【2022年版】ゲーミングソファおすすめ9つ紹介!

ゲーミングチェアゲーミング家具

ゲームを快適にプレイする家具といえばゲーミングチェアが定番ですが、最近はよりリラックスできる「ゲーミングソファ」なるものが登場し始めています。

ゲーミングソファは、SwitchやPS4などのゲームやスマホゲームがメインの方に特に人気であり、快適な姿勢でくつろぎながら長時間ゲームを楽しむことができます。

この記事では、おすすめのゲーミングソファをご紹介します!ぜひ参考にしてみてください。

関連記事
▷ 180度リクライニング!寝れるゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「ゲーミング座椅子」のおすすめ紹介

スポンサーリンク

COUGAR「RANGER」

画像:Amazonをスクリーンショット

COUGAR(クーガー)は、ドイツのゲーミングデバイスブランドです。2008年の創業以来、ゲーミングチェアやキーボード、マウスなど、COUGARの様々な製品が世界のゲーマーに愛用されています。

そんなCOUGARは、ゲーミングソファ「RANGER」を販売しています。通常のゲーミングチェアよりもクッション性が高く、リラックスできます。

ダイヤモンドチェックパターンが美しい高級感あるデザインで、素材も通気性の高いプレミアムPVC(ポリ塩化ビニル)レザー製です。耐久性の高いスチールフレームを採用しており、160kgの重さまで耐えることができます。

画像:公式ニュースリリースより

カラーはオレンジ、ブルー、グリーン、ピンクの4色があります。

機能としては、レバーを使わず体重移動だけで95度~160度のリクライニングが可能で、さらにリクライニングと連動してフットレスト(足置き)も動きます。首を支えるヘッドレスト、腰を支えるランバーサポートも付属しており、お好みの体勢で長時間座ることができます。

日本では、株式会社マイルストーンがCOUGARの正規代理店となっており、1年間の保証もついているので、不具合があった際にも安心です。

高級感あるゲーミングソファをお探しの方におすすめです!

関連記事:COUGARのゲーミングチェアおすすめ紹介

Contieaks「Square ビーズソファ」

画像:Amazonをスクリーンショット

Contieaks(コンティークス)は、福岡を拠点とする関家具が展開しているゲーミングチェアブランドです。日本人の体型や日本人の利用シーンを考慮して製品を設計している、まさに日本人ゲーマーのための日本メーカーです。

そんなContieaksは、ゲーミングソファ「Square -スクウェア ビーズソファー-」を販売しています。コンパクトで持ち運びしやすく、家のどこでも快適にゲームをプレイすることができます。

サイズ感は約66cmの正方形で、普通のソファよりもスペースを取りません。座面の高さはゲームセンターの椅子と同じくらいの高さで、ゲームパッドやスマホ、SwitchやPS4なども操作しやすいです。さらに、普通のマイクロビーズよりも姿勢が崩れにくく形状が安定するので、FPSなど精度の高い操作を必要とするゲーム時にも使いやすいです。

画像:公式HPより

カラーは、グレー、レッド、ブルーの3色があります。素材はポリエステルのファブリック素材です。撥水加工も施されているため、水などをこぼしてしまった際にもすぐに拭き取れば間に合います。

保証も1年間ついています。リビングなどでまったりゲームを楽しみたい方におすすめです!

created by Rinker
Contieaks
¥18,700(2022/09/29 08:22:54時点 Amazon調べ-詳細)

関連記事:Contieaksのゲーミングチェアおすすめ紹介

Bauhutte「G-370」「GX-370」

画像:Amazonをスクリーンショット

Bauhutte(バウヒュッテ)は、大阪を拠点とするビーズ株式会社が展開しているゲーミング家具ブランドです。ゲーミングチェアのみならず、ゲーミングデスクやゲーミングベッドなど、ゲーム好きのための様々な家具を展開しています。

そんなBauhutteにはゲーミングソファシリーズがあり、チェアタイプの「G-370」と座椅子タイプの「GX-370」があります。肉厚でふかふかとした座り心地と、部屋になじみやすいカラー・デザインが特徴です。

G-370

画像:Amazonをスクリーンショット

「G-370」は、チェアタイプのゲーミングソファです。

機能としては、150度リクライニング、座面を傾けられるロッキング機能、上下・左右に動かせる2Dアームレスト、腰を支えるランバーサポートの付属、背面ポケットの搭載取り外し可能な座面クッションなど、通常のゲーミングチェアのように充実しています。

素材は、優しい肌触りのファブリック素材か、ツヤのあるPUレザー素材2種類から選ぶことができます。カラーは、ホワイト、ブラック、ブラウンの3色があり、いずれも部屋になじみやすいです。

ゲーミングチェアのように使えるふかふかなゲーミングソファとしておすすめです!

「GX-370」

画像:Amazonをスクリーンショット

「GX-370」は、座椅子タイプのゲーミングソファです。

機能としては、180度リクライニング、上下・左右に動かせる2Dアームレスト、腰を支えるランバーサポートの付属、背面ポケットの搭載ロック付きキャスターなど、通常のゲーミング座椅子のように充実しています。

素材は、優しい肌触りのファブリック素材か、ツヤのあるPUレザー素材2種類から選ぶことができます。カラーは、ホワイト、ブラック、ブラウンの3色があり、いずれも部屋になじみやすいです。

リラックスしながらゲームを楽しめるふかふかなゲーミングソファとしておすすめです!

関連記事:Bauhutteのゲーミングチェアおすすめ紹介

IODOOS「659」

画像:Amazonをスクリーンショット

IODOOS(イオドウス)は、千葉を拠点とするSCM株式会社が開発・販売しているゲーミングチェアブランドです。ブランドの知名度はあまり高くありませんが、1~2万円台の格安ゲーミングチェアを展開しており、Amazonなどの通販サイトを中心に売れているブランドです。

そんなIODOOSは、ゲーミングソファ「659」を販売しています。普通のソファのような雰囲気であり、部屋に溶け込みやすくなっています。

座面は12cmと肉厚、背もたれは20cmと極厚であり、ゆったり座ることができます。素材はPU(ポリウレタン)レザーであり、飲み物をこぼした時などにもふき取りやすいです。重さは120kgまで耐えられます。

機能としては、140度リクライニングが可能です。また、リクライニングをすると足元にフットレストが出てくるため、横に近い姿勢で仮眠を取ることもできます。さらに、ソファの両サイドに収納ポケットがついているため、テレビのリモコンやNintendo Switchなどを収納しておけます。

カラーは、グレー、ブラック、ベージュの3色があり、いずれも落ち着いた色合いです。

リラックス空間でゲームを楽しみたい方におすすめのゲーミングソファです!

関連記事:IODOOSのおすすめゲーミングチェア紹介

SKYE「3005」

画像:Amazonをスクリーンショット

SKYEは、中国のゲーミングブランドです。こちらもあまり知名度は高くありませんが、1~2万円台の格安ゲーミングチェアを販売しており、Amazonなどの通販サイトを中心に売れているブランドです。

そんなSKYEは、ゲーミングソファチェア「3005」を販売しています。

背もたれ・座面ともに2層のクッションでできており、ふっくらした座り心地を味わえます。素材はファブリックであるため、通気性もよく肌触りも優しいです。

機能としては、最大135度リクライニングが可能、リクライニングに連動して動くアームレスト、腰を支えるランバーサポート足置き(オットマン)の付属など、必要な機能が一通り揃っています。

カラーは、グリーン、グレー、ピンク、ブラウン、ブラック、ベージュ、ホワイト、ライトブラウンの8色と豊富であるため、自分の部屋にぴったりのカラーを見つけることができます。

1万円台で入手可能なふんわりゲーミングソファとしておすすめです!

関連記事:SKYEのおすすめゲーミングチェア紹介

Yogibo

最後に、「ゲーミングソファ」として売られているわけではありませんが、国内外のゲーマーに愛用者が多いソファシリーズである「Yogibo(ヨギボー)」を紹介します。

画像:Amazonより

Yogiboは、2009年にアメリカで生まれたブランドです。独自の新技術を用いて、どこから座っても体にフィットする画期的なビーズクッションを開発しています。国内での評判も高く、人気のブランドです。

立てて置いたり、背もたれを作ったり、ベッド代わりにしたりなど、自在に変形可能であり、快適で実用性が高いです。カバーも洗濯可能で、中身がへたってきたら詰め替えもできるので、長く使い続けることも出来ます。カバーのカラーは17種類あり、部屋の雰囲気に合わせて選ぶことができます。

個人的に、Yogiboはゲーミングソファとしておすすめです!筆者の友人も、AKRacingのゲーミングチェアを使っていたのですが、Yogiboを導入してからはYogiboばかり使うようになったと話していました。

Yogiboにはサイズに応じていくつかの種類がありますが、ゲーム時におすすめできるのは「Lounger」「Midi」「Max」の3つです。

「Yogibo Lounger」

画像:Amazonより

Yogibo Lounger(ヨギボー ラウンジャー)は、一人用ソファサイズです。曲線的な形をしており、すでに背もたれに相当する部分もあるため、写真のようにくつろぎながらゲームをすることができます。

「Yogibo Midi」

画像:Amazonより

Yogibo Midi(ヨギボー ミディ)は、二人掛けソファにもなる横長タイプです。長さ135cmの直方体のような形状となっており、一人で使う時には写真のように背もたれ付きのイスのような形にすることもできます。横に置けば二人用ソファや仮眠スペースにもなり、使わないときには立てて置いておくこともできるなど、利便性も高いです。

「Yogibo Max」

画像:Amazonより

Yogibo Max(ヨギボー マックス)は、長さ170cmのビックサイズです。Midiのように縦に使うことでゲームを快適にプレイできるソファになるだけでなく、日常使いのイスやベッドとしても使うことができて万能です。大きいので存在感はありますが、十分な広さのある部屋に導入すると、生活がより快適になるかもしれません!

色や特徴からゲーミングチェアを選ぼう

▷ 【全10色】色別のおすすめゲーミングチェア紹介
▷ 「赤色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「オレンジ色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「黄色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「緑色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「ミント色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「水色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「青色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「パープル色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「ピンク色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「白色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「黒色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「グレー色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「ブラウン色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「ベージュ色」のゲーミングチェアおすすめ紹介

▷ 部屋に自然になじむ「おしゃれ」なゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ ファブリック素材で「通気性の良い」ゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ メッシュ素材のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 180度リクライニングで「寝れる」ゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ オットマン(足置き)付きのゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ テレワークにおすすめのゲーミングチェア紹介
▷ 「ゲーミングソファ」のおすすめ紹介
▷ 「ゲーミング座椅子」のおすすめ紹介
▷ ピンク色のかわいいゲーミング座椅子のおすすめ紹介
▷ 【180cm~】大柄・高身長におすすめのゲーミングチェア紹介
▷ 【150cm台】小柄・低身長におすすめのゲーミングチェア紹介
▷ 女性向け!かわいいゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 高級ゲーミングチェアのおすすめ紹介
▷ マッサージ機能付きゲーミングチェアのおすすめ紹介
▷ 日本メーカーのゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 光るゲーミングチェアのおすすめ紹介
▷ 跳ね上げ式アームレストのゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ スピーカー付きゲーミングチェアのおすすめ紹介
▷ サンリオとのコラボデザインのゲーミングチェアおすすめ紹介

人気ゲーミングチェアを見てみる

▷ 【ガチで厳選】おすすめゲーミングチェア紹介
▷ ゲーミングチェアのおすすめメーカー10選
▷ 【1万円台】安いゲーミングチェアのおすすめ紹介

ほかのゲーミングチェアもどうぞ

▷ AKRacingのゲーミングチェア全紹介
▷ DXRACERのゲーミングチェア全紹介
▷ 【番外編】AKRacing・DXRACER・GTRACINGの違いを解説!
▷ Bauhutteのゲーミングチェア全紹介
▷ CORSAIRのゲーミングチェア全紹介
▷ イトーキのゲーミングチェア全紹介
▷ COUGARのゲーミングチェア全紹介
▷ noblechairsのゲーミングチェア全紹介
▷ 関家具のゲーミングチェア全紹介
▷ Secretlabのゲーミングチェア全紹介
▷ サンワダイレクトのゲーミングチェア全紹介
▷ VERTAGEARのゲーミングチェア全紹介
▷ オカムラのゲーミングチェア全紹介
▷ Razerのゲーミングチェア全紹介
▷ 玄人志向のゲーミングチェア全紹介

格安のゲーミングチェアを見てみる

▷ GTRACINGのゲーミングチェア全紹介
▷ AutoFullのゲーミングチェア全紹介
▷ Dowinxのゲーミングチェア全紹介
▷ Darkechoのゲーミングチェア全紹介
▷ E-WINのゲーミングチェア全紹介
▷ EXRACINGのゲーミングチェア全紹介
▷ GALAXHEROのゲーミングチェア全紹介
▷ GTPLAYERのゲーミングチェア全紹介
▷ GTXMANのゲーミングチェア全紹介
▷ GXTRACEのゲーミングチェア全紹介
▷ HBADAのゲーミングチェア全紹介
▷ IODOOSのゲーミングチェア全紹介
▷ JKOOKのゲーミングチェア全紹介
▷ KARNOXのゲーミングチェア全紹介
▷ LEOVOLのゲーミングチェア全紹介
▷ LUCKRACERのゲーミングチェア全紹介
▷ NEOLEAD(Liv House)のゲーミングチェア全紹介
▷ NIONIKのゲーミングチェア全紹介
▷ PRORACINGのゲーミングチェア全紹介
▷ RAKUのゲーミングチェア全紹介
▷ RXGAMINGのゲーミングチェア全紹介
▷ SKYEのゲーミングチェア全紹介
▷ SupBoxのゲーミングチェア全紹介
▷ SWOLOLのゲーミングチェア全紹介