【2021年版】GTRACINGのゲーミングチェアおすすめ全紹介!

eスポーツを観戦・配信する

ゲーミングチェアをお探しの方の中には、GTRACING(ジーティーレーシング)のゲーミングチェアが気になっている方もいるでしょう。GTRACINGのゲーミングチェアは、他の有名チェアと比べて安いところや、オットマン付きやスピーカー付きのチェアがあるところが大きな魅力です。

この記事では、GTRACINGが販売している10つのゲーミングチェアの特徴や違いを詳しくまとめました!

関連記事
▷ 【完全版】AKRacingのゲーミングチェアおすすめ全紹介!
▷ 【完全版】DXRACERのゲーミングチェアおすすめ全紹介!
▷ ゲーミングチェアのおすすめメーカー10選

スポンサーリンク

GTRACINGってどんなメーカー?

GTRACING(ジーティーレーシング)は、中国で2011年に創業されたゲーミングチェアメーカーです。年間100万台以上のゲーミングチェアを製造しており、世界各地にシェアを伸ばしています。

AKRacingDXRACERなどの他の老舗メーカーのチェアが3~5万円台なのに対し、GTRACINGのチェアは1~3万円台と、あまり予算のない方でも手の届きやすいゲーミングチェアを展開しているのが特徴です。

また、GTRACINGは、GTXMANGTPLAYERなどのサブブランドも展開しています。こうした名前のゲーミングチェアを見かけた際には、GTRACINGの仲間だと思っておくと良いでしょう。

模倣メーカー疑惑あり?

GTRACINGは老舗メーカーと名前が似通っていることからも察する通り、実はAKRacingやDXRACERの模倣メーカーであるという疑惑があります。

少なくともDXRACERは、GTRACINGを「模倣品メーカー」と称しており、外箱が酷似しているというツイートが話題になりました。

品質や機能は高評価、販売数も多い

同業者からはあまりよく思われてないようですが、消費者からの評判は良い傾向にあります!Amazonでの販売実績は多く、人気メーカーの1つとなっています。個人ブログで使用者のレビューなどを見ると、デザインや座り心地、耐久性といった品質面では満足している方が多いようです。

また、足を置くオットマン付きチェアや、Bluetoothスピーカー付きチェアなど、個性的な特徴を備えたチェアを展開しているという点は、GTRACINGのユニークなポイントです。

結論:コスパ重視の人におすすめ

総評としては、GTRACINGは「コスパ重視で、そこそこ良いゲーミングチェアが欲しい!」という方に向いているメーカーだと言えるでしょう。

日本ではコムホマ株式会社が正規代理店となっています。すべての製品には1年間の無償部品交換保証がついており、不具合があった際にはこちらの会社に対応してもらうことができます。

もし、少し高くても正統派なゲーミングチェアが欲しい!という方は、AKRacingやDXRACERのチェアを選ぶと安心でしょう。

▷ 【完全版】DXRACERのゲーミングチェアおすすめ全紹介!
▷ 【完全版】AKRacingのゲーミングチェアおすすめ全紹介!

GTRACINGのゲーミングチェア10モデルの違い

画像:公式HPより

2021年1月現在、GTRACINGのゲーミングチェアは10モデル販売されています。メーカーの側でカテゴリ分けがなされていないので、個人的に3つのカテゴリに分けてみました。

・スタンダードなモデル…「GT002」「GT007」「GT099」「GTBEE」

・足を置けるオットマン付きモデル…「GT901」「GT909」「GT890F」

・Bluetoothスピーカー付きモデル…「GT890YJ」「GT890Y」「GT899」

すべてのモデルに共通するポイント

画像:Amazonより。

GTRACINGのゲーミングチェアはいずれも似ており、すべてのモデルに共通するポイントは10つあります。

1)素材は高級感のあるPU(ポリウレタン)レザーで出来ています(1種類を除く)。

2)推奨身長155~185cm、アジア人の体格向けのサイズ感で作られています。

3)頭と首を支える「ヘッドレスト」がついています。

4)腰を支えて、正しく疲れにくい姿勢をキープする「ランバーサポート」がついています(取り外し可能)。

5)背もたれを165~170度まで傾けられる「リクライニング機能」がついています。

6)椅子の骨格は、人間工学に基づいて作られた「3D立体成型」のスチールフレームで出来ており、頭部、肩、腰、膝をしっかり支えます。

7)チェアの本体重量は約24.1kgです。

8)100~136kgの重さに耐えられます。

9)アームレストを上下に調節できます(左右に動かせるタイプもあります)。

10)座面の高さを上下に調節できます。

これらが共通するという前提で、各モデルの特徴を紹介していきます!

スタンダードなモデル:4種類

画像:Amazonより。こちらはGT002。

GTRACINGのゲーミングチェアの中でスタンダードなものは、「GT002」「GT007」「GT099」「GTBEE」の4種類です。

中でも「GT002」と「GT099」は一番の売れ筋チェアとなっています。いずれも税抜き1万円台で購入可能と、手が出しやすくなっています。

この4つのモデルは、主にデザイン、カラー、奥行、リクライニングの角度、アームレスト可動域がわずかに異なります。以下に違いをまとめました。

モデル名デザインカラー奥行リクライニング角度アームレスト可動域
GT002シンプル6色57.15cm165度上下
GT007背もたれが派手め3色57.15cm165度上下
GT099カラー多め1色51cm165度上下左右
GTBEEカラー控えめ3色57.15cm170度上下

椅子の高さは120.65~132.08cm、椅子の幅は67.31cmである点は4モデル共通です。

以下に1モデルずつ載せますので、ぜひ見比べてみてください。デザインや色の好みで選ぶのも良いと思いますよ!

GT002★迷ったらコレ!

画像:Amazonより。こちらはGT002。

GT002は最もスタンダードなタイプで、カラーも6色(パープル、グレー、ブルー、ホワイト、ピンク、レッド)と豊富です。女性も嬉しいピンクがあるのは、GT002だけです。

関連記事:ピンクのゲーミングチェアまとめ【おすすめ紹介】

GT007

画像:Amazonより。こちらはGT007。

GT007は、GT002のデザイン違いといったところで、少し背もたれが派手ですね!カラーは3色(レッド、ホワイト、ブルー)あります。

GT099

画像:Amazonより。こちらはGT099。

GT099は少し奥行きが狭いため、浅めに座るほうが好きな人に向いてるでしょう。また、GT099はアームレストを上下だけでなく左右にも動かせます!カラーはレッド1色のみです。

GTBEE

画像:Amazonより。こちらはGTBEE。

GTBEEは、リクライニング角度が少し大きいため、よりリラックスしやすいと言えるでしょう。差し色が控えめな大人っぽいデザインも魅力的ですね!

カラーは3色(グリーン、レッド、ブラック)あります。なお、GTBEEのレッドだけは、PUレザー素材ではなくファブリック製となっています。

Amazonでは、グリーンとレッド・ブラックの販売ページが異なるのでご注意くださいね。

グリーンの販売ページ↓

レッド・ブラックの販売ページ↓

足を置けるオットマン付きモデル:3種類

画像:Amazonより。こちらはGT890F。

GTRACINGを選びたくなる理由の1つは、足を置けるオットマンがついてることかもしれません。「GT901」「GT909」「GT890F」の3つのモデルには、収納式のオットマンが搭載されています。

オットマンに足を置けると大変楽です。さらに、オットマンとリクライニング機能を両方使うことで、横に近い体形でゆったりすることができます。

「GT901」「GT909」「GT890F」の3モデルの主な違いはデザイン、カラー、リクライニング角度、椅子の高さになります。

モデル名カラーデザインリクライニング角度椅子の高さ
GT9011色カーシートのような高級感170度120.65~132.08cm
GT9093色カラーのステッチがおしゃれ170度122.65~132.08cm
GT890F2色カラー面積多め165度122.65~132.08cm

椅子の幅67.31cm、椅子の奥行51cmである点は3モデル共通です。

オットマン付きのゲーミングチェアをお探しの方は、この3つのモデルの中から、お好きなデザイン・カラーのものを選ぶと良いでしょう。以下に1モデルずつ載せますので、ぜひ見比べてみてください!

GT901

画像:Amazonより。こちらはGT901。

GT901はブラック1色のみで、高級感のあるタイプとなっています。オットマン付きモデルでブラックがあるのは、GT901のみです。

GT909

画像:Amazonより。こちらはGT909。

GT909は、斜めに入ったカラーがおしゃれなデザインです。カラーは3色(レッド、ホワイト、ブルー)あります。

GT890F

画像:Amazonより。こちらはGT890F。

GT890Fは、オットマン付きモデルの中では最もカラーの面積が多めのデザインですね。カラーは2色(レッド、ブルー)あります。

Bluetoothスピーカー付きモデル:3種類★注目!

画像:Amazonより。こちらはGT890Y。

最後にご紹介するのは、なんとBluetoothスピーカー付きのモデルです!スピーカー付きのゲーミングチェアだなんて、かなり個性的ですよね。

GTRACINGのスピーカー付きゲーミングチェアは、3つのモデル「GT890YJ」「GT890Y」「GT899」があります。いずれも、背もたれの後ろ側の左右にスピーカーがついています

画像:Amazonより

Bluetooth接続で、約15~20m以内にあるデバイスから音楽を最大6時間連続再生することができます。チェアの充電時間は3時間程度を要します。

ゲーム用のヘッドセットを使うのも良いですが、ヘッドセットは長時間使用していると、締め付け感で頭が疲れてきちゃう人も多いと思います。スピーカー付きゲーミングチェアであれば、ヘッドセット特有の疲労なしでゲームの臨場感を味わうことができますね!

「GT890YJ」「GT890Y」「GT899」の3モデルの主な違いは、デザイン、カラー、リクライニング角度、椅子の高さ、椅子の奥行、オットマンの有無になります。3つとも、他のシリーズより椅子の高さが高めになります。

モデル名デザインカラーリクライニング角度椅子の高さ椅子の奥行オットマン
GT890YJカラー多め4色165度125~135cm53cm
GT890Yカラー多め2色165度128.5~138.5cm51cm
GT899大人っぽい3色170度128.5~138.5cm51cm

GT890YJ

画像:Amazonより。こちらはGT890YJ。

GT890YJは、オットマン付きのモデルです。ゲーム以外の時間も、横たわりながら音楽でリラックスできそうですね。カラーは4色(レッド、ホワイト、グレー、パープル)あります。

GT890Y

画像:Amazonより。こちらはGT890Y。

GT890Yは、GT890YJとデザインが似ています。オットマンはなく、椅子の高さがGT890YJよりもさらに高めになっています。カラーは4色(ブルー、グレー、ホワイト、レッド)あります。

GT899

画像:Amazonより。こちらはGT899。

GT899は、170度のリクライニングが可能で、スタイリッシュで大人っぽいデザインとなっています。オットマンはありませんが、ランバーサポートが大きめです。カラーはレッド、ブルー、グレーの3色です。

スピーカー付きというハイテクなモデルでありながら2~3万円台で買えるので、非常にコスパが良いと言えます。ヘッドフォンやイヤフォンに疲れている方は、こちらのスピーカー付きゲーミングチェアがおすすめです!

ほかのゲーミングチェアもどうぞ

▷ ゲーミングチェアのおすすめメーカー10選
▷ AKRacingのゲーミングチェア全紹介
▷ DXRACERのゲーミングチェア全紹介
▷ 【番外編】AKRacing・DXRACER・GTRACINGの違いを解説!
▷ E-WINのゲーミングチェア全紹介
▷ Bauhutteのゲーミングチェア全紹介
▷ CORSAIRのゲーミングチェア全紹介
▷ イトーキのゲーミングチェア全紹介
▷ COUGARのゲーミングチェア全紹介
▷ noblechairsのゲーミングチェア全紹介
▷ 関家具のゲーミングチェア全紹介

ほかの格安ゲーミングチェアを見てみる

▷ SWOLOLのゲーミングチェア全紹介
▷ EXRACINGのゲーミングチェア全紹介
▷ GALAXHEROのゲーミングチェア全紹介
▷ JKOOKのゲーミングチェア全紹介
▷ Dowinxのゲーミングチェア全紹介
▷ GTXMANのゲーミングチェア全紹介
▷ HBADAのゲーミングチェア全紹介

快適なゲーミング環境を作ろう

当メディアでは、ゲーミングチェア以外にも、eスポーツを快適にプレイするための商品を紹介しています。合わせてご覧ください!

▷ 手首を守る!おすすめのゲーミングリストレスト紹介
▷ eスポーツ中にも手軽に栄養が摂れる食べ物・飲み物まとめ
▷ イスに置くだけで姿勢改善!「pinto」レビュー
▷ eスポーツ配信向け「ゲーミングマイク」のおすすめ紹介
▷ はじめてにおすすめ!一万円以下のゲーミングキーボード紹介