【2021年版】おすすめの「白い24インチディスプレイ」を5つ紹介!

モニター白色特集編集部のおすすめ

ノートパソコンや自作PCに接続するディスプレイを探していると、黒色のディスプレイばかりに出会います。しかし、部屋の雰囲気によっては、黒色のものをあまり置きたくないとお考えの方もいるのではないでしょうか。

この記事では、白色に異様にこだわる筆者が、「白色」という軸でおすすめの外部ディスプレイを紹介します!白いディスプレイをお探しの方の参考になれば幸いです。

★白いゲーミングモニターをお探しの方はこちらの記事へどうぞ
▷ 白いゲーミングモニターおすすめ紹介!

筆者の作業環境の一角。Surfaceに外部ディスプレイをつないで仕事をしています。
スポンサーリンク

自宅向けには「23~24インチのFullHD」がおすすめ

白色のディスプレイの種類は数が限られており、そもそも選択肢が多くはありませんが、自宅で使用するディスプレイに向いた特徴を列挙しておきます。

まず、サイズと解像度は、23~24インチのFullHD(横1920×縦1080)がおすすめです。

23インチ~24インチのFullHDであれば、画面と自分の間に一定の距離を置きながら良い姿勢で作業することができますし、無理なく字が読めるサイズ感です。また、自宅の机に置くことを考えると丁度良いサイズです。

特別な用途がない限り、サイズの大きすぎるものや、必要以上の解像度(4Kなど)を持つ高価なものを選ぶ必要はありません。

また、高さと角度が調節できるものがベターです。高さと角度を最適な位置にすることで、より良い姿勢が保たれ、長時間作業をしても体の負担が軽くなるためです。

ただし、調節不可のディスプレイのほうが安価ではあるため、調節不可なディスプレイとディスプレイ用の台とセットで利用することで、高さを調整しつつ価格を抑えることも可能です。

それでは、自宅向けのディスプレイの特徴を述べたところで、続いておすすめの白いディスプレイを紹介してきます!

高さ調節可能な白いディスプレイ

白色の23~24インチディスプレイで高さ調節可能なものは、現在2つの商品がありますので、紹介していきます!

EIZO「FlexScan EV2451-RWT」

写真:https://www.eizo.co.jp/products/lcd/frameless/

「FlexScan(フレックススキャン)EV2451-RWT」は、日本メーカーであるEIZO(エイゾー)の23.8インチディスプレイです。EIZOは、1990年代からディスプレイ装置専業メーカーとして、画質や信頼に定評のある老舗メーカーです。

編集部でも2台使用しており、とてもおすすめできるモニターです。

フレームレスで美しい

EV2451-RWTの特徴の1つは、4辺フレームレス・フルフラットなデザインです。画面を縁取るフレーム(ベゼル)は1mmしかなく、液晶の非表示エリアも2.5mmであり、ほとんどフレームが目立たず、スリムな印象を与えます。

さらに、フレームと液晶部分がフラットである(フレームが出っ張っていない)ため、複数ディスプレイを並べた際にも美しくなります。

かなり細かく高さ・角度調節が可能

スタンド部分も高機能です。上下172.7mmの範囲で高さ調節でき、画面の傾きも前に5°、後ろに35°傾けることができます。また、スタンドを固定したまま左右に344°回転させることもできます。さらに、ディスプレイ自体を左右どちらにも90°回転することもできます。

非常に多機能なスタンドであるため、ユーザの体型や姿勢に最適な位置にディスプレイを配置することができます。

目が疲れにくい非光沢画面

ディスプレイは、高品質なアンチグレア(非光沢)IPS液晶を採用しています。アンチグレアは、一般的に、目が疲れにくく、傷もつきにくく、蛍光灯などの光が映り込みにくいという特徴があります。

また、自動調光機能であるAuto EcoViewを利用することで、環境に合わせてディスプレイの明るさが自動で調整されます。環境に合わせた明るさで目のストレスを軽減し、筋肉の緊張を和らげることで、目の疲れを抑制します。

編集部の自作PCには、EV2451-RWTを2枚接続しています。

EIZOは、古くからのPCユーザーから、高画質なディスプレイを販売する高級ディスプレイメーカーとして定評があります。EV2451-RWTも、他社のディスプレイが1万円台という価格帯の中で4万円前後と高額です(2021年7月追記:現在は少し値下がりしました!)。

編集部ではEV2451-RWTを2枚利用していますが、価格に見合う価値のあるディスプレイであると大変満足しています。予算に余裕があれば、白い24インチディスプレイの中でダントツでおすすめできるのがEV2451-RWTです。

EV2451-RWTのポイントや機能をわかりやすく説明した製品紹介動画がEIZOから提供されています。EV2451-RWTを検討される方は参考にしてみてください。

液晶パネルIPS(アンチグレア)
チルト角前 5° / 後 35°
入力端子DisplayPort(HDCP 1.3)
HDMI(HDPC 1.4)
DVI-D(HDPC 1.4)
D-Sub15ピン(ミニ)
USBハブType-A × 2
外観寸法幅:537.3mm
高さ:332.7-495.4mm (調整可能)
奥行:190mm
重量約5.5kg

MSI「Modern MD241PW」

写真:製品ページのスクリーンショット

「Modern MD241PW」は、台湾メーカーであるMSI(エムエスアイ)の23.8インチディスプレイです。MSIは、ゲーマー向けからクリエイター向けまで、様々なプロフェッショナル向けのモニターを販売しています。

Modern MD241PWは、スタイリッシュなデザインが特徴のビジネス向けモニターです。

一般的なモニターよりも、リフレッシュレート(1秒間に画面を描画する回数)が75Hzと高いため、残像が抑えられて目が疲れにくいです。他にも、ブルーライト軽減機能ちらつき防止機能も搭載されており、目に優しい作りになっています。

また、モニターの高さ調節に加え、角度調節や回転も可能であるため、長時間の仕事や趣味に使う際にも、自分の姿勢にあった快適な位置で使うことが出来ます。

デザイン性も高く使い勝手も良い、高さ調節できる白色モニターとしておすすめです!

液晶パネルIPS(ノングレア)
チルト角前 5° / 後 20°
入力端子HDMI 1.4
USB Type-C (DP Alt mode)
USBハブ
外観寸法幅:541mm
高さ:380-490mm(調整可能)
奥行:200mm
重量6.5kg

高さ調節できない白いディスプレイ

続いて、高さ調節機能はありませんが、白色である23~24インチディスプレイを紹介します。いずれも1万円台で安価です。

高さが不十分な場合は、以下のようなディスプレイ台(モニター台)を一緒に使うことで改善できます。

写真:https://www.irisplaza.co.jp/index.php?KB=SHOSAI&SID=K285230F

ディスプレイ台は、パソコンを利用しないときにキーボードやマウスを収納できるなど、省スペースにも役立ちます。価格もかなり安く手に入ります。

I-O DATA「LCD-MF244EDSW」

写真:製品ページのスクリーンショット

「LCD-MF244EDSW」は、日本の老舗PC周辺機器メーカーであるI-O DATA(アイ・オー・データ)の23.8インチディスプレイです。

どんな角度から見ても美しく見えるADSパネルを採用しているほか、表面も光沢なし(アンチグレア)タイプとなっているため、見やすいです。

ちらつき防止機能ブルーライト低減機能といった目に優しい機能が搭載されているほか、長時間の連続使用を防止するためのアラーム機能により、休憩を取るべきタイミングを通知してくれます。

液晶パネルADS(ノングレア)
チルト角前 5° / 後 20°
入力端子HDMI(HDPC)
DVI-D(HDPC)
D-Sub15ピン(ミニ)
USBハブ
外観寸法幅:557mm
高さ:409mm
奥行:210mm
重量4.2kg
created by Rinker
アイ・オー・データ
¥20,980(2021/10/15 09:48:28時点 Amazon調べ-詳細)

プリンストン「PTFWDE-24W」

写真:https://www.princeton.co.jp/product/ptfwde24w.html

「PTFWDE-24W」は、パソコン周辺機器の製造・輸入・販売を手掛ける日本企業プリンストンの23.6インチディスプレイです。

PTFWDE-24Wの特徴は、コストパフォーマンスの良さにあります。1万円台という価格帯ながら、高視野角で高コントラストの液晶パネルを採用し、バックライトのちらつきを低減する「フリッカー削除機能」やブルーライトを最大20%軽減する「ブルーライトリデューサー機能」など、目の疲れを軽減する機能も搭載されています。

液晶パネルノングレア / 白色LEDバックライト
チルト角前 5° / 後 15°
入力端子HDMI(HDPC)
DVI-D(HDPC)
D-Sub15ピン(ミニ)
USBハブ
外観寸法幅:540mm
高さ:415mm
奥行:209mm
重量3.3±0.3kg

AIRWIN「ATM-238FH」

写真:Amazonのスクリーンショット

「ATM-238FH」は、電子機器や電化製品全般を取り扱う日本メーカーであるAIRWIN JAPAN(アーウィン ジャパン)の23.8インチフレームレス液晶モニターです。

ATM-238FHは、デザイン性の高さが特徴です。7mmの超薄型かつ、縁の少ないスリムベゼルデザインを採用しているため、複数並べて使用する際にも美しく配置できます。ブランドロゴも記載がなく、シンプルなデザインです。ブルーライト低減機能や、光沢のない画面など、目の疲労防止に対する配慮もなされています。

液晶パネル不明(ノングレア)
チルト角前 5° / 後 15°
入力端子HDMI(HDPC)
D-Sub15ピン(ミニ)
USBハブ
外観寸法幅:539mm
高さ:399mm
奥行:160mm
重量3.4kg

作業環境を白でコーディネートしよう!

白いディスプレイ紹介は以上となります。当メディアでは、白いディスプレイ以外にも、「白」に注目したPC関連商品を紹介していますので、ぜひご一緒にご覧ください!

▷ おすすめの「白いゲーミングヘッドセット」紹介
▷ おすすめの「白いゲーミングマウス」紹介
▷ おすすめの「白いゲーミングキーボード」紹介
▷ おすすめの「白いゲーミングPC」紹介
▷ おすすめの「白いゲーミングチェア」紹介

▷ 「白色」にこだわった自作ゲーミングPCを組むためのパーツを紹介
▷ 「白色」の自作PCケースのおすすめを紹介
▷ 「白色」のマザーボードのおすすめ紹介
▷ 「白色」のグラフィックボードのおすすめ紹介
▷ 「白色」のケースファンのおすすめ紹介
▷ 「白い&光る」メモリのおすすめ紹介
▷ 「白い&光る」簡易水冷型CPUクーラーのおすすめ紹介

ゲーミングモニターも見てみる

▷ BenQのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ iiyamaのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ ASUSのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ ASUS「ROG」のおすすめゲーミングモニター紹介
▷ ASUS「TUF Gaming」のおすすめゲーミングモニター紹介
▷ ASUSの低価格ゲーミングモニターおすすめ紹介
▷ MSIのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ Acer「Predator」のおすすめゲーミングモニター紹介
▷ Acer「Nitro」のおすすめゲーミングモニター紹介
▷ Acer「SigmaLine」のおすすめゲーミングモニター紹介
▷ Dellのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ ALIENWAREのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ HPのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ HP「OMEN」のおすすめゲーミングモニター紹介
▷ AOC(AGON)のおすすめゲーミングモニター紹介
▷ Pixioのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ Lenovoのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ JAPANNEXTのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ GIGABYTEのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ GIGABYTE「AORUS」のおすすめゲーミングモニター紹介
▷ I-O DATA「GigaCrysta」のおすすめゲーミングモニター紹介
▷ LGのおすすめゲーミングモニター紹介
▷ KEIANのおすすめモニター紹介