GeForce RTX 3050グラボのおすすめ6選!価格も紹介【2022年最新版】

自作パーツ

グラフィックボード(グラボ)の購入を検討されている方の中には、GeForce RTX 3050シリーズが搭載されたグラフィックボードをお探しの方もいらっしゃるでしょう。

グラフィックボードは品薄の傾向が続いていますが、この記事では、入手しやすいおすすめのGeForce RTX 3050シリーズ搭載グラフィックボードをご紹介します!

関連記事
▷ 【ガチで厳選】おすすめグラフィックボード紹介
▷ GeForce RTX 3060/3060 Tiが載ったグラボのおすすめ紹介

スポンサーリンク

GeForce RTX 3050の性能

GeForce RTX 3050は、NVIDIA(エヌビディア)のGPU(Graphics Processing Unit:グラフィックス プロセッシング ユニット)です。GeForce RTX 30シリーズの中でも、エントリークラスのGPUであり、2022年1月から販売開始されています。

写真:Twitterのスクリーンショット

GeForce RTX 3050は、AI処理に特化した第3世代Tensorコア、水面に起こる光の屈折や反射などの現実世界で起こる光の挙動のシミュレーションに特化した第2世代RTコアを搭載しています。このため、レイ・トレーシングを実装した最新ゲームでは、60FPSでの画面描画が可能になりました。

写真:製品ページのスクリーンショット

旧世代のGeForce GTXのエントリーモデルと比較しても、圧倒的にパフォーマンスが強化されており、国内でも人気のGPUです。

GeForce RTX 3050搭載のおすすめグラフィックボード

それでは、「GeForce RTX 3050」搭載のおすすめグラフィックボードをご紹介します。

GeForce RTX 3050のコアクロック(処理の速さ)は標準で1,777MHzですが、グラボメーカー側でオーバークロックされています。少しでも性能の良いグラフィックボードを購入したいという方は、オーバークロックされたコアクロックを参考にご検討ください。

Gainward「GeForce RTX 3050 GHOST」

写真:製品ページのスクリーンショット

まずご紹介するのは、台湾のグラフィックボードメーカーGainward(ゲインワード)のグラフィックボード「GeForce RTX 3050 Ghost」(製品型番:NE63050019P1-190AB)です。

Gainwardは、1985年に創業された老舗のグラフィックボードメーカーであり、特にヨーロッパ市場で人気のメーカーです。GeForce RTX 3050 Ghostは、機能をシンプルすることで価格を抑えたグラフィックボードです。

モニターへの接続方式は、3つのDisplayPort、1つのHDMI 2.1に対応しています。PCへの接続インターフェースはPCIe 4.0です。コアクロックはオーバークロックされておらず1,777MHzです。

MSI「GeForce RTX 3050 VENTUS 2X 8G OC」

写真:Amazonのスクリーンショット

続いてご紹介するモデルは、台湾発の自作PCパーツ・ゲーミングデバイスメーカーであるMSI(エムエスアイ)のグラフィックボード「GeForce RTX 3050 VENTUS 2X 8G OC」(製品型番:VD7986)です。

GeForce RTX 3050 VENTUS 2X 8G OCは、パフォーマンスを重視した設計が行われており、効率的な排熱、冷却機能が採用されています。高い冷却性能により安定して高いパフォーマンスを発揮することができます。

モニターへの接続方式は、3つのDisplayPort 1.4a 、1つのHDMI 2.1に対応しています。PCへの接続インターフェースはPCIe 4.0 x8です。コアクロックはオーバークロックされており1,807MHzです。

MSI「GeForce RTX 3050 AERO ITX 8G OC」

写真:Amazonのスクリーンショット

続いてご紹介するのは、MSIのグラフィックボード「GeForce RTX 3050 AERO ITX 8G OC」です。

GeForce RTX 3050 AERO ITX 8G OCは、フルサイズのグラフィックカードと比較して40%まで小型化されています。Mini-ITXスモールフォームファクターやHTPCなど小型のPCケースに組み込みやすく、省スペースPCへの組み込みを検討されている方におすすめです。

モニターへの接続方式は、3つのDisplayPort 1.4、1つのHDMI 2.1に対応しています。PCへの接続インターフェースはPCIe 4.0 x8です。コアクロックはオーバークロックされており1,807MHzです。

GIGABYTE「GeForce RTX 3050 GAMING OC 8G」

写真:Amazonのスクリーンショット

続いてご紹介するのは、台湾の老舗PC・PCパーツメーカーであるGIGABYTE(ギガバイト)のグラフィックボード「GeForce RTX 3050 GAMING OC 8G」(製品型番:GV-N3050GAMING OC-8GD)です。

GeForce RTX 3050 GAMING OC 8Gには、独自形状のブレードを持つ80㎜ファン3基を備えた「WINDFORCE 3Xクーリングシステム」が搭載されているため、効果的な放熱を行うことができます。

モニターへの接続方式は、2つのDisplayPort 1.4a、2つのHDMI 2.1に対応しています。PCへの接続インターフェースはPCIe 4.0です。コアクロックはオーバークロックされており1,822MHzです。

ZOTAC「ZOTAC GAMING GeForce RTX 3050 Twin Edge OC」

写真:Amazonのスクリーンショット

続いてご紹介するのは、グラフィックボードや高性能なミニPCを製造する台湾のコンピューターメーカーZOTAC(ゾタック)のグラフィックボード「ZOTAC GAMING GeForce RTX 3050 Twin Edge OC」(製品型番:ZT-A30500H-10M)です。

ZOTAC GAMING GeForce RTX 3050 Twin Edge OCは、2つのファンの回転数を個別に調整することができるアクティブファンコントロールに対応しています。また、低負荷時にはファンを停止することができる「FREEZE Fan Stop」にも対応しているため、低負荷時には静音性を優先し、ゲーム中には冷却性を優先するといった使い分けが可能です。

モニターへの接続方式は、3つのDisplayPort 1.4a、1つのHDMI 2.1に対応しています。PCへの接続インターフェースはPCIe 4.0です。コアクロックはオーバークロックされており1,807MHzです。

ASUS「ROG Strix GeForce RTX™ 3050 OC Edition 8GB」

写真:Amazonのスクリーンショット

続いてご紹介するのは、台湾のPC・スマートフォン関連メーカーであるASUS(エイスース)のグラフィックボード「ROG Strix GeForce RTX™ 3050 OC Edition 8GB」(製品型番:ROG-STRIX-RTX3050-O8G-GAMING)です。

ROG Strix GeForce RTX™ 3050 OC Edition 8GBは、GPU管理ソフトウェアである「ASUS GPU Tweak II」によって、コアクロック、メモリ周波数、電圧設定などのパラメーターを調整することができます。PCの利用方法に合わせた設定が行え、システムの安定性を向上できるところが魅力です。

モニターへの接続方式は、3つのDisplayPort 1.4a、2つのHDMI 2.1に対応し、4画面への同時出力が可能です。PCへの接続インターフェースはPCIe 4.0です。コアクロックはオーバークロックされており1,890MHzです。

PCパーツ専門店でも探してみよう【おすすめショップ3つ】

PCパーツは品切れが多く、欲しいと思った時に手に入らないことも多いです。欲しいパーツがAmazonや楽天などで見つからなくて困った場合は、PCパーツ専門店で探してみましょう!

パソコンショップark(アーク)

画像:https://www.ark-pc.co.jp/をスクリーンショット

パソコンショップark(アーク)は、秋葉原に店舗を構える老舗のパソコンショップです。

撮影:eスポーツをはじめよう!編集部

実店舗はツクモのように広くはないですが、自作パソコンマニアに人気の店であり、他店では取り扱いのないユニークなパーツを数多く取り揃えています。

そんなarkのネットショップも、ぜひチェックしてみてください!

>> パソコンショップark(アーク)でグラフィックボードを探してみる

TSUKUMO(ツクモ)

画像:https://shop.tsukumo.co.jp/をスクリーンショット

パソコン・PCパーツの専門店であるTSUKUMO(ツクモ)は、1947年から東京・秋葉原に店を持つ歴史のある自作パソコンのパーツショップです。

撮影:eスポーツをはじめよう!編集部

秋葉原に行ったことがある人なら真っ黒な店舗「TSUKUMO ex」を目にしたことがある人も多いのではないでしょうか。ビル一棟丸ごと店舗になっており、品ぞろえも豊富な大型ショップです。

そんなTSUKUMOのネットショップも、ぜひチェックしてみてください!

>> TSUKUMOのネットショップでグラフィックボードを探してみる

ソフマップ

画像:https://www.sofmap.com/をスクリーンショット

ソフマップは、秋葉原を中心に全国展開する大手パソコン・パソコンパーツ販売店です。

撮影:eスポーツをはじめよう!編集部

秋葉原のソフマップは、様々なゲーミングブランドのPC・周辺機器が充実しているほか、2Fにはeスポーツ観戦施設もあります。

そんなソフマップのネットショップも、ぜひチェックしてみてください!

>> ソフマップ・ドットコムでグラフィックボードを探してみる

ほかのグラフィックボードも見てみる

▷ 【ガチで厳選】おすすめグラフィックボード紹介

▷ GeForce RTX 3090/3090 Ti搭載グラフィックボードのおすすめ紹介
▷ GeForce RTX 3080/3080 Ti搭載グラフィックボードのおすすめ紹介
▷ GeForce RTX 3070/3070 Ti搭載グラフィックボードのおすすめ紹介
▷ GeForce RTX 3060/3060 Ti搭載グラフィックボードのおすすめ紹介
▷ GeForce RTX 3050搭載グラフィックボードのおすすめ紹介
▷ GeForce RTX 2060搭載グラフィックボードのおすすめ紹介
▷ GeForce GTX 1660/1660 Ti/1660 SUPER搭載グラフィックボードのおすすめ紹介
▷ GeForce GTX 1650搭載グラフィックボードのおすすめ紹介
▷ GeForce GTX 1050搭載グラフィックボードのおすすめ紹介
▷ GeForce GT 1030搭載グラフィックボードのおすすめ紹介

▷ Radeon RX 6900 XT搭載グラフィックボードのおすすめ紹介
▷ Radeon RX 6800 XT/6800搭載グラフィックボードのおすすめ紹介
▷ Radeon RX 6700 XT搭載グラフィックボードのおすすめ紹介
▷ Radeon RX 6600 XT/6600搭載グラフィックボードのおすすめ紹介
▷ Radeon RX 6500 XT搭載グラフィックボードのおすすめ紹介
▷ Radeon RX 6400搭載グラフィックボードのおすすめ紹介

▷ 白色のグラフィックボードおすすめ紹介