【2021年版】赤色のゲーミングチェアおすすめ7つ厳選紹介!

eスポーツとパソコン・スマホ

ゲーミングチェアの購入を検討されている方の中には、「赤色」にこだわって選びたい方もいらっしゃるでしょう。機能やスペックも大切ですが、やっぱり見た目に愛着を持てるというのも重要な要素です。

しかし、たいていのゲーミングチェアには赤色があるため、どの商品を選べばよいか迷ってしまうかもしれません。

そんな方に向けて、この記事では、100種類以上の主要ゲーミングチェアをくまなく調べた筆者が、おすすめの赤色ゲーミングチェアを7つ厳選して紹介しました!

「レーシングシート風デザイン」と「おしゃれ系デザイン」の2つに分けて紹介していきますので、お好みの方をチェックしてみてください!

関連記事
▷ ゲーミングチェアのおすすめメーカー10選
▷ 黒色のゲーミングチェアおすすめ紹介

スポンサーリンク

レーシングシート風デザイン

まずは、これぞゲーミングチェア!といった雰囲気のレーシングシート風デザインのものを4つ紹介します。eスポーツのプレイ環境にふさわしいカッコイイお部屋を作りたい方におすすめです!

DXRACER「DXR」★プロ大会にも採用

画像:Amazonをスクリーンショット

DXRACER(デラックスレーサー)は、アメリカのゲーミングチェアメーカーです。次に紹介するAKRacingと並んで最も有名な2大ゲーミングチェアメーカーの1つです。元々は高級スポーツカーのシートを開発していた会社であるため、長年の研究開発に基づく高い技術がゲーミングチェアにも反映されています。レーシングシート風デザイン発祥のメーカーの1つだと言えます。

DXRACERのゲーミングチェアは、ほぼすべてのモデルに赤色がありますが、特におすすめなのは「DXR」というモデルです。スタンダードなシリーズである「フォーミュラシリーズ」を代表するモデルであり、数々のeスポーツ大会でプロ選手が使用している実績があります。

素材は、通気性の良いファブリック製で、長時間の使用でも蒸れにくくなっています。推奨身長は155~175cmで、幅広い体型の方に向いています。

機能としては、135度リクライニングが可能、座面を最大15度傾けられるロッキング機能、首を支えるヘッドレストと腰を支えるランバーサポートの付属、上下昇降できる1Dアームレストなど、十分に備わっています。

プロと同じ環境でゲームをプレイしたい方におすすめのゲーミングチェアです!

DXRACERのほかの赤色チェアもぜひチェックしてみてください!
▷ 【完全版】DXRACERのゲーミングチェアおすすめ全紹介!

AKRacing「Nitro V2」★人気の定番チェア

画像:Amazonをスクリーンショット

AKRacing(エーケーレーシング)は、中国を拠点とするゲーミングチェアメーカーです。先に紹介したDXRACERと並んで、最も有名な2大ゲーミングチェアメーカーの1つです。AKRacingも、元々はプロ向けのレーシングシートを開発しており、その技術がゲーミングチェアにも活かされているため高品質です。DXRACERと共に、レーシングシート風デザイン発祥のメーカーの1つだと言えます。

AKRacingのゲーミングチェアは、すべてのシリーズで赤色がありますが、その中で特におすすめなのは、「Nitro V2」シリーズです。AKRacingの代表作であり、幅広い体型の方が座りやすい設計となっています。

素材はPU(ポリウレタン)レザー製で高級感があります。チェアの骨格やシリンダー、キャスターのパーツ部分にも高品質なものが使われており、耐久性の高さにも期待できます。

機能としては、180度リクライニングが可能、座面を最大12度傾けられるロッキング機能、首を支えるヘッドレストと腰を支えるランバーサポートの付属、上下昇降できる1Dアームレストなど、充実しています。特に、180度リクライニングは真横になれるので、休憩スペースとしても使えますよ。

人気メーカーの代表的なゲーミングチェアとしておすすめです!

created by Rinker
エーケーレーシング(Akracing)
¥43,593 (2021/07/26 10:28:59時点 Amazon調べ-詳細)

AKRacingのほかの赤色チェアもぜひチェックしてみてください!
▷ 【完全版】AKRacingのゲーミングチェアおすすめ全紹介!

Contieaks「Roussel」★小柄体型にフィットしやすい

画像:Amazonをスクリーンショット

「Contieaks(コンティークス)」は、福岡の家具商社である関家具(せきかぐ)が開発しているゲーミングチェアブランドです。日本メーカーであり、日本人の体型や利用シーンを考慮して開発されているため、使いやすさに定評があります。欧米人体型向けのチェアが大きすぎると感じる方にもフィットしやすいです。

Contieaksのゲーミングチェアは、多くのシリーズで赤色がありますが、その中で特におすすめのシリーズが「Roussel(ルセル)」です。Rousselは、Contieaksの中でも特に小柄な人向けに作られているため、女性の方や170cmに満たない方でも座りやすくなっています。

素材はPU(ポリウレタン)レザー製で高級感があります。また、150gの重さまで耐えられる高強度な作りとなっているため、身体をしっかりと支えてくれます。

機能としては、17段階調節で最大135度のリクライニングが可能、座面を傾けられるロッキング機能、首を支えるヘッドレストと腰を支えるランバーサポートの付属、前後、上下、回転による角度調整ができる3Dアームレストなど、充実しています。特にアームレストは、角度を内向きにすることで、ゲームパッドを持ちながらでも肘がつけるという点が、Contieaksの売りの一つです。

なお、Rousselには、足置き(オットマン)のついたバージョンもあります。お好みなほうを選んでみてください。

小柄な人向けのゲーミングチェアをお探しの方におすすめです!

オットマンなし版

created by Rinker
コンティークス(Contieaks)
¥32,780 (2021/07/26 10:28:59時点 Amazon調べ-詳細)

オットマンあり版

created by Rinker
コンティークス(Contieaks)
¥36,080 (2021/07/26 06:03:34時点 Amazon調べ-詳細)

Contieaksのほかの赤色チェアもぜひチェックしてみてください!
▷ 【完全版】関家具のゲーミングチェアおすすめ全紹介!

GTRACING「GT909」★2万円台でオットマン付き

画像:Amazonをスクリーンショット

GTRACING(ジーティーレーシング)は、中国のゲーミングチェアメーカーです。AKRacingやDXRACERと名前が似ていますが、GTRACINGのほうが新興メーカーです。最大の特徴は、高機能でありながら価格が1~2万円台と格安であることです。格安ゲーミングチェアメーカーとしては一番人気であり、コスパの良さが高く評価されています。

GTRACINGのゲーミングチェアは、ほとんどのモデルに赤色がありますが、その中で特におすすめなモデルは「GT909」です。理由としては、収納式の足置き(オットマン)が標準搭載されているためです。有名メーカーですとオットマンは別売のことも多いのですが、GT909は2万円台という安さでありながらオットマンがついており、大変コスパが良いと言えます。

素材はPU(ポリウレタン)レザー製であり、格安ですが見た目に高級感があります。サイズは、アジア人向けの低座面設計となっているため、幅広い日本人の方が座りやすくなっています。

オットマン以外の機能としては、170度リクライニングが可能、首を支えるヘッドレストと腰を支えるランバーサポートの付属、上下昇降できる1Dアームレストなど、有名メーカーに負けない機能が備わっています。

オットマン付きのゲーミングチェアを格安で手に入れたい方におすすめです!

GTRACINGのほかの赤色チェアもぜひチェックしてみてください!
▷ 【完全版】GTRACINGのゲーミングチェアおすすめ全紹介!

おしゃれ系デザイン

続いて、より部屋になじみやすいおしゃれ系デザインのものを3つ紹介します。ゲーミングチェア特有のデザインが部屋に合いそうにないな…とお悩みの方は、こちらをぜひ検討してみてください!

イトーキ「クロスフォーカスチェアa」★部屋に溶け込むデザイン

画像:Amazonをスクリーンショット

イトーキは、日本の老舗オフィス家具メーカーです。オフィス空間設計のプロであり、長年培われたノウハウがゲーミングチェアにも詰め込まれています。イトーキのゲーミングチェアは、自宅に違和感なく溶け込むデザインをコンセプトにしているため、レーシングシート風の派手なデザインが苦手な方におすすめできます。

イトーキのゲーミングチェアの中で赤色系があるのは、「クロスフォーカスチェアa」というシリーズです。こちらはワインレッドとグレーの落ち着いたカラーリングとなっており、部屋に調和しやすいです。

素材はPVC(ポリ塩化ビニル)レザー製です。日本メーカーということもあって、サイズ感も日本人向けの低座面設計となっています。

機能としては、135度リクライニング、座面を揺らせるロッキング機能、7段階で上下するアームレスト、首を支えるネックサポートと腰を支えるランバーサポートの付属など、ゲーミングチェアらしい機能性が備わっています。

大人っぽいデザインのゲーミングチェアをお探しの方におすすめです!

イトーキのほかのチェアも見る
▷ 【完全版】イトーキのゲーミングチェアおすすめ全紹介!

Dowinx「LS-6689」★2万円台で中世ヨーロッパ風

画像:Amazonをスクリーンショット

Dowinx(ドウィンクス)は、中国のゲーミングチェアメーカーです。どの製品も2万円前後と格安かつ高機能であることが特徴です。いわゆる格安中華製メーカーに属しますが、生産元がはっきりしている点やサポート対応の良さから信頼を集めており、さらに落ち着きのあるデザインが好評であるため、格安系の中ではGTRACINGに次いで人気のメーカーだと言えます。

Dowinxの落ち着いたデザインのゲーミングチェアの中で赤色があるのは「LS-6689」というモデルです。こちらは中世ヨーロッパをイメージして作られており、落ち着いたトーンのワインレッドが大人びた印象を与えます。

素材は、スムーズな手触りのPU(ポリウレタン)レザー製であり、マットな質感とチェックの刺繍が上品な雰囲気を醸し出しています。推奨身長が155~185cmで、幅広い方が座ることができます。

機能としては、170度リクライニング、座面を揺らせるロッキング機能、首を支えるヘッドレストと腰を支えるランバーサポート、さらに足置き(オットマン)の付属など、十分に高機能です。しかも、ランバーサポートにはマッサージ機能(振動機能)が搭載されており、腰回りの血行を良くすることができます。これで2万円台なので、大変コスパが良いですね。

おしゃれで落ち着いたデザインのゲーミングチェアを格安で手に入れたい方におすすめです!

Dowinxのほかのチェアも見る
▷ 【完全版】Dowinxのゲーミングチェアおすすめ全紹介!

IODOOS「18シリーズ」★1万円台でトリコロールカラー

画像:Amazonをスクリーンショット

IODOOS(イオドウス)は、千葉を拠点とするSCM株式会社が開発・販売しているゲーミングチェアブランドです。2015年に設立されたブランドですが、公式ホームページなどがないため正直謎が多いです。それでも紹介しているのは、なんと1万円台という圧倒的破格と、有名メーカーでも類を見ない個性的なデザインのものがあるためです。

おしゃれな赤色系ゲーミングチェアとしてご紹介するのは、IODOOSの中の「18シリーズ」です。奇抜なトリコロールカラーのデザインが特徴で、どことなくイタリアっぽい雰囲気がありますね。お部屋の雰囲気によっては、高級感のある上質風の家具として活躍するのではないかと思います。

素材は、低反発で汚れに強いPVC(ポリ塩化ビニル)レザー素材で出来ています。座面も低めなので、日本人も座りやすくなっています。

機能としては、170度リクライニング、座面を揺らせるロッキング機能、上下左右に動く2Dアームレスト、首を支えるヘッドレストと腰を支えるランバーサポートの付属など、充実しています。

有名メーカーではありませんが、このデザインは唯一無二ですので、デザインが気に入った方におすすめです!

IODOOSのほかのチェアも見る
▷ 【完全版】IODOOSのゲーミングチェアおすすめ全紹介!

色や特徴からゲーミングチェアを選ぼう

▷ 【全10色】色別のおすすめゲーミングチェア紹介
▷ 「オレンジ色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「黄色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「緑色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「青色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「パープル色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「ピンク色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「白色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「黒色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「グレー色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「ブラウン色」のゲーミングチェアおすすめ紹介

▷ 部屋に自然になじむ「おしゃれ」なゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ ファブリック素材で「通気性の良い」ゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 180度リクライニングで「寝れる」ゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ オットマン(足置き)付きのゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ テレワークにおすすめのゲーミングチェア紹介
▷ 「ゲーミングソファ」のおすすめ紹介
▷ 「ゲーミング座椅子」のおすすめ紹介
▷ 【180cm~】大柄・高身長におすすめのゲーミングチェア紹介
▷ 【150cm台】小柄・低身長におすすめのゲーミングチェア紹介
▷ 女性向け!かわいいゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 高級ゲーミングチェアのおすすめ紹介
▷ マッサージ機能付きゲーミングチェアのおすすめ紹介
▷ 日本メーカーのゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 光るゲーミングチェアのおすすめ紹介

有名メーカーのゲーミングチェアをもっと見てみる

▷ ゲーミングチェアのおすすめメーカー10選
▷ AKRacingのゲーミングチェア全紹介
▷ GTRACINGのゲーミングチェア全紹介
▷ DXRACERのゲーミングチェア全紹介
▷ 【番外編】AKRacing・DXRACER・GTRACINGの違いを解説!
▷ E-WINのゲーミングチェア全紹介
▷ Bauhutteのゲーミングチェア全紹介
▷ CORSAIRのゲーミングチェア全紹介
▷ イトーキのゲーミングチェア全紹介
▷ COUGARのゲーミングチェア全紹介
▷ noblechairsのゲーミングチェア全紹介
▷ 関家具のゲーミングチェア全紹介
▷ Secretlabのゲーミングチェア全紹介
▷ サンワダイレクトのゲーミングチェア全紹介
▷ VETRAGEARのゲーミングチェア全紹介

1万円台の格安ゲーミングチェアをもっと見てみる

▷ 【1万円台】安いゲーミングチェアのおすすめ厳選紹介!
▷ GTRACINGのゲーミングチェア全紹介
▷ SWOLOLのゲーミングチェア全紹介
▷ EXRACINGのゲーミングチェア全紹介
▷ GALAXHEROのゲーミングチェア全紹介
▷ JKOOKのゲーミングチェア全紹介
▷ Dowinxのゲーミングチェア全紹介
▷ GTXMANのゲーミングチェア全紹介
▷ HBADAのゲーミングチェア全紹介
▷ SKYEのゲーミングチェア全紹介
▷ RAKUのゲーミングチェア全紹介
▷ GTPLAYERのゲーミングチェア全紹介
▷ LEOVOLのゲーミングチェア全紹介
▷ IODOOSのゲーミングチェア全紹介
▷ LUCKRACERのゲーミングチェア全紹介
▷ NEOLEAD(Liv House)のゲーミングチェア全紹介
▷ PRORACINGのゲーミングチェア全紹介