【150cm台】小柄・低身長におすすめのゲーミングチェア7選

ゲーミングチェアゲーミング家具

身長が150cm台の方や、細身で小柄な体型の方がゲーミングチェアを選ぶときには、「サイズが大きすぎないか?足は床につくのか?」という点が気になるのではないでしょうか。

筆者は、ユニクロなら大人用XSよりキッズサイズの150がジャストフィットしてしまう156cm・細身体型であるため、こうした不安を抱いていました。が、家電量販店での試し座りや、他の人のレビューを通じて、小柄な人でも快適に座れるゲーミングチェアが分かってきました!

こうした経験を踏まえ、この記事では、小柄・低身長な方におすすめのゲーミングチェアをピックアップしてみたいと思います!

関連記事
▷ 【ガチで厳選】おすすめゲーミングチェア紹介
▷ 女性向け!かわいいゲーミングチェアおすすめ紹介

スポンサーリンク

小柄な人が気にすべきポイント

小柄・低身長な方がゲーミングチェアを選ぶときには、以下の3点に留意すると良いでしょう。

1)足が床につくかどうか

まず確認したいポイントは、「足が床につくかどうか?」です。

ゲーミングチェアは、座面を上下に昇降できます。正しい姿勢で快適に座るためには、深く腰掛けた状態で足が床にぴったりとつくことができる製品を選びたいものです。このため、最低でも座面を一番下まで下げた時に足が床につくサイズのチェアを選ぶのが重要です。

150cm台の目安としては、座面の厚みを含めて座面の最低の高さが42cm以下のものを選ぶのがおすすめです。

もちろん個人差はありますので、足が床に問題なくつくかどうかを厳密に知りたい場合には、
1.商品ページで製品寸法を確認し、[座面から床までの距離]をチェック
2.[自分の膝裏~かかと間の距離]をメジャーなどで測る
3.[自分の膝裏~かかと間の距離]が[座面から床までの距離]よりも大きいかを確認
という手順で見積もることができます。

ちょっと面倒ですが、満足できるゲーミングチェアに出会えるよう、これを機にぜひ測ってみてください!

2)背もたれが高すぎないか

続いて確認したいポイントは、背もたれの高さです。

ゲーミングチェアは、背もたれが高いハイバックタイプ(86cm以上)と、普通のタイプ(80cm前後)があります。

結論から言うと、小柄・低身長な人は普通のタイプ(80cm前後)を選んだほうがいいです。

小柄・低身長な人がハイバックタイプを選んでしまうと、首元についてるクッション(ヘッドレスト)の位置が自分の首の位置と合わず、使い物にならないことが多いです。また、ゲーミングチェアは体を包み込むような立体的構造をしていますが、ハイバックタイプの立体的構造と小柄な体型は合わない可能性が高いです。

もちろん、一人ひとりの座高によるので一概には言えませんが、目安としては、身長が150cm台の方は、背もたれが85cm以下のチェアを選んだほうが、フィットする確率が高いように思います。また、ヘッドレストが取り外し可能なチェアを選ぶと、位置がより柔軟に調節できるのでおすすめです。

3)ゆったり座りたいか、フィット感が欲しいか

さらに確認したいポイントは、座面の幅や奥行きです。

ゲーミングチェアには、座面の幅や奥行きが広いタイプ(ワイドなタイプ)と、狭いタイプ(タイトなタイプ)があります。

これは好みで選んでOKなポイントですが、あぐらをかくなどしてゆったり座りたい方はワイドなタイプを、正しい姿勢で体にフィットするように座りたい方はタイトなタイプを選ぶとよいでしょう。特に、座面の奥までしっかり腰かけて座りたい場合には、座面奥行きが50cm未満のものを選んだ方がいいです。

以上が留意すべきポイントとなります。続いては、小柄・低身長な方におすすめのゲーミングチェアを紹介していきます!

AKRacing「PINON」

画像:Amazonをスクリーンショット

まずは、中国のゲーミングチェアメーカーAKRacing(エーケーレーシング)「PINON(ピノン)」をご紹介します。

AKRacingは、まだゲーミングチェアという言葉がなかった頃からゲーム用のチェアを開発している、最も有名なゲーミングチェアメーカーの1つです。世界各地のeスポーツ大会でよく使われている、プロ御用達メーカーです。

そんなAKRacingの「PINON」は、ティーンエイジャー向けのモデルであり、小柄な人にぴったりのサイズ感です。

適正身長は145~165cmとされており、まさに小柄体型向けです。座面の高さは、座面の厚さ(10cm)込みで41.5~48cmであり、超低座面の部類になります。座面幅は38cm、座面奥行きは48cmであるため、座面が広すぎることなくフィットしやすいです。

背もたれは85cmであり、首元のクッション(ヘッドレスト)と腰元のクッション(ランバーサポート)も取り外し可能であるため、位置の調整もしやすいです。

素材はカラーによって異なり、PU(ポリウレタン)レザー素材またはファブリック素材となります。機能としては、150度リクライニングや、上下昇降できる1Dアームレストがあります。

カラーは、ホワイト、サクラピンク、スカイブルーの3色があります。

子供サイズが合ってしまうくらい小柄な人にぴったりのゲーミングチェアとして、編集部イチオシです!

created by Rinker
エーケーレーシング(Akracing)
¥45,255(2022/09/30 00:59:47時点 Amazon調べ-詳細)

関連記事:AKRacingのおすすめゲーミングチェア紹介

noblechairs「EPIC COMPACT」

画像:公式HPで配布されているものを使用

続いて、ドイツのゲーミングチェアブランドnoblechairs(ノーブルチェアーズ)「EPIC COMPACT(エピックコンパクト)」をご紹介します。

noblechairsは、ドイツの高級車のようなラグジュアリーな雰囲気のデザインを特徴とするブランドで、機能性とおしゃれさを求めるゲーマーに人気です。日本最大級の格闘ゲーム大会などのeスポーツ大会でも使用されています。

そんなnoblechairsの「EPIC COMPACT」は、女性や子供にフィットしやすいコンパクトなモデルであり、小柄な人にぴったりのサイズ感です。

適正身長は125~170cmとされており、まさに小柄体型向けです。座面の高さは、座面の厚さ込みで40~50cmであり、超低座面の部類になります。座面幅は49cm、座面奥行きは42~48cmの間で調節できるため、余裕がありながらも深すぎない座り心地が期待できます。

背もたれは78cmと低めであり、首元のクッション(ヘッドレスト)と腰元のクッション(ランバーサポート)も取り外し可能であるため、位置の調整もしやすいです。

素材は、PU(ポリウレタン)レザー素材ファブリック素材から選べます。機能としては、背もたれに寄りかかるとチェア全体を揺らせるシンクロ・ロッキング機能、上下・前後・斜めに動かせる3Dアームレストがあります。

クールな見た目でありながら小柄な人にぴったりなサイズのゲーミングチェアとしておすすめです!

PUレザーのタイプ

PUレザーのタイプには、ブラック、レッド、ブルーの3色があります。

ファブリックのタイプ

ファブリックのタイプは、チャコールグレー1色のみです。

関連記事:noblechairsのゲーミングチェア全紹介

Contieaks「Roussel」

画像:Amazonをスクリーンショット

続いて、日本のゲーミングチェアブランドContieaks(コンティークス)「Roussel(ルセル)」をご紹介します。

Contieaksは、福岡の家具商社である関家具(せきかぐ)がプロデュースしているブランドです。日本人の体格や利用シーンに真摯に向き合って開発されており、国内のeスポーツプレイヤーから厚い支持を得ています。

そんなContieaksの「Roussel」は、Contieaksの中でも特に小柄な人向けに作られたモデルです。

座面の高さは、座面の厚さ(10cm)込みで41~47cmであり、超低座面の部類になります。座面幅は41cm、座面奥行きは48cmですので、フィット感のある座り心地が得られやすいです。

背もたれも約73.5cmと、かなり低いです。首元のクッション(ヘッドレスト)と腰元のクッション(ランバーサポート)も取り外し可能で、位置の調整もしやすいです。

素材は、高級感のあるPU(ポリウレタン)レザー素材で、機能は、135度リクライニング、座面を傾けられるロッキング機能、前後、上下、回転による角度調整ができる3Dアームレストなど、十分に揃っています。

特にアームレストは、角度を内向きにすることで、ゲームパッドを持ちながらでも肘がつけるという点が、Contieaksの売りの一つです。

カラーは、レッド、ブルー、グリーン、グレーの4色があります。また、足置き(オットマン)が付属したタイプもあります。

まさに小柄な日本人のために作られたゲーミングチェアとしておすすめです!

オットマンなし版

created by Rinker
コンティークス(Contieaks)
¥34,000(2022/09/29 08:52:08時点 Amazon調べ-詳細)

オットマンあり版

関連記事:関家具のおすすめゲーミングチェア紹介

Contieaks「Shastina」

画像:Amazonをスクリーンショット

同じくContieaksの「Shastina(シャスティーナ)」は、上で紹介したRoussel素材違いバージョンです。

小柄向けのサイズ感や機能はRousselと全く同じままで、素材がPUレザーではなく、ソファのような落ち着いた色合いのファブリック素材となっています。

カラーは、グレー&ブラックの1色のみです。なお、Shastinaには、オットマン付きはありません。

背中の蒸れが気になる方や、部屋になじみやすい落ち着いたデザインがお好みの方は、通気性の良いファブリック素材のShastinaをおすすめします!

created by Rinker
コンティークス(Contieaks)
¥38,901(2022/09/29 14:51:55時点 Amazon調べ-詳細)

関連記事:ファブリック素材で「通気性の良い」ゲーミングチェアおすすめ紹介

E-WIN「CP」

続いて、中国のゲーミングチェアメーカーE-WIN(イーウィン)「CP」をご紹介します。

E-WINは、機能性の高さや美しいデザインが評価されており、日本やアメリカ、ヨーロッパなどで着々と愛用者を増やしています。また、有名メーカーよりも価格が少し安めである点も人気の理由となっています。

そんなE-WINの「CP」のピンク色は、小柄な女性向けに作られたモデルです。

座面の高さは、座面の厚さ(10cm)込みで41~49cmであり、超低座面の部類になります。座面幅は41cm、座面奥行きは53cmですので、ゆったりめに座りたい方におすすめです。

背もたれも79cmと、かなり低いです。首元のクッション(ヘッドレスト)と腰元のクッション(ランバーサポート)も取り外し可能で、位置の調整もしやすいです。

素材は、通気性の良いピンホールの空いたPU(ポリウレタン)レザー素材で、機能は、155度リクライニング前傾チルト機構、座面を最大15度まで傾けられるロッキング機能、上下・左右・前後に動かせる3Dアームレストなど、十分に揃っています。

なお、CPにはピンクのほかにブルーもありますが、ピンクのみが小柄向けサイズとなっており、ブルーは一回り大きいサイズなので、ご注意ください。

ピンク好きな小柄女性におすすめのゲーミングチェアです!

関連記事:E-WINのおすすめゲーミングチェア紹介

DXRACER「DXR V2」

画像:Amazonをスクリーンショット

続いて、アメリカの有名ゲーミングチェアメーカーDXRACER(デラックスレーサー)「DXR V2」をご紹介します。

DXRACERは、1個目に紹介したAKRacingと並んでゲーミングチェア黎明期からゲーム用チェアを開発している、 最も有名なゲーミングチェアメーカーの1つです。プロのeスポーツ大会での採用実績も多く、世界中のeスポーツプレイヤーに愛用されている大人気メーカーです。

そんなDXRACERの「DXR V2」は、小柄な人でも座りやすいサイズ感のモデルです。

推奨身長は150~180cmとされています。座面の高さは、座面の厚さ(10cm)込みで42~52cmであり、低座面の部類になります。座面幅は38cm、座面奥行きは44cmですので、小柄な方でもフィット感のある座り心地を得られやすいです。

背もたれも84cmと、丁度良い高さです。首元のクッション(ヘッドレスト)と腰元のクッション(ランバーサポート)も取り外し可能で、位置の調整もしやすいです。

素材は、通気性の良いファブリック素材で、機能は、135度リクライニング、座面を最大15度まで傾けられるロッキング機能、上下昇降できる1Dアームレストなど、十分に揃っています。

カラーは、レッド、ブラック、ソリッドブラックの3色があります。

小柄な方でもプロレベルの本格的なクオリティを味わえるゲーミングチェアとしておすすめです!

関連記事:DXRACERのおすすめゲーミングチェア紹介

Bauhutte「RS-950RR」

画像:Amazonをスクリーンショット

続いて、日本のゲーミング家具ブランドであるBauhutte(バウヒュッテ)「RS-950RR」をご紹介します。

Bauhutteは、「デスクを秘密基地にする」といったコンセプトで、ゲーミングチェアのみならず、ゲーミングデスクやゲーミングベッドなど、ゲーム好きのための様々な家具を展開しています。日本のeスポーツプレイヤーに人気の高いブランドです。

そんなBauhutteの「RS-950RR」は、小柄な人でも座りやすいサイズ感のモデルです。

推奨身長は154~184cmとされています。座面の高さは、座面の厚さ込みで38~45.5cmであり、かなり低座面の部類になります。座面幅は37cm、座面奥行きは45cmですので、小柄な方でもフィット感のある座り心地を得られやすいです。

背もたれも81cmと、丁度良い高さです。首元のクッション(ヘッドレスト)と腰元のクッション(ランバーサポート)も取り外し可能で、位置の調整もしやすいです。

素材は、通気性の良いファブリック素材で、機能は、135度リクライニング、座面を傾けられるロッキング機能、上下・前後・左右に移動できる3Dアームレストなど、十分に揃っています。

カラーは、レッド、ブラック、ブルーの3色があります。

小柄なゲーマーを中心に長年売れ続けているゲーミングチェアとしておすすめです!

created by Rinker
Bauhutte(バウヒュッテ)
¥32,561(2022/09/29 11:02:19時点 Amazon調べ-詳細)

関連記事:Bauhutteのゲーミングチェア全紹介

色や特徴からゲーミングチェアを選ぼう

▷ 【全10色】色別のおすすめゲーミングチェア紹介
▷ 「赤色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「オレンジ色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「黄色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「緑色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「ミント色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「水色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「青色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「パープル色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「ピンク色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「白色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「黒色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「グレー色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「ブラウン色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「ベージュ色」のゲーミングチェアおすすめ紹介

▷ 部屋に自然になじむ「おしゃれ」なゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ ファブリック素材で「通気性の良い」ゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ メッシュ素材のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 180度リクライニングで「寝れる」ゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ オットマン(足置き)付きのゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ テレワークにおすすめのゲーミングチェア紹介
▷ 「ゲーミングソファ」のおすすめ紹介
▷ 「ゲーミング座椅子」のおすすめ紹介
▷ ピンク色のかわいいゲーミング座椅子のおすすめ紹介
▷ 【180cm~】大柄・高身長におすすめのゲーミングチェア紹介
▷ 【150cm台】小柄・低身長におすすめのゲーミングチェア紹介
▷ 女性向け!かわいいゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 高級ゲーミングチェアのおすすめ紹介
▷ マッサージ機能付きゲーミングチェアのおすすめ紹介
▷ 日本メーカーのゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 光るゲーミングチェアのおすすめ紹介
▷ 跳ね上げ式アームレストのゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ スピーカー付きゲーミングチェアのおすすめ紹介
▷ サンリオとのコラボデザインのゲーミングチェアおすすめ紹介

人気ゲーミングチェアを見てみる

▷ 【ガチで厳選】おすすめゲーミングチェア紹介
▷ ゲーミングチェアのおすすめメーカー10選
▷ 【1万円台】安いゲーミングチェアのおすすめ紹介

有名メーカーのゲーミングチェアをもっと見てみる

▷ AKRacingのゲーミングチェア全紹介
▷ DXRACERのゲーミングチェア全紹介
▷ 【番外編】AKRacing・DXRACER・GTRACINGの違いを解説!
▷ Bauhutteのゲーミングチェア全紹介
▷ CORSAIRのゲーミングチェア全紹介
▷ イトーキのゲーミングチェア全紹介
▷ COUGARのゲーミングチェア全紹介
▷ noblechairsのゲーミングチェア全紹介
▷ 関家具のゲーミングチェア全紹介
▷ Secretlabのゲーミングチェア全紹介
▷ サンワダイレクトのゲーミングチェア全紹介
▷ VERTAGEARのゲーミングチェア全紹介
▷ オカムラのゲーミングチェア全紹介
▷ Razerのゲーミングチェア全紹介
▷ 玄人志向のゲーミングチェア全紹介

格安メーカーのゲーミングチェアをもっと見てみる

▷ GTRACINGのゲーミングチェア全紹介
▷ AutoFullのゲーミングチェア全紹介
▷ Dowinxのゲーミングチェア全紹介
▷ Darkechoのゲーミングチェア全紹介
▷ E-WINのゲーミングチェア全紹介
▷ EXRACINGのゲーミングチェア全紹介
▷ GALAXHEROのゲーミングチェア全紹介
▷ GTPLAYERのゲーミングチェア全紹介
▷ GTXMANのゲーミングチェア全紹介
▷ GXTRACEのゲーミングチェア全紹介
▷ HBADAのゲーミングチェア全紹介
▷ IODOOSのゲーミングチェア全紹介
▷ JKOOKのゲーミングチェア全紹介
▷ KARNOXのゲーミングチェア全紹介
▷ LEOVOLのゲーミングチェア全紹介
▷ LUCKRACERのゲーミングチェア全紹介
▷ NEOLEAD(Liv House)のゲーミングチェア全紹介
▷ NIONIKのゲーミングチェア全紹介
▷ PRORACINGのゲーミングチェア全紹介
▷ RAKUのゲーミングチェア全紹介
▷ RXGAMINGのゲーミングチェア全紹介
▷ SKYEのゲーミングチェア全紹介
▷ SupBoxのゲーミングチェア全紹介
▷ SWOLOLのゲーミングチェア全紹介