日本企業のゲーミングチェアおすすめ7つ紹介【2021年秋版】

ゲーミングチェアゲーミング家具

ゲーミングチェアをお探しの方の中には、安心できる日本メーカーのゲーミングチェアが良いとお考えの方もいるでしょう。

ゲーミングチェアメーカーの多くは海外メーカーです。国内で販売されているモデルは日本人の体型に合わせてアレンジされている場合が多いものの、日本メーカーのほうが、より日本人のライフスタイルに合うように設計しているため、使い勝手と感じる方も多いです。

また、特に格安海外メーカーの場合、日本語でサポートが受けられないこと少なくありませんが、日本メーカーであれば日本語で細かな問い合わせが可能なので安心できます。

この記事では、おすすめの日本のゲーミングチェアメーカーを7つご紹介いたします。ぜひ参考にしてみてください!

関連記事
▷ 高級ゲーミングチェアのおすすめ紹介

スポンサーリンク

Contieaks

ロゴ:公式HPより

Contieaks(コンティークス)は、福岡を拠点とする家具の総合商社である関家具(せきかぐ)のオリジナルゲーミングチェアブランドです。

日本人体型に合わせた低座面設計となっているほか、ゲームパッドを持ちながらでも肘が付けるアームレストなど、使いやすい工夫が施されています。また、日本のJIS規格に基づく品質検査をクリアしており、安全性・耐久性の面でも安心して長く使えます。

価格帯も3万円台と、海外の有名メーカーと比べると入手しやすいです。オットマン付きタイプ・座椅子タイプなどバリエーションも豊かです。

Contieaksについて詳しく知りたい方はこちら
▷ Contieaksのおすすめゲーミングチェア紹介

Contieaksのイチオシは「Eiger」

画像:Amazonをスクリーンショット

Contieaksが販売しているモデルの中で、価格と機能性のバランスが良くておすすめなのが「Eiger(アイガー)」です。

長時間快適にeスポーツがプレイできるように設計されたモデルであり、どんな方でも使いやすいです。素材はパンチング(小さな穴)加工されたPU(ポリウレタン)レザー製であり、通常のPUレザーよりも通気性が良くなっています。

機能としては、最大160度リクライニングが可能、座面を揺らせるロッキング機能、上下昇降、前後移動、回転による角度調整ができる3Dアームレスト、首を支えるヘッドレストと、腰を支えるランバーサポートの付属など、必要な機能が一通り揃っています。

カラーは、グレー、ブルー、レッド、グリーンの4色があります。

created by Rinker
コンティークス(Contieaks)
¥33,880(2021/10/18 13:18:06時点 Amazon調べ-詳細)

Contieaksのほかのチェアも知りたい方はこちら
▷ Contieaksのおすすめゲーミングチェア紹介

Bauhutte

ロゴ:公式Twitterより

Bauhutte(バウヒュッテ)は、大阪を拠点とするビーズ株式会社のゲーミング家具ブランドです。

小柄向け、高身長向け、予算の少ない学生向けなど、様々な人に合うゲーミングチェアをラインナップしているほか、ゲーミングデスクやゲーミング着る毛布などのユニークな製品で、日本人eスポーツプレイヤーのハートを掴んでいます。

価格帯も1~3万円台と、海外の有名メーカーと比べると入手しやすいです。座椅子タイプ・ソファタイプもあり、ライフスタイルに合わせて選べます。

Bauhutteについて詳しく知りたい方はこちら
▷ Bauhutteのおすすめゲーミングチェア紹介

Bauhutteのイチオシは「G-550」

画像:Amazonをスクリーンショット

Bauhutteが販売しているモデルの中で、スタンダードな定番モデルとしておすすめなのが「G-550」です。

肉厚で耐久性と弾力性の高い座面、身体にフィットする立体的な背もたれが、プレイヤーをしっかりと支えます。素材はファブリック製であり、蒸れが気になる方でも長時間快適に過ごせます。推奨身長は154cm~189cmで、幅広い体型の方が座れます。

機能としては、最大135度リクライニングが可能、座面を揺らせるロッキング機能、前後・左右・上下に動く3Dアームレスト、首を支えるヘッドレストと、腰を支えるランバーサポートの付属など、十分に揃っています。ランバーサポートとヘッドレストは取り外し可能で、さらにカバーを着脱できるためお手入れも簡単です。

カラーは、黒、赤、青の3色があります。

created by Rinker
Bauhutte(バウヒュッテ)
¥34,500(2021/10/18 19:03:39時点 Amazon調べ-詳細)

Bauhutteのほかのチェアも知りたい方はこちら
▷ Bauhutteのおすすめゲーミングチェア紹介

オカムラ

ロゴ:プレスリリースで配布されていたものを使用

株式会社オカムラは、オフィスや商業施設向けの家具開発や空間設計などを手掛ける日本の大手企業です。

企業向けにラインアップしている10万円超えの高級オフィスチェアの開発ノウハウを活かし、2021年に満を持してゲーミングチェアが発表されました。他社のゲーミングチェアにはない独自の設計と圧倒的な機能性の高さが早くも評価され、すでに野球ゲームのeスポーツ大会の公式ゲーミングチェアとして採用されています。

価格帯は5~7万円台と、かなり高額な部類です。しかし、「高級オフィスチェアに劣らない高機能チェアを10万未満で買える」という感想を持つ人もいるなど、10万超えのオフィスチェアと比較するとお買い得であるという見方もできます。

オカムラについて詳しく知りたい方はこちら
▷ オカムラのおすすめゲーミングチェア全紹介

オカムラのイチオシは「STRIKER SEATING EX」

画像:Yahoo!ショッピングより

オカムラが販売しているモデルの中で、特に高機能でおすすめなのが「STRIKER SEATING EX」です。

頭部の両サイドに視界に集中するための「プレイヴェール」が搭載された、非常に個性的な見た目のゲーミングチェアとなっています。体圧の分散を考えた設計により、お尻に負担のかかりにくい快適な座り心地を実現します。素材は、ファブリックとビニールレザーが併用されており、肌に触れる部分は通気性が良くなっています。

機能としては、上下・前後に動き首振りもできる可動ヘッドレスト、奥行を前後に調整できる可動座面、背もたれと座面が連動して動くシンクロリクライニング機能(後傾最大23度)、前傾リクライニング機能、上下・前後に動き角度調節もできる3Dアームレストなど、個々の身体に合わせて細やかに調節できる機能が満載です。

カラーは、黒・赤・青の3色があります。

オカムラのほかのチェアも知りたい方はこちら
▷ オカムラのおすすめゲーミングチェア全紹介

イトーキ

ロゴ:公式HPより

イトーキは、日本の老舗オフィス家具メーカーです。オフィス空間設計で培った長年のノウハウを活かしたゲーミングチェアを開発しています。

イトーキのゲーミングチェアは、自然に溶け込むようなデザインが特徴的であり、派手なデザインのゲーミングチェアが苦手な方に人気です。世界的なオフィス家具の品質基準規格をクリアしており、品質も信頼できます。

価格帯は3~5万円台と、中くらいの価格帯です。部屋になじむデザインの高品質ゲーミングチェアをお探しの方におすすめです。

イトーキについて詳しく知りたい方はこちら
▷ イトーキのおすすめゲーミングチェア紹介

イトーキのイチオシは「クロスフォーカスチェア」

画像:Amazonより

イトーキが販売しているモデルの中で、特に落ち着いたデザインでおすすめなのが「クロスフォーカスチェア」です。

普通の家具のような見た目でありながら、肩や太ももをしっかり包み込むゲーミングチェアらしいフィット感のあるシートとなっています。素材は自然な風合いのファブリック製となっており、正面と背面のカラーが異なる点もオシャレです。低座面設計であり、小柄な方でも座りやすいです。

機能としては、最大135度リクライニングが可能、座面を揺らせるロッキング機能(強弱調節可能)、上下に動く1Dアームレスト、首を支えるヘッドレストと、腰を支えるランバーサポートの付属など、充実しています。

カラーは、ブラウンブラック、ホワイトブラック、グリーン、チャコール、ブラウン、ブルーの6色があります。

イトーキのほかのチェアも知りたい方はこちら
▷ イトーキのおすすめゲーミングチェア紹介

NEOLEAD

ロゴ:Amazonより

NEOLEAD(ネオリード)は、群馬を拠点とする小売企業である株式会社ネオリードが開発・販売しているライフスタイルブランドです。

「Liv House(リヴ・ハウス)」というオンラインショップを運営しているため、”Liv Houseのゲーミングチェア”と表現される場合もありますが、販売元や商品は同じです。

NEOLEADのゲーミングチェアの最大の特徴は、ベーシックな機能が一通り備わっていながらも、デザインが非常にシンプルである点です。オフィスや仕事部屋のような空間にも、普通の家具のように自然に馴染みます。

さらに、価格帯は1万円台と格安であり、気軽に購入しやすいと言えます。シンプルデザインのゲーミング座椅子もラインナップされているので、生活スタイルに合わせて選んでみてください。

NEOLEADについて詳しく知りたい方はこちら
▷ NEOLEADのおすすめゲーミングチェア紹介

NEOLEADのイチオシは「NL-OGC」

画像:Amazonをスクリーンショット

NEOLEADが販売しているモデルの中で、特にシンプルでおすすめなのが「NL-OGC」です。

老若男女問わず誰でも使えるシンプルなデザインと、日本人体型に最適化された形状が魅力のシートとなっています。素材は、完全オリジナルの特殊加工PU(ポリウレタン)レザー製であり、PUレザーでありながらも、さらとした手触りと通気性の良さを備えています。小柄な人でも足がつく低座面設計です。

機能としては、最大180度リクライニングが可能、座面を揺らせるロッキング機能、上下・前後に動き回転もできる3Dアームレスト、首を支えるヘッドレストと、腰を支えるランバーサポートの付属、足置き(オットマン)の付属など、1万円台とは思えないほど充実しています。

180度リクライニングとオットマンを合わせれば、真横になって休むこともできます。

カラーは、ブラウンベージュ、ブラックグレー、ネイビーアイボリーの3色があります。

NEOLEADのほかのチェアも知りたい方はこちら
▷ NEOLEADのおすすめゲーミングチェア紹介

サンワダイレクト

ロゴ:Amazonより

サンワダイレクトは、日本の老舗コンピュータ関連機器メーカーであるサンワサプライ株式会社が展開している通販サイト名およびブランド名です。

サンワダイレクトのゲーミングチェアは、ゲーミングらしさがありながもシンプルなデザインで、機能も充実しています。また、日本よりも厳しいアメリカの国際品質基準をクリアしているため、品質面でも安心できます。日本語による分かりやすい取扱説明書も付属しており、老舗メーカーらしい親切さがあります。

価格帯は1~3万円台で、手に入れやすいです。LEDで光るモデルや、椅子と座椅子の中間ぐらいの「高座椅子」モデルがあるなど、バリエーションも豊富です。

サンワダイレクトについて詳しく知りたい方はこちら
▷ サンワダイレクトのおすすめゲーミングチェア紹介

サンワダイレクトのイチオシは「150-SNCL016」

画像:Amazonをスクリーンショット

サンワダイレクトが販売しているモデルの中で、特にコスパが高くておすすめなのが「150-SNCL016」です。

ほどよくゲーミングチェアらしい見た目ですが、ロゴ等がないのでシンプルです。素材はPU(ポリウレタン)レザー製であり、高級感があります。ホールド感のあるバケットシートで、身体をしっかりと支えます。

機能としては、最大150度リクライニングが可能、座面を揺らせるロッキング機能、上下昇降できる1Dアームレスト、首を支えるヘッドレストと、腰を支えるランバーサポートの付属、360度回転できる座面など、1万円台でありながら十分に充実しています。

カラーは、ブルーとグレーの2色があります。

サンワダイレクトのほかのチェアも知りたい方はこちら
▷ サンワダイレクトのおすすめゲーミングチェア紹介

RAKU

ロゴ:Amazonをスクリーンショット

RAKU(らく)は、大阪を拠点とする株式会社福和楽が販売しているライフスタイル系ブランドです。

RAKUのゲーミングチェアは、コストパフォーマンスの高さが特徴です。デザインも一般的なゲーミングチェアらしく、いずれのモデルも基本的な機能が一通り揃っています。座面クッションやキャスター部分などにも品質の良いものが使用されており、耐久性も高いです。

それでいて、価格帯は1万円台と格安であり、気軽に手に入れることができます。女性に嬉しいピンク色のカラーバリエーションもあり、可愛らしいです。

RAKUについて詳しく知りたい方はこちら
▷ RAKUのおすすめゲーミングチェア紹介

RAKUのイチオシは「タイプB」

RAKUが販売しているモデルの中で、特にバランスが良くておすすめなのが「150-SNCL016」です。

背もたれや座面のチェックパターンがおしゃれなデザインで、身体を包み込むような座り心地です。素材はPU(ポリウレタン)レザー製であり、高級感があります。200kgまで耐えられる耐久性の高さも魅力的であり、大柄な方でも安心して座れます。

機能としては、最大180度リクライニングが可能、座面を揺らせるロッキング機能、上下・左右に動く2Dアームレスト、首を支えるヘッドレストと、腰を支えるランバーサポートの付属、足置き(オットマン)の付属など、非常に充実しています。

180度リクライニングとオットマンを合わせれば、真横になって休むこともできます。

カラーは、レッド、ブラック、ピンクの3色があります。ピンク色は、背もたれに猫の肉球がデザインされています。

RAKUのほかのチェアも知りたい方はこちら
▷ RAKUのおすすめゲーミングチェア紹介

色や特徴からゲーミングチェアを選ぼう

▷ 【全10色】色別のおすすめゲーミングチェア紹介
▷ 「赤色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「オレンジ色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「黄色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「緑色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「水色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「青色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「パープル色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「ピンク色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「白色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「黒色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「グレー色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「ブラウン色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「ベージュ色」のゲーミングチェアおすすめ紹介

▷ 部屋に自然になじむ「おしゃれ」なゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ ファブリック素材で「通気性の良い」ゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 180度リクライニングで「寝れる」ゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ オットマン(足置き)付きのゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ テレワークにおすすめのゲーミングチェア紹介
▷ 「ゲーミングソファ」のおすすめ紹介
▷ 「ゲーミング座椅子」のおすすめ紹介
▷ 【180cm~】大柄・高身長におすすめのゲーミングチェア紹介
▷ 【150cm台】小柄・低身長におすすめのゲーミングチェア紹介
▷ 女性向け!かわいいゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 高級ゲーミングチェアのおすすめ紹介
▷ マッサージ機能付きゲーミングチェアのおすすめ紹介
▷ 光るゲーミングチェアのおすすめ紹介

有名ゲーミングチェアを見てみる

▷ AKRacingのゲーミングチェア全紹介
▷ DXRACERのゲーミングチェア全紹介
▷ 【番外編】AKRacing・DXRACER・GTRACINGの違いを解説!
▷ Bauhutteのゲーミングチェア全紹介
▷ CORSAIRのゲーミングチェア全紹介
▷ イトーキのゲーミングチェア全紹介
▷ COUGARのゲーミングチェア全紹介
▷ noblechairsのゲーミングチェア全紹介
▷ 関家具のゲーミングチェア全紹介
▷ Secretlabのゲーミングチェア全紹介
▷ サンワダイレクトのゲーミングチェア全紹介
▷ VETRAGEARのゲーミングチェア全紹介
▷ オカムラのゲーミングチェア全紹介
▷ Razerのゲーミングチェア全紹介

人気ゲーミングチェアを見てみる

▷ 【ガチで厳選】おすすめゲーミングチェア紹介
▷ ゲーミングチェアのおすすめメーカー10選
▷ 【1万円台】安いゲーミングチェアのおすすめ紹介

格安ゲーミングチェアを見てみる

▷ GTRACINGのゲーミングチェア全紹介
▷ E-WINのゲーミングチェア全紹介
▷ SWOLOLのゲーミングチェア全紹介
▷ EXRACINGのゲーミングチェア全紹介
▷ GALAXHEROのゲーミングチェア全紹介
▷ JKOOKのゲーミングチェア全紹介
▷ Dowinxのゲーミングチェア全紹介
▷ GTXMANのゲーミングチェア全紹介
▷ HBADAのゲーミングチェア全紹介
▷ SKYEのゲーミングチェア全紹介
▷ RAKUのゲーミングチェア全紹介
▷ GTPLAYERのゲーミングチェア全紹介
▷ LEOVOLのゲーミングチェア全紹介
▷ IODOOSのゲーミングチェア全紹介
▷ LUCKRACERのゲーミングチェア全紹介
▷ NEOLEAD(Liv House)のゲーミングチェア全紹介
▷ PRORACINGのゲーミングチェア全紹介
▷ KARNOXのゲーミングチェア全紹介