スプラトゥーンにおすすめのプロコン・コントローラー5選!

Nintendo Switch

2022年9月に発売された『スプラトゥーン3』を快適にプレイするために、外部コントローラー(通称プロコン)の購入を検討されている方もいるでしょう。

Switch用のプロコンとしては、任天堂の純正品から聞いたことのないメーカーの格安プロコンに至るまで、多数の製品が販売されていますが、スプラトゥーンのプレイで使いやすいのはどの製品なのでしょうか?

この記事では、スプラトゥーンにおすすめのプロコンをご紹介していきます!

関連記事:スイッチのプロコンおすすめ紹介

スポンサーリンク

スプラトゥーン向けプロコンの選び方

まずは、スプラトゥーンのプレイに向いたプロコンを選ぶ時のポイントをお伝えします。

ポイント1.ジャイロ機能の有無と精度

1つ目のポイントは、ジャイロ機能の有無と精度です。

スプラトゥーンでは、コントローラーを傾けることで視点移動やエイム調整ができます。コントローラーの傾きを利用して操作できる機能のことは、ジャイロ機能と呼びます。

視点移動やエイム調整は右スティックでも行えますが、ジャイロ機能を活用することで高速な視点移動やエイムの細やかな微調整が可能となります。

大会に出場できるレベルの上位プレイヤーのほとんどはジャイロ機能を使用しており、ジャイロ機能を使いこなすことで、ナワバリやガチマッチで勝率を高くしたり、ウデマエを上げることができます。

また、反応速度や感度といったジャイロ機能の精度もプレイに影響します。反応速度とは、コントローラーを傾ける動作をしてから実際に視点移動やエイム調整が動き出すまでの時間のことです。感度とは、傾けた角度の違いをどれだけ細かく認識してくれるかということです。

こうした理由から、スプラトゥーン用のプロコンを選ぶ際には、ジャイロ機能は必須です。安いプロコンだとジャイロ機能が非搭載の製品もありますので、必ずジャイロ機能が搭載された製品を選ぶようにしましょう。特に上位を狙いたい方は、ジャイロ精度の高いプロコンを購入するのがおすすめです!

ポイント2.コストパフォーマンス

2つ目のポイントは、コストパフォーマンスです。

一般的にジャイロ機能の精度が高いと言われている任天堂の純正品などは、品薄が続いており価格が高騰しがちです。2022年10月時点では1万円を超えることも多く、プロコンは消耗品であることも考慮すると、決して安い買い物とは言えません

一方で、4,000~6,000円程度で購入可能なサードパーティ製のプロコンは、純正品と機能的に遜色ないものが多いほか、カラーも豊富であり、コストパフォーマンスが高いです。編集部としても、細かい精度にこだわらなければ、サードパーティ製のプロコンでも十分に使えると感じます。

初心者・カジュアル勢の方、はじめてプロコンを使う方、なるべく安く済ませたい方は、コストパフォーマンスを考慮して選ぶのも大切です!

プロコン選びのポイントをお伝えしたところで、続いて商品紹介に移ります!

高精度なジャイロ搭載のおすすめプロコン

まずは、ジャイロの精度を優先した場合におすすめできるプロコンをご紹介します。

結論から言うと、ジャイロの精度については、任天堂純正の「Proコントローラー」が圧倒的に評判が良いです。また、また、任天堂ライセンス商品である「ホリパッド」も、Proコントローラーに近い精度として好評です。

これ以外のサードパーティ製プロコンはいずれも、上記2つよりも反応に遅延があると感じる人が多いです。このため、ジャイロの精度を優先したい場合におすすめできるのは、この2つの商品しかないということになります。

上位プレイヤーを本気で狙いに行きたい方は、この2つから選びましょう!

【任天堂純正品】Nintendo Switch Proコントローラー:1万円台前半

写真:Amazonのスクリーンショット

まずご紹介するのは、任天堂の純正コントローラーである「Nintendo Switch Proコントローラー」です。基本のプロコンです。サードパーティ製コントローラーが設計の参考にしているのは、このNintendo Switch Proコントローラーです。

純正品なだけあって、操作性の高さジャイロ・振動機能の精度の高さが評価されており、ゲーム上級者を中心に好まれています。

また、筆者は個人的に、長時間グリップし続けた際の疲労感の少なさも高く評価しています。激しいボタン操作を要するゲームを長時間連続してプレイする際には、手の疲労軽減のために、純正品を使うようにしています。

一方で、価格の高さを嘆く声や、高額の割に壊れやすいという声が多いコントローラーでもあります。このあたりは覚悟の上で購入されたほうが良いでしょう。

最高の精度でスプラトゥーンをプレイしたい方や、やっぱり純正品が良いという方は、Nintendo Switch Proコントローラーを選んでおくのが無難です!

ジャイロセンサー
振動機能
Amiibo対応
ホームボタンでのスリープ解除
マクロ機能×
連射機能×
重量310g
充電用接続端子USB Type-C
電池容量1,300mAH
Nintendo Switch Proコントローラーのスペック

※Nintendo Switch Proコントローラーの各モデルは2022年11月時点で品薄のため価格が上がっています。スプラトゥーンエディションは特に高くなっています。

【任天堂ライセンス商品】ワイヤレスホリパッド for Nintendo Switch:7千円前後

写真:製品HPのスクリーンショット

続いてご紹介するのは、ホリから販売されている「ワイヤレスホリパッド for Nintendo Switch」です。

ホリは、「任天堂ライセンス商品」の製品を多数販売している任天堂御用達の日本メーカーであり、サードパーティ製の中でも安心して使うことができます。

形状も任天堂純正プロコンに似ているためホールドしやすく、ワイヤレス接続にも対応しています。HD振動やAmiiboには対応していませんが、任天堂純正プロコンと遜色ない高精度のジャイロセンサーが搭載されているため、スプラトゥーンを本気でプレイするにはピッタリです。

電池容量が任天堂純正プロコンと比べて小さい分、軽量であるため、軽さを重視するプレイヤーにも好まれています。

任天堂純正プロコンに匹敵する高精度なジャイロ機能を持つ唯一のサードパーティ製プロコンです!

 ワイヤレス
ホリパッド
任天堂純正
ジャイロセンサー
HD振動×
Amiibo対応×
ホームボタンでの
スリープ解除
連射機能×
重量180g310g
充電用接続端子USB Type-C
電池容量550mAh1,300mAh
表:ワイヤレスホリパッドと純正プロコンの比較

コスパ最強のおすすめプロコン

続いて、コストパフォーマンスの高さを優先したい場合におすすめのプロコンをご紹介します。

ジャイロの精度は任天堂純正プロコンやホリパッドには劣りますが、任天堂純正プロコンの半額程度の安さで購入できるほか、任天堂純正プロコンのほとんどの機能に加えて連射機能マクロ機能といった追加機能が搭載されており、コストパフォーマンスは高いです。

スプラトゥーンをカジュアルに楽しめればOKという方は、ぜひ検討してみてください!

PXN Switchコントローラー P50:6千円前後

写真:Amazonのスクリーンショット

まずご紹介するのは、PXNから販売されているSwitchコントローラー「P50」です。

PXNは、コントローラーを中心にゲーミングデバイスを製造・販売する中国のメーカーであり、Amazonなどの通販サイトを中心によく売れています。

写真:Amazonのスクリーンショット

P50の最大の機能は、コントローラーの設定をスマートフォンのアプリで行えることです。

P50にはマクロ機能が搭載されており、背面の2つのボタンにそれぞれコマンド入力を保存できます。こうしたコマンドの登録や、L・Rやアナログスティックの有効範囲の設定、振動の強さの設定、ボタンの入れ替えなどをすべてアプリで設定できるため、利便性が高いです。

また、ジャイロセンサーAmiiboに対応していることに加え、連射機能もついているなど高機能です。

スプラトゥーンでの利用時には、任天堂純正プロコンに比べて右スティックの遊びの多さが気になるという意見も見受けられますが、全く問題ないという意見もあり、ある程度は慣れの問題と言えそうです。

P50は、カラーラインナップが豊富なのも魅力です。淡くて可愛らしい色の中からお好みの色を選ぶことができます。

高機能でコストパフォーマンスが高いサードパーティ製プロコンとしておすすめです!

 PXN任天堂純正
ジャイロセンサー
振動機能
Amiibo対応
ホームボタンでのスリープ解除
連射機能×
マクロ機能×
重量216g310g
充電用接続端子USB Type-C
電池容量550mAh1,300mAh
PXN Switchコントローラーと任天堂純正 Switchコントローラーの比較

FONLAM Switchコントローラー(2022年版):4千円前後

写真:Amazonのスクリーンショット

続いてご紹介するのは、Switch用コントローラーを中心に取り扱っているブランドFONLAMSwitchコントローラー(2022年版)です。

大きな特徴は、サードパーティ製のコントローラーとしては大容量の800mAhのバッテリーを搭載している点です。USB Type-Cでの急速充電に対応しているため、約2時間程度で満充電でき、一回の充電で最大12時間連続使用可能です。

機能面では、任天堂純正のプロコンの機能をすべて持っており、加えて連射機能もあります。

デザインはシンプルで可愛らしく、カラーラインナップも豊富です。ブルーやグリーンなどの鮮やかなカラーが特に綺麗です。

スプラトゥーンでの利用時には、ジャイロの反応速度が任天堂純正プロコンに比べて若干遅延があると感じる人もいるようですが、任天堂純正プロコンを利用したことのない人であれば気にならないという意見も多いです。

当メディアの多くの読者様も愛用している、売れ筋のサードパーティ製プロコンです!

 FONLAM任天堂純正
ジャイロセンサー
振動機能
Amiibo対応
ホームボタンでのスリープ解除
連射機能×
マクロ機能×
重量310g
充電用接続端子USB Type-C
電池容量800mAh1,300mAh
FONLAM Switchコントローラーと任天堂純正 Switchコントローラーの比較

DIGIFORCE Moco 2 Kids Controller:6千円前後

写真:製品ページのスクリーンショット

続いてご紹介するのは、株式会社デジフォース(DIGIFORCE)から販売されているコントローラー「Moco 2 Kids Controller」です。

デジフォースは、PC・スマートフォンの周辺機器を開発・販売している日本の企業です。

写真:Amazonのスクリーンショット

Moco 2 Kids Controllerは、6歳から10歳までの子供の手のひらサイズに合わせて設計されたコンパクトサイズのコントローラーです。小さな手でも握りやすく全体的に丸みを帯びたフォルムになっています。

子供向けではありますが、手の小さめな大人の方や、コンパクトなコントローラーを好む大人の方にも人気です。重量も182gと超軽量であり、長時間のプレイに伴う手への負担が少ないです。

機能的には、ホームボタンでのスリープ解除ジャイロセンサーにも対応しており、Amiibo対応以外は任天堂純正のプロコンと同様に使えます。連射機能もついています。

スプラトゥーンでの利用時には、ジャイロの反応速度の遅延が気になるという方が一定数いるようです。一方で、コンパクトで軽量であるため、取り回しが良くジャイロが使いやすいという意見もあります。やや遅延はあるけど動かしやすい、ということになります。

カラーは、ライトブルー、マーブル、ネイビーの3色から選べます。どの色もかわいらしい配色です。

手の小さい人でも使いやすいサードパーティ製プロコンとしておすすめです!

 DIGIFORCE製
Moco 2 Kids
任天堂純正
ジャイロセンサー
振動機能
Amiibo対応×
ホームボタンでのスリープ解除
連射機能×
マクロ機能×
重量182g310g
充電用接続端子USB Type-C
電池容量600mAh1,300mAh
DIGIFORCEと任天堂純正 Switchコントローラーの比較

ニンテンドースイッチのほかの記事もどうぞ

▷ 買うならどっち?スイッチとスイッチライトの違いを徹底比較
▷ Switch用「プロコン」おすすめ厳選紹介
▷ Switch用おすすめ「ホリコン・ホリパッド」紹介
▷ Switch用「サードパーティ製Joy-Con」おすすめ紹介
▷ Switch用「グリップコントローラー」おすすめ紹介
▷ Switchのゲーム配信におすすめの「キャプチャーボード」紹介
▷ Switch向け「ゲーミングモニター」おすすめ紹介
▷ Switch向け「モバイルモニター」おすすめ紹介
▷ Switch用「ゲーミングヘッドセット」おすすめ厳選紹介
▷ Switch用に本当におすすめできる「SDカード」厳選紹介
▷ Switch用「液晶保護フィルム」おすすめ厳選紹介
▷ Switch用「ソフト収納ケース」のおすすめ紹介
▷ おすすめの「Switch Lite用カバー」厳選紹介
▷ 「Switch・Switch Lite用スタンド」おすすめ厳選

▷ スプラトゥーンにおすすめのコントローラー紹介
▷ Switchのポケモンソフトおすすめ紹介