【2022年最新版】スイッチのプロコンおすすめ11選!

Nintendo Switch

Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)にはJoy-Conが付属していますが、Switchを大きなディスプレイに接続してプレイする際や、複数人でプレイする際には、専用のコントローラー(通称:プロコン)が欲しいとお考えの方もいらっしゃるでしょう。

プロコンは、一般的にJoy-Conよりもグリップ感が高く操作しやすく、人気の高いアイテムです。

とはいえ、いざ購入しようとすると、任天堂純正のプロコンから格安な非純正(サードパーティ製)プロコンまで幅広く販売されており、良い商品を選ぶのが大変です。

そこで編集部は、プロコンを徹底調査し、本当におすすめできるNintendo Switch用プロコンを厳選しました!ワイヤレス(無線)接続可能なものを中心に選んでいます。編集部でも日常使いしている商品も含んでおり、自信をもっておすすめできます。

プロコンをお探しの方は、ぜひ参考にしてみてください!

関連記事
▷ Switch用サードパーティ製Joy-Conおすすめ紹介
▷ Switchのゲーム配信におすすめの「キャプチャーボード」紹介

スポンサーリンク

プロコンは純正品が良いの?

編集部が使用しているサードパーティ製プロコン2台

プロコン購入時には、「任天堂の純正品にするべき?それともちょっと安めのサードパーティ製にしようかな?」と悩まれる場合もあるでしょう。

編集部は、コントローラーは消耗品だと考えています。やはり、熱中して操作していると、どうしても激しい操作やボタンの連打が増えてしまうので、壊れるのは仕方ないと思います。

そして、消耗品であるならば、純正のコントローラーはちょっと価格が高いです(1万円程度)。一方で、サードパーティ製のプロコンは、3,000~5,000円程度という安さでありながら、純正品と機能的に遜色ないものが多いほか、カラーも豊富なので、細かい精度を気にしなければ、サードパーティ製のプロコンでも十分に使えると感じます。

また、サードパーティ製プロコンには、純正コントローラーにはない連射機能がついているものもあります。

というわけで、必ずしも純正品でなくてもOKというのが、編集部としての考えです!もちろん、任天堂の製品を使いたいという方や、お金に余裕のある方は、純正品を購入されるのも良いでしょう。

それでは、商品紹介に移ります!

任天堂純正品 Nintendo Switch Proコントローラー:1万円台前半

写真:製品HPのスクリーンショット

まずご紹介するのは、任天堂の純正コントローラーである「Nintendo Switch Proコントローラー」です。基本のプロコンですね。サードパーティ製コントローラーが設計の参考にしているのは、このNintendo Switch Proコントローラーです。

純正品なだけあって、操作性の高さジャイロ・振動機能の精度の高さが評価されており、ゲーム上級者を中心に好まれています。

また、筆者は個人的に、長時間グリップし続けた際の疲労感の少なさも高く評価しています。激しいボタン操作を要するゲームを長時間連続してプレイする際には、手の疲労軽減のために、純正品を使うようにしています。

一方で、価格の高さと、高額の割に壊れやすいという評判から、敬遠されることも多いコントローラーでもあります。このあたりは覚悟のうえで購入された方が良いでしょう。

最大限の精度でゲームをプレイしたい方や、やっぱり純正品が良いという方は、Nintendo Switch Proコントローラーを選んでおくのが無難です!

ジャイロセンサー
振動機能
Amiibo対応
ホームボタンでのスリープ解除
マクロ機能×
連射機能×
重量310g
充電用接続端子USB Type-C
電池容量1,300mAH
Nintendo Switch Proコントローラーのスペック

※Nintendo Switch Proコントローラーの各モデルは2022年10月時点で品薄のため価格が上がっています。

PXN Switchコントローラー P50:5千円台前半

写真:Amazonのスクリーンショット

続いてはサードパーティ製のプロコン紹介に移ります。

まずは、PXNから販売されているコントローラー「P50」をご紹介します。

PXNは、コントローラーを中心にゲーミングデバイスを製造・販売する中国のメーカーです。

写真:Amazonのスクリーンショット

P50の最大の機能は、コントローラーの設定をスマートフォンのアプリで行えることです。

P50にはマクロ機能が搭載されており、背面の2つのボタンにそれぞれコマンド入力を保存できます。こうしたコマンドの登録や、L・Rやアナログスティックの有効範囲の設定、振動の強さの設定、ボタンの入れ替えなどをすべてアプリで設定できるため、利便性が高いです。

また、ジャイロセンサーAmiiboに対応していることに加え、連射機能もついているなど高機能です。

さらに、カラーラインナップが豊富なのも魅力です。淡くて可愛らしい色の中からお好みの色を選ぶことができます。

 PXN任天堂純正
ジャイロセンサー
振動機能
Amiibo対応
ホームボタンでのスリープ解除
連射機能×
マクロ機能×
重量216g310g
充電用接続端子USB Type-C
電池容量550mAh1,300mAh
PXN Switchコントローラーと任天堂純正 Switchコントローラーの比較

PXN Switchコントローラー 9607X:5千円前後

写真:Amazonのスクリーンショット

続いて、同じくPXNから販売されているコントローラー「9607X」をご紹介します。

こちらも、任天堂純正のプロコンと同等の機能を持っており使い勝手が良いです。マクロ機能はありませんが、連射機能はついています。

また、豊富なカラーラインナップも魅力です。好きなカラーを選ぶことで、愛着を持って使うことができます。

編集部では、グリーンのモデルを購入して使用しています。ペパーミント系の綺麗な色合いであり、なめらかな肌触りも特徴です。振動が少し強すぎる印象はありましたが、振動強度については変更可能で、一番弱い振動にして使うとちょうど良いと感じています。

色にこだわってプロコンを選びたい方に、PXNはおすすめです。ぜひお好みの色を選んでみてください!編集部による使用レビューもぜひ参考にしてみてください。

 PXN任天堂純正
ジャイロセンサー
振動機能
Amiibo対応
ホームボタンでのスリープ解除
連射機能×
マクロ機能×
重量211g310g
充電用接続端子USB Type-C
電池容量550mAh1,300mAh
PXN Switchコントローラーと任天堂純正 Switchコントローラーの比較

関連記事:【レビュー】PXNのスイッチ用コントローラーを1年弱使ってみた感想!

FONLAM Switchコントローラー(2022年版):4千円前後

写真:Amazonのスクリーンショット

続いて、Switch用コントローラーを中心に取り扱っているブランドFONLAMSwitchコントローラー(2022年版)をご紹介します。

大きな特徴は、サードパーティ製のコントローラーとしては大容量の800mAhのバッテリーを搭載している点です。USB Type-Cでの急速充電に対応しているため、約2時間程度で満充電でき、一回の充電で最大12時間連続使用可能です。

機能面では、任天堂純正のプロコンの機能をすべて持っており、また連射機能もあります。

デザインはシンプルで可愛らしく、カラーラインナップも豊富です。ブルーやグリーンなどの鮮やかなカラーが特に綺麗です。

当メディアの多くの読者様も愛用している、売れ筋のサードパーティ製プロコンです!

 FONLAM任天堂純正
ジャイロセンサー
振動機能
Amiibo対応
ホームボタンでのスリープ解除
連射機能×
マクロ機能×
重量310g
充電用接続端子USB Type-C
電池容量800mAh1,300mAh
FONLAM Switchコントローラーと任天堂純正 Switchコントローラーの比較

FONLAM Switchコントローラー(2021年版):3千円台前半

写真:Amazonのスクリーンショット

続いて、同じくFONLAMが販売しているSwitchコントローラー(2021年版)をご紹介します。

こちらは、任天堂純正のプロコンの機能をすべて持っていることに加え、連射機能マクロ機能が搭載されているため、より快適にゲームをプレイできます。

マクロ機能については、背面のM1ボタンとM2ボタンにボタンコンボを保存できます。例えば「モンスターハンターライズ」では、「翔虫」の技をワンタッチで使い、素早い立ち回りでクエストを達成できます。

任天堂純正プロコンの雰囲気にも似た、黒地にカラーの入ったソリッドなデザインも魅力的です!

 FONLAM製任天堂純正
ジャイロセンサー
振動機能
Amiibo対応
ホームボタンでのスリープ解除
連射機能×
マクロ機能×
重量非公開310g
充電用接続端子USB Type-C
電池容量550mAh1,300mAh
FONLAM Switchコントローラーと任天堂純正 Switchコントローラーの比較

ECHTPower SW-SWITCHSB-002:3千円台前半

写真:Amazonのスクリーンショット

続いて、SwitchやPlayStation 5などのゲーム周辺機器を取り扱うブランドECHTPowerのSwitchコントローラー「SW-SWITCHSB-002」をご紹介します。

SW-SWITCHSB-002の大きな特徴は軽量である点です。重量はたった185gと、数あるプロコンの中でも最軽量クラスです。軽量であるほうが手への負担を軽減できるため、長時間連続してゲームをプレイする方におすすめできます。

機能面では、任天堂純正のプロコンの機能をすべて持っていることに加え、連射機能がついています。

さらに、Switchへの接続方式が無線と有線の2つある点も特徴的です。普段はBluetoothで気軽に無線接続し、本腰を入れてプレイする時にはバッテリーを気にせず使えるUSB有線接続に切り替えるといった具合に、時と場合に応じて使い分けることができて便利です。

デザインはブラックでシンプルです。利便性の高いサードパーティ製プロコンとしておすすめです!

 ECHTPower製任天堂純正
ジャイロセンサー
振動機能
Amiibo対応
ホームボタンでのスリープ解除
連射機能×
マクロ機能×
重量185g310g
充電用接続端子USB Type-C
電池容量600mAh1,300mAh
ECHTPower SW-SWITCHSB-002と任天堂純正 Switchコントローラーの比較

NYXI ワイヤレスコントローラー:4千円前後

写真:Amazonのスクリーンショット

続いて、Swichコントローラーの専門メーカーであるNYXIから販売されているSwitchワイヤレスコントローラーをご紹介します。

こちらは、まず見た目が特徴的です。LスティックとRスティックの周辺が光るため、ゲーミングデバイスらしさがあり、気分が上がります!

写真:Amazonのスクリーンショット

機能面では、マクロ機能を搭載しており、背面の4つのボタンにそれぞれコマンド入力を保存できるのも特徴です。格闘ゲームでの複雑なコマンド入力や、RPGやシミュレーションゲームで何度も何度も行う操作などをマクロボタンに登録することができます。

他にも、任天堂純正のプロコンの機能をすべて持っていることに加え、連射機能がついています。

さらに、Switchへの接続方式が無線と有線の2つある点も魅力的です。普段はBluetoothで気軽に無線接続し、本腰を入れてプレイする際にはバッテリーを気にせず使えるUSB有線接続に切り替えるといった具合に、時と場合に応じて使い分けることができて便利です。

光るデザインやマクロ機能が魅力的なサードパーティ製プロコンとしておすすめです!

 NYXI任天堂純正
ジャイロセンサー
振動機能
Amiibo対応
ホームボタンでのスリープ解除
連射機能×
マクロ機能×
重量228g310g
充電用接続端子USB Type-C
電池容量600mAh1,300mAh
NYXI Switchコントローラーと任天堂純正 Switchコントローラーの比較

DIGIFORCE Moco 2 Kids Controller:6千円前後

写真:製品ページのスクリーンショット

続いて、株式会社デジフォース(DIGIFORCE)から販売されているコントローラー「Moco 2 Kids Controller」をご紹介します。

デジフォースは、PC・スマートフォンの周辺機器を開発・販売している日本の企業です。

写真:Amazonのスクリーンショット

Moco 2 Kids Controllerは、6歳から10歳までの子供の手のひらサイズに合わせて設計されたコンパクトサイズのコントローラーです。小さな手でも握りやすく全体的に丸みを帯びたフォルムになっています。

子供向けではありますが、手の小さめな大人の方や、コンパクトなコントローラーを好む大人の方にも人気です。重量も182gと超軽量であり、長時間のプレイに伴う手への負担が少ないです。

機能的には、ホームボタンでのスリープ解除ジャイロセンサーにも対応しており、Amiibo対応以外は任天堂純正のプロコンと同様に使えます。連射機能もついています。

カラーは、ライトブルー、マーブル、ネイビーの3色から選べます。どの色もかわいらしい配色です。

余裕を持って操作できるコンパクトなサードパーティ製プロコンとしておすすめです!

 DIGIFORCE製
Moco 2 Kids
任天堂純正
ジャイロセンサー
振動機能
Amiibo対応×
ホームボタンでのスリープ解除
連射機能×
マクロ機能×
重量182g310g
充電用接続端子USB Type-C
電池容量600mAh1,300mAh
DIGIFORCEと任天堂純正 Switchコントローラーの比較

DIGIFORCE スイッチ コントローラー:4千円前後

写真:Amazonのスクリーンショット

続いて、同じく株式会社デジフォース(DIGIFORCE)から販売されているコントローラー「Wireless Controller for Nintendo Switch」をご紹介します。

こちらは、Rスティックの周囲やA/B/X/Yボタンが光る見た目が特徴的です。他の光るゲーミングデバイスとの相性も抜群です。

機能面では、マクロ機能が搭載されている点が魅力的です。背面の4つのボタンにそれぞれコマンド入力を保存できます。格闘ゲームでの複雑なコマンド入力や、RPGやシミュレーションゲームで何度も何度も行う操作などをマクロボタンに登録することができます。

また、ホームボタンでのスリープ解除ジャイロセンサーにも対応しており、Amiibo対応以外は任天堂純正のプロコンと同様に使えます。

199gと軽量なところも大きな魅力であり、長時間使っても手が疲れにくいです。

価格も3,499円~5,000円程度(時期により変動します)とお手軽でありながら、高機能・高品質のサードパーティ製プロコンとしておすすめです!編集部による使用レビューもぜひ参考にしてみてください。

 DIGIFORCE製任天堂純正
ジャイロセンサー
振動機能
Amiibo対応×
ホームボタンでのスリープ解除
連射機能×
マクロ機能×
重量199g310g
充電用接続端子USB Type-C
電池容量600mAh1,300mAh
DIGIFORCEと任天堂純正 Switchコントローラーの比較

関連記事:【レビュー】DIGIFORCEのスイッチ用コントローラーは軽くて使いやすい!

ホリ ホリパッド for Nintendo Switch:3千円前後

写真:製品HPのスクリーンショット

続いて、ホリから販売されているコントローラーである「ホリパッド for Nintendo Switch」を紹介します。

ホリは、「任天堂ライセンス商品」の製品を多数販売している任天堂御用達の日本メーカーであり、サードパーティ製の中でも安心して使うことができます。

「ホリパッド for Nintendo Switch」は、ゲームプレイに必要な基本機能のみに絞ることで低価格を実現した有線コントローラーです。ジャイロセンサーやHD振動は省略されている一方で、各ボタンに連射機能を追加しています。

また、Switchとの接続には、Nintendo SwitchドックのUSBポートを利用するため、電池切れの心配なく長時間ゲームプレイできるのも魅力です。

持ちやすさにも定評がある人気商品としておすすめです!カラーやデザインも種類があるので、ぜひお好きな物を選んでみてください。

 ホリパッド任天堂純正
接続方式USB有線Bluetooth無線
ジャイロセンサー×
振動機能×
Amiibo対応×
ホームボタンでのスリープ解除×
連射機能×
マクロ機能×
重量245g
ケーブル含む
310g
充電用接続端子USB Type-C
電池容量1,300mAh
ホリパッド for Nintendo Switchと任天堂純正 Switchコントローラーの比較
created by Rinker
ホリ
¥2,618(2022/10/07 03:43:00時点 Amazon調べ-詳細)

関連記事:Switch用おすすめホリコン・ホリパッド紹介

ホリ クラシックコントローラー for Nintendo Switch:3千円前後

写真:製品HPのスクリーンショット

続いて、同じくホリから販売されている「ホリ クラシックコントローラー for Nintendo Switch」をご紹介します。

こちらは、任天堂がかつて販売していたゲーム機である「ゲームキューブ」のコントローラーに似た形状のコントローラーです。Nintendo SwitchドックのUSBポートで接続する有線タイプであり、さらに軽量です。

ゲームキューブ時代から『大乱闘スマッシュブラザーズ』シリーズをプレイし続けているプレイヤーなどに人気のコントローラーです。

デザインは、マリオ、ポケモン、ゼルダの3種類があります。いずれもロゴとカラーのみでシンプルなので、大人の方でも使いやすいです。

ゲームキューブのコントローラーに慣れている方におすすめです!

 ホリ製任天堂純正
接続方式USB有線Bluetooth無線
ジャイロセンサー×
振動機能×
Amiibo対応×
ホームボタンでのスリープ解除×
連射機能×
マクロ機能×
重量220g
ケーブル含む
310g
充電用接続端子USB Type-C
電池容量1,300mAh
ホリ クラシックコントローラー for Nintendo Switchと任天堂純正 Switchコントローラーの比較

関連記事:Switch用おすすめ「ホリコン・ホリパッド」紹介

ニンテンドースイッチのほかの記事もどうぞ

▷ 買うならどっち?スイッチとスイッチライトの違いを徹底比較
▷ Switch用「プロコン」おすすめ厳選紹介
▷ Switch用おすすめ「ホリコン・ホリパッド」紹介
▷ Switch用「サードパーティ製Joy-Con」おすすめ紹介
▷ Switchのゲーム配信におすすめの「キャプチャーボード」紹介
▷ Switch向け「ゲーミングモニター」おすすめ紹介
▷ Switch向け「モバイルモニター」おすすめ紹介
▷ Switch用「ゲーミングヘッドセット」おすすめ厳選紹介
▷ Switch用に本当におすすめできる「SDカード」厳選紹介
▷ Switch用「液晶保護フィルム」おすすめ厳選紹介
▷ おすすめの「Switch Lite用カバー」厳選紹介
▷ Switch用「ソフト収納ケース」のおすすめ紹介
▷ 「Switch・Switch Lite用スタンド」おすすめ厳選

▷ スプラトゥーンにおすすめのコントローラー紹介