【2022年最新】サンワダイレクトのゲーミングチェアおすすめ14選

ゲーミングチェアゲーミング家具

ゲーミングチェアをお探しの方の中には、サンワダイレクトのゲーミングチェアが気になっている方もいるでしょう。サンワダイレクトのゲーミングチェアは、日本メーカーであるという安心感や、まるでオフィスチェアのようなシンプルなデザインが魅力的ですよね。

そんなサンワダイレクトのゲーミングチェアについて詳しく知りたい方に向けて、この記事では、サンワダイレクトの販売しているゲーミングチェアの特徴を詳しくまとめました!ぜひ参考にしてみてください。

関連記事
▷ 【ガチで厳選】おすすめゲーミングチェア紹介
▷ テレワークにおすすめのゲーミングチェア紹介

スポンサーリンク

サンワダイレクトってどんなメーカー?

ロゴ:Amazonより

サンワダイレクトは、1950年代から続く日本の老舗コンピュータ関連機器メーカーであるサンワサプライ株式会社が展開している通販サイト名およびブランド名です。サンワサプライの製品は、オフィスや個人宅に至るまで日本中で幅広く愛用されており、信頼の厚いメーカーです。

メーカーの名前は「サンワサプライ」ですが、Amazonなどの外部通販サイトでの出品時には「サンワダイレクト」というブランド名を使用しているようです。サンワサプライとサンワダイレクトは、実質同じものだと考えて良いでしょう。これを踏まえた上で、以後文中では、「サンワダイレクトの~」と表記します。

ゲーミングチェアの特徴

サンワダイレクトのゲーミングチェアは、1~3万円台と入手しやすい価格帯です。デザインはオフィスチェアのようにシンプルであるため、大人の方でも使いやすいです。また、日本メーカーであるため、日本人の体型に合ったサイズ感となっています。

生産国は中国ですが、日本語による分かりやすい取扱説明書の付属や商品説明があるため、似たような価格帯の中国メーカーの格安ゲーミングチェアよりも安心感を持って購入することができるでしょう。

また、日本よりも厳しいアメリカの国際品質基準をクリアしているほか、座面クッションには耐久性の高い高密度なウレタンを使用しているなど、品質面でも安心ができます。保証期間は購入から6カ月間と、他社と比べると短めですが、使い始めてすぐに不具合があった際には、日本語で対応してもらえます。

総じて、安心感を持って購入できる安めのゲーミングチェアとしておすすめできます!

サンワダイレクトのゲーミングチェアは14種類ある

画像:Amazonより

2022年11月現在、サンワダイレクトのゲーミングチェアは14種類販売されています。品番が英数字の羅列でコンセプトが少しわかりにくいので、個人的に4つに分類してみました。

・1万円台の格安モデル…4種類
・2万円以上のモデル…6種類
・3万円以上の高級モデル…2種類
・座椅子モデル…2種類

の計14種類です。それぞれについて、以下で詳しく紹介していきます!

1万円台の格安モデル(4種類)

まずは、1万円台で購入可能な4種類のモデルについてご紹介します。大まかな特徴は以下の通りです。

・150-SNCL016…バランス良し
・150-SNCL021…背もたれ低め
・150-SNCL020…超シンプルで最安
・150-SNCL017BK…光るゲーミングチェア

150-SNCL016:バランス良し

画像:Amazonをスクリーンショット

150-SNCL016は、機能がバランスよく揃っているモデルです。

素材は高級感のあるPU(ポリウレタン)レザー製で、シートもホールド感のあるバケットシートとなっており、身体をしっかりと支えます。80kgの重さまで耐えられます。

機能としては、150度リクライニングが可能、最大20度まで座面を揺らせるロッキング(ゆりかご)機能上下7段階に動くアームレスト360度回転可能な座面、首を支えるヘッドレストと腰を支えるランバーサポートの付属と、十分な機能が揃っています。

カラーはブルーとグレーの2色があります。サンワダイレクトの中でも特にスタンダードなゲーミングチェアとしておすすめです!

150-SNCL021:背もたれ低め

画像:Amazonをスクリーンショット

150-SNCL021は、背もたれが低めのモデルです。

素材は、汚れに強いPVC(ポリ塩化ビニル)レザー製で、ホールド感のあるバケットシートとなっています。背もたれが74cmと、一般的なゲーミングチェアよりもやや低めであるため、身長の低めの方でも頭の位置が適切に感じられると思います。また、80kgの重さまで耐えられます。

機能としては、150度リクライニングが可能、座面を揺らせるロッキング(ゆりかご)機能上下7段階に動くアームレスト360度回転可能な座面、首を支えるヘッドレストと腰を支えるランバーサポートの付属と、十分な機能が揃っています。

カラーはブラック1色のみです。身長が低めでも快適に座れるゲーミングチェアとしておすすめです!

150-SNCL020:超シンプルで最安

画像:Amazonをスクリーンショット

150-SNCL020は、最も安くてシンプルなモデルです。

素材は、汚れに強いPVC(ポリ塩化ビニル)レザー製です。他のモデルと比べると立体感には欠けますが、背中をしっかりと支えてくれます。ホールド感の少ない座り心地のほうがお好きな方に向いているでしょう。重さは80kgまで耐えられます。

機能としては、跳ね上げ式で収納しやすいアームレスト、座面を揺らせるロッキング機能と、非常にシンプルになっています。クッション類なども付属していません。

カラーはブラック&グレー1色のみです。シンプル機能ですっきりとしたゲーミングチェアをお探しの方におすすめです!

150-SNCL017BK:光るゲーミングチェア

画像:Amazonをスクリーンショット

150-SNCL017BKは、チェアの縁の部分にLEDが内蔵されている、光るゲーミングチェアです。専用のリモコンが付属しており、点灯パターンや明るさなどを自在に調節できます。

画像:Amazonより

色は12色、全366通りの光らせ方ができます。ゲーミングキーボードやマウスも光るタイプのもので統一するとテンションが上がりそうですね!電源は、座面の裏ポケットにモバイルバッテリーを収納・接続することで給電するようになっています。

素材がPU(ポリウレタン)レザー製な点や、シートがホールド感のあるバケットシートとなっている点は、他のモデルと同じです。80kgの重さまで耐えられます。

機能としては、150度リクライニングが可能、最大20度まで座面を揺らせるロッキング(ゆりかご)機能上下7段階に動くアームレスト360度回転可能な座面、首を支えるヘッドレストと腰を支えるランバーサポートの付属と、十分に充実しています。

カラーはブラック1色のみです。光るゲーミングチェアは非常に珍しいので、PC周辺をとにかく光らせたい方におすすめです!

ちなみに、このゲーミングチェアにも使える、大容量で安いモバイルバッテリーのおすすめは、Ankerの「Anker PowerCore 10000」です。

ほかにも、大容量で安いおすすめモバイルバッテリーを以下の記事でいくつか紹介していますので、興味のある方はご覧ください!

▷ おすすめモバイルバッテリー紹介

2万円以上のモデル(6種類)

続いて、2万円以上で購入可能な6種類のモデルについてご紹介します。大まかな特徴は以下の通りです。

・150-SNCL012…オットマン付き・スタンダード
・150-SNCL014…オットマン付き・ファブリック
・150-SNCL028:オットマン付き・背もたれ低め
・150-SNC130GY…部屋になじみやすい
・SNC-L20GY…オフィスでも使える
・150-SNCL022…大柄向けビッグサイズ

関連記事:オットマン(足置き)付きのゲーミングチェアおすすめ紹介

150-SNCL012:オットマン付き・スタンダード

画像:Amazonをスクリーンショット

150-SNCL012は、足置き(オットマン)の付属を特徴とするスタンダードなモデルです。

素材は、汚れに強いPVC(ポリ塩化ビニル)レザーで、ホールド感のあるバケットシートとなっています。背もたれは78.5cmであり、高すぎないくらいです。また、80kgの重さまで耐えられます。

機能としては、170度リクライニングが可能、リクライニングに連動して動くアームレスト、首を支えるヘッドレストと腰を支えるランバーサポートの付属、足置き(オットマン)の付属と、必要な機能が揃っています。オットマンとリクライニングを併用することで、真横に近い形でリラックスすることもできます。

カラーはブラック1色(黒地に赤)のみです。オットマン付きにこだわる方におすすめのゲーミングチェアです!

関連記事:オットマン(足置き)付きのゲーミングチェアおすすめ紹介

150-SNCL014:オットマン付き・ファブリック

画像:Amazonをスクリーンショット

150-SNCL014は、通気性の良いファブリック素材を採用したモデルです。

見た目は一般的なゲーミングチェアらしいデザインでありながらも、ファブリック素材の採用により、長時間のゲームプレイでも背中の蒸れや汗が気になりにくく、より快適に座ることができます。100kgの重さまで耐えられますので、大柄の方でもしっかりとサポートしてくれます。

機能としては、160度リクライニングが可能、座面を揺らせるロッキング(ゆりかご)機能、上下7段階に動く1Dアームレスト、首を支えるヘッドレストと腰を支えるランバーサポートの付属、オットマン(足置き)の付属など、十分に充実しています。

カラーは、黒地に赤の1色のみとなっています。通気性の良さが魅力的なゲーミングチェアとしておすすめです!

関連記事:ファブリック素材で「通気性の良い」ゲーミングチェアおすすめ紹介

150-SNCL028:オットマン付き・背もたれ低め

画像:Amazonをスクリーンショット

150-SNCL028は、オットマン付きで背もたれが低めのモデルです。

素材は、高級感のあるPU(ポリウレタン)レザーであり、ホールド感のあるバケットシートとなっています。背もたれが低めの設計となっているため、Web会議の際にもチェアが映りこみにくいです。重さは80kgまで耐えられます。

機能としては、170度リクライニングが可能、リクライニングに連動して動くアームレスト、首を支えるヘッドレストと腰を支えるランバーサポートの付属、足置き(オットマン)の付属と、必要な機能が揃っています。オットマンとリクライニングを併用することで、真横に近い形でリラックスすることもできます。

カラーはブラック1色のみです。シンプルなデザインで仕事でも使いやすいゲーミングチェアとしておすすめです!

150-SNC130GY:部屋になじみやすい

画像:Amazonをスクリーンショット

150-SNC130GYは、部屋になじみやすい落ち着いたデザインを特徴とするモデルです。

素材は、通気性の良いファブリック素材であり、固めのシートになっているため、長時間使ってもへたりにくく、身体をしっかりサポートし続けてくれます。150kgの重さまで耐えられますので、大柄の方でも安心して座れます。

機能としては、180度リクライニングが可能、座面を揺らせるロッキング(ゆりかご)機能、上下・前後・左右に動き首振りもできる4Dアームレスト360度回転可能な座面、首を支えるヘッドレストと腰を支えるランバーサポートの付属の付属など、十分に充実しています。

カラーは、グレー1色のみとなっています。落ち着いた雰囲気のゲーミングチェアをお探しの方におすすめです!

関連記事:部屋に自然になじむ「おしゃれ」なゲーミングチェアおすすめ紹介

SNC-L20GY:オフィスでも使える

画像:楽天をスクリーンショット

SNC-L20GYは、ゲーミングチェアとオフィスチェアの中間的モデルです。

素材は、高級感のあるPU(ポリウレタン)レザー製です。ホールド感の少ない座り心地であり、背もたれは65cmとゲーミングチェアとしては低めの作りになっています。重さは80kgまで耐えられます。

機能としては、跳ね上げ式で収納しやすいアームレスト、座面を揺らせるロッキング機能と、非常にシンプルです。クッション類なども付属していません。

カラーは、現在はグレー1色のみとなっています。仕事用にも使えるゲーミングチェアとして、シンプルめなものをお好みの方におすすめです!

created by Rinker
サンワサプライ(Sanwa Supply)
¥20,791(2022/11/30 10:16:15時点 Amazon調べ-詳細)

150-SNCL022:大柄向けビッグサイズ

画像:Amazonをスクリーンショット

150-SNCL022は、大柄向けのビッグサイズで高機能なモデルです。

素材は高級感のあるPU(ポリウレタン)レザー製で、ホールド感のあるバケットシートとなっています。背もたれは89cmと非常に高く、座面幅も広めで、165cm以上の方に向いているよう高い座面設計となっています。150kgの重さまで耐えられるため、大柄な人や高身長な方に向いたモデルだと言えます。

機能としては、160度リクライニングが可能、座面を揺らせるロッキング機能、上下・前後・左右に動き首振りもできる4Dアームレスト360度回転できる座面、 首を支えるヘッドレストと腰を支えるランバーサポート(上下移動可能)の付属など、高機能です。

カラーは、ブラック&レッド1色のみです。大きめのゲーミングチェアをお探しの方におすすめです!

関連記事:【180cm~】大柄・高身長におすすめのゲーミングチェア紹介

3万円台の高級モデル(2種類)

続いて、3万円台で購入可能な2種類のモデルについてご紹介します。大まかな特徴は以下の通りです。

・SNC-L18GY…ハイエンドモデル
・150-SNCL030…全体がメッシュ

SNC-L18GY:ハイエンドモデル

画像:Amazonをスクリーンショット

SNC-L18GYは、見た目の高級感と機能性が高いハイエンドモデルです。

素材は高級感のあるPU(ポリウレタン)レザー製で、シートもホールド感のあるバケットシートとなっています。80kgの重さまで耐えられます。

SNC-L18GYのリクライニングは180度倒すことができるので、真横になれます。最大16度まで座面を揺らせるロッキング(ゆりかご)機能もついています。また、アームレストは上下・前後・左右に動く3Dアームレストとなっています。座面は360度回転可能であり、首を支えるヘッドレストと腰を支えるランバーサポートも付属しています。

カラーは、現在はグレー1色のみとなっています。高級感のある見た目で、ゲーミング空間だけでなく普通の部屋にも馴染みやすいでしょう。

大人っぽい雰囲気のゲーミングチェアをお好みの方におすすめです!

150-SNCL030:全体がメッシュ

画像:Amazonをスクリーンショット

150-SNCL030は、チェア全体がメッシュ素材のモデルです。

ゲーミングチェアといえば、合成レザー素材やファブリック素材が多いですが、こちらは全体がメッシュ素材という珍しいモデルです。メッシュ素材は、弾力があり包み込まれるような座り心地と、通気性の高さが魅力的です。重さは100kgまで耐えられます。

機能としては、身体の動きに合わせて背もたれと座面が動くシンクロロッキング機能、上下・前後・左右に動き首振りもできる4Dアームレスト、高さと角度を調整できるヘッドレストの搭載、高さと角度を調整できるランバーサポートの搭載、前後の位置調整ができる座面など、非常に高機能です。

カラーは、ブラックとレッドの2色です。

抜群の通気性と機能性の高さが魅力的なゲーミングチェアとしておすすめです!

関連記事:メッシュ素材のゲーミングチェアおすすめ紹介

座椅子タイプ(2種類)

最後にご紹介するのは、椅子タイプではなく座椅子タイプのゲーミングチェアです。以下の2種類があります。

・150-SNCF031…キャスター付き座椅子
・150-SNCF006…少し高さがある座椅子

150-SNCF031:キャスター付き座椅子

画像:Amazonをスクリーンショット

150-SNCF031は、キャスター付きのゲーミング座椅子です。

チェアタイプの座面部分がそのまま座椅子になったような製品であり、低いテーブルで生活している方や、リビングでゆったりゲームを楽しみたい方に向いています。また、ゲーミング座椅子には珍しく、ストッパー機能付きのキャスターが付属しているため、座椅子を自由に移動させやすいです。

素材はPU(ポリウレタン)レザーであり、汚れた際のお手入れもしやすいです。重さは100kgまで耐えられます。

機能としては、最大135度リクライニングが可能、上下昇降できる1Dアームレスト、首を支えるヘッドレストと腰を支えるランバーサポートの付属など、チェアタイプと同様に充実しています。

カラーは、グレーとレッドの2色があります。

日常のくつろぎスペースとしても使える家具としておすすめです!

関連記事:「ゲーミング座椅子」のおすすめ紹介

150-SNCF006:少し高さがある座椅子

画像:Amazonをスクリーンショット

150-SNCF006は、床に直接置くタイプではなく、少し高さがある(座面含めて地面から36cm)ゲーミング座椅子となっています(座面は昇降しません)。

このため、テレビ画面を見るときやローテーブルを使用する際にちょうど良いサイズ感でありながら、イスに腰掛けるときのように膝をおろした姿勢で座ることができます。

デザインは、椅子タイプのものと同様バケットシートを採用しているためホールド感のある座り心地となっており、素材もPU(ポリウレタン)レザー製で高級感があります。座面も9.5cmとふっくらしています。

機能としては、160度リクライニングが可能で、さらに収納式の足置き(オットマン)が付属しているので、横になるような姿勢でリラックスできます。アームレストは上下したりはしませんが、リクライニングに連動して動きます。また、首を支えるヘッドレストと腰を支えるランバーサポートも付属しています。座面も360度回転するので、好きな方向に動きやすいです。

カラーは、黒地に赤の1色のみとなっています。Nintendo SwitchやPlayStation 5を大画面でプレイする機会が多いなど、リビングで使用したい方におすすめです!

関連記事:「ゲーミング座椅子」のおすすめ紹介

ほかの格安ゲーミングチェアを見てみる

▷ GTRACINGのゲーミングチェア全紹介
▷ AutoFullのゲーミングチェア全紹介
▷ Dowinxのゲーミングチェア全紹介
▷ Darkechoのゲーミングチェア全紹介
▷ E-WINのゲーミングチェア全紹介
▷ EXRACINGのゲーミングチェア全紹介
▷ GALAXHEROのゲーミングチェア全紹介
▷ GTPLAYERのゲーミングチェア全紹介
▷ GTXMANのゲーミングチェア全紹介
▷ GXTRACEのゲーミングチェア全紹介
▷ HBADAのゲーミングチェア全紹介
▷ IODOOSのゲーミングチェア全紹介
▷ JKOOKのゲーミングチェア全紹介
▷ KARNOXのゲーミングチェア全紹介
▷ LEOVOLのゲーミングチェア全紹介
▷ LUCKRACERのゲーミングチェア全紹介
▷ NEOLEAD(Liv House)のゲーミングチェア全紹介
▷ NIONIKのゲーミングチェア全紹介
▷ PRORACINGのゲーミングチェア全紹介
▷ RAKUのゲーミングチェア全紹介
▷ RXGAMINGのゲーミングチェア全紹介
▷ SKYEのゲーミングチェア全紹介
▷ SupBoxのゲーミングチェア全紹介
▷ SWOLOLのゲーミングチェア全紹介

有名メーカーのゲーミングチェアをもっと見てみる

▷ AKRacingのゲーミングチェア全紹介
▷ DXRACERのゲーミングチェア全紹介
▷ 【番外編】AKRacing・DXRACER・GTRACINGの違いを解説!
▷ Bauhutteのゲーミングチェア全紹介
▷ CORSAIRのゲーミングチェア全紹介
▷ イトーキのゲーミングチェア全紹介
▷ COUGARのゲーミングチェア全紹介
▷ noblechairsのゲーミングチェア全紹介
▷ 関家具のゲーミングチェア全紹介
▷ Secretlabのゲーミングチェア全紹介
▷ サンワダイレクトのゲーミングチェア全紹介
▷ VERTAGEARのゲーミングチェア全紹介
▷ オカムラのゲーミングチェア全紹介
▷ Razerのゲーミングチェア全紹介
▷ 玄人志向のゲーミングチェア全紹介

人気ゲーミングチェアを見てみる

▷ 【ガチで厳選】おすすめゲーミングチェア紹介
▷ ゲーミングチェアのおすすめメーカー10選
▷ 【1万円台】安いゲーミングチェアのおすすめ紹介

色や特徴からゲーミングチェアを選ぼう

▷ 【全10色】色別のおすすめゲーミングチェア紹介
▷ 「赤色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「オレンジ色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「黄色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「緑色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「ミント色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「水色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「青色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「パープル色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「ピンク色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「白色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「黒色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「グレー色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「ブラウン色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「ベージュ色」のゲーミングチェアおすすめ紹介

▷ 部屋に自然になじむ「おしゃれ」なゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ ファブリック素材で「通気性の良い」ゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ メッシュ素材のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 180度リクライニングで「寝れる」ゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ オットマン(足置き)付きのゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ テレワークにおすすめのゲーミングチェア紹介
▷ 「ゲーミングソファ」のおすすめ紹介
▷ 「ゲーミング座椅子」のおすすめ紹介
▷ ピンク色のかわいいゲーミング座椅子のおすすめ紹介
▷ 【180cm~】大柄・高身長におすすめのゲーミングチェア紹介
▷ 【150cm台】小柄・低身長におすすめのゲーミングチェア紹介
▷ 女性向け!かわいいゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 高級ゲーミングチェアのおすすめ紹介
▷ マッサージ機能付きゲーミングチェアのおすすめ紹介
▷ 日本メーカーのゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 光るゲーミングチェアのおすすめ紹介
▷ 跳ね上げ式アームレストのゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ スピーカー付きゲーミングチェアのおすすめ紹介
▷ サンリオとのコラボデザインのゲーミングチェアおすすめ紹介