G-Tuneのゲーミングキーボードおすすめ紹介!【2021年版】

ゲーミングキーボード

ゲーミングキーボードをお探しの方の中には、G-Tune(ジーチューン)のゲーミングキーボードが気になっている方もいるでしょう。

G-Tuneは、日本の株式会社マウスコンピューターのゲーミングブランドであり、高性能なゲーミングPCをはじめ、様々なゲーミングデバイスを展開しています。eスポーツのプロ選手にも支持されているほか、日本eスポーツ連合のスポンサーとなっているなど、日本のeスポーツ文化を支える存在でもあります。

この記事では、現在販売されているG-Tuneのゲーミングキーボードの特徴を分かりやすく解説します!購入を検討されている方は、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

G-Tuneのゲーミングキーボードは1種類ある

画像:公式HPで配布しているものを使用

2021年9月現在、G-Tuneから販売されているキーボードは

・GTC109U01BK1

の1種類のみです。こちらのモデルの特徴を詳しく見ていきます!

GTC109U01BK1

画像:Amazonをスクリーンショット

「GTC109U01BK1」は、フルキーボードタイプのゲーミングキーボードです。

日本語配列であり、「変換」「無変換」キーを省くことによって、スペースキーが長くて押しやすい作りとなっています。

キースイッチには、「Cherry MX 黒軸 メカニカルキー」が採用されています。Cherryのキースイッチは、メカニカルキーボードの定番中の定番であり、その中でも黒軸は、重みのあるしっかりした打ち心地となっています。打鍵音はカチカチというよりはスコスコとしており、激しいゲームプレイ中の強い打鍵も受け止めてくれます。

接続方式は有線接続のみです。無線接続でまれに見られる接続の不具合や遅延の心配なく、安定した高速応答を実現できます。

また、ゲーミングキーボードといえば光るという特徴もありますが、このモデルは赤色単色に光ります。専用ソフトウェアを使用することで、輝度の調節などが可能です。

複数のキー入力を1つのコマンドとして記憶しておくマクロ機能も搭載されており、便利です。また、キーの同時押しが正しく認識される「Nキーロールオーバー」も搭載されているため、入力の抜けを心配することなく使えます。

本体カラーはブラックのみです。見た目もクールで使い勝手の良いゲーミングキーボードとしておすすめです!