テレワーク・仕事におすすめのゲーミングチェア9つ紹介!【2023年版】

ゲーミングチェアゲーミング家具

自宅でのお仕事用のチェアとして、「ゲーミングチェア」が気になっている方もいるでしょう。

ゲーミングチェアは、eスポーツプレイヤーが毎日何時間も集中してPCゲームをプレイできるように作られているため、身体への負担の少ない座り心地耐久性の高さ充実した機能などの面で、非常に優れています。

テレワークが増えたコロナ禍においては、ゲームだけでなく長時間のデスクワーク用チェアとしても評価されて始めており、ライターやエンジニアの方などを中心に、在宅ワーカーの愛用者も続々と増えています。

とはいえ、ゲーミングチェアをいざ買おうと思っても、たくさんの種類があり、何を選んでよいか迷ってしまうと思います。

そこで、この記事では、テレワーク・仕事用におすすめのゲーミングチェアをご紹介いたします!約200種類のゲーミングチェアの中から、仕事用として長く使い続けられるものを厳選しています。ぜひ参考にしてみてください!

関連記事
▷ ゲーミングチェアのおすすめメーカー10選
▷ 部屋に自然になじむ「おしゃれ」なゲーミングチェアおすすめ紹介

スポンサーリンク

テレワーク・仕事向けゲーミングチェアの選び方

まずは、数あるゲーミングチェアの中から、テレワークや仕事にぴったりのゲーミングチェアを選ぶ時のポイントをお伝えします。

品質重視で選ぶ

画像:Amazonより

1つ目の選び方は、「品質重視で選ぶ」です。

ゲーミングチェアは、1万円台の格安モデルから、10万円近くする高級モデルまで、幅広いモデルが存在します。

在宅での仕事は、生活の多くの時間を割くことになりますから、少し値段が高くても、「長時間座っても疲れない設計」「長く使い続けても壊れにくい高耐久・高品質」を重視して製品を選ぶと、安心して長く使い続けることができるでしょう。

POINT
品質重視で選びたい時は、開発体制がしっかりしており品質にも定評がある「有名メーカーのゲーミングチェア」を選ぶのがおすすめです!

デザイン重視で選ぶ

画像:Amazonより

2つ目のポイントは、「デザイン重視で選ぶ」です。

ゲーミングチェアといえば、黒地に原色カラーといった派手なデザインが多いです。もちろん、こうしたデザインがお好きな方は良いのですが、中には「もう少し地味なデザインがいいな」「Web会議の時に映りこんだらちょっと恥ずかしいな」と感じる方もいらっしゃると思います。

また、ゲーミングチェアも家具の1つですので、部屋との調和を意識される方もいらっしゃるでしょう。

POINT
デザイン重視で選びたい時は、メーカーや価格を軸にするよりは、シンプルor部屋になじむデザインのゲーミングチェアを選ぶのがおすすめです!

オットマン付きで選ぶ

画像:Amazonより

3つ目のポイントは、「オットマン付きで選ぶ」です。

ゲーミングチェアの中には、収納式のオットマン(足置き)が付属しているモデルがあります。

仕事で長時間イスに座っていると、ずっと足を下に垂らしていることに疲れ、足を伸ばしたくなる方もいるのではないでしょうか。そんな機会が多い方は、収納式のオットマン付きのゲーミングチェアを選んでおくと、足元の疲労感を減らしながら座り続けることができるでしょう。

ちなみに、オットマン付きのゲーミングチェアは、有名メーカーよりは格安系メーカーのほうがバリエーションが豊富です。

POINT
足を伸ばして座りたい方は、オットマンが付属しているかどうかでゲーミングチェアを選ぶのがおすすめです!

ゲーミングチェア選びのポイントをお伝えしたところで、続いて商品紹介に移ります!

【高品質】有名メーカーのおすすめモデル

まずは、品質重視で選びたい方に向けて、有名メーカーのゲーミングチェアの中からテレワーク・仕事におすすめのモデルをご紹介します。

AKRACING「Pro-X V2」

画像:Amazonをスクリーンショット

まずご紹介するのは、AKRacing(エーケーレーシング)「Pro-X V2」です。

AKRacingは、中国を拠点とするゲーミングチェアメーカーです。最も有名なゲーミングチェアメーカーの1つであり、毎日長時間座り続けるプロのeスポーツ選手からも高く評価されています。

そんなAKRacingには、オフィス向けの「Premium」というシリーズもあるのですが、値段・機能のバランスと評判を考慮すると、編集部としては、ゲーミングチェアの中のハイエンドシリーズである「Pro-X V2」をテレワーク用チェアとしておすすめします。

ゆったりとした座り心地や、身体への負担を減らす設計が特徴で、長時間のデスクワークを快適に行うことができます。素材はPU(ポリウレタン)レザーで、見た目にも高級感があります。また、日本人向けの低座面設計となっているため、幅広い体型の方が座りやすいです。

機能としては、180度リクライニングが可能、座面を最大12度傾けられるロッキング機能、首を支えるヘッドレストと腰を支えるランバーサポートの付属、上下・前後・左右・回転の移動ができる4Dアームレストなど、一般的なゲーミングチェアの中でも高機能な部類に属します。

カラーは、グレー、ホワイト、レッド、ブルーの4色があります。

安心して長く使い続けられる高品質・高機能なゲーミングチェアとして、テレワーク用におすすめです!

created by Rinker
エーケーレーシング(Akracing)
¥57,797 (2024/04/21 06:12:54時点 Amazon調べ-詳細)

関連記事
▷ 【完全版】AKRacingのゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 180度リクライニングで「寝れる」ゲーミングチェアおすすめ紹介

DXRACER「DXZ V2 CLASSIC」

画像:Amazonをスクリーンショット

続いてご紹介するのは、DXRACER(デラックスレーサー)DXZ V2 CLASSICです。

DXRACERは、アメリカのゲーミングチェアメーカーです。1個前で紹介したAKRacingと並んで最も有名なゲーミングチェアメーカーの1つです。長年の研究開発に基づく高い技術が反映された高耐久で高品質なチェアは、世界の様々なeスポーツシーンで使用されています。

そんなDXRACERの「DXZ V2 CLASSIC」を、テレワーク用チェアとしておすすめします。

身体へのフィット感の高い立体的な形状であり、長時間のデスクワークを快適に行うことができます。素材は、高級ソフトPU(ポリウレタン)レザーであり、耐久性の高さや手触りの良さが魅力です。推奨身長は150~180cmとされているサイズ感で、幅広い体型の方が座りやすくなっています。

機能としては、135度リクライニングが可能、座面を傾けられるロッキング機能、首を支えるヘッドレストと腰を支えるランバーサポートの付属、上下・前後に動き首振りもできる3Dアームレストなど、十分な機能が備わっています。

カラーは、レッド、ソリッドブラック、インディゴブルー、ホワイトの4色があります。

身体への負担を減らしながら快適に座れる高品質なゲーミングチェアとして、テレワーク用におすすめです!

関連記事
▷ 【完全版】DXRACERのゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ ゲーミングチェアのおすすめメーカー10選

noblechairs「ICON」

画像:Amazonをスクリーンショット

続いてご紹介するのは、noblechairs(ノーブルチェアーズ)「ICON」です。

noblechairsは、ドイツのゲーミングチェアブランドです。まるでドイツ高級車のシートのような、洗練されたラグジュアリーなデザインを特徴とするブランドで、eスポーツプレイヤーだけでなく、ワンランク上の空間作りをしたい方からも愛用されています。

そんなnoblechairsの「ICON」というモデルを、テレワーク向けとしておすすめします。

コクーンのような丸みのある流線形フォルムが美しく、「いかにもゲーミングチェア」という感じがしないため、上品な雰囲気でお部屋の中になじみます。全体的にワイドな作りになっているため、窮屈さを感じずにゆったりと座ることができます。

素材は、牛革風のシボ加工がなされたPU(ポリウレタン)レザーで、本革のようなしっとりとした肌触りになっています。日本で販売されているものは、欧米モデルよりも低めの作りになっているので、155~185cmぐらいの方に向いているでしょう。

機能としては、最大135度リクライニング、座面を最大11度まで傾けられるロッキング機能、上下・前後・左右・斜めに動かせる4Dアームレスト、首を支えるネックピローと腰を支えるランバーサポートの付属など、十分に充実しています。ネックピローとランバーサポートはベロア素材である点も、ラグジュアリーな雰囲気を演出しています。

カラーは、ブラックとホワイトがあります。さらにブラックは、チェック刺繍の糸の色にバリエーションがあり、レッド、ブルー、ゴールドなどの中から選ぶことができます。

洗練された雰囲気の中で快適にお仕事をしたい方におすすめのゲーミングチェアです!

関連記事
▷ 【完全版】noblechairsのゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 高級ゲーミングチェアのおすすめ紹介

【シンプル】落ち着いたデザインのおすすめモデル

続いて、デザイン重視で選びたい方に向けて、シンプルで落ち着きのあるデザインのゲーミングチェアの中からテレワーク・仕事におすすめのモデルをご紹介します。

Web会議時の映り込みが気にならないロゴなしデザインや、安心して購入できる日本メーカーのモデルであることにこだわって厳選しました。

サンワダイレクト「SNC-L18GY」

画像:Amazonをスクリーンショット

まずご紹介するのは、サンワダイレクト「SNC-L18GY」です。

サンワダイレクトは、日本の老舗コンピュータ関連機器メーカーであるサンワサプライ株式会社が展開しているブランドです。オフィスや個人宅に至るまで日本中で幅広く愛用されている信頼の厚いブランドであり、シンプルなデザイン、機能性、価格のバランスの良さに定評があります。

そんなサンワダイレクトの「SNC-L18GY」というモデルを、テレワーク用におすすめします。

ゲーミングチェアらしい形状・見た目でありながら、カラーが黒地にグレーのアクセントで落ち着いており、ロゴもないため、派手すぎない点が魅力的です。

素材は、PU(ポリウレタン)レザーで高級感があります。ホールド感のある座り心地が特徴で、座面の高さも日本人向けに作られているため、幅広い体型の方が座りやすいサイズ感となっています。

機能としては、180度リクライニングが可能、座面を最大16度まで傾けられるロッキング機能、上下・前後・左右に動く3Dアームレスト、首を支えるヘッドレストと腰を支えるランバーサポートの付属、360度回転できる座面など、十分に高機能です。

派手すぎない高機能ゲーミングチェアとして、テレワークにおすすめです!

関連記事
▷ 【完全版】サンワダイレクトのゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 日本メーカーのゲーミングチェアおすすめ紹介

サンワダイレクト「150-SNC130GY」

画像:Amazonをスクリーンショット

続いてご紹介するのは、同じくサンワダイレクト「150-SNC130GY」です。

150-SNC130GYにもロゴがなく、グレーで落ち着いたデザインとなっているため、テレワーク用におすすめできます。

素材は、通気性の良いファブリック素材であり、固めのシートになっているため、長時間使ってもへたりにくく、身体をしっかりサポートし続けてくれます。150kgの重さまで耐えられますので、大柄の方でも安心して座れます。

機能としては、180度リクライニングが可能、座面を揺らせるロッキング(ゆりかご)機能、上下・前後・左右に動き首振りもできる4Dアームレスト360度回転可能な座面、首を支えるヘッドレストと腰を支えるランバーサポートの付属など、十分に充実しています。

シンプルで高機能なゲーミングチェアとして、テレワークにおすすめです!

関連記事
▷ 【完全版】イトーキのゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ ファブリック素材のゲーミングチェアおすすめ紹介

イトーキ「クロスフォーカスチェア」

画像:Amazonをスクリーンショット

続いてご紹介するのは、イトーキ「クロスフォーカスチェア」です。

イトーキは、日本の老舗オフィス家具メーカーです。イトーキの製品は様々なオフィス空間で使用されており、数々の企業から信頼されています。空間設計のプロであるイトーキのゲーミングチェアは、自宅に違和感なく溶け込むデザインをコンセプトに作られていることから、ゲーマー以外の方々からも人気を集めています。

そんなイトーキの「クロスフォーカスチェア」というモデルを、テレワーク用におすすめします。

木目調の家具などにも馴染みやすいナチュラルなデザインが魅力的です。ロゴもないため、ゲーム用ではない一般的なチェアのように自然な雰囲気で使うことができます。

素材は、自然な風合いのファブリック素材で、通気性の良さも期待できます。日本メーカーなだけあって、サイズ感は日本人向けの低座面設計となっているため、小柄な方でも座りやすいです。

機能としては、135度リクライニング、座面を揺らせるロッキング機能、7段階で上下する1Dアームレスト、首を支えるネックサポートと腰を支えるランバーサポートの付属など、ゲーミングチェアとして十分な機能が備わっています。

カラーバリエーションは6色あり、いずれも淡くて落ち着いた色合いなので、どれを選んでも部屋になじみやすいと思います。

まるでソファのような自然なデザインのゲーミングチェアとして、テレワークにおすすめです!

関連記事
▷ 【完全版】イトーキのゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 部屋に自然になじむ「おしゃれ」なゲーミングチェアおすすめ紹介

【足が快適】オットマン付きのおすすめモデル

続いて、足を伸ばして座りたい方に向けて、オットマン付きゲーミングチェアの中からテレワーク・仕事におすすめのモデルをご紹介します。

GTRACING「GT920」

画像:Amazonをスクリーンショット

まずご紹介するのは、GTRACING(ジーティーレーシング)「GT920」です。

GTRACINGは、中国の格安系ゲーミングチェアメーカーです。有名メーカーに劣らない高機能なゲーミングチェアを1~3万円台で展開しており、コスパの高さが評価されています。格安メーカーの中ではダントツで一番人気のメーカーであり、Amazonの売れ筋ランキングでも常に上位にいます。

そんなGTRACINGのGT920というモデルを、テレワーク用におすすめします。

こちらは素材にこだわったモデルであり、耐久性の高い炭素繊維レザー(7%)、通気性の良いパンチング(小さな穴空き)レザー(63%)、高級感のあるPUレザー(30%)と、部位ごとに異なる素材が使われています。サイズ感としては、160cm以上の方であれば座りやすいでそゆ。

機能としては、135度リクライニング、上下昇降と左右回転ができる2Dアームレスト、首を支える内蔵型ヘッドレストと腰を支える内蔵型ランバーサポートの搭載、さらに足置き(オットマン)の付属など、充実しています。

カラーは、ホワイト、ブルー、グレー、レッド、シャンパン、ブラックの6色があり、特にブラックやグレーはデザインが落ち着いています。

価格とスペックのバランスが良いオットマン付きゲーミングチェアとして、テレワークにおすすめです!

関連記事
▷ 【完全版】GTRACINGのゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ オットマン(足置き)付きのゲーミングチェアおすすめ紹介

GALAKURO GAMING「HEIMISH」

画像:Amazonをスクリーンショット

続いてご紹介するのは、GALAKURO GAMING(ギャラクロ ゲーミング)HEIMISH(ヘイミッシュ)です。

GALAKURO GAMINGは、日本のPCゲーマー向けブランドです。人気ゲーミングチェアブランド「Contieaks(コンティークス)」を展開している福岡の関家具(せきかぐ)の監修のもと、高品質なゲーミングチェアを展開しています。

そんなGALAKURO GAMINGの「HEIMISH」というモデルを、テレワーク用におすすめします。

ファブリック素材のナチュラルな雰囲気のモデルであり、ほかの家具とも馴染みやすいです。ヘッドレスト部分にはロゴがないため、Web会議の際などに映り込む心配もありません。座面が低めであるため、小柄な方でも座りやすいです。

機能としては、175度リクライニング、座面を揺らせるロッキング機能、上下・前後・左右・斜めに動く4Dアームレスト、首を支えるヘッドレストと腰を支えるランバーサポートの付属、足置き(オットマン)の付属など、十分に揃っています。

カラーは、ベージュとグレーの2色があります。

日本発のオットマン付きゲーミングチェアとして、テレワークにおすすめです!

関連記事
▷ 【完全版】GALAKURO GAMINGのゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 日本メーカーのゲーミングチェアおすすめ紹介

Darkecho「ML1125」

画像:Amazonをスクリーンショット

続いてご紹介するのは、DarkechoML1125です。

Darkechoは、中国の格安系ゲーミングチェアブランドです。1~2万円台の安さでゲーミングチェアを展開していますが、チェア専門メーカーが製造しているほか、英国や米国の厳しい安全性試験をクリアした品質であるため、安心して購入できるブランドです。

そんなDarkechoの「HEIMISH」というモデルを、テレワーク用におすすめします。

ワントーンのシンプルなデザインであるため、落ち着いた雰囲気でお部屋に導入することができます。ロゴ刺繍も同系色で目立ちにくいのも魅力です。

素材は、マットな質感でなめらかな手触りのレトロ風PU(ポリウレタン)レザーを使用しています。推奨身長は155~185cmとされているサイズ感で、幅広い体型の方が座れます。

機能としては、155度リクライニング、座面を揺らせるロッキング機能、座面を最大15度傾けて揺らせるロッキング機能、上下昇降と首振りが可能な2Dアームレスト、首を支えるヘッドレストと腰を支えるランバーサポートの付属、足置き(オットマン)の付属など、十分に充実しています。

カラーは、ベージュとグレーの2色があります。

お手頃価格で入手できる、落ち着いた雰囲気のオットマン付きゲーミングチェアとしてテレワーク用におすすめです!

関連記事
▷ 【完全版】Darkechoのゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 安いゲーミングチェアのおすすめ紹介

色や特徴からゲーミングチェアを選ぼう

▷ 「水色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「パープル色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「ピンク色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「白色」のゲーミングチェアおすすめ紹介

▷ 部屋に自然になじむ「おしゃれ」なゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「通気性の良い」ゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ ファブリック素材のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ メッシュ素材のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 180度リクライニングで「寝れる」ゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ オットマン(足置き)付きのゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ スピーカー付きゲーミングチェアのおすすめ紹介
▷ 跳ね上げ式アームレストのゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ マッサージ機能付きゲーミングチェアのおすすめ紹介
▷ テレワークにおすすめのゲーミングチェア紹介
▷ 「ゲーミングソファ」のおすすめ紹介
▷ 「ゲーミング座椅子」のおすすめ紹介
▷ 【180cm~】大柄・高身長におすすめのゲーミングチェア紹介
▷ 【150cm台】小柄・低身長におすすめのゲーミングチェア紹介
▷ 女性向け!かわいいゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ サンリオとのコラボデザインのゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 高級ゲーミングチェアのおすすめ紹介
▷ 日本メーカーのゲーミングチェアおすすめ紹介

人気ゲーミングチェアを見てみる

▷ 【ガチで厳選】おすすめゲーミングチェア紹介
▷ ゲーミングチェアのおすすめメーカー10選
▷ 【1万円台】安いゲーミングチェアのおすすめ紹介

有名メーカーのゲーミングチェアをもっと見てみる

▷ AKRacingのゲーミングチェア全紹介
▷ DXRACERのゲーミングチェア全紹介
▷ 【番外編】AKRacing・DXRACER・GTRACINGの違いを解説!
▷ Bauhutteのゲーミングチェア全紹介
▷ CORSAIRのゲーミングチェア全紹介
▷ イトーキのゲーミングチェア全紹介
▷ COUGARのゲーミングチェア全紹介
▷ noblechairsのゲーミングチェア全紹介
▷ 関家具のゲーミングチェア全紹介
▷ Secretlabのゲーミングチェア全紹介
▷ サンワダイレクトのゲーミングチェア全紹介
▷ オカムラのゲーミングチェア全紹介
▷ Razerのゲーミングチェア全紹介
▷ 玄人志向のゲーミングチェア全紹介

格安メーカーのゲーミングチェアをもっと見てみる

▷ GTRACINGのゲーミングチェア全紹介
▷ AutoFullのゲーミングチェア全紹介
▷ Dowinxのゲーミングチェア全紹介
▷ Darkechoのゲーミングチェア全紹介
▷ E-WINのゲーミングチェア全紹介
▷ EXRACINGのゲーミングチェア全紹介
▷ GTPLAYERのゲーミングチェア全紹介
▷ GXTRACEのゲーミングチェア全紹介
▷ IODOOSのゲーミングチェア全紹介
▷ KARNOXのゲーミングチェア全紹介
▷ LEOVOLのゲーミングチェア全紹介
▷ PRORACINGのゲーミングチェア全紹介
▷ RAKUのゲーミングチェア全紹介
▷ SKYEのゲーミングチェア全紹介
▷ SWOLOLのゲーミングチェア全紹介