【2023年版】青・水色の自作PCケースのおすすめ8選

自作パーツ

自作PCの構築を検討されている方の中には、「青・水色系のPCケース」をお探しの方もいらっしゃるでしょう。

PCケースは、自作PCの中で最も存在感のあるパーツだといっても過言ではありません。PCケースといえば黒色系のものが多いですが、ブルーを基調にした爽やかな自作PCを作りたい方もいらっしゃると思います。

そこで、この記事では、現在発売中のおすすめの青・水色系の自作PCケースをご紹介いたします!

関連記事:白色の自作PCケースおすすめ紹介

スポンサーリンク

自作PCケースを選ぶときにチェックすべき3つのポイント

まずは、自分に合った自作PCケースを選ぶためのポイントをまとめておきます。

ポイント1.マザーボードの規格に合ったものを選ぼう

まずは、PCケースとマザーボードの規格を対応させることが大切です!

さまざまなパーツを接続する基板であるマザーボードは、パソコンの根幹を成すパーツです。マザーボードには様々な規格があり、単体で市販されているマザーボードの規格としては、「ATX」「Micro-ATX」「Mini-ITX」のいずれかが採用されていることが多いです。

写真:Wikipediaより(ScotXWによる著作物:CC

PCケースを先に選ぶ場合は、PCケースが対応している規格のマザーボードを選ぶようにしましょう。また、すでに購入を検討されているマザーボードがある場合は、規格に対応したPCケースを選びましょう。

以下に、市販のPCケースが対応している6つの規格と基板サイズの関係性を表にしておきます。

規格基盤サイズ
XL-ATX
(エックスエル エーティーエックス)
325mm×244mm
Extended-ATX
(エクステンデット エーティーエックス)
305mm×330mm
ATX
(エーティーエックス)
305mm×244mm
Micro-ATX
(マイクロ エーティーエックス)
244mm×244mm
Flex-ATX
(フレックス エーティーエックス)
244mm×191mm
Mini-DTX
(ミニ ディーティーエックス)
203mmx170mm
Mini-ITX
(ミニ アイティーエックス)
170mm×170mm
SSI CEB
(エスエスアイ シーイービー)
305mmx267mm

ポイント2.ケースのサイズを選ぼう

続いて検討すべきは、PCケースのサイズです。

ケースサイズは大きいほうから順に、

・フルタワー
・ミドルタワー
・ミニ/マイクロタワー
・スリムタイプ

があります。ほかにも、正立方体に近い形のケースもあり、それらはキューブ型と呼ばれています。ケースサイズには厳密な規格があるわけではなく、各社が独自にカテゴライズしています。

ケースのサイズは、マザーボードの規格と対応関係にあります。

一般的に、フルタワーとミドルタワーはATXのマザーボードに対応しており、ミニ/マイクロタワーはMicro-ATXやMini-ITXのマザーボードに対応しています。以下を参考にしてください。

PCケースATXMicro-ATXMini-ITX
フル/ミドルタワー
ミニ/マイクロタワー
スリムタイプ/コンパクト
キューブ

◎ほぼ確実に対応 、〇基本的には対応している、△対応している場合もある

マザーボードの規格を考慮したうえで、購入するPCケースのサイズを絞り込みましょう!

ポイント3.ドライブベイの有無をチェックしよう

CDやDVD、Blu-rayなどの、外から取り出すタイプのメディアを自作PCに読み込ませたい方は、「外部ドライブベイ」があるPCケースが必要です。

外部ドライブベイとは、CDドライブやDVDドライブなどを設置する箇所です。最近では、CDやDVDを使わなくなりつつあるため、外部ドライブベイのないPCケースも多いので、使う予定のある方は注意しましょう。

なお、HDDやSSDなどの記憶媒体は、「内部ドライブベイ」に取り付けます。多くの記憶媒体を組み込んで大容量にしたい方は、内部ドライブベイの数を意識して選びましょう。

以下に、各用途に必要なドライブベイのサイズを示しましたので参考にしてください。

外部/内部サイズ用途
外部5.25インチCDドライブ、DVDドライブ、Blu-rayドライブなどの光学ドライブを収納
外部3.5インチSDカードやCFカードなどの各種メディアドライブを収納
内部3.5インチHDDを収納
内部2.5インチSSDを収納

自作PCケース選びに必要な項目を述べたところで、続いておすすめの白い自作PCケースをご紹介していきます!

フルタワー/ミドルタワーのおすすめ

まずは、フルタワーまたはミドルタワーのおすすめPCケースをご紹介します。

Thermaltake「Core P6 TG」

写真:製品ページのスクリーンショット

「Core P6 TG(コア ピー26 ティジー)」は、1999年に設立された台湾の老舗PCパーツメーカーであるThermaltake(サーマルテイク)のミドルタワーPCケースです。

Core P6 TGは、トップ、フロント、左サイドの3面に4mm厚の強化ガラスパネルを搭載しています。トップとフロントのパネルを外すことで、オープンフレーム型のPCケースとして使用することもできます。

写真:製品ページのスクリーンショット

さらに、Core P6 TGは、優れた冷却性と拡張性の高さが魅力です。トップとフロントには、最大360mmサイズの水冷ラジエーターと、最大13基のケースファンの取り付けが可能です。さらに、最大458mmの拡張カードが搭載可能であり、大型のグラフィックボードも搭載できます。

対応マザーボードATX
Micro-ATX
Mini-ITX
SSI-CEB
サイズ幅:255mm
高さ:565mm
奥行:530mm
電源別売
外部ドライブベイなし
内部ドライブベイ3.5インチ 4個 or 2.5インチ 6個
2.5インチ 2個

Golden Field「MAGE-U」

写真:Amazonのスクリーンショット

「MAGE-U」は、1993年に設立された中国のコンピューター周辺機器メーカーであるGolden FieldのミドルタワーPCケースです。

Golden FieldのPCケースは国内でも大きなシェアを獲得しており、歴史と実績のあるメーカーです。

MAGE-Uは、側面の強化ガラスのパネルを後方にスライドすることで簡単に取り外すことができ、メンテナンス性の高いPCケースとなっています。

写真:Amazonのスクリーンショット

また、前面と上面、底面にはメッシュパネルが搭載されており、十分なエアフローを確保できるため、PCケース内部に熱がこもりにくく冷却性が高いです。

上部には280mm、前面には360mmまでのラジエーターをそれぞれ搭載することもできるため、簡易水冷式のCPUクーラーも設置できます。また、前面にイルミネーションの演出を楽しむことができるLED付のケースファンが3基搭載されています。

対応マザーボードATX
Micro-ATX
Mini-ITX
サイズ幅:215mm
高さ:480mm
奥行:440mm
電源別売
外部ドライブベイなし
内部ドライブベイ3.5インチ 2個 or 2.5インチ 2個
2.5インチ 4個

関連記事:簡易水冷式CPUクーラーおすすめ紹介

ミニタワー/マイクロタワーのおすすめ

続いて、ミニタワーまたはマイクロタワーのおすすめPCケースをご紹介します。

DeepCool「MACUBE 110 GRBL」

写真:製品ページのスクリーンショット

「MACUBE 110 GRBL」は、冷却用パーツを中心としたPCパーツの開発・販売を行っている中国企業であるDeepcool(ディープクール)のマイクロタワーPCケースです。

MACUBE 110 GRBLは、実用性の高さとメンテナンスのしやすさが魅力のPCケースです。

写真:製品ページのスクリーンショット

強化ガラスを採用した側面パネルは、磁気の力で固定されているため、PCのメンテナンス時に取り外しやすく便利です。また、PCケース内部に搭載されたグラフィックボードホルダーは、スライド式で位置を調整できます。さらに、SSDホルダーは押し留め式のため、SSDの脱着も手軽に行えます。

写真:製品ページのスクリーンショット

また、MACUBE 110 GRBLは、あらゆるパーツに気流が直接届くよう、フロント部とトップ部に換気経路が搭載されています。さらに、120mm冷却ファンを最大6台、140mm冷却ファンであれば最大4台搭載可能です。また、240mmのラジエーターをトップとフロントに搭載できるため、水冷式での冷却にも対応しています。

対応マザーボードMicro-ATX
Mini-ITX
サイズ幅:225mm
高さ:431mm
奥行:400mm
電源別売
外部ドライブベイなし
内部ドライブベイ3.5インチ 2個
2.5インチ 2個

RAIJINTEK「STYX Classic」

写真:Amazonのスクリーンショット

「STYX Classic」は、自作PCパーツを製造・販売する台湾のPCアクセサリメーカーであるRAIJINTEC(ライジンテック)のマイクロタワーPCケースです。

STYX Classicは、小ぶりなマイクロタワー型で、デザイン性の良さと豊富なカラーバリエーションで評判の高いPCケースです。

写真:製品ページのスクリーンショット

カラーは、シルバー、ブルー、ブラック、ゴールド、レッド、ホワイト、グリーン、ピンクの8色展開です。ブルー以外の色も魅力的です。

また、マイクロタワーには珍しく、Slim DVDドライブが搭載可能です。また、2.5インチ内蔵ドライブベイを最大4個利用可能であり、拡張性も十分です。さらに、240mmのラジエーターも搭載可能なので、簡易水冷式のCPUクーラーの取り付けも可能です。

自作PCはゴツい印象のものになりがちですが、STYXは陽極酸化処理とヘアライン加工を施したアルミニウム色の外観が美しいケースですので、部屋の雰囲気を大切にしたい方にもおすすめできるPCケースです。

対応マザーボードMicro-ATX
Mini-ITX
サイズ幅:210mm
高さ:335mm
奥行:360mm
電源別売
外部ドライブベイSlim DVDドライブ搭載可能
内部ドライブベイ3.5インチ 最大3個
2.5インチ 最大4個

RAIJINTEK「STYX Classic」

関連記事:簡易水冷式CPUクーラーおすすめ紹介

コンパクトのおすすめ

続いて、コンパクトなおすすめPCケースをご紹介します。

Fractal Design「Era ITX」

写真:製品ページのスクリーンショット

「Era ITX」は、は、PC関連アクセサリーの開発・販売を行っているスウェーデンの会社Fractal Design(フラクタルデザイン)のコンパクトPCケースです。

Fractal Designは、品質や機能性を損なうことなく斬新なデザインの製品を提供することをコンセプトに、PCケースやPC関連アクセサリーを展開しています。

Era ITXの上面の強化ガラスパネルはマグネットで固定されており、側面のアルミニウムパネルは4本のピンで固定されています。どちらも工具不要で取り外すことができ、メンテナンス性の高いPCケースです。

写真:製品ページのスクリーンショット

また、Era ITXは容量16Lの非常にコンパクトなPCケースですが、240mmのラジエーターを搭載可能であるため、簡易水冷式のCPUクーラーの利用も可能です。また、最大295mmのデュアルスロットのグラフィックボードの搭載も可能であり、拡張性も十分に確保されています。

対応マザーボードMini-ITX
サイズ幅:166mm
高さ:310mm
奥行:325mm
電源別売
外部ドライブベイなし
内部ドライブベイ3.5インチ 最大2個
2.5インチ 最大4個

関連記事:簡易水冷式CPUクーラーおすすめ紹介

Abee「AS Enclosure RS01」

写真:Amazonのスクリーンショット

「AS Enclosure RS01」は、PC関連商品を中心に販売する日本企業であるコンピューターケース・ジャパンのブランドAbee(アビー)のコンパクトPCケースです。

AS Enclosure RS01は、国産メーカーのアルミ合金を採用して作られたPCケースです。海外製の素材よりも強度、耐食性、熱伝導性などが優れた国産のアルミ合金を厳選して採用しています。

また、AS Enclosure RS01は、高い加工技術を持つ日本の職人がひとつひとつハンドメイドに近いかたちで作り上げています。加工精度が高いため、組み立て時のトラブルも少ないです。

イラスト付きのわかりやすい日本語オーナーズマニュアル(取扱説明書)も付属するため、初心者にもおすすめできるPCケースです。

対応マザーボードMini-ITX
サイズ幅:162mm
高さ:239mm
奥行:335mm
電源別売
外部ドライブベイなし
内部ドライブベイ3.5インチ 最大3個
2.5インチ 最大4個

Abee「AS Enclosure RS04」

写真:Amazonのスクリーンショット

「AS Enclosure RS04」は、同じくコンピューターケース・ジャパンのブランドAbee(アビー)のコンパクトPCケースです。

AS Enclosure RS04もRS01と同じく、強度、耐食性、熱伝導性などに優れた国産のアルミ合金を日本の職人が加工して製造されているPCケースです。

写真:Amazonのスクリーンショット

AS Enclosure RS04は、高さが105mmの薄型のPCケースであるため、一般的なPCケースが設置できなかった狭い空間にも設置しやすいです。

写真:製品ページのスクリーンショット

また、底面には、設置面にPCの振動を伝えないように吸収材(インシュレーター)も搭載されているので、自宅のどんな場所でも気軽に設置できるのも魅力です。

対応マザーボードMini-ITX
サイズ幅:357mm
高さ:105mm
奥行:239mm
電源別売
外部ドライブベイなし
内部ドライブベイ3.5インチ 最大3個
2.5インチ 最大4個

キューブ型のおすすめ

続いて、キューブ型のおすすめPCケースをご紹介します。

Thermaltake「The Tower 100」

写真:製品ページのスクリーンショット

「The Tower 100(ザ タワー 100)」は、1999年に設立された台湾の老舗PCパーツメーカーであるThermaltake(サーマルテイク)のキューブ型PCケースです。

The Tower 100は、前面と左右の側面の3面に強化ガラスパネルを採用しており、ショーケースのようなデザインが印象的です。

The Tower 100は、頑丈なスチールと強化ガラスで構成された垂直設計のPCケースです。垂直設計による煙突効果があり、下部から冷気を取り入れて上部から熱を逃がすことで、内部温度の上昇を防ぎます

写真:製品ページのスクリーンショット

また、The Tower 100には、背面、側面、底面の吸気部分に取り外し可能なフィルターが搭載されており、PCケース内部にほこりが入り込むのを防ぎます。また、フィルターは取り外し可能なため、清掃もしやすいです。

さらに、上部と背面には、120mmのケースファンが標準搭載されています。

対応マザーボードMini-ITX
サイズ幅:266mm
高さ:426.8mm
奥行:266mm
電源別売
外部ドライブベイなし
内部ドライブベイ3.5インチ 2個 or 2.5インチ 2個
2.5インチ 2個

ほかの自作パーツのおすすめを見てみる

▷ 簡易水冷式CPUクーラーのおすすめ紹介
▷ グラフィックボードのおすすめ紹介

▷ 白色の自作PCケースおすすめ紹介
▷ 赤色の自作PCケースおすすめ紹介
▷ 緑色の自作PCケースおすすめ紹介
▷ 青・水色の自作PCケースおすすめ紹介
▷ 紫色の自作PCケースおすすめ紹介
▷ ピンク色の自作PCケースおすすめ紹介

▷ MicroATX以下対応の小型自作PCケースおすすめ紹介
▷ Mini-ITX専用の自作PCケースおすすめ紹介