【2024年版】ゲーミング座椅子のおすすめ14選!

ゲーミングチェア

ゲーミングチェアの発展型として登場した「ゲーミング座椅子」。ゲームプレイ時にはもちろん、リビングでくつろぐ時にも使えるため、じわじわと愛用者が増えています。

この記事では、そんなゲーミング座椅子の購入を検討している方に向けて、おすすめのゲーミング座椅子をご紹介します!

有名ゲーミングチェアメーカーと格安ゲーミングチェアメーカーに分けてご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

関連記事
▷ 【ガチで厳選】おすすめゲーミングチェア紹介
▷ ゲーミングソファのおすすめ紹介

有名メーカーのおすすめゲーミング座椅子

まずは、有名メーカーから販売されている中からおすすめのゲーミング座椅子をご紹介いたします。

値段が少し高くても良いから高品質なものを選びたいという方は、有名メーカーのゲーミング座椅子がおすすめです!

AKRacing「極坐 V2」

画像:Amazonをスクリーンショット

まずご紹介するのは、AKRacing(エーケーレーシング)「極坐 V2」です。

AKRacingは、中国を拠点とするゲーミングチェアメーカーです。最も有名なゲーミングチェアメーカーの1つであり、品質の高さや快適な座り心地が評価され、世界中のeスポーツプレイヤーに愛用されています。

そんなAKRacingから販売されているゲーミング座椅子が「極坐 V2」です。

素材は、肌触りの良い上質なPU(ポリウレタン)レザーで、汚れたときのお手入れも楽々です。座面は10cmの厚さで、高密度なモールドウレタンがしっかりと体を支えます。柔らかいというよりは、硬めの座面と感じる方が多いようです。

機能としては、180度リクライニングが可能、360度回転できる座面、上下・前後・回転移動が可能な3Dアームレスト、首を支えるヘッドレストと腰を支えるランバーサポートの付属と、快適で利便性の高い機能が揃っています。

カラーは、ブルー、レッド、グレーの3色に加え、岡山県産の高品質なデニムを使用したモデルもあります。王道メーカーの高品質なゲーミング座椅子としておすすめです!

AKRacingのほかのチェアも見る
▷ 【完全版】AKRacingのゲーミングチェアおすすめ紹介

Contieaks「ティトリス V2・座椅子」

画像:楽天をスクリーンショット

続いてご紹介するのは、Contieaks(コンティークス)「ティトリス・座椅子」です。

Contieaksは、福岡の家具商社である関家具(せきかぐ)が開発しているゲーミングチェアブランドです。日本メーカーらしく、日本人の体型や利用シーンを考慮した設計をしているため、数々の日本人eスポーツプレイヤーの支持を獲得しています。

そんなContieaksから販売されているゲーミング座椅子が「ティトリス V2・座椅子」です。

素材は、質感がよいファブリックで、通気性の良さが期待できます。座面は約15cmと肉厚で、大柄な人でもゆったり座れるワイドな作りになっているため、あぐらをかいて座ることもできます。

機能としては、17段階調節で135度リクライニングが可能、360度回転できる座面、上下・左右・回転移動が可能な3Dアームレストなどが挙げられます。特に、アームレストは、肘をついてゲームパッドを持てるように設計されているため、ゲームパッドをよく使う方に好評です。(首元や腰元のクッションは付属していません)。

カラーは、グレー1色のみです。部屋になじみやすいゲーミング座椅子としておすすめです!

Contieaksのほかのチェアも見る
▷ 【完全版】関家具のゲーミングチェアおすすめ紹介

GALAKURO GAMING「HEIMISH」


画像:Amazonをスクリーンショット

続いてご紹介するのは、GALAKURO GAMINGHEIMISH(ヘイミッシュ)です。

GALAKURO GAMINGは、日本のPCゲーマー向けブランドです。上で紹介した関家具(せきかぐ)の監修のもと、2022年からゲーミングチェアを開発しており、高品質で長時間快適に使用できるとして人気上昇中です。

そんなGALAKURO GAMINGから販売されているゲーミング座椅子が「HEIMISH(座椅子モデル)」です。

素材は、優しい手触りのソファファブリックであり、部屋に調和しやすい見た目と通気性の良さが特徴です。座面は12cmと肉厚であり、背もたれも高いため、余裕をもってゆったり座りやすいです。

機能としては、175度リクライニングが可能、上下・前後・左右に動き首振りもできる4Dアームレスト回転する座面、首を支えるヘッドレストと腰を支えるランバーサポートの付属など、充実しています。

また、ストッパー機能付きのキャスターが付属しているため、お部屋のどこへでも座椅子を自由に移動させやすいです。

カラーは、ベージュとグレーの2色があります。落ち着いたデザインも魅力的なゲーミング座椅子としておすすめです!

GALAKURO GAMINGのほかのチェアも見る
▷ 【完全版】GALAKURO GAMINGかのゲーミングチェアおすすめ紹介

Bauhutte「GX-370」

画像:Amazonをスクリーンショット

続いてご紹介するのは、Bauhutte(バウヒュッテ)「GX-370」です。

Bauhutteは、大阪のビーズ株式会社が展開しているゲーミング家具ブランドです。「デスクを秘密基地にする」といったコンセプトで、日本人ゲーマーのニーズに合わせたユニークな商品の数々を開発しており、人気を集めています。

そんなBauhutteから販売されているゲーミング座椅子が「GX-370」です。

こちらは、ソファタイプの座椅子となっており、ふんわりした座り心地が特徴です。座面も12cmと肉厚であるほか、取り外し可能であるためお手入れもしやすいです。素材は、優しい肌触りのファブリック素材か、ツヤのあるPUレザー素材2種類から選ぶことができます。

機能としては、180度リクライニングが可能、上下・左右に動かせる2Dアームレスト、腰を支えるランバーサポートの付属、背面ポケットの搭載ロック付きキャスターなど、充実しています。

カラーは、ホワイト、ブラック、ブラウンの3色があります。リラックスできるゲーミング座椅子としておすすめです!

created by Rinker
Bauhutte(バウヒュッテ)
¥36,763 (2024/07/20 05:27:38時点 Amazon調べ-詳細)

Bauhutteのほかのチェアも見る
▷ 【完全版】Bauhutteのゲーミングチェアおすすめ紹介

Bauhutte「GX-250」

画像:Amazonをスクリーンショット

続いてご紹介するのは、同じくBauhutte(バウヒュッテ)「GX-250」です。

GX-250は、体にフィットしやすいひじ掛けを搭載し、まるでハグされているかのような座り心地を特徴とするゲーミング座椅子です。素材はファブリックであり、部屋になじみやすいデザインです。

最大の特徴は、可変アームレスト(ひじ掛け)です。可変アームレストは、最大70度まで内側に曲げられるほか、6段階で上向きに曲げることもできるため、腕を置きたいちょうど良い位置に持ってくることができます。最大150度までのリクライニングをした場合でも、快適な位置でアームレストを使用できます。

その他の特徴としては、首を支えるヘッドレストと腰を支えるランバーサーポートの内蔵回転する座面、などが挙げられます。また、別売りのタブレットホルダーなどを付けることにより、スマホ、タブレット、Nintendo Switchの画面を目の前に配置しながら外部コントローラーで操作する、といったプレイスタイルも可能です。

カラーは、ブラックとグレーの2色があります。リビングに自分だけの快適なゲーム空間を構築できるゲーミング座椅子としておすすめです!

created by Rinker
Bauhutte(バウヒュッテ)
¥36,032 (2024/07/20 05:27:38時点 Amazon調べ-詳細)

Bauhutteから販売されているタブレットホルダー(BMA-100TB

Bauhutteからは、約7~12.9インチのモニターが設置可能なホルダーも販売されています。可動域が広いので、様々な姿勢でゲームを楽しむことができます。

created by Rinker
Bauhutte(バウヒュッテ)
¥14,720 (2024/07/20 05:27:39時点 Amazon調べ-詳細)

Bauhutteのほかのチェアも見る
▷ 【完全版】Bauhutteのゲーミングチェアおすすめ紹介

サンワダイレクト「150-SNCF031」

画像:Amazonをスクリーンショット

続いてご紹介するのは、サンワダイレクト「150-SNCF031」です。

サンワダイレクトは、日本の老舗コンピュータ関連機器メーカーであるサンワサプライ株式会社が展開しているブランドです。オフィスや個人宅に至るまで日本中で幅広く愛用されている信頼の厚いブランドで、価格・機能性・デザインのバランスが良いことに定評があります。

そんなサンワダイレクトから販売されているゲーミング座椅子が「150-SNCF031」です。

素材は、PU(ポリウレタン)レザーであり、汚れたときのお手入れもしやすいです。また、ストッパー機能付きのキャスターが付属しているため、お部屋のどこへでも座椅子を自由に移動させやすいです。

機能としては、135度リクライニングが可能、上下昇降できる1Dアームレスト、首を支えるヘッドレストと腰を支えるランバーサポートの付属など、基本機能が揃っています。

カラーは、グレーとレッドの2色があります。お手頃価格で使い勝手の良いゲーミング座椅子としておすすめです!

サンワダイレクトのほかのチェアも見る
▷ 【完全版】サンワダイレクトのゲーミングチェアおすすめ紹介

格安メーカーのおすすめゲーミング座椅子

続いて、1~2万円台という圧倒的な安さを特徴とする格安系メーカーから販売されている中から、おすすめのゲーミング座椅子をご紹介いたします。

格安ゲーミング座椅子は正直スペックが似ている製品が多いので、色やデザインで選ぶと良いでしょう。

GTRACING「GT89」

画像:Amazonをスクリーンショット

まずご紹介するのは、GTRACING(ジーティーレーシング)「GT89」です。

GTRACINGは、中国の格安系ゲーミングチェアメーカーです。老舗メーカーに劣らない高機能なゲーミングチェアを格安で提供しており、格安系メーカーの中ではNo.1の人気を誇っています。

そんなGTRACINGから販売されているゲーミング座椅子が「GT89」です。

素材は、PU(ポリウレタン)レザーで、手触りも良いです。座面は12cmと肉厚で、少し硬めでしっかりしています。安価でありながら、座り心地が良く、長時間使っても疲れにくいと感じる方が多いようです。

機能としては、180度リクライニングが可能、上下に動く1Dアームレスト、首を支えるヘッドレストと腰を支えるランバーサポートの付属(取り外し可)と、十分に揃っています。

カラーは、レッド、ブルー、ピンク、グレーの4色があります。コスパの良い格安ゲーミング座椅子としてイチオシです!

GTRACINGのほかのチェアも見る
▷ 【完全版】GTRACINGのゲーミングチェアおすすめ紹介

SWOLOL「SW06」

画像:Amazonをスクリーンショット

続いてご紹介するのは、SWOLOL(スワォーロ)「SW06」です。

SWOLOLは、中国の格安系ゲーミングチェアブランドです。ゲーミングチェア専門メーカーが運営しているブランドであり、1万円台前半からというお財布に優しい価格でコスパの高い製品を展開しています。

そんなSWOLOLから販売されているゲーミング座椅子が「SW06」です。

素材は、通気性の良いファブリックです。スポーツカー用の頑丈な座席フレームを採用しており、ホールド感のある座り心地となっています。

機能としては、170度リクライニングが可能、首を支えるヘッドレストと腰を支えるランバーサポートの付属など、十分に揃っています。アームレストはついていないので、あぐらもかきやすいでしょう。

カラーは、グレー、ブラウン、ベージュ、ネイビーの4色があり、いずれもワントーンでロゴも目立たないため、部屋に自然になじみやすいです。

安さやデザインが気に入った方に、おすすめのゲーミング座椅子です!

SWOLOLのほかのチェアも見る
▷ 【完全版】SWOLOLのゲーミングチェアおすすめ紹介

RAKU「タイプD」

画像:Amazonをスクリーンショット

続いてご紹介するのは、RAKU(らく)「タイプD」です。

RAKUは、大阪に拠点を持つ株式会社福和楽が販売しているライフスタイル系ブランドです。販売元が日本の企業であることや、他のブランドにはないカラーがあることなどから、注目の格安系ブランドとなっています。

そんなRAKUから販売されているゲーミング座椅子が「タイプD」です。

素材は、PU(ポリウレタン)レザーで、座面は15cmと肉厚です。機能としては、180度リクライニングが可能、360度回転できる座面、リクライニングに連動して動くアームレスト、首を支えるヘッドレストと腰を支えるランバーサポートの付属と、充実しています。

さらに、ランバーサポートには振動機能がついており、腰の疲労感を軽減させることができます。また、アームレスト表面はクッションタイプであるため、肘を置いたときに硬さが気になりにくいです。

カラーは、ブラック、レッド、イエロー、ブルー、ピンクの5色があります。安心の日本発ブランドのゲーミング座椅子としておすすめです!

RAKUのほかのチェアも見る
▷ 【完全版】RAKUのゲーミングチェアおすすめ紹介

LEOVOL「LOL104」

画像:Amazonをスクリーンショット

続いてご紹介するのは、LEOVOL「LOL104」です。

LEOVOLは、中国の家具ブランドです。公式ホームページなどはなく謎が多いブランドではありますが、1~2万円台の安さで様々なニーズに合わせたゲーミングチェアを展開しており、AmazonのPCゲーミングチェア部門の売れ筋ランキングにも頻繁にランクインしているなど、人気の高いブランドです。

そんなLEOVOLから販売されているゲーミング座椅子が「LOL104」です。

素材は、PU(ポリウレタン)レザーです。座面は14cmと肉厚であるため、しっかりと体をサポートしてくれます。専用のマットも付属しているため、床が傷つく心配もありません。

機能としては、180度リクライニングが可能、360度回転できる座面、上下・前後・左右に動き首振りもできる4Dアームレスト、首を支えるヘッドレストと腰を支えるランバーサポートの付属など、十分に高機能です。

カラーは、レッド、グレー、ブラックの3色があります。大人びた雰囲気の見た目も魅力的なゲーミング座椅子としておすすめです!

LEOVOLのほかのチェアも見る
▷ 【完全版】LEOVOLのゲーミングチェアおすすめ紹介

LEOVOL「LOL209」

画像:Amazonをスクリーンショット

続いてご紹介するのは、同じくLEOVOL「LOL209」です。

LOL209は、通気性の良いファブリック素材を特徴とするゲーミングチェアです。また、1個前に紹介したLOL104よりも背もたれが低めであるため、身長が低めの方にもフィットしやすいです。こちらにも専用のマットが付属しているため、床が傷つく心配はありません。

機能としては、最大160度リクライニングが可能、リクライニングに連動して動くアームレスト360度回転する座面、首を支えるヘッドレストと腰を支えるランバーサポートの付属など、十分に揃っています。

カラーは、ピンク、グレー、ブラウンの3色があります。可愛さのあるカラーリングが魅力的なゲーミング座椅子としておすすめです!

LEOVOLのほかのチェアも見る
▷ 【完全版】LEOVOLのゲーミングチェアおすすめ紹介

IODOOS「165シリーズ」

画像:Amazonをスクリーンショット

続いてご紹介するのは、IODOOS(イオドウス)「165シリーズ」です。

IODOOSは、千葉を拠点とするSCM株式会社が開発・販売しているゲーミングチェアブランドです。公式ホームページなどはなく謎が多いブランドではありますが、他に類を見ない個性的なデザインの製品を展開しており、Amazonなどを中心によく売れているブランドです。

そんなIODOOSから販売されているゲーミング座椅子が「165シリーズ」です。

素材は、PU(ポリウレタン)レザーです。座面は9cmの厚さと、他と比べると控えめでありますが、座り心地への評価は高いようです。また、背もたれが高めなので、身長が高い方でも座りやすいでしょう。

機能としては、170度リクライニングが可能、360度回転できる座面、上下左右に動く2Dアームレスト、首を支えるヘッドレストと腰を支えるランバーサポートの付属と、十分に揃っています。

カラーは、グリーン、ブルー、グレー、レッド、ピンクの5色があります。トリコロールの個性的なデザインが気に入った方におすすめです!

IODOOSのほかのチェアも見る
▷ 【完全版】IODOOSのゲーミングチェアおすすめ紹介

Dowinx「LS-6679」

画像:Amazonをスクリーンショット

続いてご紹介するのは、Dowinx(ドウィンクス)「LS-6679」です。

Dowinxは、2万円前後という安さで、個性的なデザインと機能性の高さを特徴とするゲーミングチェアを展開しています。中国の格安メーカーは正体が謎のメーカーも多いのですが、Dowinxは生産元が明確で信頼でき、さらにサポート対応の評価も高く、人気の格安メーカーの1つとなっています。

そんなDowinxから販売されているゲーミング座椅子が「LS-6679」です。

素材は、スムーズな手触りで摩擦にも強いPU(ポリウレタン)レザーです。座面には高密度のモールドウレタンが採用されており、弾力性があり快適な座り心地を得られます。

機能としては、165度リクライニングが可能、360度回転できる座面、リクライニングと連動して動くアームレスト、首を支えるヘッドレストと腰を支えるランバーサポート(マッサージ振動機能付き)の付属と、十分に揃っています。

カラーは、ワインレッド、ホワイト、ブラック、ブラウン、グレーの5色があります。上品な雰囲気のゲーミング座椅子としておすすめです!

created by Rinker
Dowinx
¥22,700 (2024/07/19 22:53:12時点 Amazon調べ-詳細)

Dowinxのほかのチェアも見る
▷ 【完全版】Dowinxのゲーミングチェアおすすめ紹介

Darkecho「ML1112」

画像:Amazonをスクリーンショット

続いてご紹介するのは、Darkecho「ML1112」です。

Darkechoは、中国の格安系ゲーミングチェアブランドです。1~2万円台の安さでゲーミングチェアを展開していますが、チェア専門メーカーが製造しているほか、英国や米国の厳しい安全性試験をクリアした品質であるため、安心して購入できるブランドです。

そんなDarkechoから販売されているゲーミング座椅子が「ML1112」です。

素材はPU(ポリウレタン)レザーであり、背もたれや縁の部分には和服イメージした炭素繊維素材が差し色として施されています。座面は13cmとボリューミーであり、ベースの下には滑り止めパッドもついているため、床が傷つく心配なく座れます。

機能としては、155度リクライニングが可能、360度回転できる座面、リクライニングと連動して動くアームレスト、首を支えるヘッドレストと腰を支えるランバーサポートの付属と、十分に揃っています。

カラーは、ブラック、グレー、ホワイトの3色があり、それぞれ差し色の部分のカラーが異なります。高級感のある見た目が魅力的なゲーミング座椅子としておすすめです!

Darkechoのほかのチェアも見る
▷ 【完全版】Darkechoのゲーミングチェアおすすめ紹介

色や特徴からゲーミングチェアを選ぼう

▷ 「水色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「パープル色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「ピンク色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「白色」のゲーミングチェアおすすめ紹介

▷ 部屋に自然になじむ「おしゃれ」なゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「通気性の良い」ゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ メッシュ素材のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 180度リクライニングで「寝れる」ゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ オットマン(足置き)付きのゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「ゲーミングソファ」のおすすめ紹介
▷ 「ゲーミング座椅子」のおすすめ紹介
▷ 【180cm~】大柄・高身長におすすめのゲーミングチェア紹介
▷ 【150cm台】小柄・低身長におすすめのゲーミングチェア紹介
▷ 女性向け!かわいいゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 高級ゲーミングチェアのおすすめ紹介
▷ 日本メーカーのゲーミングチェアおすすめ紹介

人気ゲーミングチェアを見てみる

▷ 【ガチで厳選】おすすめゲーミングチェア紹介
▷ ゲーミングチェアのおすすめメーカー10選
▷ 【1万円台】安いゲーミングチェアのおすすめ紹介

有名メーカーのゲーミングチェアをもっと見てみる

▷ AKRacingのゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ DXRACERのゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 【番外編】AKRacing・DXRACER・GTRACINGの違いを解説!
▷ Bauhutteのゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ CORSAIRのゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ イトーキのゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ COUGARのゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ noblechairsのゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 関家具のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ Secretlabのゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ Razerのゲーミングチェアおすすめ紹介

格安メーカーのゲーミングチェアをもっと見てみる

▷ GTRACINGのゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ Dowinxのゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ E-WINのゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ EXRACINGのゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ GTPLAYERのゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ GXTRACEのゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ LEOVOLのゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ RAKUのゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ SKYEのゲーミングチェアおすすめ紹介