【2023年版】ピンク色の自作PCケースおすすめ5選

自作パーツ

自作PCの構築を検討されている方の中には、「ピンク系のPCケース」をお探しの方もいらっしゃるでしょう。

PCケースは、自作PCの中で最も存在感のあるパーツだといっても過言ではありません。PCケースといえば黒色系のものが多いですが、ピンクを基調にした可愛らしい自作PCを作りたい方もいらっしゃると思います。

そこで、この記事では、現在発売中のおすすめのピンク色系の自作PCケースをご紹介いたします!

関連記事:ピンク色のゲーミングデバイスまとめ

スポンサーリンク

自作PCケースを選ぶときにチェックすべき3つのポイント

まずは、自分に合った自作PCケースを選ぶためのポイントをまとめておきます。

ポイント1.マザーボードの規格に合ったものを選ぼう

まずは、PCケースとマザーボードの規格を対応させることが大切です!

さまざまなパーツを接続する基板であるマザーボードは、パソコンの根幹を成すパーツです。マザーボードには様々な規格があり、単体で市販されているマザーボードの規格としては、「ATX」「Micro-ATX」「Mini-ITX」のいずれかが採用されていることが多いです。

写真:Wikipediaより(ScotXWによる著作物:CC

PCケースを先に選ぶ場合は、PCケースが対応している規格のマザーボードを選ぶようにしましょう。また、すでに購入を検討されているマザーボードがある場合は、規格に対応したPCケースを選びましょう。

以下に、市販のPCケースが対応している6つの規格と基板サイズの関係性を表にしておきます。

規格基盤サイズ
XL-ATX
(エックスエル エーティーエックス)
325mm×244mm
Extended-ATX
(エクステンデット エーティーエックス)
305mm×330mm
ATX
(エーティーエックス)
305mm×244mm
Micro-ATX
(マイクロ エーティーエックス)
244mm×244mm
Flex-ATX
(フレックス エーティーエックス)
244mm×191mm
Mini-DTX
(ミニ ディーティーエックス)
203mmx170mm
Mini-ITX
(ミニ アイティーエックス)
170mm×170mm
SSI CEB
(エスエスアイ シーイービー)
305mmx267mm

ポイント2.ケースのサイズを選ぼう

続いて検討すべきは、PCケースのサイズです。

ケースサイズは大きいほうから順に、

・フルタワー
・ミドルタワー
・ミニ/マイクロタワー
・スリムタイプ

があります。ほかにも、正立方体に近い形のケースもあり、それらはキューブ型と呼ばれています。ケースサイズには厳密な規格があるわけではなく、各社が独自にカテゴライズしています。

ケースのサイズは、マザーボードの規格と対応関係にあります。

一般的に、フルタワーとミドルタワーはATXのマザーボードに対応しており、ミニ/マイクロタワーはMicro-ATXやMini-ITXのマザーボードに対応しています。以下を参考にしてください。

PCケースATXMicro-ATXMini-ITX
フル/ミドルタワー
ミニ/マイクロタワー
スリムタイプ/コンパクト
キューブ

◎ほぼ確実に対応 、〇基本的には対応している、△対応している場合もある

マザーボードの規格を考慮したうえで、購入するPCケースのサイズを絞り込みましょう!

ポイント3.ドライブベイの有無をチェックしよう

CDやDVD、Blu-rayなどの、外から取り出すタイプのメディアを自作PCに読み込ませたい方は、「外部ドライブベイ」があるPCケースが必要です。

外部ドライブベイとは、CDドライブやDVDドライブなどを設置する箇所です。最近では、CDやDVDを使わなくなりつつあるため、外部ドライブベイのないPCケースも多いので、使う予定のある方は注意しましょう。

なお、HDDやSSDなどの記憶媒体は、「内部ドライブベイ」に取り付けます。多くの記憶媒体を組み込んで大容量にしたい方は、内部ドライブベイの数を意識して選びましょう。

以下に、各用途に必要なドライブベイのサイズを示しましたので参考にしてください。

外部/内部サイズ用途
外部5.25インチCDドライブ、DVDドライブ、Blu-rayドライブなどの光学ドライブを収納
外部3.5インチSDカードやCFカードなどの各種メディアドライブを収納
内部3.5インチHDDを収納
内部2.5インチSSDを収納

自作PCケース選びに必要な項目を述べたところで、続いておすすめの白い自作PCケースをご紹介していきます!

フルタワー/ミドルタワーのおすすめ

まずは、フルタワーまたはミドルタワーのおすすめPCケースをご紹介します。

SilverStone「SETA A1」

写真:製品ページのスクリーンショット

「SETA A1」は、主にPCケースや電源を手掛ける台湾の会社であるSilverStone(シルバーストーン)のミドルタワーPCケースです。

SETA A1は、高級感のある外観が特徴的であり、カラーバリエーションにローズゴールドがあります。エレガントなピンク色が美しいPCケースです。

写真:製品ページのスクリーンショット

SETA A1には十分な収納スペースがあり、120mmのケースファンであれば最大で6基搭載可能です。ラジエーターについてもフロントには最大360mm、トップには最大240mm搭載でき、簡易水冷式のCPUクーラーも使いやすいです。

写真:製品ページのスクリーンショット

また、底面、上部、前面の吸気口には、それぞれ防塵対策のフィルターが備え付けられているので、ホコリがPCケース内に侵入するのを防ぐこともできます。

対応マザーボードATX
Micro-ATX
Mini-ITX
サイズ幅:225mm
高さ:470mm
奥行:432mm
電源別売
外部ドライブベイなし
内部ドライブベイ3.5インチ 2個
2.5インチ 4個

ミニタワー/マイクロタワーのおすすめ

続いて、ミニタワーまたはマイクロタワーのおすすめPCケースをご紹介します。

CoolerMaster「MasterBox NR200P」

画像:Amazonをスクリーンショット

「MasterBox(マスターボックス) NR200P」は、パソコン冷却製品やパソコンケース、電源等を製造・販売する台湾のメーカーCoolerMaster(クーラー マスター)のPCケースです。

MasterBox NR200Pは、ミニタワータイプの小型なPCケースであり、Mini-ITXとMini-DTXのマザーボードに対応しています。発売当初はブラックとホワイトの2色展開でしたが、英語圏の小型PCコミュニティから要望の強かった、ピンク・パープル・シアン・オレンジの4色が追加されました。

写真:製品ページのスクリーンショット

いずれのカラーも、スチール製のケースに厚くパウダーコーティングされており、汚れや色褪せにも強く、耐久性に優れています。

写真:製品ページのスクリーンショット

MasterBox NR200Pには、120mmのケースファンが2つ標準搭載されていますが、さらに最大7カ所にケースファンを搭載することができます。280mmまでの水冷ラジエーターも搭載可能ですので、水冷式のCPUクーラーの搭載できます。

また、MasterBox NR200Pはメンテナンス性の高さも魅力です。強化ガラスのサイドパネルやすべての外部パネルは、簡単に取り外せるピンで固定されており、工具を使わずに簡単に内部にアクセスできるように設計されています。

対応マザーボードMini-ITX
Mini-DTX
サイズ幅:185
高さ:292mm
奥行:376mm
電源別売
外部ドライブベイなし
内部ドライブベイ3.5インチ 最大2個
2.5インチ 最大3個

RAIJINTEK「METIS PLUS」

写真:製品HPのスクリーンショット

「METIS PLUS(メティス プラス)」は、自作PCパーツを製造・販売する台湾のPCアクセサリメーカーRAIJINTEC(ライジンテック)のミニタワーPCケースです。

METISシリーズは、コンパクトなデザインと豊富なカラーバリエーションで評判の高いPCケースです。豊富なカラーバリエーションの中にピンク色があります。

写真:製品HPのスクリーンショット

非常にコンパクトなのでパーツ構成には気を付ける必要がありますが、170mmのVGAカード、160㎜までのCPUクーラーへの対応、2.5インチドライブベイ4つと、拡張性も兼ね備えています。

自作PCはゴツい印象のものになりがちですが、STYXは陽極酸化処理とヘアライン加工を施したアルミニウム色の外観が美しいケースですので、部屋の雰囲気を大切にしたい方にもおすすめできるPCケースです。

対応マザーボードMini-ITX
サイズ幅:190mm
高さ:254mm
奥行:277mm
電源なし
外部ドライブベイなし
内蔵ドライブベイ3.5インチ 1個、2.5インチ 4個
または、
3.5インチ 2個、2.5インチ 2個

Golden Field「Q3056」

写真:Amazonのスクリーンショット

「Q3056」は、1993年に設立された中国のコンピューター周辺機器メーカーであるGolden FieldのミニタワーPCケースです。

Golden FieldのPCケースは国内でも大きなシェアを獲得しており、歴史と実績のあるメーカーです。

写真:Amazonのスクリーンショット

Q3056は、ピンクとイエローをラインナップしており、どちらもケース全体や足の部分にまでカラーが施されており可愛いです。底面にはRGB対応のLEDが搭載されています。このLEDは、ASRockやMSI、ASUSなど各社のマザーボードと連動したライティングの演出が楽しめます。

写真:Amazonのスクリーンショット

さらに、コアラのステッカーが3枚付属するので、好みに合わせてケースをカスタマイズすることもできます。

ケースファンは最大で6基搭載できます。また、240mmの簡易水冷式のCPUクーラーの搭載も可能です。グラフィックボードであれば、320mmまでの長さに対応しています。

対応マザーボードMicro-ATX
Mini-ITX
サイズ幅:185mm
高さ:465mm
奥行:368mm
電源別売
外部ドライブベイなし
内部ドライブベイ3.5インチ 1個 or 2.5インチ 2個
3.5インチ 1個
2.5インチ 1個

コンパクトのおすすめ

続いて、コンパクトなおすすめPCケースをご紹介します。

darkFlash「DLH21」

写真:製品ページのスクリーンショット

「DLH21」は、PCケースや冷却装置、ゲーミングチェアなどを開発・製造・販売する台湾メーカーdarkFlash(ダークフラッシュ)のコンパクトPCケースです。

darkFlashは、自作PCビルダーとeスポーツプレイヤーによって2016年に設立された比較的新しいメーカーです。革新的でユニークなデザインの製品が多いのが特徴です。

写真:製品ページのスクリーンショット

DLH21は、トップと側面の5面のパネルがすべてメッシュ構造になっており、ケース内の熱をスムーズに排出します。

また、吸気を行う2つの面にはホコリの侵入を防ぐダストフィルターが付属しています。このダストフィルターは、マグネット式で取り外し可能であるためメンテナンスしやすく便利です。側面パネルを固定しているネジについても、工具無しで簡単に取り外しできるため、メンテナンスが容易です。

写真:製品ページのスクリーンショット

DHL21はコンパクトなPCケースですが、拡張性の高さも魅力です。ケース側面には240mmラジエーターを搭載することができ、簡易水冷式のCPUクーラーの設置も可能です。また、2スロットを占有する最大320mmまでのグラフィックボードも搭載可能です。

対応マザーボードMini-ITX
サイズ幅:175mm
高さ:412mm
奥行:238.8mm
電源別売
外部ドライブベイなし
内部ドライブベイ3.5インチ 1個
or
2.5インチ 2個

キューブ型のおすすめ

続いて、キューブ型のおすすめPCケースをご紹介します。

SilverStone「SG13」

写真:製品ページのスクリーンショット

「SG13」は、主にPCケースや電源を手掛ける台湾の会社であるSilverStone(シルバーストーン)のキューブ型PCケースです。

SG13は、2009年に発売され長年のロングセラーであったキューブ型PCケース「SG05」の後継モデルです。SG05はシンプルな作りで初心者であっても使いやすく人気でしたが、同様にSG13もシンプルで扱いやすいモデルになっています。

コンパクトでありながら最大266mmのグラフィックボードが搭載可能な点も魅力です。

対応マザーボードMini-ITX
Mini-DTX
サイズ幅:222mm
高さ:181mm
奥行:285mm
電源別売
外部ドライブベイなし
内部ドライブベイ3.5インチ 1個 or 2.5インチ 2個
2.5インチ 1個
created by Rinker
Silver Stone
¥7,920(2023/01/30 16:39:51時点 Amazon調べ-詳細)

ほかの自作パーツのおすすめを見てみる

▷ 簡易水冷式CPUクーラーのおすすめ紹介
▷ グラフィックボードのおすすめ紹介

▷ 白色の自作PCケースおすすめ紹介
▷ 赤色の自作PCケースおすすめ紹介
▷ 緑色の自作PCケースおすすめ紹介
▷ 青・水色の自作PCケースおすすめ紹介
▷ 紫色の自作PCケースおすすめ紹介
▷ ピンク色の自作PCケースおすすめ紹介

▷ MicroATX以下対応の小型自作PCケースおすすめ紹介
▷ Mini-ITX専用の自作PCケースおすすめ紹介