Radeon RX 6600XT/6600グラボのおすすめ18選!価格も紹介【2022年最新版】 

自作パーツ

グラフィックボード(グラボ)の購入を検討されている方の中には、AMDのRadeon RX 6600 XT・RX 6600が搭載されたグラフィックボードをお探しの方もいらっしゃるでしょう。

この記事では、Radeon RX 6000シリーズのミドルクラスのGPUである、Radeon RX 6600 XT・RX 6600搭載のグラフィックボードをご紹介します。

関連記事
▷ 【ガチで厳選】おすすめグラフィックボード紹介
▷ Radeon RX 6700XT搭載グラフィックボードのおすすめ紹介

スポンサーリンク

Radeon RX 6600シリーズの性能

Radeon RX 6600 XTおよびRX 6600は、AMDのGPU(Graphics Processing Unit:グラフィックス プロセッシング ユニット)です。Radeon RX 6000シリーズは、RyzenなどのCPU開発ノウハウを活用した「Infinity Cache(インフィニティキャッシュ)」を搭載するなど、CPUメーカーとしての強みを生かして高い性能を実現しています。

RX 6700 XTRX 6600 XTRX 6600RX 6500 XT
演算ユニット40基32基28基16基
Ray
Accelerators
40基32基28基16基
コアクロック
[ブースト時]
2,424MHz
[2,581MHz]
2,359MHz
[2,589MHz]
2,044MHz
[2,491MHz]
2,610MHz
[2,815MHz]
Infinity
Cache
96MB32MB32MB16MB
メモリ構成GDDR6
12GB
GDDR6
8GB
GDDR6
8GB
GDDR6
4GB

Radeon RX 6600 XTは、演算ユニットを32基、水面に起こる光の屈折や反射などの現実世界で起こる光の挙動のシミュレーションに特化したRay Accelerator(レイ・アクセレーター)32Infinity Cacheを32MB搭載しており、Radeon RX 6000シリーズの中ではミドルクラスに位置するGPUです。

Radeon RX 6600は、Radeon RX 6600 XTと比較すると演算ユニットとRay Acceleratorが28基に低減されています。

写真:3DMARK Time Spyでの平均スコア(CPU: AMD Ryzen 9 5900X)

Radeon RX 6600 XTおよびRX 6600は、NVIDIA(エヌビディア)のGeForce RTX 3060ファミリと近い性能のGPUです。しかし、GeForce RTX 3060ファミリと近い性能でありながらも、価格は2万~3万円程度安いため(2022年9月時点)、Radeon RX 6600 XT・RX 6600はコストパフォーマンスの高いGPUとして人気です。

Radeon RX 6600 XT搭載グラフィックボードのおすすめ

まずは、上位モデルである「Radeon RX 6600 XT」搭載のおすすめグラフィックボードをご紹介します。

Radeon RX 6600 XTのコアクロックは標準ではブースト時で2,589MHzですが、グラボメーカー側でオーバークロックされています。少しでも性能の良いグラフィックボードを購入したいという方は、オーバークロックされたコアクロックを参考にご検討ください。

GIGABYTE「Radeon™ RX 6600 XT GAMING OC PRO 8G」

写真:Amazonのスクリーンショット

まずご紹介するのは、台湾の老舗PC・PCパーツメーカーであるGIGABYTE(ギガバイト)のグラフィックボード「Radeon™ RX 6600 XT GAMING OC PRO 8G」(製品型番:GV-R66XTGAMINGOC PRO-8GD)です。

写真:製品ページのスクリーンショット

Radeon™ RX 6600 XT GAMING OC PRO 8Gには、互い違いに回転する3基の80mmファン、5本の複合銅ヒートパイプ、大型銅板ダイレクトタッチを採用した「WINDFORCE 3Xクーリングシステム」が搭載されています。WINDFORCE 3XによりGPUを効率的に冷却し、システムを安定させます。

モニターへの接続方式は、3つのDisplayPort 1.4、1つのHDMI 2.1に対応しています。同時に、最大4画面の映像出力が可能です。PCへの接続インターフェースはPCIe 4.0 x8です。コアクロックはオーバークロックされておりブースト時で2,607MHzです。ビデオメモリはGDDR6メモリを8GB搭載しています。

GIGABYTE「Radeon™ RX 6600 XT EAGLE 8G」

写真:Amazonのスクリーンショット

続いてご紹介するのは、同じくGIGABYTE(ギガバイト)のグラフィックボード「Radeon™ RX 6600 XT EAGLE 8G」(製品型番:GV-R66XTEAGLE-8GD)です。

こちらは、GIGABYTEの中でも標準的なゲーミング向けグラフィックボードであり、手ごろな価格が魅力です。

モニターへの接続方式は、2つのDisplayPort 1.4、2つのHDMI 2.1に対応しています。同時に、最大4画面の映像出力が可能です。PCへの接続インターフェースはPCIe 4.0 x8です。コアクロックはオーバークロックされておらずブースト時で2,589MHzです。ビデオメモリはGDDR6メモリを8GB搭載しています。

ASUS「ROG Strix Radeon™ RX 6600 XT OC Edition 8GB GDDR6」

写真:Amazonのスクリーンショット

続いてご紹介するのは、台湾のPC・スマートフォン関連メーカーであるASUS(エイスース)のグラフィックボード「ROG Strix Radeon™ RX 6600 XT OC Edition 8GB GDDR6」(製品型番:ROG-STRIX-RX6600XT-O8G-GAMING)です。

ROG STRIX(アールオージー ストリクス)は、ライトゲーマーから上級者まで幅広い層に向けたASUSのゲーミングブランドです。高性能で安定性の高いデバイスがROG STRIXブランドで提供されています。

モニターへの接続方式は、3つのDisplayPort 1.4a、1つのHDMI 2.1に対応しています。同時に、最大4画面の映像出力が可能です。PCへの接続インターフェースはPCIe 4.0です。コアクロックはオーバークロックされておりブースト時で2,607MHzです。ビデオメモリはGDDR6メモリを8GB搭載しています。

ASUS「Dual Radeon™ RX 6600 XT OC Edition」

写真:Amazonのスクリーンショット

続いてご紹介するのは、同じくASUS(エイスース)のグラフィックボード「Dual Radeon™ RX 6600 XT OC Edition」(製品型番:DUAL-RX6600XT-O8G)です。

写真:製品ページのスクリーンショット

Dual Radeon™ RX 6600 XT OC Editionには、ファンの軸受けに2つのボールベアリングを採用した「デュアルボールベアリングファン」を搭載しています。このファンは高い耐久性を実現しており、通常のファンよりも最長2倍の寿命を誇ります。頻繁にメンテナンスを行えないようなPCでも、長期間安定して動作し続けることができます。

モニターへの接続方式は、3つのDisplayPort 1.4a、1つのHDMI 2.1に対応しています。同時に、最大4画面の映像出力が可能です。PCへの接続インターフェースはPCIe 4.0です。コアクロックはオーバークロックされておりブースト時で2,607MHzです。ビデオメモリはGDDR6メモリを8GB搭載しています。

MSI「Radeon™ RX 6600 XT GAMING X 8G」

写真:Amazonのスクリーンショット

続いてご紹介するのは、台湾発の自作PCパーツ・ゲーミングデバイスメーカーであるMSI(エムエスアイ)のグラフィックボード「Radeon™ RX 6600 XT GAMING X 8G」です。

写真:製品ページのスクリーンショット

Radeon™ RX 6600 XT GAMING X 8Gは、効率性を追求して設計された冷却ファンが魅力です。2枚のブレードを外輪で結合することでエアフローを集中し、効率的な冷却を実現した「TROX FAN 4.0」が採用されています。また、「Zero Frozr技術」により、ファンの回転数をグラフィックボードの温度に合わせて自動的に調整します。温度が低い時にはファンを完全に停止するなど、最適な制御が可能です。

モニターへの接続方式は、2つのDisplayPort 1.4、2つのHDMI 2.1に対応しています。同時に、最大4画面の映像出力が可能です。PCへの接続インターフェースはPCIe 4.0 x8です。コアクロックはオーバークロックされておりブースト時で2,607MHzです。ビデオメモリはGDDR6メモリを8GB搭載しています。

MSI「Radeon™ RX 6600 XT MECH 2X 8G OC」

写真:Amazonのスクリーンショット

続いてご紹介するのは、同じくMSI(エムエスアイ)のグラフィックボード「Radeon™ RX 6600 XT MECH 2X 8G OC」です。

Radeon™ RX 6600 XT MECH 2X 8G OCの冷却用のファンには、MSIが特許技術を有する「TORX FAN 3.0」が2基搭載されており、通常のファンより50%風圧を増加させています。また、「Zero Frozr技術」により、ファンの回転数をグラフィックボードの温度に合わせて自動的に調整します。温度が低い時にはファンを完全に停止するなど、最適な制御が可能です。

モニターへの接続方式は、3つのDisplayPort 1.4、1つのHDMI 2.1に対応しています。同時に、最大4画面の映像出力が可能です。PCへの接続インターフェースはPCIe 4.0です。コアクロックはオーバークロックされておりブースト時で2,602MHzです。ビデオメモリはGDDR6メモリを8GB搭載しています。

SAPPHIRE「NITRO+ AMD Radeon™ RX 6600 XT」

続いてご紹介するのは、香港のグラフィックボード・マザーボードメーカーであるSAPPHIRE Technology(サファイアテクノロジー)のグラフィックボード「NITRO+ AMD Radeon™ RX 6600 XT」(製品型番:11309-01-20G)です。

写真:製品ページのスクリーンショット

NITRO+ AMD Radeon™ RX 6600 XTは、グラフィックボード上のBIOSスイッチで性能優先の「Performance Mode」と、静音性優先の「Silent Mode」の切り替えができます。さらに、2つのBIOS設定を専用のソフトウェア「Tri-XX」から切り替えることも可能です。

高負荷なゲームをプレイしているときには「Performance Mode」、仕事や調べものにPCを利用しているときには「Silent Mode」へ切り替えるなど、状況に合わせて最適なBIOS設定に切り替えられるのが魅力です。

モニターへの接続方式は、3つのDisplayPort 1.4、1つのHDMIに対応しています。同時に、最大4画面の映像出力が可能です。PCへの接続インターフェースはPCIe 4.0 x8です。コアクロックはオーバークロックされておりブースト時で2,607MHzです。ビデオメモリはGDDR6メモリを8GB搭載しています。

SAPPHIRE「PULSE AMD Radeon™ RX 6600 XT」

写真:Amazonのスクリーンショット

続いてご紹介するのは、同じくSAPPHIRE Technology(サファイアテクノロジー)のグラフィックボード「PULSE AMD Radeon™ RX 6600 XT」(製品型番:11309-03-20G)です。

SAPPHIRE Pulse(サファイア パルス)シリーズは、PCゲーム初心者から上級者までを幅広くカバーするブランドであり、手頃な価格と耐久性の高い設計が特徴的です。

PULSE AMD Radeon™ RX 6600 XTは、2基の冷却ファンを搭載した「Dual-X冷却技術」と「インテリジェントファン制御」によって、グラフィックカードを低温に保ちながら高い静音性を実現します。

モニターへの接続方式は、3つのDisplayPort 1.4、1つのHDMIに対応しています。同時に、最大4画面の映像出力が可能です。PCへの接続インターフェースはPCIe 4.0 x8です。コアクロックはオーバークロックされておりブースト時で2,593MHzです。ビデオメモリはGDDR6メモリを8GB搭載しています。

ASRock「AMD Radeon RX 6600 XT Challenger ITX 8GB」

写真:Amazonのスクリーンショット

続いてご紹介するのは、台湾のパソコン製造・パソコン関連機器販売のリーディングカンパニーであるASRock(アスロック)のグラフィックボード「AMD Radeon RX 6600 XT Challenger ITX 8GB」(製品型番:RX6600XT CLI 8G)です。

AMD Radeon RX 6600 XT Challenger ITX 8GBの特徴は、Mini ITXケースにも収納しやすいコンパクトサイズな点です。シングルファンのクーラーとショート基板設計により、全長179mmというコンパクトさを実現しています。

モニターへの接続方式は、2つのDisplayPort 1.4、1つのHDMI 2.1、1つのHDMI 2.0に対応しています。同時に、最大4画面の映像出力が可能です。PCへの接続インターフェースはPCIe 4.0です。コアクロックはオーバークロックされておらずブースト時で2,589MHzです。ビデオメモリはGDDR6メモリを8GB搭載しています。

玄人志向「RD-RX6600XT-E8GB/DF」

写真:Amazonのスクリーンショット

続いてご紹介するのは、日本のPC周辺機器サプライヤーであるシー・エフ・デー販売のパソコンパーツブランド玄人志向のグラフィックボード「RD-RX6600XT-E8GB/DF」です。

RD-RX6600XT-E8GB/Dは、シンプルなデザインのデュアルファンクーラーを搭載しており、価格も手頃である点が魅力的です。

モニターへの接続方式は、3つのDisplayPort 1.4、1つのHDMIに対応しています。同時に、最大4画面の映像出力が可能です。PCへの接続インターフェースはPCIe 4.0です。コアクロックはオーバークロックされておらずブースト時で2,589MHzです。ビデオメモリはGDDR6メモリを8GB搭載しています。

Radeon RX 6600搭載グラフィックボードのおすすめ

続いて、下位モデルである「Radeon RX 6600」搭載のおすすめグラフィックボードをご紹介します。

Radeon RX 6600のコアクロックは標準ではブースト時で2,491MHzです。製品ごとにグラフィックボードメーカー独自の機能などが追加されています。価格感と機能を参考に、用途にあったグラフィックボードを選んでみてください。

GIGABYTE「Radeon™ RX 6600 EAGLE 8G」

写真:Amazonのスクリーンショット

まずご紹介するのは、台湾の老舗PC・PCパーツメーカーであるGIGABYTE(ギガバイト)のグラフィックボード「Radeon™ RX 6600 EAGLE 8G」(製品型番:GV-R66EAGLE-8GD)です。

写真:製品ページのスクリーンショット

Radeon™ RX 6600 EAGLE 8Gには、互い違いに回転する3基の80mmファン、3本の複合銅ヒートパイプ、大型銅板ダイレクトタッチを採用した「WINDFORCE 3Xクーリングシステム」が搭載されています。WINDFORCE 3XによりGPUを効率的に冷却し、システムを安定させます。

モニターへの接続方式は、2つのDisplayPort 1.4a、2つのHDMI 2.1に対応しています。同時に、最大4画面の映像出力が可能です。PCへの接続インターフェースはPCIe 4.0 x8です。コアクロックはオーバークロックされておらずブースト時で2,491MHzです。ビデオメモリはGDDR6メモリを8GB搭載しています。

ASUS「ASUS Dual Radeon™ RX 6600」

写真:Amazonのスクリーンショット

続いてご紹介するのは、台湾のPC・スマートフォン関連メーカーであるASUS(エイスース)のグラフィックボード「ASUS Dual Radeon™ RX 6600」(製品型番:DUAL-RX6600-8G)です。

ASUS Dual Radeon™ RX 6600のPCB基板保護バックプレートブラケットは、高密度に実装されており、構造的な剛性を付加することでPCB基板の歪みを防ぎグラフィックボードを損傷から保護しています。また、基板製造は「Auto-Extreme technology」によって100%自動化し、製造工程でのヒューマンエラーを排除しています。耐久性の高いグラフィックボードだと言えます。

モニターへの接続方式は、3つのDisplayPort 1.4a、1つのHDMI 2.1に対応しています。同時に、最大4画面の映像出力が可能です。PCへの接続インターフェースはPCIe 4.0です。コアクロックはオーバークロックされておらずブースト時で2,491MHzです。ビデオメモリはGDDR6メモリを8GB搭載しています。

MSI「Radeon™ RX 6600 MECH 2X 8G」

写真:Amazonのスクリーンショット

続いてご紹介するのは、台湾発の自作PCパーツ・ゲーミングデバイスメーカーであるMSI(エムエスアイ)のグラフィックボード「Radeon™ RX 6600 MECH 2X 8G」です。

Radeon™ RX 6600 MECH 2X 8Gの冷却用のファンには、MSIが特許技術を有する「TORX FAN 3.0」を3基搭載し、通常のファンより50%風圧を増加させています。また、「Zero Frozr技術」により、ファンの回転数をグラフィックボードの温度に合わせて自動的に調整します。温度が低い時にはファンを完全に停止するなど、最適な制御が可能です。

モニターへの接続方式は、3つのDisplayPort 1.4、1つのHDMI 2.1に対応しています。同時に、最大4画面の映像出力が可能です。PCへの接続インターフェースはPCIe 4.0 x8です。コアクロックはオーバークロックされておらずブースト時で2,491MHzです。ビデオメモリはGDDR6メモリを8GB搭載しています。

SAPPHIRE「PULSE AMD Radeon™ RX 6600」

写真:Amazonのスクリーンショット

続いてご紹介するのは、香港のグラフィックボード・マザーボードメーカーであるSAPPHIRE Technology(サファイアテクノロジー)のグラフィックボード「PULSE AMD Radeon™ RX 6600」(製品型番:11310-01-20G)です。

PULSE AMD Radeon™ RX 6600は、安定性に優れた高品質な設計が魅力であるほか、寿命が長く静音性に優れたハイブリッドファンブレードを採用した「Dual-X」クーラーを搭載しています。ファンの回転を徐々に減速することで、低負荷時にはファンを停止させて静音性を高めることもできます。

モニターへの接続方式は、3つのDisplayPort 1.4、1つのHDMIに対応しています。同時に、最大4画面の映像出力が可能です。PCへの接続インターフェースはPCIe 4.0 x8です。コアクロックはオーバークロックされておらずブースト時で2,491MHzです。ビデオメモリはGDDR6メモリを8GB搭載しています。

ASRock「AMD Radeon RX 6600 Challenger D 8GB」

写真:Amazonのスクリーンショット

続いてご紹介するのは、台湾のパソコン製造・パソコン関連機器販売のリーディングカンパニーであるASRock(アスロック)のグラフィックボード「AMD Radeon RX 6600 Challenger D 8GB」(製品型番:RX6600 CLD 8G)です。

AMD Radeon RX 6600 Challenger D 8GBには、優れた熱放散性を備えたASRock独自のストライプアキシャルファンを2基搭載しています。また、高品質の超合金グラフィックカードコンポーネントにより、長期間の動作の安定性を確保しており、熱放散を重視するユーザーにおすすめのグラフィックボードとなっています。

モニターへの接続方式は、3つのDisplayPort 1.4、1つのHDMI 2.1に対応しています。同時に、最大4画面の映像出力が可能です。PCへの接続インターフェースはPCIe 4.0です。コアクロックはオーバークロックされておらずブースト時で2,491MHzです。ビデオメモリはGDDR6メモリを8GB搭載しています。

ASRock「AMD Radeon RX 6600 Challenger ITX 8GB」

写真:Amazonのスクリーンショット

続いてご紹介するのは、同じくASRock(アスロック)のグラフィックボード「AMD Radeon RX 6600 Challenger ITX 8GB」(製品型番:RX6600 CLI 8G)です。

AMD Radeon RX 6600 Challenger ITX 8GBの特徴は、Mini ITXケースにも収納しやすいコンパクトサイズな点です。シングルファンのクーラーとショート基板設計により、全長179mmというコンパクトさを実現しています。

モニターへの接続方式は、2つのDisplayPort 1.4、1つのHDMI 2.1、1つのHDMI 2.0に対応しています。同時に、最大4画面の映像出力が可能です。PCへの接続インターフェースはPCIe 4.0です。コアクロックはオーバークロックされておらずブースト時で2,491MHzです。ビデオメモリはGDDR6メモリを8GB搭載しています。

PowerColor「Hellhound AMD Radeon™ RX 6600 8GB GDDR6」

写真:Amazonのスクリーンショット

続いてご紹介するのは、台湾のグラフィックボードサプライヤーであるTUL Corporation(撼訊科技)のグラフィックボードブランドPowerColor(パワーカラー)「Hellhound AMD Radeon™ RX 6600 8GB GDDR6」(製品型番:AXRX 6600 8GBD6-3DHL)です。

PowerColorは、AMDのGPUに特化したグラフィックボードブランドであり、コストパフォーマンスの高さから国内でも人気が高まってきているブランドです。

写真:製品ページのスクリーンショット

Hellhound AMD Radeon™ RX 6600 8GB GDDR6は、青色LEDで輝く100mmのデュアルファンが印象的なグラフィックボードです。このデュアルファンが冷却するクーラーには、ニッケルメッキ銅製ベースを採用し、さらに3本のニッケルヒートパイプを搭載することで熱放散を強化しています。

モニターへの接続方式は、2つのDisplayPort 1.4、1つのHDMI 2.1、1つのHDMI 2.0に対応しています。同時に、最大4画面の映像出力が可能です。PCへの接続インターフェースはPCIe 4.0です。コアクロックはオーバークロックされておらずブースト時で2,491MHzです。ビデオメモリはGDDR6メモリを8GB搭載しています。

玄人志向「RD-RX6600-E8GB/DF」

写真:Amazonのスクリーンショット

続いてご紹介するのは、日本のPC周辺機器サプライヤーであるシー・エフ・デー販売のパソコンパーツブランド玄人志向のグラフィックボード「RD-RX6600-E8GB/DF」です。

RD-RX6600XT-E8GB/Dは、シンプルなデザインのデュアルファンクーラーを搭載しており、価格も手頃である点が魅力的です。

モニターへの接続方式は、3つのDisplayPort、1つのHDMIに対応しています。同時に、最大4画面の映像出力が可能です。PCへの接続インターフェースはPCIe 4.0です。コアクロックはオーバークロックされておらずブースト時で2,491MHzです。ビデオメモリはGDDR6メモリを8GB搭載しています。

PCパーツ専門店でも探してみよう【おすすめショップ3つ】

PCパーツは品切れが多く、欲しいと思った時に手に入らないことも多いです。欲しいパーツがAmazonや楽天などで見つからなくて困った場合は、PCパーツ専門店で探してみましょう!

パソコンショップark(アーク)

画像:https://www.ark-pc.co.jp/をスクリーンショット

パソコンショップark(アーク)は、秋葉原に店舗を構える老舗のパソコンショップです。

撮影:eスポーツをはじめよう!編集部

実店舗はツクモのように広くはないですが、自作パソコンマニアに人気の店であり、他店では取り扱いのないユニークなパーツを数多く取り揃えています。

そんなarkのネットショップも、ぜひチェックしてみてください!

>> パソコンショップark(アーク)でグラフィックボードを探してみる

TSUKUMO(ツクモ)

画像:https://shop.tsukumo.co.jp/をスクリーンショット

パソコン・PCパーツの専門店であるTSUKUMO(ツクモ)は、1947年から東京・秋葉原に店を持つ歴史のある自作パソコンのパーツショップです。

撮影:eスポーツをはじめよう!編集部

秋葉原に行ったことがある人なら真っ黒な店舗「TSUKUMO ex」を目にしたことがある人も多いのではないでしょうか。ビル一棟丸ごと店舗になっており、品ぞろえも豊富な大型ショップです。

そんなTSUKUMOのネットショップも、ぜひチェックしてみてください!

>> TSUKUMOのネットショップでグラフィックボードを探してみる

ソフマップ

画像:https://www.sofmap.com/をスクリーンショット

ソフマップは、秋葉原を中心に全国展開する大手パソコン・パソコンパーツ販売店です。

撮影:eスポーツをはじめよう!編集部

秋葉原のソフマップは、様々なゲーミングブランドのPC・周辺機器が充実しているほか、2Fにはeスポーツ観戦施設もあります。

そんなソフマップのネットショップも、ぜひチェックしてみてください!

>> ソフマップ・ドットコムでグラフィックボードを探してみる

ほかのグラフィックボードも見てみる

▷ 【ガチで厳選】おすすめグラフィックボード紹介

▷ GeForce RTX 3090/3090 Ti搭載グラフィックボードのおすすめ紹介
▷ GeForce RTX 3080/3080 Ti搭載グラフィックボードのおすすめ紹介
▷ GeForce RTX 3070/3070 Ti搭載グラフィックボードのおすすめ紹介
▷ GeForce RTX 3060/3060 Ti搭載グラフィックボードのおすすめ紹介
▷ GeForce RTX 3050搭載グラフィックボードのおすすめ紹介
▷ GeForce RTX 2060搭載グラフィックボードのおすすめ紹介
▷ GeForce GTX 1660/1660 Ti/1660 SUPER搭載グラフィックボードのおすすめ紹介
▷ GeForce GTX 1650搭載グラフィックボードのおすすめ紹介
▷ GeForce GTX 1050搭載グラフィックボードのおすすめ紹介
▷ GeForce GT 1030搭載グラフィックボードのおすすめ紹介

▷ Radeon RX 6950 XT搭載グラフィックボードのおすすめ紹介
▷ Radeon RX 6900 XT搭載グラフィックボードのおすすめ紹介
▷ Radeon RX 6800 XT/6800搭載グラフィックボードのおすすめ紹介
▷ Radeon RX 6750 XT搭載グラフィックボードのおすすめ紹介
▷ Radeon RX 6700 XT搭載グラフィックボードのおすすめ紹介
▷ Radeon RX 6650 XT搭載グラフィックボードのおすすめ紹介
▷ Radeon RX 6600 XT/6600搭載グラフィックボードのおすすめ紹介
▷ Radeon RX 6500 XT搭載グラフィックボードのおすすめ紹介
▷ Radeon RX 6400搭載グラフィックボードのおすすめ紹介

▷ 白色のグラフィックボードおすすめ紹介