【2021年版】サンワダイレクトのゲーミングチェアおすすめ紹介!

eスポーツとパソコン・スマホ

ゲーミングチェアをお探しの方の中には、サンワダイレクトのゲーミングチェアが気になっている方もいるでしょう。サンワダイレクトのゲーミングチェアは、日本メーカーであるという安心感や、まるでオフィスチェアのようなシンプルなデザインが魅力的ですよね。

そんなサンワダイレクトのゲーミングチェアについて、詳しく知りたい方も多いでしょう。この記事では、サンワダイレクトの販売しているゲーミングチェアの特徴を詳しくまとめました!ぜひ参考にしてみてください。

関連記事
▷ テレワークにおすすめのゲーミングチェア紹介
▷ オットマン(足置き)付きのゲーミングチェアおすすめ紹介

スポンサーリンク

サンワダイレクトってどんなメーカー?

ロゴ:Amazonより

サンワダイレクトは、1950年代から続く日本の老舗コンピュータ関連機器メーカーであるサンワサプライ株式会社が展開している通販サイト名およびブランド名です。サンワサプライの製品は、オフィスや個人宅に至るまで日本中で幅広く愛用されており、信頼の厚いメーカーです。

メーカーの名前は「サンワサプライ」ですが、Amazonなどの外部通販サイトでの出品時には「サンワダイレクト」というブランド名を使用しているようです。サンワサプライとサンワダイレクトは、実質同じものだと考えて良いでしょう。これを踏まえた上で、以後文中では、「サンワダイレクトの~」と表記します。

ゲーミングチェアの特徴

サンワダイレクトのゲーミングチェアは、1~3万円台と入手しやすい価格帯です。デザインはオフィスチェアのようにシンプルであるため、大人の方でも使いやすいです。また、日本メーカーであるため、日本人の体型に合ったサイズ感となっています。

生産国は中国ですが、日本語による分かりやすい取扱説明書の付属や商品説明があるため、似たような価格帯の中国メーカーの格安ゲーミングチェアよりも安心感を持って購入することができるでしょう。

また、日本よりも厳しいアメリカの国際品質基準をクリアしているほか、座面クッションには耐久性の高い高密度なウレタンを使用しているなど、品質面でも安心ができます。保証期間は購入から6カ月間と、他社と比べると短めですが、使い始めてすぐに不具合があった際には、日本語で対応してもらえます。

総じて、安心感を持って購入できる安めのゲーミングチェアとしておすすめできます!

サンワダイレクトのゲーミングチェアは8種類ある

画像:Amazonより

2021年2月現在、サンワダイレクトのゲーミングチェアは8種類販売されています。品番が英数字の羅列でコンセプトが少しわかりにくいので、個人的に4つに分類してみました。

・通常タイプ…4種類
・LEDで光るタイプ…1種類
・超シンプルな格安タイプ…1種類
・座椅子タイプ…2種類

の4つです。それぞれについて、以下で詳しく紹介していきます!

通常タイプ(4種類)

まずは、一般的なゲーミングチェアの見た目・機能を持つ以下の4種類のゲーミングチェアについてご紹介します。

・150-SNCL016…コスパ最強
・150-SNCL005…身体をしっかりサポート
・150-SNCL003…オットマン(足置き)付き
・SNC-L18GY…180度リクライニングできる

150-SNCL016★コスパ最強!

画像:Amazonをスクリーンショット

150-SNCL016は、価格が税抜き1万円台で、機能がバランスよく揃っているモデルです。4つの通常タイプの中では、最もコスパが良いと感じます。

素材は高級感のあるPU(ポリウレタン)レザー製で、シートもホールド感のあるバケットシートとなっており、身体をしっかりと支えます。80kgの重さまで耐えられます。

機能としては、150度リクライニングが可能、最大20度まで座面を揺らせるロッキング(ゆりかご)機能上下7段階に動くアームレスト360度回転可能な座面、首を支えるヘッドレストと腰を支えるランバーサポートの付属と、十分な機能が揃っています。

カラーはブルーとグレーの2色があります。サンワダイレクトのスタンダードなゲーミングチェアとしておすすめです!

150-SNCL005★100kgまでOK!

画像:Amazonより

150-SNCL005は、価格が2万円前後で、大型のヘッドレストや曲線が綺麗なシルエットを特徴とするモデルです。

素材は高級感のあるPU(ポリウレタン)レザー製で、シートもホールド感のあるバケットシートとなっています。座面が10cmと肉厚で、100kgの重さまで耐えられますので、大柄の方でもしっかりとサポートしてくれます。

こちらはリクライニング機能はありませんが、最大10度まで座面を揺らせるロッキング(ゆりかご)機能はあります。また、アームレストは厚み4cmのクッション付きで、奥行が32.5cmもあるので、腕全体を快適に乗せることができます。ただし動きません。さらに、首を支える大型のヘッドレストが付属しています。

カラーは、黒地に赤の1色のみとなっています。機能は多くありませんが、身体をしっかりと支えてくれるゲーミングチェアとしておすすめです!

150-SNCL003★オットマン付き!

画像:Amazonをスクリーンショット

150-SNCL003は、オットマン(足置き)がついたモデルです。チェアの見た目は1個前に紹介した150-SNCL005と似ていますが、キャスター部分が少し違います。

素材は高級感のあるPU(ポリウレタン)レザー製で、シートもホールド感のあるバケットシートとなっています。こちらも100kgの重さまで耐えられます。

150-SNCL003にはリクライニング機能があり、160度まで倒すことが出来ます。さらに、クッション付きのアームレストは、リクライニングに連動して動きます。ロッキング機能はありません。首を支えるヘッドレストは大型であり、腰クッションも付属しています。そして注目すべきは、収納式のオットマンが付属しているところです。

カラーは、レッド、ブラック、グレーの3色があります。オットマン付きのゲーミングチェアをお探しの方におすすめです!

SNC-L18GY★180度リクライニングできる!

画像:Amazonをスクリーンショット

SNC-L18GYは、見た目の高級感と機能性が高いハイエンドモデルです。

素材は高級感のあるPU(ポリウレタン)レザー製で、シートもホールド感のあるバケットシートとなっています。80kgの重さまで耐えられます。

SNC-L18GYのリクライニングは180度倒すことができるので、真横になれます。最大16度まで座面を揺らせるロッキング(ゆりかご)機能もついています。また、アームレストは上下・前後・左右に動く3Dアームレストとなっています。座面は360度回転可能であり、首を支えるヘッドレストと腰を支えるランバーサポートも付属しています。全体的に他のモデルより高機能だと言えます。

カラーは、現在はグレー1色のみとなっています。高級感のある見た目で、ゲーミング空間だけでなくオフィス空間にも馴染みやすいでしょう。

大人っぽい雰囲気のゲーミングチェアをお好みの方におすすめです!

LEDで光るタイプ(1種類)

続いて、まさかのチェア本体がLEDで光るタイプのゲーミングチェアをご紹介します。以下の1種類があります。

・150-SNCL017BK

150-SNCL017BK★光るゲーミングチェア!

画像:Amazonをスクリーンショット

150-SNCL017BKは、チェアの縁の部分にLEDが内蔵されている、光るゲーミングチェアです。専用のリモコンが付属しており、点灯パターンや明るさなどを自在に調節できます。

画像:Amazonより

色は12色、全366通りの光らせ方ができます。ゲーミングキーボードやマウスも光るタイプのもので統一するとテンションが上がりそうですね!電源は、座面の裏ポケットにモバイルバッテリーを収納・接続することで給電するようになっています。

素材がPU(ポリウレタン)レザー製な点や、シートがホールド感のあるバケットシートとなっている点は、他のモデルと同じです。80kgの重さまで耐えられます。

機能としては、150度リクライニングが可能、最大20度まで座面を揺らせるロッキング(ゆりかご)機能上下7段階に動くアームレスト360度回転可能な座面、首を支えるヘッドレストと腰を支えるランバーサポートの付属と、一番最初に紹介したコスパ最強モデルと同じです。

カラーは現在ブラック1色のみとなっています。光るゲーミングチェアは非常に珍しいので、部屋全体を光らせたい方におすすめです!

ちなみに、このゲーミングチェアにも使える、大容量で安いモバイルバッテリーのおすすめは、Ankerの「Anker PowerCore 10000」です。

ほかにも、大容量で安いおすすめモバイルバッテリーを以下の記事でいくつか紹介していますので、興味のある方はご覧ください!

▷ 【安い&高品質】eスポーツ向けおすすめモバイルバッテリー紹介!

超シンプルな格安タイプ(1種類)

続いて、圧迫感がないシンプルなデザインで機能も最小限の格安タイプのゲーミングチェアをご紹介します。以下の1種類があります。

・150-SNCL018

150-SNCL018★コンパクトで7000円台!

画像:Amazonをスクリーンショット

150-SNCL018は、背もたれが低いコンパクトなモデルです。価格は税抜き7000円台と、1万円を切っており格安です。

多くのゲーミングチェアに見られる機能の大半(リクライニング、ロッキング、動くアームレストなど)やクッション類は搭載されておらず、座面昇降座面の360度回転といった限られた機能のみ搭載されています。

とはいえ、ゲーミングチェアらしくバケットシートデザインとなっています。座面も7cmと、ゲーム用ではない通常のチェアよりも肉厚です。85~90kgの重さに耐えられるので、身体のサポート力にも期待できます。また、素材としてはPVC(ポリ塩化ビニル)レザーメッシュ素材が採用されています。

これらの特徴を見ますと、長時間の快適な座り心地のみに注力したシンプルなゲーミングチェアだと言えます。

いかにもゲーミングチェアといったデザインに圧迫感を感じる方や、オフィスや自宅になじむ手軽でコンパクトなチェアを探している方におすすめです!

座椅子タイプ(2種類)

最後にご紹介するのは、椅子タイプではなく座椅子タイプのゲーミングチェアです。以下の2種類があります。

・150-SNCF006…少し高さがある座椅子
・150-SNCF005…床に置く通常の座椅子

150-SNCF006★少し高さがある座椅子

画像:Amazonをスクリーンショット

150-SNCF006は、床に直接置くタイプではなく、少し高さがある(座面含めて地面から36cm)ゲーミング座椅子となっています(座面は昇降しません)。

このため、テレビ画面を見るときやローテーブルを使用する際にちょうど良いサイズ感でありながら、イスに腰掛けるときのように膝をおろした姿勢で座ることができます。

デザインは、椅子タイプのものと同様バケットシートを採用しているためホールド感のある座り心地となっており、素材もPU(ポリウレタン)レザー製で高級感があります。座面も9.5cmとふっくらしています。

機能としては、160度リクライニングが可能で、さらに収納式の足置き(オットマン)が付属しているので、横になるような姿勢でリラックスできます。アームレストは上下したりはしませんが、リクライニングに連動して動きます。また、首を支えるヘッドレストと腰を支えるランバーサポートも付属しています。座面も360度回転するので、好きな方向に動きやすいです。

カラーは、黒地に赤の1色のみとなっています。Nintendo Switchをテレビに接続して大画面でプレイする機会が多いなど、リビングで使用したい方におすすめです!

150-SNCF005★通常の座椅子

画像:Rakutenより

150-SNCF005は、通常の座椅子のような形状の、床に直接置くタイプのゲーミング座椅子です。

足をまっすぐに伸ばして座りたい方や、簡易的なベッド・ソファ代わりにも使いたい方に向いているデザインです。背もたれも84cmと高めなので、背もたれに寄りかかって楽な姿勢で座れます

デザインは、椅子タイプのものと同様バケットシートを採用しているためホールド感のある座り心地となっており、素材もPU(ポリウレタン)レザー製で高級感があります。座面も10cmと肉厚です。

機能性も高いです。180度リクライニングが可能なので、真横になって休憩するスペースとしても使えます。首を支えるヘッドレストと腰を支えるランバーサポートも付属しているので快適です。また、アームレストは上下・前後・左右に動かせる3Dアームレストとなっているため、様々な姿勢に合わせて調節できます。座面も360度回転するので、好きな方向に動きやすいです。

カラーは、レッドとグレーの2色があります。ゲーム時にも普段使いにも適した、生活になじむゲーミング座椅子としておすすめです!

関連記事:「ゲーミング座椅子」のおすすめ紹介

ほかの格安ゲーミングチェアを見てみる

▷ 【1万円台】安いゲーミングチェアのおすすめ厳選紹介!
▷ GTRACINGのゲーミングチェア全紹介
▷ SWOLOLのゲーミングチェア全紹介
▷ EXRACINGのゲーミングチェア全紹介
▷ GALAXHEROのゲーミングチェア全紹介
▷ JKOOKのゲーミングチェア全紹介
▷ Dowinxのゲーミングチェア全紹介
▷ GTXMANのゲーミングチェア全紹介
▷ HBADAのゲーミングチェア全紹介
▷ SKYEのゲーミングチェア全紹介
▷ RAKUのゲーミングチェア全紹介
▷ GTPLAYERのゲーミングチェア全紹介
▷ LEOVOLのゲーミングチェア全紹介
▷ IODOOSのゲーミングチェア全紹介
▷ LUCKRACERのゲーミングチェア全紹介
▷ NEOLEAD(Liv House)のゲーミングチェア全紹介
▷ PRORACINGのゲーミングチェア全紹介

有名メーカーのゲーミングチェアを見てみる

▷ ゲーミングチェアのおすすめメーカー10選
▷ AKRacingのゲーミングチェア全紹介
▷ GTRACINGのゲーミングチェア全紹介
▷ DXRACERのゲーミングチェア全紹介
▷ 【番外編】AKRacing・DXRACER・GTRACINGの違いを解説!
▷ E-WINのゲーミングチェア全紹介
▷ Bauhutteのゲーミングチェア全紹介
▷ CORSAIRのゲーミングチェア全紹介
▷ イトーキのゲーミングチェア全紹介
▷ COUGARのゲーミングチェア全紹介
▷ noblechairsのゲーミングチェア全紹介
▷ 関家具のゲーミングチェア全紹介
▷ Secretlabのゲーミングチェア全紹介
▷ VETRAGEARのゲーミングチェア全紹介

色や特徴からゲーミングチェアを選ぼう

▷ 【全10色】色別のおすすめゲーミングチェア紹介
▷ 「赤色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「オレンジ色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「黄色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「緑色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「青色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「パープル色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「ピンク色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「白色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「黒色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「グレー色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「ブラウン色」のゲーミングチェアおすすめ紹介

▷ 部屋に自然になじむ「おしゃれ」なゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ ファブリック素材で「通気性の良い」ゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 180度リクライニングで「寝れる」ゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ オットマン(足置き)付きのゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ テレワークにおすすめのゲーミングチェア紹介
▷ 「ゲーミングソファ」のおすすめ紹介
▷ 「ゲーミング座椅子」のおすすめ紹介
▷ 【180cm~】大柄・高身長におすすめのゲーミングチェア紹介
▷ 【150cm台】小柄・低身長におすすめのゲーミングチェア紹介
▷ 女性向け!かわいいゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 高級ゲーミングチェアのおすすめ紹介
▷ マッサージ機能付きゲーミングチェアのおすすめ紹介
▷ 日本メーカーのゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 光るゲーミングチェアのおすすめ紹介