【2023年最新】HHKB(Happy Hacking Keyboard)おすすめシリーズをまとめて比較!

キーボード編集部のおすすめ

HHKB(Happy Hacking Keyboard:ハッピーハッキングキーボード)は、東京大学名誉教授の和田英一先生とPFU研究所との共同研究によって生まれたキーボードであり、キーボードに接する時間の多いプログラマー、ハッカーやライターなどに昔から愛されてきました。

この記事では、これからHHKBを購入したい方に向けて、現在販売されているHHKBの全シリーズの特徴をご紹介します!

関連記事:静電容量無接点方式キーボードのおすすめ紹介

スポンサーリンク

HHKBの特徴

まずは、HHKBの特徴をご紹介します。

特徴1.HHKB独自の設計理念

特徴の1つ目は、HHKB独自の設計理念です。

HHKBの誕生は、和田先生が「マイキーボードを作りたい」と考えたことが発端となっています。和田先生は、コンピュータのプロが打鍵しやすいようにキー配列を最適化し、不要なキーを削ぎ落した「Alephキーボード」を考案しました。このキーボードがHHKBの原型となっています。

以下は、HHKBの理念をよく表現した和田先生の言葉です。

アメリカ西部のカウボーイたちは、馬が死ぬと馬はそこに残していくが、どんなに砂漠を歩こうとも、鞍は自分で担いで往く。馬は消耗品であり、鞍は自分の体に馴染んだインタフェースだからだ。

いまやパソコンは消耗品であり、キーボードは大切な、生涯使えるインタフェースであることを忘れてはいけない。

東京大学 和田英一 名誉教授の談話

カウボーイにとっての鞍のように、コンピューターのプロが生涯使い続けられるキーボードとして、3つの条件のもとHHKBが作製されました。

  • ASCII配列(英語配列)を基本とする
  • 十分な深さのストロークがある
  • 持ち運べるように小さく、軽く、かつ十分な強度を実現する

特徴2.ハッカーやプログラマーに最適なキー配列

特徴の2つ目は、ハッカーやプログラマーに最適なキー配列です。

HHKBが他のキーボードと一線を画すのは、なんといっても配列です。HHKBは、配列に強いこだわりがあります。

写真:https://www.pfu.fujitsu.com/direct/hhkb/detail_pd-kb800ws.html

UNIXユーザであった和田先生とPFUの技術者とが、Alephキーボードの配列をベースに意見交換を行い、HHKBの配列が完成しました。

以下は、HHKBの配列のポイントです。

  • ControlキーをAの左に配置する
  • ESCキーを1の左に配置する
  • Returnキーを1段分にしてその上にDelキーを配置する
  • テンキー、ファンクションキーは不要なので省く
  • ファンクションキーを使用するアプリケーションのためにFnキーを設置する

Controlキーと他のキーのコンビネーションを多用するUNIXユーザー、ハッカー、プログラマーにとってはControlの位置は非常に重要です。効率性を重視するハッカーほどホームポジションから移動距離の近い場所にControlがあることを好みます。

特徴3.静電容量無接点方式のキースイッチの採用

特徴の3つ目は、静電容量無接点方式のキースイッチの採用です。

現在も製造・販売されているHHKBの各モデルでは、キーボードにおける最上級スイッチング方式である静電容量無接点方式のキースイッチが採用されています。静電容量無接点方式は、耐久性の高さや静音性、心地よいキータッチを特徴とする、高級キーボードに採用されているキースイッチです。

写真:https://www.pfu.fujitsu.com/hhkeyboard/20th/page4.html

HHKBは、静電容量無接点方式の採用によって「理想のキー配列」と「理想のキータッチ」を実現し、コンピューターのプロの大きな支持を得ています。

HHKBの特徴を見たところで、続いて商品紹介に移ります!

HHKBのラインナップまとめ(製造・販売中)

まずは、現在も製造と販売が継続されているモデルをご紹介していきます!

Happy Hacking Keyboard Professional HYBRID Type-S

写真:https://happyhackingkb.com/jp/products/hybrid_types/

まずご紹介するのは、「Happy Hacking Keyboard Professional HYBRID Type-S」です。

Happy Hacking Keyboard Professional HYBRID Type-Sは、HHKBのフラグシップモデルであり、価格も3万5千円(税込)を超えます。

キースイッチには、静電容量無接点方式のキースイッチが採用されており、特にこちらのモデルは高速タイピング性(Speed)と静粛性(Silent)に優れたキー構造をしています(「Type-S」のSは2つの頭文字から来ています)。

接続方式は、Bluetooth接続とUSB接続(Type-Cコネクタ)に対応しています。Bluetooth接続では4台のデバイスまで接続可能で、キー操作で接続デバイスを簡単に切り替えることができます。

Happy Hacking Keyboard Professional HYBRID Type-Sは、制御キー(ControlやAlt、CapsLockキーなど)の割り当てを変更できるDIPスイッチに加えて、「キーマップ変更機能」に対応しています。キーマップ変更機能では、制御キーに加えて文字キーの割り当てをユーザの好みに合わせて自由に入れ替えることができます。

写真:製品ページのスクリーンショット

本体カラーは墨モデル、白モデル、雪モデルの3種類があり、キー配列は英語配列日本語配列があります。

写真:製品ページのスクリーンショット

また、英語配列の各カラーモデルと、日本語配列の雪モデルには、それぞれキートップにキーの刻印がない無刻印モデルも販売されており、打鍵に熟達したエキスパートを自負するユーザに愛されています。

写真:編集部で撮影(筆者愛用の刻印ありの英語配列・墨モデル)

また、多くの無線接続キーボードはリチウムイオンバッテリーを内蔵していますが、Happy Hacking Keyboardの給電には乾電池を使います

リチウムイオンバッテリーは充電回数に上限があり、一般的には500回の充電が上限と言われます。上限以上の充電を行うとバッテリーが大幅に持たなくなるため、その際はメーカーでのバッテリー交換を行わないといけません。

長期にわたって使用されることを想定しているHappy Hacking Keyboardでは、ユーザ自身がバッテリーを交換できるよう乾電池での給電にこだわっています。また、内蔵バッテリーの充電時にキーボードに熱がこもって故障の原因となることも防いでいます。

配列英語/日本語
接続方式Bluetooth接続(4台登録可能)
USB接続(Type-C)
スイッチング方式静電容量無接点方式(Type-S構造)
キーカスタマイズ
DIPスイッチ
対応
キーカスタマイズ
キーマップ変更機能
対応
カラー墨/白/雪
価格36,850円(税込)

英語配列・刻印あり

英語配列・無刻印

※英語配列・雪の無刻印モデルは人気が高く現在(2022年10月)売り切れ中です。

日本語配列・刻印あり

日本語配列・無刻印

Happy Hacking Keyboard Professional HYBRID

写真:https://happyhackingkb.com/jp/products/hybrid/

続いてご紹介するのは、「Happy Hacking Keyboard Professional HYBRID」です。

Happy Hacking Keyboard Professional HYBRID、HHKBのハイスタンダードモデルであり、3万円前後で購入可能です。

キースイッチには、静電容量無接点方式のキースイッチが採用されています。こちらのキー構造は、Type-Sのように高速タイピング性(Speed)と静粛性(Silent)を強化したタイプではないため、その分価格が安くなっています。

キー構造以外はType-Sと同性能です。4台登録可能なBluetooth接続とUSB接続に対応しており、DIPスイッチに加えてキーマップ変更機能にも対応しています。

本体カラーは墨モデルと白モデルの2種類があり、キー配列は英語配列日本語配列があります。また、英語配列モデルにはキートップにキーの刻印がない無刻印モデルもあります。

配列英語/日本語
接続方式Bluetooth接続(4台登録可能)
USB接続(Type-C)
スイッチング方式静電容量無接点方式
キーカスタマイズ
DIPスイッチ
対応
キーカスタマイズ
キーマップ変更機能
対応
カラー墨/白
価格31,900円(税込)

英語配列・刻印あり

英語配列・無刻印

日本語配列・刻印あり

created by Rinker
HHKB
¥31,900(2023/01/29 17:27:25時点 Amazon調べ-詳細)

HHKB Professional Classic

写真:https://happyhackingkb.com/jp/products/classic/

続いてご紹介するのは、「HHKB Professional Classic」です。

HHKB Professional Classicは、HHKBの原点をそのまま形にしたレジェンダリーモデルであり、税込で2万5千円程度で購入可能です。

キースイッチには、静電容量無接点方式のキースイッチが採用されています。

接続方式はUSB接続のみで、DIPスイッチによる制御キーの割り当て変更が可能です。

キーマップ変更機能には対応しておらず、キー配列も英語配列のみです。HHKBの哲学、伝統を継承したシンプルなモデルです。

本体カラーは墨モデルと白モデルの2種類があり、それぞれキートップにキーの刻印がない無刻印モデルもあります。

配列英語
接続方式USB接続(Type-C)
スイッチング方式静電容量無接点方式
キーカスタマイズ
DIPスイッチ
対応
キーカスタマイズ
キーマップ変更機能
未対応😢
カラー墨/白
価格26,950円(税込)

英語配列・刻印あり

created by Rinker
HHKB
¥26,950(2023/01/29 05:39:52時点 Amazon調べ-詳細)

英語配列・無刻印

HHKBのラインナップまとめ(在庫品限り)

続いて、現在は製造終了となっており在庫品限りのモデルをご紹介していきます!

Happy Hacking Keyboard Lite2

写真:https://www.pfu.fujitsu.com/direct/hhkb/detail_hhkb-lite2-nl-02.html

まずご紹介するのは、「Happy Hacking Keyboard Lite2」です。

Happy Hacking Keyboard Lite2は、安価にHHKBの「理想的なキー配列」を体感できる人気モデルであり、6,000円程度で購入できます。

キースイッチは、静電容量無接点方式ではなくメンブレンスイッチを採用することで価格を抑えています。

接続方式はUSB接続のみで、DIPスイッチによる制御キーの割り当て変更が可能です。

キー配列は、英語配列日本語配列の2つに対応しています。本体カラーは墨モデル白モデルがあります。

Happy Hacking Keyboard Lite2は、価格が手頃であることから、HHKBの入門機として学生や駆け出しのプログラマーに愛用されています。筆者も、学生時代にこのHappy Hacking Keyboard Lite2でHHKBにデビューしました。

現在(2020年10月)は生産停止しており、在庫品限りの販売になっており非常に残念です。HHKBに興味はあるものの、価格が高くて二の足を踏んでいる方におすすめしたいキーボードです!

配列英語配列/日本語
接続方式USB接続
スイッチング方式メンブレンスイッチ
キーカスタマイズ
DIPスイッチ
対応
キーカスタマイズ
キーマップ変更機能
未対応😢
カラー墨、白
価格5,800円(税抜)

英語配列

日本語配列

Happy Hacking Keyboard Lite2 for Mac

写真:https://www.pfu.fujitsu.com/direct/hhkb/detail_hhkb-lite2mac-220.html

続いてご紹介するのは、「Happy Hacking Keyboard Lite2 for Mac」です。

Happy Hacking Keyboard Lite2 for Macは、MacのPCでHHKBのパフォーマンスを手軽に味わえるモデルであり、6,000円程度で購入できます。

キースイッチは、静電容量無接点方式ではなくメンブレンスイッチを採用することで価格を抑えています。

接続方式はUSB接続のみで、DIPスイッチによる制御キーの割り当て変更が可能です。また、専用ドライバを入れることで、キーマップ変更機能と同様に自由にキーの割り当てが可能です。

キー配列は、英語配列日本語配列の2つに対応しており、本体カラーはスノーホワイトのみです。

HHKBの使い心地を試してみたいMacユーザにおすすめです!

配列英語/日本語
接続方式USB接続
スイッチング方式メンブレンスイッチ
キーカスタマイズ
DIPスイッチ
未対応😢
キーカスタマイズ
キーマップ変更機能
専用ドライバにて対応
カラースノーホワイト
価格5,800円(税抜)

英語配列

日本語配列

ほかのキーボードも探してみる

▷ US配列のキーボードおすすめ紹介
▷ エルゴノミクスキーボードのおすすめ紹介
▷ メカニカルキーボードおすすめ紹介
▷ 赤軸・静音赤軸のメカニカルキーボードおすすめ紹介
▷ 青軸のメカニカルキーボードおすすめ紹介
▷ メンブレンキーボードのおすすめ紹介
▷ 静電容量無接点方式キーボードのおすすめ紹介
▷ ピンク色のキーボードおすすめ紹介
▷ キーボード・マウスセットのおすすめ紹介