水色のゲーミングチェアおすすめ5つ紹介!【2022年版】

ゲーミングチェアゲーミング家具

ゲーミングチェアをお探しの方の中には、「水色系のゲーミングチェアが欲しい!」とお考えの方もいらっしゃるでしょう。ゲーミングチェアは存在感の大きな家具ですから、好きな色であることや、部屋と調和するデザインであることも重要なポイントです。

この記事では、水色系のゲーミングチェアのおすすめを5つご紹介します!ぜひ、ゲーミングチェア選びの参考にしてみてください。

関連記事
▷ 【ガチで厳選】おすすめゲーミングチェア紹介
▷ 女性向け!かわいいゲーミングチェアおすすめ紹介

スポンサーリンク

COUGAR「ARMOR ONE」

画像:Amazonより

COUGAR(クーガー)は、ドイツのゲーミングデバイスブランドです。ゲーミングチェアのみならず、キーボードやマウスなど、ゲーム向けの製品を多数展開しています。COUGARのゲーミングチェアは大人びた雰囲気で、座り心地の良さにも定評があり、国内外のeスポーツプレイヤーに人気です。

そんなCOUGARの中でも、「ARMOR ONE」というモデルには、水色があります(公式名:SKY BLUE)。黒地に水色が鮮やかに映える、チェックパターンが施されたおしゃれなデザインとなっています。

素材はPVC(ポリ塩化ビニル)レザーであり、高級感があり汚れにも強いです。背もたれが高めの作りになっており、体全体をしっかりとサポートしてくれます。日本人向けの低座面設計となっているため、身長が低めの方でも足が付きます。120kgの重さまで耐えられるなど、耐久性も高いです。

機能としては、最大180度リクライニングが可能、座面を揺らせるロッキング機能、上下昇降・左右の角度調節ができる2Dアームレスト、腰クッション(ランバーピロー)と首クッション(ヘッドピロー)の付属など、十分に充実しています。

おしゃれな雰囲気の水色系ゲーミングチェアとしておすすめです!

関連記事:COUGARのゲーミングチェアおすすめ紹介

Dowinx「LS-6668」

画像:Amazonをスクリーンショット

Dowinx(ドウィンクス)は、中国の格安系ゲーミングチェアメーカーです。2万円台という安さで、有名メーカーに劣らない高機能なゲーミングチェアを展開しています。個性的なデザインやサポート対応の良さにも定評がある、日本人にも人気の高い格安系メーカーとなっています。

そんなDowinxの中でも、「LS-6668」というモデルには、水色があります(公式名:スカイブルー)。全体が淡い水色で落ち着いた印象を与えます。

素材はファブリックであり通気性が良く、ソファのような優しい雰囲気です。座面には高級ソファ使われているコイルスプリングクッションが採用されているため、快適な座り心地です。推奨身長は160~180cmと少し高めです。重さは135kgまで耐えられるため、大柄な方でも安心して座れます。

機能としては、最大170度リクライニングが可能、上下昇降できる1Dアームレスト、腰クッション(マッサージ振動機能付きランバーサポート)と首クッション(ヘッドレスト)の付属、足置き(オットマン)の付属など、2万円台でありながら充実しています。

部屋になじみやすい高コスパな水色系ゲーミングチェアとしておすすめです!

関連記事:Dowinxのゲーミングチェアおすすめ紹介

GTRACING「MCFC」

画像:Amazonをスクリーンショット

GTRACING(ジーティーレーシング)は、中国の格安ゲーミングチェアメーカーです。1~3万円台という安さで幅広い機能・デザインのゲーミングチェアをラインナップしています。有名メーカーにはない独自機能を備えたモデルも展開していることなどから、格安界No.1の売れ筋となっています。

そんなGTRACINGの中でも、「MCFC」というモデルには、水色があります(公式名:ライトブルー)。

イングランドのプロサッカークラブであるマンチェスター・シティのeスポーツ部門とのコラボモデルであり、クラブのテーマカラーである鮮やかな水色を基調とするデザインとなっています。

素材はPU(ポリウレタン)レザーであり、高級感があります。座面も10cmと肉厚であるため座り心地も良く、日本人向けの低座面設計であるため幅広い体型の方が座れます。

機能としては、最大165度リクライニングが可能、上下昇降できる1Dアームレスト、腰クッション(マランバーサポート)と首クッション(ヘッドレスト)の付属、足置き(オットマン)の付属、さらには、チェア本体にBluetoothスピーカーがついているという、かなりの高機能です。

眼鏡をかけながらヘッドフォンをしていてこめかみが痛くなる方や、長時間のイヤフォンの使用で耳が疲れてしまう方には、Bluetoothスピーカー付きのチェアは疲労軽減となるでしょう!

ポップなデザインや機能性の高さに惹かれた方にお勧めの水色系ゲーミングチェアです!

関連記事:GTRACINGのゲーミングチェアおすすめ紹介

IODOOS「18シリーズ」

画像:Amazonより

IODOOS(イオドウス)は、千葉を拠点とするSCM株式会社が開発・販売しているゲーミングチェアブランドです。有名なブランドではありませんが、1~2万円台という格安さが理由で、Amazonなどの通販サイトで人気のゲーミングチェアブランドとなっています。

そんなIODOOSの中でも、「18シリーズ」というモデルには、水色があります(公式名:ブルー)。

他社のゲーミングチェアにはないトリコロールのデザインで、どことなくヨーロピアンな雰囲気があります。

素材は、低反発のPVC(ポリ塩化ビニル)レザーであり、高級感があり汚れにも強いです。ゲーミングチェアらしく、ホールド感のある座り心地となっています。日本人向けの低座面設計となっており、155cm以上の方に向いているサイズ感です。

機能としては、最大170度リクライニングが可能、座面を揺らせるロッキング機能、上下・左右に動く2Dアームレスト、腰クッション(ランバーサポート)と首クッション(ヘッドレスト)の付属など、1万円台でありながら十分に充実しています。

個性的でお手頃価格の水色系ゲーミングチェアとしておすすめです!

関連記事:IODOOSのゲーミングチェアおすすめ紹介

SWOLOL「SW05」

画像:Amazonをスクリーンショット

SWOLOL(スワォーロ)は、中国の格安系ゲーミングブランドです。正直謎が多いブランドなのですが、1万円台という圧倒的な安さでゲーミングチェアを展開しているほか、さらに可愛いデザインが多いため、限られた予算でコスパの高いチェアが欲しい方に人気です。

そんなSWOLOLの中でも、「SW05」というモデルには、水色があります(公式名:ブルー)。

淡めの水色とホワイトが可愛らしいデザインで、ほっこり感のあるゲーミングチェアとなっています。ちなみに、同じモデルの「ホワイト」というカラーは、水色と白が反転したデザインになっており、こちらも可愛いです。

素材は、ソファのような肌触りのPU(ポリウレタン)レザーです。座面も12cmと肉厚で、弾力のある座り心地を味わえます。一般的な低座面設計となっているため、身長155~185cmぐらいの方が座るのに向いてるでしょう。

機能としては、最大175度リクライニングが可能、座面を揺らせるロッキング機能、上下・前後・左右に動かせる3Dアームレスト、腰クッション(ランバーサポート)と首クッション(ヘッドレスト)の付属、足置き(オットマン)の付属など、十分に高機能です。

優しい雰囲気のゲーミング部屋を作りたい方におすすめの水色系ゲーミングチェアです!

関連記事:SWOLOLのゲーミングチェアおすすめ紹介

人気ゲーミングチェアを見てみる

▷ 【ガチで厳選】おすすめゲーミングチェア紹介
▷ ゲーミングチェアのおすすめメーカー10選
▷ 【1万円台】安いゲーミングチェアのおすすめ紹介

色や特徴からゲーミングチェアを選ぼう

▷ 【全10色】色別のおすすめゲーミングチェア紹介
▷ 「赤色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「オレンジ色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「黄色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「緑色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「ミント色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「水色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「青色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「パープル色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「ピンク色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「白色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「黒色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「グレー色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「ブラウン色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「ベージュ色」のゲーミングチェアおすすめ紹介

▷ 部屋に自然になじむ「おしゃれ」なゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ ファブリック素材で「通気性の良い」ゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ メッシュ素材のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 180度リクライニングで「寝れる」ゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ オットマン(足置き)付きのゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ テレワークにおすすめのゲーミングチェア紹介
▷ 「ゲーミングソファ」のおすすめ紹介
▷ 「ゲーミング座椅子」のおすすめ紹介
▷ 【180cm~】大柄・高身長におすすめのゲーミングチェア紹介
▷ 【150cm台】小柄・低身長におすすめのゲーミングチェア紹介
▷ 女性向け!かわいいゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 高級ゲーミングチェアのおすすめ紹介
▷ マッサージ機能付きゲーミングチェアのおすすめ紹介
▷ 日本メーカーのゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 光るゲーミングチェアのおすすめ紹介
▷ 跳ね上げ式アームレストのゲーミングチェアおすすめ紹介

有名メーカーのゲーミングチェアを見てみる

▷ AKRacingのゲーミングチェア全紹介
▷ DXRACERのゲーミングチェア全紹介
▷ 【番外編】AKRacing・DXRACER・GTRACINGの違いを解説!
▷ Bauhutteのゲーミングチェア全紹介
▷ CORSAIRのゲーミングチェア全紹介
▷ イトーキのゲーミングチェア全紹介
▷ COUGARのゲーミングチェア全紹介
▷ noblechairsのゲーミングチェア全紹介
▷ 関家具のゲーミングチェア全紹介
▷ Secretlabのゲーミングチェア全紹介
▷ サンワダイレクトのゲーミングチェア全紹介
▷ VERTAGEARのゲーミングチェア全紹介
▷ オカムラのゲーミングチェア全紹介
▷ Razerのゲーミングチェア全紹介

格安メーカーのゲーミングチェアを見てみる

▷ GTRACINGのゲーミングチェア全紹介
▷ E-WINのゲーミングチェア全紹介
▷ SWOLOLのゲーミングチェア全紹介
▷ EXRACINGのゲーミングチェア全紹介
▷ GALAXHEROのゲーミングチェア全紹介
▷ JKOOKのゲーミングチェア全紹介
▷ Dowinxのゲーミングチェア全紹介
▷ GTXMANのゲーミングチェア全紹介
▷ HBADAのゲーミングチェア全紹介
▷ SKYEのゲーミングチェア全紹介
▷ RAKUのゲーミングチェア全紹介
▷ GTPLAYERのゲーミングチェア全紹介
▷ LEOVOLのゲーミングチェア全紹介
▷ IODOOSのゲーミングチェア全紹介
▷ LUCKRACERのゲーミングチェア全紹介
▷ NEOLEAD(Liv House)のゲーミングチェア全紹介
▷ PRORACINGのゲーミングチェア全紹介
▷ KARNOXのゲーミングチェア全紹介