの「LS-6689」もおすすめです!

画像:Amazonより

チェックの刺繍や曲線的なやチェアの形状により、ヨーロピアンな雰囲気があります。こちらの素材は、スムーズな手触りのPU(ポリウレタン)レザー素材です。カラーも大人びたカラーの5色展開であり、部屋になじみやすいです。西洋風のお部屋作りをしたい方におすすめです!

関連記事:Dowinxのゲーミングチェア全紹介

RAKU「北欧風シリーズ」

画像:Amazonをスクリーンショット

続いてご紹介するのは、RAKU(らく)「北欧風シリーズ」です。

RAKUは、大阪に拠点を持つ株式会社福和楽が販売しているライフスタイル系ブランドです。1万円台という安さで十分な機能が揃ったゲーミングチェアを展開しています。日本発のブランドという安心感もあり、Amazonなどの通販サイトを中心によく売れています。

そんなRAKUの「北欧風シリーズ」は、部屋になじみやすいデザインでおすすめです。

チェア全体が北欧らしい綺麗なカラーとなっているデザインが特徴です。カラーバリエーションは3色あり、いずれも北欧風の家具となじみやすくなっています。素材は、北欧風PU(ポリウレタン)レザーを採用しており、スムースな手触りが魅力です。

画像:楽天より

サイズ感は、座面の高さがやや高く、ゆとりのある作りとなっているため、160cm以上の方に向いているでしょう。

機能としては、180度リクライニング、上下・左右・前後に動く3Dアームレスト、座面を揺らせるロッキング機能、首を支えるヘッドレストと腰を支えるランバーサポート(マッサージ振動機能付き)の付属、足置き(オットマン)の付属など、十分に高機能です。

おしゃれなカラーが魅力的なゲーミングチェアとしておすすめです!

関連記事:RAKUのゲーミングチェア全紹介

SWOLOL「SW05」

画像:Amazonをスクリーンショット

続いてご紹介するのは、SWOLOL(スワォーロ)「SW05」です。

SWOLOLは、中国のゲーミングチェアブランドです。中国国内でも規模の大きなゲーミングチェア専門メーカーが運営しているブランドであり、1万円台という安さでおしゃれなデザインのゲーミングチェアをラインナップしている点が魅力的です。

そんなSWOLOLのSW05は、部屋になじみやすいデザインでおすすめです。

レトロ風をコンセプトに作られたデザインとなっており、可愛らしい雰囲気です。カラーバリエーションは3色あり、いずれもライトグレイッシュなカラーであるため落ち着いています。素材はPU(ポリウレタン)レザーです。

画像:Amazonの画像をもとに編集部で作成

サイズ感は、日本で販売されている一般的なゲーミングチェアと同じようなサイズであり、身長155~185cmぐらいの方が座るのに向いてるでしょう。

機能としては、175度リクライニング、座面を傾けられるロッキング機能、上下・前後・左右に動かせる3Dアームレスト、首を支えるヘッドレストと腰を支えるランバーサポートの付属、足置き(オットマン)の付属など、十分に高機能です。

愛着の持てる大人可愛いデザインのゲーミングチェアとしておすすめです!

関連記事:SWOLOLのゲーミングチェア全紹介

KARNOX「GENIE」

画像:Amazonをスクリーンショット

続いてご紹介するのは、KARNOX(カルノックス)「GENIE」です。

KARNOXは、中国のゲーミングチェアブランドです。イギリスの高級カーシートのエンジニアと共同でeスポーツ向けチェアを開発しており、人間工学に基づく快適さと機能性の高さ、さらにはデザイン性の高さを備えていながら、2~3万円程度のお手頃価格で購入できるところが大きな魅力です。

そんなKARNOXのGENIEは、部屋になじみやすいデザインでおすすめです。

前面は白系の色で、背面にアクセントカラーが施されたデザインです。カラーは5色展開であり、いずれも深みのある綺麗な色で、スタイリッシュな家具として空間に溶け込みます。素材はファブリックであり、通気性の良さも期待できます。

画像:Amazonをスクリーンショット

サイズ感は、推奨身長は165~180cmとされている大きさです。

機能としては、155度リクライニング、座面を傾けられるロッキング機能、上下昇降できる1Dアームレスト360度回転する座面、首を支えるヘッドレストと腰を支えるランバーサポートの付属など、充実しています。

スタイリッシュでおしゃれなゲーミングチェアとしておすすめです!

関連記事:KARNOXのゲーミングチェア全紹介

Darkecho「ML1125」

画像:Amazonをスクリーンショット

続いてご紹介するのは、Darkecho「ML1125」です。

Darkechoは、中国のゲーミングチェアブランドです。映画館や講堂の座席、オフィスチェアなどを幅広く開発しているチェア専門メーカーのブランドです。1万円台という安さでありながらも、十分な機能性や、英国や米国の厳しい安全性試験をクリアした品質を備えており、安心して購入できます。

そんなDarkechoのML1125は、部屋になじみやすいデザインでおすすめです。

レトロスタイルのデザインとなっており、上質な雰囲気を醸し出しています。カラーはベージュとグレーの2色があり、どちらもワントーンで落ち着いた色合いです。素材は、レトロ風PU(ポリウレタン)レザーであり、マットな質感でなめらかな手触りが魅力です。

画像:Amazonをスクリーンショット

サイズ感は、推奨身長は155~185cmとされている大きさです。座面が低めであるため、小柄な人でも足が付きやすいです。

機能としては、155度リクライニング、座面を傾けられるロッキング機能、上下昇降と首振りが可能な2Dアームレスト、首を支えるヘッドレストと腰を支えるランバーサポート(マッサージ振動機能付き)の付属、足置き(オットマン)の付属など、十分に高機能です。

上質で落ち着いた雰囲気を出せるゲーミングチェアとしておすすめです!

関連記事:Darkechoのゲーミングチェア全紹介

noblechairs「ICON」

画像:Amazonをスクリーンショット

続いてご紹介するのは、noblechairs(ノーブルチェアーズ)「ICON」です。

noblechairsは、ドイツの高級ゲーミングチェアブランドです。品質の高さはもちろんのこと、ドイツ高級車のような洗練されたデザインや素材選びが大きな魅力であり、他のゲーミングチェアにはないラグジュアリーな雰囲気があります。

そんなnoblechairsのICONは、部屋になじみやすいデザインでおすすめです。

これまではナチュラルテイストのものを紹介してきましたが、こちらはコクーンのような丸みのある流線形フォルムで、高級感あふれるデザインとなっています。特にエレガントなお部屋との相性が良いでしょう。

素材は、牛革風シボ入りPU(ポリウレタン)レザー、本革、ハイブリッドPUレザー、ハイテクビニールレザーの4種類があり、それぞれカラーも異なります。

画像:Amazonの画像をもとに編集部で作成

サイズ感は、穏やかな形状でワイドな設計となっているため、幅広い体型の方がゆったりと座りやすいです。

機能としては、135度リクライニング、座面を傾けられるロッキング機能、上下・前後・左右・斜めに動かせる4Dアームレスト、首を支えるヘッドレストと腰を支えるランバーサポートの付属、足置き(オットマン)など、十分に揃っています。クッション類がベロア素材であるところにも、上品な雰囲気が感じられます。

特別感のあるワンランク上の贅沢な高級ゲーミングチェアとしておすすめです!

PUレザータイプ(ブラック、ホワイト)

本革タイプ(コニャック)

ハイブリッドPUレザータイプ(マットブラック)

ハイテクビニールレザータイプ(ピュアホワイト)

関連記事
▷ noblechairsのゲーミングチェア全紹介
▷ 高級ゲーミングチェアのおすすめ紹介

人気ゲーミングチェアを見てみる

▷ 【ガチで厳選】おすすめゲーミングチェア紹介
▷ ゲーミングチェアのおすすめメーカー10選
▷ 【1万円台】安いゲーミングチェアのおすすめ紹介

色や特徴からゲーミングチェアを選ぼう

▷ 【全10色】色別のおすすめゲーミングチェア紹介
▷ 「赤色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「オレンジ色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「黄色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「緑色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「ミント色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「水色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「青色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「パープル色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「ピンク色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「白色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「黒色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「グレー色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「ブラウン色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「ベージュ色」のゲーミングチェアおすすめ紹介

▷ 部屋に自然になじむ「おしゃれ」なゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ ファブリック素材で「通気性の良い」ゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ メッシュ素材のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 180度リクライニングで「寝れる」ゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ オットマン(足置き)付きのゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ テレワークにおすすめのゲーミングチェア紹介
▷ 「ゲーミングソファ」のおすすめ紹介
▷ 「ゲーミング座椅子」のおすすめ紹介
▷ ピンク色のかわいいゲーミング座椅子のおすすめ紹介
▷ 【180cm~】大柄・高身長におすすめのゲーミングチェア紹介
▷ 【150cm台】小柄・低身長におすすめのゲーミングチェア紹介
▷ 女性向け!かわいいゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 高級ゲーミングチェアのおすすめ紹介
▷ マッサージ機能付きゲーミングチェアのおすすめ紹介
▷ 日本メーカーのゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 光るゲーミングチェアのおすすめ紹介
▷ 跳ね上げ式アームレストのゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ スピーカー付きゲーミングチェアのおすすめ紹介
▷ サンリオとのコラボデザインのゲーミングチェアおすすめ紹介

有名メーカーのゲーミングチェアをもっと見てみる

▷ AKRacingのゲーミングチェア全紹介
▷ DXRACERのゲーミングチェア全紹介
▷ 【番外編】AKRacing・DXRACER・GTRACINGの違いを解説!
▷ Bauhutteのゲーミングチェア全紹介
▷ CORSAIRのゲーミングチェア全紹介
▷ イトーキのゲーミングチェア全紹介
▷ COUGARのゲーミングチェア全紹介
▷ noblechairsのゲーミングチェア全紹介
▷ 関家具のゲーミングチェア全紹介
▷ Secretlabのゲーミングチェア全紹介
▷ サンワダイレクトのゲーミングチェア全紹介
▷ VERTAGEARのゲーミングチェア全紹介
▷ オカムラのゲーミングチェア全紹介
▷ Razerのゲーミングチェア全紹介
▷ 玄人志向のゲーミングチェア全紹介

格安メーカーのゲーミングチェアをもっと見てみる

▷ GTRACINGのゲーミングチェア全紹介
▷ AutoFullのゲーミングチェア全紹介
▷ Dowinxのゲーミングチェア全紹介
▷ Darkechoのゲーミングチェア全紹介
▷ E-WINのゲーミングチェア全紹介
▷ EXRACINGのゲーミングチェア全紹介
▷ GALAXHEROのゲーミングチェア全紹介
▷ GTPLAYERのゲーミングチェア全紹介
▷ GTXMANのゲーミングチェア全紹介
▷ GXTRACEのゲーミングチェア全紹介
▷ HBADAのゲーミングチェア全紹介
▷ IODOOSのゲーミングチェア全紹介
▷ JKOOKのゲーミングチェア全紹介
▷ KARNOXのゲーミングチェア全紹介
▷ LEOVOLのゲーミングチェア全紹介
▷ LUCKRACERのゲーミングチェア全紹介
▷ NEOLEAD(Liv House)のゲーミングチェア全紹介
▷ NIONIKのゲーミングチェア全紹介
▷ PRORACINGのゲーミングチェア全紹介
▷ RAKUのゲーミングチェア全紹介
▷ RXGAMINGのゲーミングチェア全紹介
▷ SKYEのゲーミングチェア全紹介
▷ SupBoxのゲーミングチェア全紹介
▷ SWOLOLのゲーミングチェア全紹介