【2022年版】白色のゲーミングチェアおすすめ11選!

ゲーミングチェアゲーミング家具白色特集

お部屋を明るい雰囲気にしたい方や、白を基調としたゲーミング空間を作りたい方は、「チェア全体が白色のゲーミングチェア」を探しているかもしれません。

そんな方に向けて、この記事では、白色のゲーミングチェアのおすすめをご紹介します!

筆者も実は、自作PCからキーボードモニターに至るまで、すべて白で統一したい派なので、白いゲーミングチェアがないかを執念深く調査してみました。ぜひ参考にしてみてください!

関連記事
▷ おすすめの「白いゲーミングキーボード」紹介
▷ おすすめの「白いゲーミングモニター」紹介

スポンサーリンク

全体が白色デザインのおすすめ

まずは、なるべくチェア全体が白色のデザインのものを紹介します。

信頼できるメーカーや、人気の高い格安ブランドの白色ゲーミングチェアを選んでみました!

noblechairs「EPIC」★編集部イチオシ

画像:Amazonをスクリーンショット

まずご紹介するのは、ドイツのゲーミングチェアブランドnoblechairs(ノーブルチェアーズ)「EPIC(エピック)」です。

noblechairsは、細部までこだわり抜かれた洗練されたデザインを特徴とする高級ブランドで、ゲーミングチェアには珍しい本革使用のモデルがあるなど、高品質でラグジュアリーな製品を展開しています。

そんなnoblechairsの「EPIC」には、全体が白色のカラーがあります。

まさにお部屋を白で統一したい方のために、純白を追求して設計されたモデルです。「ピュアホワイト」というカラー名の通り、背もたれや座面が真っ白で美しいです。

素材には、独自に開発された「ハイテクビニールレザー」が採用されています。表面は保護コーティングされており、汚れがつきにくく、色移りもしにくいため、長時間使用し続けても美しさを保つことができます。

背もたれが高く、座面も広々としていますが、日本で販売されているものは欧米モデルよりも座面が低めの作りになっているので、155~185cmぐらいの幅広い人が座れるサイズ感です。

機能としては、最大135度リクライニング、座面を最大11度まで傾けられるロッキング機能、上下・前後・左右・斜めに動かせる4Dアームレスト、首を支えるネックピローと腰を支えるランバーサポートの付属など、充実しています。ネックピローとランバーサポートはベロア素材である点にも、デザインへのこだわりが伺えます。

上質で美しい白が魅力的な高級ゲーミングチェアとして、編集部イチオシです!

「EPIC」ピュアホワイト

「EPIC」プレミアムホワイトもあり!

牛革風のシボ加工がされた肉厚なPU(ポリウレタン)レザー素材を使用したホワイトもあります。こちらはサイドに黒のラインが入っており、背もたれや座面にはダイヤモンドステッチ加工が施されています。

noblechairsなら「ICON」もおすすめ!

画像:Amazonをスクリーンショット

同じくnoblechairsの「ICON(アイコン)」というモデルにも、ピュアホワイトがあります。白の美しさをいっそう引き立てる、コクーンのような丸みのある流線形フォルムが魅力的なモデルです。

機能はEPICとおおよそ共通しており高機能です。こちらもラグジュアリーな雰囲気でおすすめです!

noblechairsのほかのチェアも見る
▷ 【完全版】noblechairsのゲーミングチェアおすすめ全紹介!

AKRacing「PINON」★小柄な人に激推し

画像:Amazonをスクリーンショット

続いてご紹介するのは、中国を拠点とする老舗ゲーミングチェアメーカーであるAKRacing(エーケーレーシング)「PINON」です。

AKRacingは、最も有名な元祖ゲーミングチェアメーカーの1つです。老舗メーカーならではの技術力の高さや品質の安心感が評価されており、eスポーツプレイヤーだけでなく在宅勤務の社会人など幅広い人々に人気です。

そんなAKRacingの「PINON」には、全体が白色のカラーがあります。

ホイップクリームのような文句なしの純白であり、アームレストも白色である点が魅力的です。素材は高耐久なPU(ポリウレタン)レザーであり、汚れた時のお手入れもしやすいです。

こちらは、適正身長は145~165cmとされているティーンエイジャー向けのモデルであるため、一般的なゲーミングチェアを大きいと感じる150cm台の方など小柄な成人の方におすすめです。

機能としては、150度リクライニングが可能、上下昇降ができる1Dアームレスト、首を支えるヘッドレストと腰を支えるランバーサポートの付属など、成人向けの通常モデルよりは少しシンプルですが必要な機能が揃っています。

ピュアなホワイトが魅力的な有名メーカーのゲーミングチェアとして、小柄な方におすすめです!

関連記事
▷ AKRacingのゲーミングチェア全紹介
▷ 【150cm台】小柄・低身長におすすめのゲーミングチェア紹介

LEOVOL「LOL109」★すべてが白

画像:Amazonをスクリーンショット

続いてご紹介するのは、中国の家具ブランドLEOVOL「LOL109」です。

LEOVOLは、有名なブランドではありませんが、1~2万円台という安さでゲーミングチェアを展開しており、Amazonなどの通販サイトを中心によく売れています。

そんなLEOVOLの「LOL109」には、全体が白色のカラーがあります。

ゲーミングチェアとしては非常に珍しく、アームレストやキャスターなどの部分も含めてすべてが白!という神なデザインです。ロゴや模様などの白を邪魔する要素も一切なく、真っ白な空間を作れます。

素材はPU(ポリウレタン)レザーであり、高級感があります。160~180cmくらいの方に向いているサイズ感です。

機能としては、リクライニングが可能、上下・前後・左右に移動できて角度調節もできる4Dアームレスト、首を支えるヘッドレストと腰を支えるランバーサポートの付属、足置き(オットマン)の付属など、十分に高機能です。

価格も2万円台と、有名ブランドと比べると安いのも魅力的です。手頃な価格で真っ白なゲーミングチェアを手に入れたい方におすすめです!

LEOVOLのほかのチェアも見る
▷ 【完全版】LEOVOLのゲーミングチェアおすすめ全紹介!

GTPLAYER「luft310」★真っ白でメッシュ素材

画像:Amazonをスクリーンショット

続いてご紹介するのは、中国のゲーミングチェアブランドGTPLAYER「luft310」です。

GTPLAYERは、日本でも一番人気の格安ゲーミングチェアメーカーであるGTRACING(ジーティーレーシング)のサブブランドです。機能的でお手頃価格の高いゲーミングチェアを展開しており、コストパフォーマンスの高さが評価されています。

そんなGTPLAYERの「luft310」には、全体が白色のカラーがあります。

こちらも、パーツも含めてほとんどの部分が白である点が大きな魅力です。ロゴも白色であるため目立たず、白を追求したお部屋を作ることができます。

さらに、ゲーミングチェアとしては数少ないメッシュ素材を採用しています(背もたれ部分のみ)。メッシュ素材は通気性が抜群であり、背中の蒸れが気になる方でも快適に使用できます。座面は、小さな通気孔が空けられたPU(ポリウレタン)レザー素材となっており、通常のPUレザーよりも通気性が向上しています。

機能としては、140度リクライニングが可能、リクライニングに連動して動くアームレスト、座面を揺らせるロッキング機能、首を支えるヘッドレストと腰を支えるランバーサポートの付属、足置き(オットマン)の付属など、充実しています。

価格も2万円台と、有名ブランドと比べると安いのも魅力的です。通気性の良い真っ白なゲーミングチェアとしておすすめです!

関連記事
▷ 【完全版】GTPLAYERのゲーミングチェアおすすめ全紹介!
▷ メッシュ素材のゲーミングチェアおすすめ紹介

Contieaks「Diablo」★高身長な人向け

画像:Amazonをスクリーンショット

続いてご紹介するのは、福岡発のゲーミングチェアブランドContieaks(コンティークス)Diablo(ディアブロ)です。

Contieaksは、福岡の家具商社である関家具(せきかぐ)が開発しているブランドです。日本メーカーであり、日本人の体型や利用シーンを考慮して開発されているため、プロアマ問わず、数々の日本人のeスポーツプレイヤーから愛用されています。

そんなContieaksのDiabloには、全体が白色のカラーがあります。前面・背面ともに白色となっています。

素材は、ソフトPU(ポリウレタン)レザーです。座面が高いため、165cm以上の高身長の方に向いているサイズ感です。

機能としては、160度リクライニングが可能、上下・前後・左右に動き首振りもできる4Dアームレスト、座面を揺らせるロッキング機能、座面を前方に傾けられる前傾チルト機能、首を支えるヘッドレストと腰を支えるランバーサポートの付属、背面に収納ポケット搭載など、非常に高機能です。

高身長な方におすすめの白色ゲーミングチェアです!

Contieaksのほかのチェアも見る
▷ 【完全版】関家具のゲーミングチェアおすすめ全紹介!

Dowinx「LS-6689」★アイボリー系ホワイト

画像:Amazonをスクリーンショット

続いてご紹介するのは、中国の格安系ゲーミングチェアメーカーDowinx(ドウィンクス)「LS-6689」です。

Dowinxは、すべての製品が2万円前後という安さを特徴とするメーカーです。中国の格安系メーカーといえば謎のメーカーも多いのですが、Dowinxは生産元がはっきりしているほか、コスパの良さデザイン性の高さサポート対応の良さなどから信頼を集めており、おすすめできる格安メーカーです。

そんなDowinxの「LS-6689」には、全体が白色のカラーがあります。

真っ白というよりは、少し黄味を帯びたアイボリー系の白であり、白を基調とする空間や普通の家具となじみやすい色です。

素材は、スムーズな手触りのPU(ポリウレタン)レザーであり、中世ヨーロッパを意識した金色のチェック刺繍が上品な雰囲気を醸し出しています。推奨身長は155~185cmで、幅広い方が座ることができます。

機能としては、170度リクライニング、座面を揺らせるロッキング機能、首を支えるヘッドレストと腰を支えるランバーサポート、さらに足置き(オットマン)の付属など、十分に高機能です。しかも、ランバーサポートにはマッサージ機能(振動機能)が搭載されており、腰回りの血行を良くすることができます。

幅広いお部屋と調和しやすいお手頃価格の白色系ゲーミングチェアとしておすすめです!

Dowinxなら「LS-6687X」もおすすめ

画像:Amazonをスクリーンショット

同じくDowinxの「LS-6687X」というモデルにも、全体が白色のカラーがあります。こちらもアイボリー寄りのホワイトとなっています。

オレンジ色のステッチやロゴが映える、個性的なデザインとなっています。素材はPU(ポリウレタン)レザーですが、座面や背もたれにはキルティング加工がなされているため、通気性が向上しています。

機能面でも、180度リクライニング、可動域の広い4Dアームレストなど、より高機能になっており魅力的です。こちらもぜひ検討してみてください!

Dowinxのほかのチェアも見る
▷ 【完全版】Dowinxのゲーミングチェアおすすめ全紹介!

Bauhutte「G-370」★ふかふかのソファチェア

画像:Amazonをスクリーンショット

続いてご紹介するのは、大阪発のゲーミング家具ブランドであるBauhutte(バウヒュッテ)「G-370」です。

Bauhutteは、「デスクを秘密基地にする」といったコンセプトで、ゲーミングチェアのみならず、ゲーミングデスクやゲーミングベッドなど、ゲーム好きのための様々な家具を展開しています。日本のeスポーツプレイヤーに人気の高いブランドです。

そんなBauhutteの「G-370」には、全体が白色のカラーがあります。

こちらは通常のチェアではなく、ゲーミングソファチェアというタイプになっており、ふんわりした座り心地が特徴です。

素材は、優しい肌触りのファブリック素材か、ツヤのあるPUレザー素材の2種類から選ぶことができます。いずれも純度の高い白色です。推奨身長は154~181cmであり、幅広い方が座れます。

機能としては、150度リクライニングが可能、座面を揺らせるロッキング機能、上下・左右に動かせる2Dアームレスト、腰クッション(ランバーサポート)の付属、背面ポケットの搭載取り外し可能な座面クッションなど、充実しています。

ソファ代わりにも使える白色ゲーミングチェアとしておすすめです!

座椅子タイプ「GX-370」もあり!

画像:Amazonをスクリーンショット

ゲーミングソファチェアG-370には、座椅子タイプである「GX-370」も用意されています。G-370の座面部分をそのまま座椅子にしたような作りになっており、リビングなどでくつろいで使用することができます。

ライフスタイルに合わせて、座椅子タイプもぜひチェックしてみてください!

Bauhutteのほかのチェアも見る
▷ 【完全版】Bauhutteのゲーミングチェアおすすめ全紹介!

SKYE「3005」★1万円台で格安

画像:Amazonより

続いてご紹介するのは、中国の格安系ゲーミングチェアブランドであるSKYE「3005」です。

SKYEは、生産元についてはやや謎がありますが、1万円台という圧倒的安さで部屋になじみやすいゲーミングチェアを多数販売しており、デザインやコストパフォーマンスの高さを重視する方に人気のブランドです。

そんなSKYEの「3005」には、全体が白色のカラーがあります。

こちらもソファタイプのゲーミングチェアとなっており、全体が落ち着いたベージュとなっています。ロゴなどもなくシンプルなのも魅力です。

素材はファブリックであるため通気性も良く、背もたれと座面のクッションが2層になっているため座り心地もふかふかです。座面はやや高めであるため、165cm以上の方に向いているでしょう。

機能としては、最大135度リクライニングが可能、リクライニングに連動して動くアームレスト、腰を支えるランバーサポート足置き(オットマン)の付属など、ゲーミングチェアに必要な機能が一通り揃っています。

普通の家具のようなデザインが魅力的な格安の白色ゲーミングチェアとしておすすめです!

※人気商品のため、Amazonではホワイトの在庫がない場合があります。楽天市場やYahoo!ショッピングもチェックしてみてください。

SKYEのほかのチェアも見る
▷ 【完全版】SKYEのゲーミングチェアおすすめ全紹介!

黒地に白色デザインのおすすめ

次に、黒地に白色のデザインのものを紹介します。

黒地に白色のゲーミングチェアは比較的たくさんありますが、中でもおすすめの3つを厳選しました!

AKRacing「Wolf」★ファブリック製で通気性良し

画像:Amazonをスクリーンショット

まずご紹介するのは、中国を拠点とするゲーミングチェアメーカーAKRacing(エーケーレーシング)「Wolf」です。

AKRacingは、最も有名なゲーミングチェアメーカーの1つです。元々はプロ向けのレーシングシートを開発していたため、技術力や品質の高さには定評があります。

そんなAKRacingのエントリーモデルに位置する「Wolf」には、黒地に白色のものがあります。

素材は、ファブリックなので通気性が良好です。低座面設計となっているため、身長が低めの方でも座りやすいサイズ感です。

機能としては、180度リクライニングが可能、座面を最大12度傾けられるロッキング機能、首を支えるヘッドレストと腰を支えるランバーサポートの付属、上下昇降できる1Dアームレストなど、充実しています。180度リクライニングは真横になれるので、リラックスタイムにも使えます!

信頼できるメーカーの通気性の良いゲーミングチェアとしておすすめです!

AKRacingには、他にも黒地に白色のデザインがあるモデルがありますので、興味がございましたらチェックしてみてください!

AKRacingのほかのチェアも見る
▷ 【完全版】AKRacingのゲーミングチェアおすすめ全紹介!

EXRACING「EX-001」★日本初のお手頃モデル

画像:Amazonをスクリーンショット

続いてご紹介するのは、日本発のゲーミングチェアブランドであるEXRACING(イーエックスレーシング)「EX-001」です。

EXRACINGは、お手頃な価格でスタンダードなゲーミングチェアを展開しています。京都造形芸術大学のeスポーツの講義で採用されるなど、eスポーツの現場でも愛用されているブランドです。

そんなEXRACINGの「EX-001」には、黒地に白色のものがあります。

チェックパターンがおしゃれなデザインで、素材もパンチング(小さな穴)加工されたPUレザーとなっているため、高級感がありながらも通気性の良さが期待できます。サイズ感は、155~185cmくらいの方に向いています。

機能としては、165度リクライニング、座面を傾けられるロッキング機能、首を支えるヘッドレストと腰を支えるランバーサポートの付属、上下昇降と回転ができる3Dアームレストなど、ゲーミングチェアとして十分な機能性が備わっています。

スタンダードなゲーミングチェアを手頃な価格で入手できておすすめです!

オットマン付きの「EX-002」もおすすめ

画像:Amazonをスクリーンショット

EX-001にオットマン(足置き)が付属したタイプである「EX-002」も用意されています。オットマンをつかって足を伸ばして座りたい方には、こちらのモデルもおすすめです。

EXRACINGのほかのチェアも見る
▷ 【完全版】EXRACINGのゲーミングチェアおすすめ全紹介!

SWOLOL「SW02」★1万円台でオットマン付き

画像:Amazonをスクリーンショット

続いてご紹介するのは、中国の格安系ゲーミングチェアブランドSWOLOL(スワォーロ)「SW02」です。

SWOLOLは、ゲーミングチェア専門メーカーが運営しているブランドです。価格が1万円台でとにかく安いことから、なるべく安くゲーミングチェアを手に入れたい方に支持されているブランドです。

今回紹介している理由は、格安系メーカーの「黒地に白」の中で最も白色の面積が多いのが、SWOLOLの「SW02」だったためです。また、1万円台でありながら、足置き(オットマン)が付属しているというのも、有名メーカーにはない魅力的なポイントだと感じました。

素材はPU(ポリウレタン)レザーであり、格安でありながら見た目に高級感があります。サイズ感も155~185cmの方に向いてそうな、低めの座面設計となっています。

オットマン以外の機能としては、175度リクライニング、座面を揺らせるロッキング機能上下昇降するアームレスト、首を支えるヘッドレストと腰を支えるランバーサポートなど、1万円台でありながら非常に充実しています。

機能や安さを重視される方におすすめの格安ゲーミングチェアです!

SW02(色名:パンダ)

SW02(色名:ホワイト)

黒と白が反転したカラーのバージョンもあります。こちらの色名は「ホワイト」ですが、上の「パンダ」よりも黒の面積が多いです。

SWOLOLのほかのチェアも見る
▷ 【完全版】SWOLOLのゲーミングチェアおすすめ全紹介!

ほかの白いゲーミングデバイスを見てみる

▷ おすすめの「白いゲーミングヘッドセット」紹介
▷ おすすめの「白いゲーミングマウス」紹介
▷ おすすめの「白いゲーミングキーボード」紹介
▷ おすすめの「白いゲーミングPC」紹介
▷ おすすめの「白いゲーミングチェア」紹介
▷ おすすめの「白いゲーミングモニター」紹介
▷ おすすめの「白いモニター」紹介

▷ 「白色」にこだわった自作ゲーミングPCを組むためのパーツを紹介
▷ 「白色」の自作PCケースのおすすめを紹介
▷ 「白色」のマザーボードのおすすめ紹介
▷ 「白色」のグラフィックボードのおすすめ紹介
▷ 「白色」のケースファンのおすすめ紹介
▷ 「白い&光る」メモリのおすすめ紹介
▷ 「白い&光る」CPUクーラーのおすすめ紹介

人気ゲーミングチェアを見てみる

▷ 【ガチで厳選】おすすめゲーミングチェア紹介
▷ ゲーミングチェアのおすすめメーカー10選
▷ 【1万円台】安いゲーミングチェアのおすすめ紹介

色や特徴からゲーミングチェアを選ぼう

▷ 【全10色】色別のおすすめゲーミングチェア紹介
▷ 「赤色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「オレンジ色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「黄色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「緑色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「ミント色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「水色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「青色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「パープル色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「ピンク色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「白色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「黒色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「グレー色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「ブラウン色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「ベージュ色」のゲーミングチェアおすすめ紹介

▷ 部屋に自然になじむ「おしゃれ」なゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ ファブリック素材で「通気性の良い」ゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ メッシュ素材のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 180度リクライニングで「寝れる」ゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ オットマン(足置き)付きのゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ テレワークにおすすめのゲーミングチェア紹介
▷ 「ゲーミングソファ」のおすすめ紹介
▷ 「ゲーミング座椅子」のおすすめ紹介
▷ ピンク色のかわいいゲーミング座椅子のおすすめ紹介
▷ 【180cm~】大柄・高身長におすすめのゲーミングチェア紹介
▷ 【150cm台】小柄・低身長におすすめのゲーミングチェア紹介
▷ 女性向け!かわいいゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 高級ゲーミングチェアのおすすめ紹介
▷ マッサージ機能付きゲーミングチェアのおすすめ紹介
▷ 日本メーカーのゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 光るゲーミングチェアのおすすめ紹介
▷ 跳ね上げ式アームレストのゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ スピーカー付きゲーミングチェアのおすすめ紹介
▷ サンリオとのコラボデザインのゲーミングチェアおすすめ紹介