ROCCATのゲーミングキーボードおすすめ紹介【2021年版】

ゲーミングキーボード

ゲーミングキーボードをお探しの方の中には、ROCCAT(ロキャット)のゲーミングキーボードが気になっている方もいるでしょう。

ROCCATは、2007年にドイツで設立されたゲーミングブランドです。創業者は元eスポーツプロ選手であり、開発チームの中にもゲーマーが所属しているなど、ゲーム愛好家の視点から革新的な製品の数々を生み出しています。光の速さを利用した「光学式スイッチ」をゲーミングキーボードにいち早く導入するなど、最先端の技術追求にも定評があります。

この記事では、現在日本で販売されているROCCATのゲーミングキーボードの特徴を分かりやすく解説します!購入を検討されている方は、ぜひ参考にしてみてください。

関連記事
▷ Xtrfyのおすすめゲーミングキーボード紹介

スポンサーリンク

光学式スイッチのモデル2つ

まずは、ROCCATが独自に開発した光学式スイッチ「TITAN SWITCH OPTICAL」を搭載しているモデルを2つご紹介します。

ゲーミングキーボードとして最も一般的であるメカニカルスイッチの押し心地を維持しながらも、キーの入力を判定する機構に光を利用することにより、超高速で高精度な入力を可能にしたスイッチとなっています。

画像:公式HPをスクリーンショット

TITAN SWITCH OPTICALには、「タクタイルブラウン」と「リニアレッド」の2種類があります。いずれも素早い入力が可能であり、1億回の打鍵に耐えるなど、一般的なメカニカルスイッチよりも高い耐久性を誇ります。

TITAN SWITCH OPTICALを採用したモデルとしては、「Vulcan Pro」と「Vulcan TKL Pro」の2つのモデルがあります。それぞれの特徴を以下で説明します。

Vulcan Pro

画像:Amazonをスクリーンショット

「Vulcan Pro」は、光学式スイッチ「TITAN SWITCH OPTICAL」を採用したフルキーボードタイプのゲーミングキーボードです。英語配列です。

日本で販売されているモデルには、リニアレッド(赤軸)のほうが採用されています。軽めの力で高速な打鍵が可能であり、スコスコとしたスムーズな押し心地です。

接続方式は、USB有線接続です。遅延や電池切れの心配なく、安定して高速に応答してくれます。

複数のキー入力を1つのコマンドとして記憶しておくマクロ機能も搭載されており、便利です。また、音楽の再生・停止や音量をコントロールできる専用のメディアコントロールキーも搭載されており、ワンタッチで操作できます。

また、ゲーミングキーボードらしく光ります。ROCCAT独自の「AIMO」により、鮮やかなイルミネーションを楽しめます。AIMOに対応した他のROCCAT製品と連携したエフェクトも可能で、カッコいいゲーミング空間を作れます。

本体カラーはブラックのみです。取り外し可能なパームレストも付属しています。ROCCATの最新鋭の超高速ゲーミングキーボードとしておすすめです!

Vulcan TKL Pro

画像:Amazonをスクリーンショット

「Vulcan TKL Pro」は、光学式スイッチ「TITAN SWITCH OPTICAL」を採用したテンキーレスタイプのゲーミングキーボードです。英語配列です。

テンキーを使わない方や、マウスを大きく動かすスペースを取りたい方は、テンキーレスタイプがおすすめです。

現在日本で販売されているモデルには、リニアレッド(赤軸)が採用されています。軽めの力で高速な打鍵が可能であり、スコスコとしたスムーズな押し心地です。

接続方式は、USB有線接続です。遅延や電池切れの心配なく、安定して高速に応答してくれます。また、ケーブルは取り外し可能であり、ポートはUSB Type-Cとなっています。

また、ゲーミングキーボードらしく光ります。ROCCAT独自の「AIMO」により、鮮やかなイルミネーションを楽しめます。AIMOに対応した他のROCCAT製品と連携したエフェクトも可能で、カッコいいゲーミング空間を作れます。

本体カラーはブラックのみです。こちらにはパームレストは付属していません。テンキーレスタイプの超高速ゲーミングキーボードとしておすすめです!

独自メカニカルスイッチのモデル4つ

まずは、ROCCATオリジナルのメカニカルスイッチ「TITAN SWITCH」を搭載しているモデルを4つご紹介します。

伝統的なメカニカルスイッチの感触を残しながらも、従来よりも正確で高速な入力ができるメカニカルスイッチとなっています。

画像:公式HPをスクリーンショット

TITAN SWITCHには、「タクタイルブラウン」と「リニアレッド」の2種類があります。いずれも素早い入力が可能であり、5000万回の打鍵に耐えられる高耐久タイプとなっています。

TITAN SWITCHを採用したモデルとしては、「Vulcan 122 AIMO」「Vulcan 121 AIMO」「Vulcan 120 AIMO」「Vulcan TKL」の4つのモデルがあります。それぞれの特徴を以下で説明します。

Vulcan 122 AIMO

画像:Amazonをスクリーンショット

「Vulcan 122 AIMO」は、メカニカルスイッチ「TITAN SWITCH」を採用したフルキーボードタイプのゲーミングキーボードです。日本語配列英語配列があります。

こちらは綺麗なホワイトのデザインが魅力的なモデルであり、後述するVulcan 121 AIMOおよびVulcan 120 AIMOのカラー違いバージョンとなります。

キースイッチは、タクタイルブラウン(茶軸)リニアレッド(赤軸)から選ぶことができます。

接続方式は、USB有線接続です。遅延や電池切れの心配なく、安定して高速に応答してくれます。

複数のキー入力を1つのコマンドとして記憶しておくマクロ機能も搭載されており、便利です。また、音楽の再生・停止や音量をコントロールできる専用のメディアコントロールキーも搭載されており、ワンタッチで操作できます。

また、ゲーミングキーボードらしく光ります。ROCCAT独自の「AIMO」により、鮮やかなイルミネーションを楽しめます。AIMOに対応した他のROCCAT製品と連携したエフェクトも可能で、カッコいいゲーミング空間を作れます。

取り外し可能なパームレストも付属しています。美しいデザインが魅力的なゲーミングキーボードとしておすすめです!

Vulcan 121 AIMO

画像:Amazonをスクリーンショット

「Vulcan 121 AIMO」は、メカニカルスイッチ「TITAN SWITCH」を採用したフルキーボードタイプのゲーミングキーボードです。日本語配列英語配列があります。

こちらはシックなブラックのモデルとなっており、1個前に紹介したVulcan 122 AIMOおよび次に紹介するVulcan 120 AIMOの色違いバージョンです。

現在日本で販売されているモデルには、リニアレッド(赤軸)が採用されています。それ以外の特徴は、Vulcan 122 AIMOと同じであるため紹介を割愛します。

クールで機能的なゲーミングキーボードとしておすすめです!

Vulcan 120 AIMO

画像:Amazonをスクリーンショット

「Vulcan 120 AIMO」は、メカニカルスイッチ「TITAN SWITCH」を採用したフルキーボードタイプのゲーミングキーボードです。英語配列です。

こちらは硬派なシルバーのデザインが特徴的なモデルであり、上で紹介したVulcan 122 AIMOおよびVulcan 121 AIMOの色違いバージョンです。

現在日本で販売されているモデルには、タクタイルブラウン(茶軸)が採用されています。それ以外の特徴は、Vulcan 122 AIMOと同じであるため紹介を割愛します。

美しいライティングも映える高性能なゲーミングキーボードとしておすすめです!

Vulcan TKL

画像:Amazonをスクリーンショット

「Vulcan TKL」は、メカニカルスイッチ「TITAN SWITCH」を採用したテンキーレスタイプのゲーミングキーボードです。日本語配列英語配列があります。

テンキーを使わない方や、マウスを大きく動かすスペースを取りたい方は、テンキーレスタイプがおすすめです。

現在日本で販売されているモデルには、リニアレッド(赤軸)が採用されています。軽めの力で高速な打鍵が可能であり、スコスコとしたスムーズな押し心地です。

接続方式は、USB有線接続です。遅延や電池切れの心配なく、安定して高速に応答してくれます。また、ケーブルは取り外し可能であり、ポートはUSB Type-Cとなっています。

また、ゲーミングキーボードらしく光ります。ROCCAT独自の「AIMO」により、鮮やかなイルミネーションを楽しめます。AIMOに対応した他のROCCAT製品と連携したエフェクトも可能で、カッコいいゲーミング空間を作れます。

本体カラーはブラックのみです。こちらにはパームレストは付属していません。安定して使えるテンキーレスタイプのゲーミングキーボードとしておすすめです!

Cherry互換メカニカルスイッチのモデル1つ

続いて、ドイツのCherry社製メカニカルスイッチと互換性のあるメカニカルスイッチを搭載しているモデルを1つご紹介します。

Cherry社の「Cherry MXメカニカルスイッチ」は、最も有名なメカニカルスイッチといっても過言ではありません。キーボードにこだわる方の中には、Cherryのメカニカルスイッチを愛用している方もいらっしゃるでしょう。そうした方には、Cherry互換キースイッチ搭載モデルがおすすめです!

Cherry互換メカニカルスイッチを採用したモデルとしては、「Pyro」があります。以下で、Pyroの特徴を紹介します。

Pyro

画像:Amazonをスクリーンショット

「Pyro」は、Cherry互換メカニカルスイッチを採用したフルキーボードタイプのゲーミングキーボードです。日本語配列英語配列があります。

キースイッチには、「Cherry MXメカニカルスイッチ」と互換性のあるTTC製の赤軸メカニカルスイッチが採用されています。Cherryの赤軸がお好きな方でもなじみのある押し心地となっています。

接続方式は、USB有線接続です。遅延や電池切れの心配なく、安定して高速に応答してくれます。

また、ゲーミングキーボードらしく光ります。ROCCAT独自の「AIMO」により、鮮やかなイルミネーションを楽しめます。AIMOに対応した他のROCCAT製品と連携したエフェクトも可能で、カッコいいゲーミング空間を作れます。

本体カラーはブラックのみです。取り外し可能なパームレストも付属しています。Cherryの押し心地にこだわる方におすすめのゲーミングキーボードです!

メンブレンスイッチのモデル1つ

最期に、メンブレンスイッチを搭載したモデルを1つご紹介します。

ゲーミングキーボードの主流はメカニカルスイッチですが、メンブレン方式のスイッチを搭載したモデルもあります。一般的に、メカニカルスイッチの方が入力の正確性と耐久性が高いと言われていますが、メンブレンスイッチは価格が安く耐水性が高いという特徴があります。

メンブレンスイッチを搭載したモデルとしては、「Magma」があります。以下で、Magmaの特徴を紹介します。

Magma

画像:Amazonをスクリーンショット

「Magma」は、メンブレンスイッチを採用したフルキーボードタイプのゲーミングキーボードです。日本語配列です。

キースイッチには、打鍵音が静かで反応の速いメンブレンスイッチが採用されています。また、ゲームでよく使用する26のキーについて、キーの同時押しが正しく判定される「キーロールオーバー」の機能もついているため、激しいプレイでも正確な入力ができます。

接続方式は、USB有線接続です。遅延や電池切れの心配なく、安定して高速に応答してくれます。

また、ゲーミングキーボードらしく光ります。本体の前面が半透明になっており、キーボード全体が光るという個性的なデザインとなっています。他のモデルよりカスタマイズ性は低いですが、5つのゾーンに分かれたライティングエフェクトを楽しめます。

本体カラーはブラックのみです。取り外し可能なパームレストも付属しています。安価で華やかな見た目も楽しめるゲーミングキーボードとしておすすめです!

ほかのゲーミングキーボードも見てみる

▷ Logicool Gのおすすめゲーミングキーボード紹介
▷ ROGのおすすめゲーミングキーボード紹介
▷ SteelSeriesのおすすめゲーミングキーボード紹介
▷ HyperXのおすすめゲーミングキーボード紹介
▷ ELECOMのおすすめゲーミングキーボード紹介
▷ ROCCATのおすすめゲーミングキーボード紹介
▷ Xtrfyのおすすめゲーミングキーボード紹介
▷ COUGARのおすすめゲーミングキーボード紹介
▷ MSIのおすすめゲーミングキーボード紹介
▷ G-Tuneのおすすめゲーミングキーボード紹介