【2022年版】Bauhutteのゲーミングチェアおすすめ全紹介!

ゲーミングチェアゲーミング家具

ゲーミングチェアの購入にあたり、日本発ゲーミングブランドのBauhutte(バウヒュッテ)のゲーミングチェアが気になっている方もいるでしょう。Bauhutteのゲーミングチェアは、日本人体型向けの設計や、部屋になじむソファタイプのものがあるなど、日本人が使いやすいように開発されています。

この記事では、Bauhutteが販売しているゲーミングチェアの特徴や違いを詳しくまとめました!Bauhutteのゲーミングチェア選びの参考となれば幸いです。

関連記事
▷ 【ガチで厳選】おすすめゲーミングチェア紹介
▷ ゲーミングチェアのおすすめメーカー10選

スポンサーリンク

Bauhutteってどんなメーカー?

ロゴ:公式Twitterより

Bauhutte(バウヒュッテ)は、大阪に拠点を持つビーズ株式会社が展開しているゲーミング家具ブランドです。ゲーミングチェアブランドでは珍しい日本メーカーです。

「デスクを秘密基地にする」といったコンセプトで、ゲーミングチェアのみならず、ゲーミングデスクやゲーミングベッドなど、ゲーム好きのための様々な家具を展開しています。

欧米人よりも小柄な日本人の体型に合わせた超低座面設計や、座椅子タイプソファタイプのゲーミングチェアをラインナップするなど、日本人のニーズに合わせたユニークな商品を開発しています。価格帯も1~3万円台(定価)と、手の届きやすい価格となっています。もちろん、サポートも日本語で受けられます。

Bauhutteのゲーミングチェアのシリーズごとの違い

2022年5月現在、Bauhutteからは、ゲーミングチェアが7モデル、ゲーミング座椅子が4モデル発売されています。

新スタンダードシリーズ…チェアタイプの「G-550」と座椅子タイプの「GX-550」

高機能シリーズ…チェアタイプの「G-530」と座椅子タイプの「GX-530」

ソファシリーズ…チェアタイプの「G-370」と座椅子タイプの「GX-370」

大柄向けシリーズ…チェアタイプの「G-570」と座椅子タイプ「GX-570」

テレワーク向けシリーズ…チェアタイプの「G-130」

エントリーシリーズ…チェアタイプの「G-510」

シンプルシリーズ…チェアタイプの「RS-600」

それぞれのモデルの特徴を詳しく紹介していきます!

新スタンダードシリーズ

画像:製品HPをスクリーンショット

ゲーミングチェア「G-550」およびゲーミング座椅子「GX-550」は、Bauhutteの人気モデルを改良して作られた、新たなスタンダードシリーズです。バランスの良いモデルが欲しい方や、どれにするか迷った方におすすめです!

チェアタイプ「G-550」

画像:Amazonをスクリーンショット

「G-550」は、機能性のバランスが良いスタンダードなゲーミングチェアです。

ファブリック素材の採用により、通気性が良好です。フィット感の高い座り心地になっており、さらに11cmの肉厚座面によって、お尻も疲れにくくなっています。

推奨身長は154cm~189cmであり、幅広い体型の方が座れます。重さは約100kgまで耐えられます。キャスターはロックがついていないので、スムーズな移動が可能です。

機能としては、135度リクライニングが可能、ゆりかごのように座面を揺らせるロッキング機能、前後・左右・上下に動く3Dアームレスト、腰クッション(ランバーサポート)と首クッション(ヘッドレスト)の付属など、充実しています。ランバーサポートとヘッドレストは取り外し可能で、さらにカバーを着脱できるためお手入れも簡単です。

カラーは、黒、赤、青の3色があります。Bauhutteの新定番ゲーミングチェアとして、幅広い方におすすめです!

created by Rinker
Bauhutte(バウヒュッテ)
¥31,679(2022/06/29 21:57:14時点 Amazon調べ-詳細)

ロングセラーモデル「RS-950RR」

G-550の元となった旧モデルである「RS-950RR」もあります。旧モデルでありながらも、今でも売れ続けている、Bauhutteのロングセラーなゲーミングチェアです。

座椅子タイプ「GX-550」

画像:Amazonをスクリーンショット

ゲーミング座椅子「GX-550」は、ゲーミングチェアG-550の座椅子版です。

G-550と同様にファブリック素材の採用により、通気性が良好です。フィット感の高い座り心地になっており、さらに11cmの肉厚座面によって、お尻も疲れにくくなっています。こちらはキャスターにロックが付いているので位置の固定が可能です。重さは約100kgまで耐えられます。

機能としては、180度リクライニングが可能、前後・左右・上下に動く3Dアームレスト、腰クッション(ランバーサポート)と首クッション(ヘッドレスト)の付属など、G-550と同様に充実しています。ランバーサポートとヘッドレストは取り外し可能で、さらにカバーを着脱できるためお手入れも簡単です。

カラーは、黒、赤、青の3色があります。スタンダードで快適なゲーミング座椅子としておすすめです!

created by Rinker
Bauhutte(バウヒュッテ)
¥32,460(2022/06/30 00:17:52時点 Amazon調べ-詳細)

ロングセラーモデル「LOC-950RR」

GX-550の元となった旧モデルである「LOC-950RR」もあります。こちらも旧モデルでありながらも人気の高い、Bauhutteのロングセラーなゲーミング座椅子です。

関連記事:ゲーミング座椅子のおすすめ紹介

高機能シリーズ

画像:製品HPをスクリーンショット

ゲーミングチェア「G-530」およびゲーミング座椅子「GX-530」は、新スタンダードシリーズよりもさらに高機能なシリーズです。せっかくなら上位モデルを買いたいという方におすすめです。

チェアタイプ「G-530」

画像:Amazonをスクリーンショット

「G-530」は、高機能タイプのゲーミングチェアです。

ファブリック素材の採用により、通気性が良好です。フィット感の高い座り心地になっており、さらに11cmの肉厚座面によって、お尻も疲れにくくなっています。また、座面クッションは取り外し可能なため、奥行の調節や掃除も楽々です。

推奨身長は154cm~177cmであり、多くの日本人の方にフィットするサイズ感です。重さは約100kgまで耐えられます。

機能としては、135度リクライニングが可能、ゆりかごのように座面を揺らせるロッキング機能、前後・左右・上下に動いて横幅調節もできる4Dアームレスト、腰クッション(ランバーサポート)と首クッション(ヘッドレスト)の付属など、充実しています。

ランバーサポートとヘッドレストは取り外し可能で、さらにカバーを着脱できるためお手入れも簡単です。ヘッドレストの位置は4段階で調節することができます。

カラーは、黒、赤、青、緑の4色があります。より快適な座り心地を追求できる高機能ゲーミングチェアとしておすすめです!

座椅子タイプ「GX-530」

画像:Amazonをスクリーンショット

ゲーミング座椅子「GX-530」は、ゲーミングチェアG-530の座椅子版です。

G-530と同様にファブリック素材の採用により、通気性が良好です。フィット感の高い座り心地になっており、さらに11cmの肉厚座面によって、お尻も疲れにくくなっています。また、座面クッションは取り外し可能なため、奥行の調節や掃除も楽々です。

機能としては、180度リクライニングが可能、前後・左右・上下に動いて横幅調節もできる4Dアームレスト、腰クッション(ランバーサポート)と首クッション(ヘッドレスト)の付属など、G-530と同様に充実しています。

ランバーサポートとヘッドレストは取り外し可能で、さらにカバーを着脱できるためお手入れも簡単です。ヘッドレストの位置は4段階で調節することができます。キャスターもロック付きなので、移動も固定も自由にできます。

カラーは、黒、赤、青、緑の4色があります。自由度の高い高機能ゲーミング座椅子としておすすめです!

関連記事:ゲーミング座椅子のおすすめ紹介

ソファシリーズ

画像:公式HPをスクリーンショット

続いてご紹介するのは、非常に個性的な「ゲーミングソファ」シリーズです。ふんわりした座り心地が特徴のこのシリーズは、部屋へのなじみやすさを考えて開発された、日本メーカーならではの画期的な商品です。

ソファシリーズには、チェアタイプの「GX370」と、座椅子タイプの「GX-370」があります。

チェアタイプ「G-370」

画像:Amazonをスクリーンショット

「G-370」は、チェアタイプのゲーミングソファです。

素材は、優しい肌触りのファブリック素材か、ツヤのあるPUレザー素材2種類から選ぶことができます。座面は12cmと肉厚で、ソファのようなふんわりした座り心地が得られます。また、座面クッションは取り外し可能なため、奥行の調節や掃除も楽々です。重さは約100kgまで耐えられます。

ほかにも、最大150度リクライニングが可能、ゆりかごのように座面を揺らせるロッキング機能、上下・左右に動かせる2Dアームレスト、腰クッション(ランバーサポート)の付属、背面ポケットの搭載など、充実しています。

カラーは、ホワイト、ブラック、ブラウンの3色があります。素材によって色味が少し異なります。リラックスできるおすすめのゲーミングソファです!

座椅子タイプ「GX-370」

画像:Amazonをスクリーンショット

「GX-370」は、座椅子タイプのゲーミングソファです。

素材は、優しい肌触りのファブリック素材か、ツヤのあるPUレザー素材2種類から選ぶことができます。座面は12cmと肉厚で、ソファのようなふんわりした座り心地が得られます。また、座面クッションは取り外し可能なため、奥行の調節や掃除も楽々です。重さは約100kgまで耐えられます。

ほかにも、最大180度リクライニングが可能、上下・左右に動かせる2Dアームレスト、腰クッション(ランバーサポート)の付属、背面ポケットの搭載ロック付きキャスターなど、充実しています。

カラーは、ホワイト、ブラック、ブラウンの3色があります。素材によって色味が少し異なります。生活に溶け込むゲーミングソファとしておすすめです!

初代モデル「GX-350」

ゲーミングソファ座椅子の初代モデルである「GX-350」もあります。こちらには、綺麗なグリーンのカラーもあります。売れすぎて在庫切れの時代も長かった大人気モデルです。

created by Rinker
Bauhutte(バウヒュッテ)
¥38,000(2022/06/30 00:17:54時点 Amazon調べ-詳細)

関連記事:「ゲーミングソファ」のおすすめ紹介

大柄向けシリーズ

画像:製品HPをスクリーンショット

ゲーミングチェア「G-570」およびゲーミング座椅子「GX-570」は、座面の高さにこだわった、大柄な人向けシリーズです。高身長な方や、体格の良い方におすすめです。

チェアタイプ「G-570」

画像:Amazonのスクリーンショット

「G-570」は、大柄な人でも座れるゲーミングチェアです。

座面の調節幅が大きく、最大56cmの高さまで上げることができます。推奨身長は158cm~209cmと、高身長の方でも快適に座ることができます。他のモデルよりもワイドな背もたれになっているほか、ゲーミングチェアには珍しいポケットコイルを使用した12cmの肉厚座面であるため、大柄な人でもゆったり座れます。重さは約100kgまで耐えられます。

素材はファブリックで、通気性が良いです。また、背もたれには収納ポケットがついており便利です。座面クッションは取り外し可能なため、奥行の調節や掃除も楽々です。

ほかにも、135度リクライニングが可能、ゆりかごのように座面を揺らせるロッキング機能、前後・左右・上下に動いて横幅調節もできる4Dアームレスト、腰クッション(ランバーサポート)と首クッション(ヘッドレスト)の付属など、充実しています。

カラーは、黒、赤、青、緑の4色があります。大柄な人でも快適に座れるゲーミングチェアとしておすすめです!

座椅子タイプ「GX-570」

画像:Amazonのスクリーンショット

ゲーミング座椅子「GX-570」は、ゲーミングチェアG-570の座椅子版です。

座椅子タイプには、座面の高さという概念はないですが、G-570と同様に他のモデルよりもワイドな背もたれになっているほか、ゲーミングチェアには珍しいポケットコイルを使用した12cmの肉厚座面である点が、大柄な人でも安心して座れるポイントだと言えます。

G-570と同様にファブリック素材の採用により、通気性が良好です。また、便利な背もたれの収納ポケットが付属しているほか、座面クッションは取り外し可能なため、奥行の調節や掃除も楽々です。

機能としては、180度リクライニングが可能、前後・左右・上下に動いて横幅調節もできる4Dアームレスト、腰クッション(ランバーサポート)と首クッション(ヘッドレスト)の付属など、G-570と同様に充実しています。キャスターもロック付きなので、移動も固定も自由にできます。

カラーは、黒、赤、青、緑の4色があります。ゆったり座れる高機能ゲーミング座椅子としておすすめです!

created by Rinker
Bauhutte(バウヒュッテ)
¥38,454(2022/06/30 00:17:55時点 Amazon調べ-詳細)

関連記事:高身長・大柄な人におすすめのゲーミングチェア紹介

エントリーシリーズ「G-510」

画像:製品HPをスクリーンショット

ゲーミングチェア「G-510」は、シンプルでありながらも上位モデルと同等の座り心地を実現した、エントリーシリーズです。1万円台という低価格であるため、学生ゲーマーの方でも入手しやすいです。こちらはチェアタイプのみとなります。

画像:Amazonをスクリーンショット

背もたれには通気性の良いメッシュ素材、座面部分には耐久性の高いファブリック素材が使用されており、長時間快適に使用することができます。上位モデルと同じクッション材を使った13.5cmの肉厚座面により、エントリーモデルでありながら上質な座り心地を得られます。

推奨身長は154cm~177cmと、幅広い方が使用できます。重さは約100kgまで耐えられます。

機能は他モデルよりもシンプルです。リクライニング機能はなく、ゆりかごのように座面を揺らせるロッキング機能はあります。首クッション(ヘッドレスト)は付属していませんが、その代わり背もたれの肩部分にクッションが内蔵されています。腰クッション(ランバーサポート)は付属します。

また、アームレストは付属していませんが、別売りのものをつけることができます。

カラーは、黒、赤、青、緑の4色があります。勉強にもゲームにも使えるコスパの高いゲーミングチェアとしておすすめです!

created by Rinker
Bauhutte(バウヒュッテ)
¥15,014(2022/06/29 15:54:00時点 Amazon調べ-詳細)

関連記事:【1万円台】安いゲーミングチェアのおすすめ紹介!

テレワーク向けシリーズ「G-130」

画像:製品HPをスクリーンショット

ゲーミングチェア「G-130」は、ゲーミングチェアの快適性をビジネスマン向けに応用したシリーズです。仕事空間に合うようデザインもシンプルに抑えられており、自宅でテレワークをする方におすすめです。こちらはチェアタイプのみとなります。

素材はメッシュ生地となっているため、通気性が良く蒸れにくいです。一方で、座面はゲーミングチェアと同じくクッション性の高い座面になっており、長時間座ってもお尻が疲れません。また、座面クッションは取り外し可能なため、奥行の調節や日々のお手入れも簡単です。

推奨身長は154cm~177cmと、幅広い方が使用できます。重さは約100kgまで耐えられます。

機能としては、リクライニング機能はなく、ゆりかごのように座面を揺らせるロッキング機能はあります。首クッション(ヘッドレスト)は付属していませんが、腰クッション(ランバーサポート)は付属します。また、跳ね上げ式のアームレストがついており、チェアの収納時にも邪魔になりません。

カラーは、黒、赤、青、緑の4色があります。テレワークもゲームも長時間快適にできるゲーミングチェアとしておすすめです!

関連記事:テレワーク・仕事におすすめのゲーミングチェア紹介

シンプルシリーズ「RS-600」

画像:Amazonをスクリーンショット

ゲーミングチェア「RS-600」は、必要機能に絞ったシンプルなシリーズです。背もたれはミドルバックであり、大きすぎず小さすぎないサイズ感であるため、ゲーム空間のみならず仕事用としても使いやすいです。こちらはチェアタイプのみとなります。

素材はファブリックであるため、通気性が良く、長時間の利用でも蒸れにくくなっています。日本人向けの低座面設計であり、150cm~181cmの方が快適に座れるように作られています。

機能としては、135度リクライニングが可能、座面を揺らせるロッキング機能、腰クッション(ランバーサポート)の付属など、必要機能に絞られています。アームレストはついておらず、別売りのものをつけることができます。

カラーはブラックのみです。見た目も機能もシンプルなゲーミングチェアとしておすすめです!

有名メーカーのほかのゲーミングチェアもどうぞ

▷ AKRacingのゲーミングチェア全紹介
▷ DXRACERのゲーミングチェア全紹介
▷ 【番外編】AKRacing・DXRACER・GTRACINGの違いを解説!
▷ Bauhutteのゲーミングチェア全紹介
▷ CORSAIRのゲーミングチェア全紹介
▷ イトーキのゲーミングチェア全紹介
▷ COUGARのゲーミングチェア全紹介
▷ noblechairsのゲーミングチェア全紹介
▷ 関家具のゲーミングチェア全紹介
▷ Secretlabのゲーミングチェア全紹介
▷ サンワダイレクトのゲーミングチェア全紹介
▷ VERTAGEARのゲーミングチェア全紹介
▷ オカムラのゲーミングチェア全紹介
▷ Razerのゲーミングチェア全紹介

人気ゲーミングチェアを見てみる

▷ 【ガチで厳選】おすすめゲーミングチェア紹介
▷ ゲーミングチェアのおすすめメーカー10選
▷ 【1万円台】安いゲーミングチェアのおすすめ紹介

色や特徴からゲーミングチェアを選ぼう

▷ 【全10色】色別のおすすめゲーミングチェア紹介
▷ 「赤色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「オレンジ色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「黄色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「緑色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「ミント色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「水色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「青色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「パープル色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「ピンク色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「白色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「黒色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「グレー色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「ブラウン色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「ベージュ色」のゲーミングチェアおすすめ紹介

▷ 部屋に自然になじむ「おしゃれ」なゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ ファブリック素材で「通気性の良い」ゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ メッシュ素材のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 180度リクライニングで「寝れる」ゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ オットマン(足置き)付きのゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ テレワークにおすすめのゲーミングチェア紹介
▷ 「ゲーミングソファ」のおすすめ紹介
▷ 「ゲーミング座椅子」のおすすめ紹介
▷ 【180cm~】大柄・高身長におすすめのゲーミングチェア紹介
▷ 【150cm台】小柄・低身長におすすめのゲーミングチェア紹介
▷ 女性向け!かわいいゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 高級ゲーミングチェアのおすすめ紹介
▷ マッサージ機能付きゲーミングチェアのおすすめ紹介
▷ 日本メーカーのゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 光るゲーミングチェアのおすすめ紹介
▷ 跳ね上げ式アームレストのゲーミングチェアおすすめ紹介

格安ゲーミングチェアを見てみる

▷ GTRACINGのゲーミングチェア全紹介
▷ E-WINのゲーミングチェア全紹介
▷ SWOLOLのゲーミングチェア全紹介
▷ EXRACINGのゲーミングチェア全紹介
▷ GALAXHEROのゲーミングチェア全紹介
▷ JKOOKのゲーミングチェア全紹介
▷ Dowinxのゲーミングチェア全紹介
▷ GTXMANのゲーミングチェア全紹介
▷ HBADAのゲーミングチェア全紹介
▷ SKYEのゲーミングチェア全紹介
▷ RAKUのゲーミングチェア全紹介
▷ GTPLAYERのゲーミングチェア全紹介
▷ LEOVOLのゲーミングチェア全紹介
▷ IODOOSのゲーミングチェア全紹介
▷ LUCKRACERのゲーミングチェア全紹介
▷ NEOLEAD(Liv House)のゲーミングチェア全紹介
▷ PRORACINGのゲーミングチェア全紹介
▷ KARNOXのゲーミングチェア全紹介