Mini-ITX専用の自作PCケースおすすめ9選【2023年最新】

自作パーツ

自作PCケースをお探しの方の中には、Mini-ITXのマザーボードに対応した小型の自作PCケースが欲しいとお考えの方もいるでしょう。

この記事では、Mini-ITXのマザーボードに対応した小型のPCケースのおすすめをご紹介します!

関連記事:MicroATX以下対応の小型自作PCケースおすすめ紹介

スポンサーリンク

Mini-ITX専用のおすすめPCケース

Fractal Design – Era ITX

写真:製品ページのスクリーンショット

「Era ITX」は、PC関連アクセサリーの開発・販売を行っているスウェーデンの会社Fractal Design(フラクタルデザイン)のPCケースです。

Fractal Designは、品質や機能性を損なうことなく斬新なデザインの製品を提供することをコンセプトに、PCケースやPC関連アクセサリーを提供しています。

Era ITXは、おしゃれなデザインに加えてメンテナンス性の高さも魅力です。トップパネル、サイドパネルともに工具なしで開閉できるため、手軽に内部にアクセスできます。また、上面、側面、底面にはナイロン製のフィルターが搭載されており、ケース内へのホコリの侵入を防ぎます。ナイロン製フィルターは清掃もしやすいです。

Era ITXは、5色のカラーラインナップがありますが、現在国内で入手しやすいのはカーボン、コバルト、シルバーホワイトの3色です。

対応マザーボードMini-ITX
サイズ幅:166mm
高さ:310mm
奥行:325mm
電源別売
外部ドライブベイなし
内部ドライブベイ3.5インチ 最大1個
2.5インチ 最大4個

関連記事:青色の自作PCケースおすすめ紹介

NZXT – H210i

写真:製品ページのスクリーンショット

「H210i」は、ゲーム向けPCケースやアクセサリを販売しているアメリカの大手メーカーであるNZXT(エヌジーエックスティー)のPCケースです。

NZXTのHシリーズは、落ち着きのあるフラットデザインが特徴であり、シンプルな美しさで人気の高いPCケースシリーズです。H210iも過度なデザインの主張のない、スタイリッシュな見た目となっています。

写真:製品ページのスクリーンショット

H210iは、本体の下部の1/4をカバーで覆われているため、電源ユニットや電源ケーブルなどを外から見えないように組み込むことができます。さらに、ケース内部には、ケーブルを隠すための赤色の縦長の金属プレートが搭載されているため、マザーボードから出るケーブルや裏側の各種ケーブルを隠すことができます。

本体カラーは、ブラック、ホワイト、ブラック&レッドの3色から選ぶことができます。

対応マザーボードMini-ITX
サイズ幅:210mm
高さ:349mm
奥行:372mm
電源別売
外部ドライブベイなし
内部ドライブベイ3.5インチ 1個
2.5インチ 4個

関連記事:赤色の自作PCケースおすすめ紹介

Thermaltake – Core V1

写真:Amazonのスクリーンショット

「Core V1(コア ブイ1)」は、1999年に設立された台湾の老舗PCパーツメーカーであるThermaltake(サーマルテイク)のPCケースです。

Thermaltakeは、ゲーミングPC向けパーツに力を入れているメーカーです。Core V1は、透明なアクリルウィンドウを搭載したパネルを採用しており、ゲーミングPCらしいRGB LEDのライティング演出を楽しむことができます。

写真:Amazonのスクリーンショット

また、Core V1は、ケース前面に大型の200mmケースファンを標準搭載しています。さらに、ケース各所にエアフローを考慮したメッシュ加工を採用しています。上面、前面、左右の側面の4か所のパネルは取り外しに対応しており、パーツの取り付けやメンテナンス性を最大限に考慮した設計になっています。

対応マザーボードMini-ITX
サイズ幅:260mm
高さ:276mm
奥行:316mm
電源別売
外部ドライブベイなし
内部ドライブベイ3.5インチ 2個
2.5インチ 2個
created by Rinker
Thermaltake
¥18,129(2023/01/30 12:13:00時点 Amazon調べ-詳細)

関連記事:白色の自作PCケースおすすめ紹介

SilverStone – SUGO 14

写真:Amazonのスクリーンショット

「SUGO(スゴー)14」は、主にPCケースや電源を手掛ける台湾の会社であるSilverStone(シルバーストーン)のPCケースです。

写真:製品ページのスクリーンショット

SUGO 14は、フットパットを付け替えることで、ユーザの好みやデスクスペースに合わせて縦置き・横置きと設置方法を変えられる点が特徴的です。

写真:製品ページのスクリーンショット

また、縦置き、横置きどちらであっても3スロットを占有するような、最長330mmまでの大型グラフィックボードを支えられる可変グラフィックボードホルダーを標準搭載しています。小型のPCケースでありながら、グラフィックボードを妥協なく選べるところも魅力です。

対応マザーボードMini-ITX
Mini-DTX
サイズ幅:247mm
高さ:215mm
奥行:368mm
電源別売
外部ドライブベイ5.25インチ 1個
※3.5インチと兼用
内部ドライブベイ3.5インチ 1個
2.5インチ 3個

関連記事:白色の自作PCケースおすすめ紹介

RAIJINTEK – METIS PLUS

写真:製品HPのスクリーンショット

「METIS PLUS(メティス プラス)」は、自作PCパーツを製造・販売する台湾のPCアクセサリメーカーRAIJINTEC(ライジンテック)のPCケースです。

METISシリーズは、コンパクトなデザインと豊富なカラーバリエーションで評判の高いPCケースです。

写真:製品HPのスクリーンショット

非常にコンパクトなのでパーツ構成には気を付ける必要がありますが、170mmのVGAカード、160㎜までのCPUクーラーへの対応、2.5インチドライブベイ4つと、拡張性も兼ね備えています。

自作PCはゴツい印象のものになりがちですが、STYXは陽極酸化処理とヘアライン加工を施したアルミニウム色の外観が美しいケースですので、部屋の雰囲気を大切にしたい方にもおすすめできるPCケースです。

対応マザーボードMini-ITX
サイズ幅:190mm
高さ:254mm
奥行:277mm
電源なし
外部ドライブベイなし
内蔵ドライブベイ3.5インチ 1個、2.5インチ 4個
または、
3.5インチ 2個、2.5インチ 2個

関連記事:ピンク色の自作PCケースおすすめ紹介

JONSBO – T8

写真:Amazonのスクリーンショット

「T8」は、中国のPC周辺機器メーカーJONBOSのPCケースです。

T8は、トップにハンドルが付属したおかもち型の外見が特徴的なコンパクトなPCケースです。ハンドルは頑丈であるため、持ち運びやメンテナンスも容易です。

写真:Amazonのスクリーンショット

両サイドには、強化ガラスパネルが採用されており、内部全体を見渡すことができます。透明度も高いので、RGB LEDでのライティング演出も華やかに楽しめます。

対応マザーボードMini-ITX
サイズ幅:160mm
高さ:242mm
奥行:218mm
電源別売
外部ドライブベイなし
内部ドライブベイ3.5インチ 1個
or
2.5インチ 2個

関連記事:赤色の自作PCケースおすすめ紹介

Cooler Master – MasterBox NR200P

画像:Amazonをスクリーンショット

「MasterBox(マスターボックス) NR200P」は、パソコン冷却製品やパソコンケース、電源等を製造・販売する台湾のメーカーCoolerMaster(クーラー マスター)のPCケースです。

MasterBox NR200Pは、ミニタワータイプの小型なPCケースであり、Mini-ITXとMini-DTXのマザーボードに対応しています。発売当初はブラックとホワイトの2色展開でしたが、英語圏の小型PCコミュニティから要望の強かった、パープル・ピンク・シアン・オレンジの4色が追加されました。

写真:製品ページのスクリーンショット

いずれのカラーも、スチール製のケースに厚くパウダーコーティングされており、汚れや色褪せにも強く、耐久性に優れています。

写真:製品ページのスクリーンショット

MasterBox NR200Pには、120mmのケースファンが2つ標準搭載されていますが、さらに最大7カ所にケースファンを搭載することができます。280mmまでの水冷ラジエーターも搭載可能ですので、水冷式のCPUクーラーの搭載できます。

また、MasterBox NR200Pはメンテナンス性の高さも魅力です。強化ガラスのサイドパネルやすべての外部パネルは、簡単に取り外せるピンで固定されており、工具を使わずに簡単に内部にアクセスできるように設計されています。

対応マザーボードMini-ITX
Mini-DTX
サイズ幅:185
高さ:292mm
奥行:376mm
電源別売
外部ドライブベイなし
内部ドライブベイ3.5インチ 最大2個
2.5インチ 最大3個

関連記事:紫色の自作PCケースおすすめ紹介

LIAN LI – Q58

写真:Amazonのスクリーンショット

「Q58」は、台湾の老舗PCケース・アクセサリメーカーであるLian Li(リアン リー)のPCケースです。

Lian Liは、1983年に設立された、高品質のアルミニウムケースで定評のある老舗メーカーです。Q58には、ブラックとホワイトの2色があり、それぞれ質感にこだわりがあります。

ブラックモデルは、サンドブラスト(砂吹き)加工とブラッシュ(つやけし)加工の2種類のアルミニウムによるツートンカラーのフロントパネルが印象的です。一方でホワイトモデルは、完全に白くコーティングされたアルミニウム製のフロントパネルとなっています。

写真:製品ページのスクリーンショット

上下に開閉するサイドパネルは、強化ガラスパネルとメッシュパネルに交換可能です。上下とも強化ガラスパネルにして内部のライティング演出を楽しんだり、上は強化ガラスで下はメッシュパネルにするなど、好みやパーツに合わせてサイドパネルを変更することができます。

写真:製品ページのスクリーンショット

また、Q58は、最大3スロットを占有する最長320mmのグラフィックボードを搭載できます。

大型のグラフィックボードは重量があり、安定して取り付けるのが難しいですが、Q58にはマザーボードとグラフィックボードを接続するためのライザーケーブルが標準搭載されています。グラフィックボードを垂直に取り付けることで安定させ、ライザーケーブルを使ってマザーボードと接続することができます。

ライザーケーブルは、PCIe 4.0に対応したモデルと、PCIe 3.0に対応したモデルの2種類が発売されています。搭載予定のグラフィックボードなどの拡張カードに合わせてモデルを選べます。

対応マザーボードMini-ITX
サイズ幅:170mm
高さ:250mm
奥行:342mm
電源別売
外部ドライブベイなし
内部ドライブベイ3.5インチ 最大1個
2.5インチ 最大4個

PCIe 4.0対応 ライザーケーブル搭載モデル

PCIe 3.0対応 ライザーケーブル搭載モデル

関連記事:白色の自作PCケースおすすめ紹介

darkFlash DLH21

写真:製品ページのスクリーンショット

「DLH21」は、PCケースや冷却装置、ゲーミングチェアなどを開発・製造・販売する台湾メーカーdarkFlash(ダークフラッシュ)のPCケースです。

darkFlashは、自作PCビルダーとeスポーツプレイヤーによって2016年に設立された比較的新しいメーカーです。革新的でユニークなデザインの製品が多いのが特徴です。

写真:製品ページのスクリーンショット

DLH21は、トップと側面の5面のパネルがすべてメッシュ構造になっており、ケース内の熱をスムーズに排出します。

また、吸気を行う2つの面にはホコリの侵入を防ぐダストフィルターが付属しています。このダストフィルターは、マグネット式で取り外し可能であるためメンテナンスしやすく便利です。側面パネルを固定しているネジについても、工具無しで簡単に取り外しできるため、メンテナンスが容易です。

写真:製品ページのスクリーンショット

DHL21はコンパクトなPCケースですが、拡張性の高さも魅力です。ケース側面には240mmラジエーターを搭載することができ、簡易水冷式のCPUクーラーの設置も可能です。また、2スロットを占有する最大320mmまでのグラフィックボードも搭載可能です。

対応マザーボードMini-ITX
サイズ幅:175mm
高さ:412mm
奥行:238.8mm
電源別売
外部ドライブベイなし
内部ドライブベイ3.5インチ 1個
or
2.5インチ 2個

関連記事:ピンク色の自作PCケースおすすめ紹介

ほかの自作パーツのおすすめを見てみる

▷ 簡易水冷式CPUクーラーのおすすめ紹介
▷ グラフィックボードのおすすめ紹介

▷ 白色の自作PCケースおすすめ紹介
▷ 赤色の自作PCケースおすすめ紹介
▷ 緑色の自作PCケースおすすめ紹介
▷ 青・水色の自作PCケースおすすめ紹介
▷ 紫色の自作PCケースおすすめ紹介
▷ ピンク色の自作PCケースおすすめ紹介

▷ MicroATX以下対応の小型自作PCケースおすすめ紹介
▷ Mini-ITX専用の自作PCケースおすすめ紹介