【2021年版】VERTAGEARのゲーミングチェアおすすめ紹介

eスポーツとパソコン・スマホ

ゲーミングチェアをお探しの方の中には、VERTAGEAR(ベルタギア)のゲーミングチェアが気になっている方もいるでしょう。

数々のゲーミングチェアが販売されている中、VERTAGEARのゲーミングチェアには一体どんな特徴があるのでしょうか?

この記事では、日本で販売されているVERTAGEARのゲーミングチェアの特徴を詳しく解説します!

関連記事
▷ ゲーミングチェアのおすすめメーカー10選

スポンサーリンク

VERTAGEARってどんなメーカー?

ロゴ:Amazonをスクリーンショット

VERTAGEAR(ベルタギア)は、2015年にアメリカで設立されたゲーミングチェアブランドです。家具の専門家、エンジニア、ゲーマーなどのスペシャリストが集結し、eスポーツプレイヤーに寄り添った高品質・高性能なゲーミングチェアを開発しています。

事実、VERTAGEARのゲーミングチェアは、格闘ゲーム「ストリートファイター」の公式大会など、数々のeスポーツ大会での採用実績があり、プロ御用達のブランドとなっています。

また、特許出願中の独自技術である「スライドイン設計」により、組み立てが簡単であることも人気の理由の1つとなっています。

価格帯は2~5万円台と、入門向けのモデルからプロ向けモデルまで幅広く用意されています。日本では、株式会社アスクが正規代理店となっており、正規代理店が取り扱っている製品には2年間の保証がついてきます。海外メーカーでありながら、日本語でサポートが受けられる点も安心できますね。

総じて、VERTAGEARのゲーミングチェアは値段相応に品質が高く、安心して長く使えるゲーミングチェアだと言えるでしょう。ご予算に余裕のある方は、ぜひ検討してみてください!

VERTAGEARのゲーミングチェア4シリーズの違い

画像:Amazonをスクリーンショット

2021年4月現在、日本で正式に取り扱いされているVERTAGEARのゲーミングチェアは4シリーズあります。

・SL2000シリーズ
・SL5000シリーズ
・PL4500シリーズ
・PL6000シリーズ

これら4つのシリーズの主な違いは、デザイン・サイズ感・耐荷重などであり、アームレストの自由度以外の機能は4シリーズとも共通しています。

それでは、それぞれのシリーズの特徴を詳しく見ていきます!

SL2000:エントリーモデル

画像:Amazonをスクリーンショット。こちらは黒地タイプ。

SL2000は、エントリーモデルに位置付けられているゲーミングチェアです。

人間工学に基づく設計や快適な座り心地は上位モデルと同じままでありながら、VERTAGEARの中では最も機能がシンプルで、小柄向けの作りになっています。価格も2万円台と入手しやすいです。

素材は、汚れに強いPVC(ポリ塩化ビニル)レザー製です。身体にフィットするような設計となっており、弾力のある高密度なフォームにより、長時間座り続けても疲れにくいです。150kgの重さに耐えられ、サイズ感は155cm以上の方に向いているように見受けられます。

機能としては、最大140度リクライニングが可能、座面の傾きを固定できるチルトロック機構、取り外し可能なヘッドレスト(首クッション)とランバーサポート(腰クッション)の付属、上下に動かせるアームレストなど、充実しています。

画像:Amazonをスクリーンショット。こちらは白地タイプ。

カラーは、黒地にカーボンブラック、グリーン、パープル、ピンク、ブルー、ホワイト、レッドのほかに、白地にブラック、グリーン、パープル、レッド、ブルーの、計12色あります。白地は、お部屋を明るい雰囲気にしてくれるでしょう。

SL2000は、予算の限られた方でも手に入れやすい高品質なゲーミングチェアとしておすすめです!

関連記事:「白色」のゲーミングチェアおすすめ紹介

SL5000:バランスの良いモデル

画像:Amazonをスクリーンショット

SL5000は、ミドルレンジモデルに位置付けられているモデルです。

エントリーモデルであるSL2000との主な違いは、サイズが一回り大きいことと、アームレストの自由度が高くなっていることの2つです。価格は3万円台と、中ぐらいの価格帯です。

具体的には、SL2000よりも座面が少し高く、座面幅もやや広くなっていますので、160cm以上の方に向いたサイズ感だと見受けられます。また、アームレストは、上下・左右・前後に動き角度調節もできる4Dタイプとなっています。

素材は、汚れに強いPVC(ポリ塩化ビニル)レザー製です。弾力のある高密度なフォームにより、長時間座り続けても疲れにくいです。150kgの重さに耐えられるため、耐久性も高いです。

4Dアームレスト以外の機能としては、最大140度リクライニングが可能、座面の傾きを固定できるチルトロック機構、取り外し可能なヘッドレスト(首クッション)とランバーサポート(腰クッション)の付属など、充実しています。

カラーは、カーボン、グリーン、ブルー、ホワイト、レッドの5色があります。

SL5000は、価格と機能のバランスが良いゲーミングチェアとしておすすめです!

created by Rinker
ベルタギア(Vertagear)
¥37,590 (2021/05/09 08:34:13時点 Amazon調べ-詳細)

PL4500:防臭機能付きのゆったりモデル

画像:Amazonをスクリーンショット

PL4500は、ミドルレンジモデルに位置付けられているモデルです。

同じくミドルレンジモデルであるSL5000との主な違いは、防臭・抗菌機能がついていること、背もたれがワイドであること、耐荷重がより高いこと、アームレストの自由度、の4つです。価格は5万円台と、高級な部類に属します。

背もたれや座面には、コーヒー繊維製のパッドや銀製の裏地が使用されており、防臭・抗菌性に優れています。座面の高さはSL5000と同じで、160cm以上の方に向いているサイズ感ですが、背もたれが広めなので、よりゆったりした座り心地だと言えます。

素材は、汚れに強いPVC(ポリ塩化ビニル)レザー製です。キャスター部分の素材がより強固なものになっているため、耐久性が高く、180kgまでの重さに耐えられます。

機能としては、最大140度リクライニングが可能、座面の傾きを固定できるチルトロック機構、取り外し可能なヘッドレスト(首クッション)とランバーサポート(腰クッション)の付属、上下・前後に動き角度調節もできる3Dアームレストなど、充実しています。

カラーは、カーボン、グリーン、パープル、ブルー、ホワイト、レッドの6色があります。

PL4500は、長時間快適に座り続けられるゲーミングチェアとしておすすめです!

PL6000:大柄・高身長向けモデル

画像:Amazonをスクリーンショット

PL6000は、ミドルハイエンドモデルに位置付けられているモデルです。

大きな特徴は、ワイドな作りであること、4つの中で最も大柄・高身長向けであること、耐荷重が一番高いこと、の3つです。価格は4万円台と、高級な部類に属します。

プロによる長時間の使用に耐えうるよう、他のモデルよりもさらにパッドが追加され、心地よい座り心地となっています。また、座面・背もたれともにワイドな作りになっているほか、座面が高いので、170cm以上の方に向いたサイズ感だと見受けられます。

素材は、汚れに強いPVC(ポリ塩化ビニル)レザー製です。キャスター部分の素材がより強固なものになっているため、耐久性が高く、200kgまでの重さに耐えられます。大柄な方でも安心して座れます。

機能としては、最大140度リクライニングが可能、座面の傾きを固定できるチルトロック機構、取り外し可能なヘッドレスト(首クッション)とランバーサポート(腰クッション)の付属、上下・左右・前後に動き角度調節もできる4Dアームレストなど、充実しています。

カラーは、オレンジ、カーボン、グリーン、ブルー、ホワイト、レッド、迷彩の7色があります。特に、迷彩柄のゲーミングチェアは珍しいですね!

PL6000は、大柄・高身長な方にもフィットする快適なゲーミングチェアとしておすすめです!

関連記事:【180cm~】大柄・高身長におすすめのゲーミングチェア紹介

ほかの有名ゲーミングチェアも見てみる

▷ ゲーミングチェアのおすすめメーカー10選
▷ AKRacingのゲーミングチェア全紹介
▷ GTRACINGのゲーミングチェア全紹介
▷ DXRACERのゲーミングチェア全紹介
▷ 【番外編】AKRacing・DXRACER・GTRACINGの違いを解説!
▷ E-WINのゲーミングチェア全紹介
▷ Bauhutteのゲーミングチェア全紹介
▷ CORSAIRのゲーミングチェア全紹介
▷ イトーキのゲーミングチェア全紹介
▷ COUGARのゲーミングチェア全紹介
▷ noblechairsのゲーミングチェア全紹介
▷ 関家具のゲーミングチェア全紹介
▷ Secretlabのゲーミングチェア全紹介
▷ サンワダイレクトのゲーミングチェア全紹介

色や特徴からゲーミングチェアを選ぼう

▷ 【全10色】色別のおすすめゲーミングチェア紹介
▷ 「赤色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「オレンジ色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「黄色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「緑色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「青色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「パープル色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「ピンク色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「白色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「黒色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「グレー色」のゲーミングチェアおすすめ紹介

▷ 部屋に自然になじむ「おしゃれ」なゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ ファブリック素材で「通気性の良い」ゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 180度リクライニングで「寝れる」ゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ オットマン(足置き)付きのゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ テレワークにおすすめのゲーミングチェア紹介
▷ 「ゲーミングソファ」のおすすめ紹介
▷ 「ゲーミング座椅子」のおすすめ紹介
▷ 【180cm~】大柄・高身長におすすめのゲーミングチェア紹介
▷ 【150cm台】小柄・低身長におすすめのゲーミングチェア紹介
▷ 女性向け!かわいいゲーミングチェアおすすめ紹介

格安メーカーのゲーミングチェアを見てみる

▷ 【1万円台】安いゲーミングチェアのおすすめ厳選紹介!
▷ GTRACINGのゲーミングチェア全紹介
▷ SWOLOLのゲーミングチェア全紹介
▷ EXRACINGのゲーミングチェア全紹介
▷ GALAXHEROのゲーミングチェア全紹介
▷ JKOOKのゲーミングチェア全紹介
▷ Dowinxのゲーミングチェア全紹介
▷ GTXMANのゲーミングチェア全紹介
▷ HBADAのゲーミングチェア全紹介
▷ SKYEのゲーミングチェア全紹介
▷ RAKUのゲーミングチェア全紹介
▷ GTPLAYERのゲーミングチェア全紹介
▷ LEOVOLのゲーミングチェア全紹介
▷ IODOOSのゲーミングチェア全紹介
▷ LUCKRACERのゲーミングチェア全紹介
▷ NEOLEAD(Liv House)のゲーミングチェア全紹介
▷ PRORACINGのゲーミングチェア全紹介