【2021年版】白色のゲーミングチェアおすすめ8つ紹介!

eスポーツとパソコン・スマホ

「チェア全体が白っぽいゲーミングチェアってないのかな?」

ゲーミングチェアといえば、黒色のものが多いですよね。黒は黒でカッコイイのですが、お部屋を明るい雰囲気にしたい方は、白色系のゲーミングチェアが欲しいと感じるのではないでしょうか。

この記事では、白色のゲーミングチェアのおすすめを8つ紹介します!

筆者は、自作PCからキーボードディスプレイまで、すべて白で統一したい派なので、白いゲーミングチェアがないかを執念深く調査してみました。ぜひ参考にしてみてください!

関連記事
▷ おすすめの「白いゲーミングキーボード」紹介
▷ 「グレー色」のゲーミングチェアおすすめ紹介

スポンサーリンク

全体が白いタイプ・5つ

まずは、なるべくチェア全体が白いデザインのものを紹介します。

結論から申し上げますと、チェア全体が白いデザインのゲーミングチェアは非常に少ないです。そんな中から、信頼できるメーカーの白いゲーミングチェアを5つチョイスしました!

チェア全体が白いゲーミングチェアを選ぶなら、実質この5択だと言っても過言ではないです!

noblechairs「ICON」★美しい曲線と本革の高級感

画像:Amazonをスクリーンショット

まずは、ドイツのゲーミングチェアブランドnoblechairs(ノーブルチェアーズ)「ICON」をご紹介します。

noblechairsは、細部までこだわり抜かれた洗練されたデザインを特徴とするブランドで、ゲーミングチェアには珍しい本革使用のモデルがあるなど、高品質でラグジュアリーな製品を展開しています。

そんなnoblechairsの「ICON」というモデルには、白色があります。背面は黒色なのですが、背もたれや座面は綺麗な白色となっています。コクーンのような丸みのある流線形フォルムが、白の美しさをよりいっそう引き上げていますね。

素材はホワイトPU(ポリウレタン)レザーで、厚みがあるので傷やスレにも強くなっています。日本で販売されているものは、欧米モデルよりも低めの作りになっているので、155~185cmぐらいの方に向いたサイズ感だと見受けられます。

機能としては、最大135度リクライニング、座面を最大11度まで傾けられるロッキング機能、上下・前後・左右・斜めに動かせる4Dアームレスト、首を支えるネックピローと腰を支えるランバーサポートの付属など、充実しています。ネックピローとランバーサポートはベロア素材である点にも、デザインへのこだわりが伺えます。

ICONは編集部イチオシの白色ゲーミングチェアです。ご予算に余裕のある方は、ぜひ検討してみてください!

noblechairsは、「EPIC」というモデルでも白色がラインナップされています。在庫がないことが多いので今回は紹介を省きましたが、興味のある方はぜひチェックしてみてください!

noblechairsのほかのチェアも見る
▷ 【完全版】noblechairsのゲーミングチェアおすすめ全紹介!

Dowinx「LS-6689」★格安で一番白い

画像:Amazonをスクリーンショット

続いて、中国の格安系ゲーミングチェアメーカーDowinx(ドウィンクス)「LS-6689」をご紹介します。

Dowinxは、すべての製品が2万円前後という安さを特徴とするメーカーです。中国の格安系メーカーといえば謎のメーカーも多いのですが、Dowinxは生産元がはっきりしているほか、コスパの良さデザイン性の高さサポート対応の良さなどから信頼を集めており、おすすめできる格安メーカーです。

そんなDowinxの「LS-6689」というモデルには、白色があります。こちらは文句なしの全面白色で、最も白色の割合が高いゲーミングチェアとなっています。

素材は、スムーズな手触りのPU(ポリウレタン)レザー製であり、中世ヨーロッパを意識した金色のチェック刺繍が上品な雰囲気を醸し出しています。推奨身長は155~185cmで、幅広い方が座ることができます。

機能としては、170度リクライニング、座面を揺らせるロッキング機能、首を支えるヘッドレストと腰を支えるランバーサポート、さらに足置き(オットマン)の付属など、十分に高機能です。しかも、ランバーサポートにはマッサージ機能(振動機能)が搭載されており、腰回りの血行を良くすることができます。これで2万円台なので、大変コスパが良いですね。

限りなく白いチェアが欲しい方におすすめの、コスパの良いゲーミングチェアです!

Dowinxのほかのチェアも見る
▷ 【完全版】Dowinxのゲーミングチェアおすすめ全紹介!

GTRACING「GT505」★ファブリック素材で最安

画像:Amazonをスクリーンショット

続いて、中国の格安系ゲーミングチェアメーカーGTRACING(ジーティーレーシング)「GT505」をご紹介します。

GTRACINGは、中国の格安系メーカーの中ではダントツ人気です。有名メーカーのパ〇リなどとも言われてはいますが、価格帯1~3万円台でありながら機能性が高いことや、有名メーカーにはない独自機能を備えたモデルも展開していることなどから、格安界No.1の売れ筋となっています。

そんなGTRACINGの「GT505」というモデルには、白色があります。黒がアクセントにはなっていますが、背面までしっかり白く、またキャスター部分も白いのが印象的です。

素材はファブリック製なので、通気性が良いです。他のモデルより少し座面が高いので、160cm以上の方に向いたサイズ感だと見受けられます。

機能としては、165度リクライニング、座面を揺らせるロッキング機能上下昇降するアームレスト、首を支えるヘッドレストと腰を支えるランバーサポートの付属など、十分に備わっています。

チェア全体が白色のゲーミングチェアを最安で手に入れたい方におすすめです!

GTRACINGのほかのチェアも見る
▷ 【完全版】GTRACINGのゲーミングチェアおすすめ全紹介!

VERTAGEAR「SL2000」★eスポーツ大会でも採用

画像:Amazonをスクリーンショット

続いて、アメリカのゲーミングチェアブランドVERTAGEAR(ベルタギア)「SL2000」をご紹介します。

VERTAGEARは、家具の専門家、エンジニア、ゲーマーなどのスペシャリストが集結して作られたブランドであり、eスポーツプレイヤーが長時間快適に使い続けられるよう高品質・高機能な設計となっています。eスポーツの公式大会でも採用実績のある、プロ御用達の人気ブランドです。

そんなVERTAGEARの「SL2000」には、白色があります。SL2000には黒地タイプと白地タイプがあり、白地タイプとしては、白地にブラック、グリーン、パープル、レッド、ブルーの6色があります。背面も白色なので、お部屋の印象を明るくしてくれるでしょう。

素材は、汚れに強いPVC(ポリ塩化ビニル)レザー製です。150kgの重さに耐えられ、サイズ感は155cm以上の方に向いています。比較的フィット感のある作りになっています。

機能としては、140度リクライニング、座面の傾きを固定できるチルトロック機構、首を支えるネックサポートと腰を支えるランバーサポートの付属、上下に動かせるアームレストなど、充実しています。

プロも認めるクオリティの白色ゲーミングチェアとしておすすめです!

VERTAGEARのほかのチェアも見る
▷ 【完全版】VERTAGEARのゲーミングチェアおすすめ全紹介!

イトーキ「クロスフォーカスチェア」★ナチュラル系デザイン

画像:Amazonをスクリーンショット

続いて、日本のオフィス家具メーカーであるイトーキ「クロスフォーカスチェア」をご紹介します。

イトーキは、1950年代より続く老舗メーカーであり、主にオフィスの空間設計を専門としています。その空間設計の技術を活かし、イトーキのゲーミングチェアは「部屋になじむ」をコンセプトに作られているので、ナチュラルで落ち着いたデザインになっているのが特徴です。

そんなイトーキの「クロスフォーカスチェア」というシリーズには、白色があります。前面の部分がナチュラルな白で、背面はブラウン、グリーン、ブルーなど、淡く落ち着いたカラーから選ぶことができます。

素材はファブリック製で、布地のソファなどのような雰囲気となっています。日本メーカーということもあって、サイズ感も日本人向けの低座面設計となっています。

機能としては、135度リクライニング、座面を揺らせるロッキング機能、7段階で上下するアームレスト、首を支えるネックサポートと腰を支えるランバーサポートの付属など、派手なゲーミングチェアに劣らず十分に備わっています。

日本メーカーにこだわる方や、ナチュラルなお部屋作りをしたい方におすすめです!

イトーキのほかのチェアも見る
▷ 【完全版】イトーキのゲーミングチェアおすすめ全紹介!

黒地に白のタイプ・3つ

次に、黒地に白色のデザインのゲーミングチェアをお探しの方に向けて、おすすめの3つをご紹介します!

DXRACER「DXZ」★大会でも採用の人気モデル

画像:Amazonをスクリーンショット

まずは、アメリカのゲーミングチェアメーカーDXRACER(デラックスレーサー)の「DXZ」をご紹介します。

DXRACERは、次に紹介するAKRacingと並んで最も有名な2大ゲーミングチェアメーカーの1つです。長年の研究開発によって作られた高品質なチェアは、世界各地のeスポーツプレイヤーに愛用されており、大会にも採用されています。

そんなDXRACERの中でも、スタンダードなシリーズである「フォーミュラシリーズ」の中の「DXZ」というモデルには、黒地に白色のものがあります。

素材は、肌触りが良いステッチ入りPUソフトレザーであり、見た目も高級感があります。推奨身長は155~175cmで、幅広い体型の方に向いています。

機能としては、135度リクライニングが可能、座面を最大15度傾けられるロッキング機能、首を支えるヘッドレストと腰を支えるランバーサポートの付属、上下昇降できる1Dアームレストなど、十分に備わっています。

eスポーツ大会でも使われる高品質なゲーミングチェアとしておすすめです!

DXRACERには、他にも黒地に白色のデザインがあるモデルがありますので、興味がございましたらチェックしてみてください!

DXRACERのほかのチェアも見る
▷ 【完全版】DXRACERのゲーミングチェアおすすめ全紹介!

AKRacing「Wolf」★ファブリック製で通気性良し

画像:Amazonをスクリーンショット

続いて、中国を拠点とするゲーミングチェアメーカーAKRacing(エーケーレーシング)の「Wolf」シリーズをご紹介します。

AKRacingは、1個前に紹介したDXRACERと並んで、最も有名な2大ゲーミングチェアメーカーの1つです。元々はプロ向けのレーシングシートを開発していたため、技術力や品質の高さには定評があります。

そんなAKRacingのエントリーモデルに位置する「Wolf」シリーズには、黒地に白色のものがあります。

素材は、ファブリック製なので通気性が良好です。低座面設計となっているため、身長が低めの方でも座りやすいサイズ感です。

機能としては、180度リクライニングが可能、座面を最大12度傾けられるロッキング機能、首を支えるヘッドレストと腰を支えるランバーサポートの付属、上下昇降できる1Dアームレストなど、充実しています。180度リクライニングは真横になれるので、リラックスタイムにも使えます!

信頼できるメーカーの通気性の良いゲーミングチェアとしておすすめです!

created by Rinker
エーケーレーシング(Akracing)
¥40,946 (2021/05/10 01:20:32時点 Amazon調べ-詳細)

AKRacingには、他にも黒地に白色のデザインがあるモデルがありますので、興味がございましたらチェックしてみてください!

AKRacingのほかのチェアも見る
▷ 【完全版】AKRacingのゲーミングチェアおすすめ全紹介!

SWOLOL「SW02」★1万円台でオットマン付き

画像:Amazonをスクリーンショット

最後に、中国の格安系ゲーミングチェアブランドSWOLOL(スワォーロ)「SW02」をご紹介します。

SWOLOLは、公式ホームページなどがなく謎が多いブランドで、商品やメーカーに関する情報は、販売ページの情報のみに限られています。しかし、価格が1万円台前半でとにかく安いことから、なるべく安くゲーミングチェアを手に入れたい方に支持されているブランドです。

今回チョイスした理由は、格安系メーカーの「黒地に白」の中で最も白色の面積が多いのが、SWOLOLの「SW02」だったためです。また、1万円台でありながら、足置き(オットマン)が付属しているというのも、有名メーカーにはない魅力的なポイントだと感じました。

素材はPU(ポリウレタン)レザー製であり、格安でありながら見た目に高級感があります。サイズ感も155~185cmの方に向いてそうな、低めの座面設計となっています。

オットマン以外の機能としては、175度リクライニング、座面を揺らせるロッキング機能上下昇降するアームレスト、首を支えるヘッドレストと腰を支えるランバーサポートなど、1万円台でありながら非常に充実しています。

機能や安さを重視される方におすすめの格安ゲーミングチェアです!

SWOLOLのほかのチェアも見る
▷ 【完全版】SWOLOLのゲーミングチェアおすすめ全紹介!

ほかの白いゲーミングデバイスを見てみる

▷ おすすめの「白いゲーミングマウス」紹介
▷ おすすめの「白いゲーミングキーボード」紹介
▷ おすすめの「白いゲーミングヘッドセット」紹介

▷ おすすめの「白い24インチディスプレイ」紹介
▷ おすすめの「白いゲーミングPC」紹介

色や特徴からゲーミングチェアを選ぼう

▷ 【全10色】色別のおすすめゲーミングチェア紹介
▷ 「赤色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「オレンジ色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「黄色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「緑色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「青色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「パープル色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「ピンク色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「黒色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「グレー色」のゲーミングチェアおすすめ紹介

▷ 部屋に自然になじむ「おしゃれ」なゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ ファブリック素材で「通気性の良い」ゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 180度リクライニングで「寝れる」ゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ オットマン(足置き)付きのゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ テレワークにおすすめのゲーミングチェア紹介
▷ 「ゲーミングソファ」のおすすめ紹介
▷ 「ゲーミング座椅子」のおすすめ紹介
▷ 【180cm~】大柄・高身長におすすめのゲーミングチェア紹介
▷ 【150cm台】小柄・低身長におすすめのゲーミングチェア紹介
▷ 女性向け!かわいいゲーミングチェアおすすめ紹介

有名メーカーのゲーミングチェアを見てみる

▷ ゲーミングチェアのおすすめメーカー10選
▷ AKRacingのゲーミングチェア全紹介
▷ GTRACINGのゲーミングチェア全紹介
▷ DXRACERのゲーミングチェア全紹介
▷ 【番外編】AKRacing・DXRACER・GTRACINGの違いを解説!
▷ E-WINのゲーミングチェア全紹介
▷ Bauhutteのゲーミングチェア全紹介
▷ CORSAIRのゲーミングチェア全紹介
▷ イトーキのゲーミングチェア全紹介
▷ COUGARのゲーミングチェア全紹介
▷ noblechairsのゲーミングチェア全紹介
▷ 関家具のゲーミングチェア全紹介
▷ Secretlabのゲーミングチェア全紹介
▷ サンワダイレクトのゲーミングチェア全紹介
▷ VETRAGEARのゲーミングチェア全紹介

格安メーカーのゲーミングチェアを見てみる

▷ 【1万円台】安いゲーミングチェアのおすすめ厳選紹介!
▷ GTRACINGのゲーミングチェア全紹介
▷ SWOLOLのゲーミングチェア全紹介
▷ EXRACINGのゲーミングチェア全紹介
▷ GALAXHEROのゲーミングチェア全紹介
▷ JKOOKのゲーミングチェア全紹介
▷ Dowinxのゲーミングチェア全紹介
▷ GTXMANのゲーミングチェア全紹介
▷ HBADAのゲーミングチェア全紹介
▷ SKYEのゲーミングチェア全紹介
▷ RAKUのゲーミングチェア全紹介
▷ GTPLAYERのゲーミングチェア全紹介
▷ LEOVOLのゲーミングチェア全紹介
▷ IODOOSのゲーミングチェア全紹介
▷ LUCKRACERのゲーミングチェア全紹介
▷ NEOLEAD(Liv House)のゲーミングチェア全紹介
▷ PRORACINGのゲーミングチェア全紹介