モバイルモニターのおすすめ11選【2022年春版】

モニター

コワーキングスペースやカフェなどの外出先で効率よく作業したい方や、自宅の机に大きなモニターを置く余裕のない方は、モバイルモニターの購入を検討されているかもしれません。

モバイルモニターは、一般的なモニターよりも小さいため場所を取らずに使えますし、携帯性にも優れているので、手軽に持ち運びや収納ができます。モニターが複数あるとPC作業の効率が格段にアップしますので、モバイルモニターは生活の質を向上させてくれること間違いなしでしょう。

とはいえ、販売されているモバイルモニターの種類は多数あり、どの製品を選んでよいか分からないかもしれません。

そこで、モバイルモニターを愛用しながら記事を書いている編集部が、おすすめのモバイルモニターをご紹介しました!解像度やサイズごとに分けてご紹介していますので、ぜひ用途に合わせて選んでみてください。

関連記事
▷ 4Kモバイルモニターのおすすめ紹介
▷ タッチパネル付きモバイルモニターおすすめ紹介

スポンサーリンク

モバイルモニターを選ぶときのポイント4つ

まずは、自分に合ったモバイルモニターを選ぶときにチェックすべきポイントを4つお伝えします。

ポイント1.携帯性(サイズと重量)

モバイルモニターを使いたい方の多くは、外出先での利用を想定していると思いますので、最初のポイントは携帯性となります。

携帯性を左右するのは、サイズと重量のバランスです。当然のことながら、サイズが大きいほど見やすいものの重くなり、サイズが小さいほど軽量ですが見やすさは劣ります。

モバイルモニターのサイズとしてよくあるサイズは、13.3インチ、15.6インチ、17.3インチですが、編集部としてサイズと重量のバランスが良いと思うのは15.6インチです。特にこだわりがない方は、15.6インチのものを選んでおくと、幅広い場面で使いやすいと思います。

一方で、とにかく軽さを重視したい方は13.3インチを、とにかく大きくて見やすいほうが良い方は17.3インチを選ぶと良いでしょう。

また、ほとんどの方はノートPCと組み合わせて使うと思いますので、ノートPCの画面サイズに合わせるのも良い選択肢です。ノートPCとモバイルモニターの画面サイズが同じであれば、違和感なく使いやすいです。

ポイント2.解像度

2つ目のポイントは、解像度です。

モニターに映る画像は点の集まりで出来ており、画像を何個の点で表示するかを決めるのが解像度です。一般的な解像度はフルHD(1920×1080)で、高解像度としては4K(3840×2160)などがあります。

ワードやエクセル、パワーポイントの利用や、Webブラウザでの調べ物、文章執筆など、一般的なPC作業であればフルHDで十分です。編集部もフルHDのモバイルモニターを使用しています。

一方で、画像や映像などを扱うクリエイティブ系の作業多数のデータを1画面に表示する作業映画やゲームを美しい映像で楽しむことなどに使用したい方は4Kがおすすめです。

ポイント3.タッチ対応や内蔵バッテリーの有無

3つ目のポイントは、タッチ対応や内蔵バッテリーの有無です。

モバイルモニターの中には、タブレットのように指でタッチする操作に対応しているタイプもあります。タブレット感覚で使えることを重視される方は、タッチ対応した製品を選ぶと良いでしょう。

なお、10か所のタッチを同時に認識できる「10点マルチタッチ対応」のモデルを選んでおくと、ズームなど複数の指を使った操作も快適に行えるのでおすすめです。

また、モバイルモニターには、給電式のタイプもあれば、内蔵バッテリーが搭載されているタイプもあります。

給電式の場合、電源コンセントのない環境では、PC本体やモバイルバッテリーから給電することになるため心もとないですが、内蔵バッテリーが搭載されていれば、あらかじめ充電しておくことで長時間作業できます

電源のない環境で作業することが多い方は、内蔵バッテリーが搭載された製品を選んでおくと安心です。

ポイント4.接続方式

4つ目のポイントは、接続方式です。

PCなどの機器とモバイルモニターとの接続方式には、USB Type-C、HDMI、Mini HDMI、Micro HDMIなどがあります。

HDMIは、ビジネス用の多くのノートPCやNintendo Switchなどのゲーム機との接続時に利用される一般的な接続方式です。一方で、Macbookや最新のSurfaceなど一部のPCは、USB Type-Cにも対応しています。

USB Type-Cでの接続では、PCからモバイルモニターへの映像出力と電源供給ができます。そのため、モバイルモニター側に電源がなくても、USB Type-CケーブルでPCと接続するだけでモバイルモニターを使えます。ケーブルが1本で済むため、取り回しが良くて便利です。

お使いのPCの接続方式を確認してモバイルモニターを選ぶと良いでしょう。

モバイルモニターを選ぶときのポイントを確認したところで、続いて商品紹介に移ります!

15.6インチ・フルHDのおすすめ5つ

まずは、画面サイズが15.6インチ・解像度がフルHDのモデルを5つご紹介します。

15.6インチは、見やすさと軽さのバランスが良く、モバイルモニターとしては一番売れ筋の標準的な画面サイズです。はじめてモバイルモニターを買う方や、どのサイズにしてよいか悩んでいる方は、15.6インチ・フルHDのモデルがおすすめです!

ASUS「ZenScreen MB16AH-J」:三脚の接続に対応★編集部イチオシ!

写真:Amazonのスクリーンショット

まずご紹介するのは、台湾のPC・スマートフォン関連メーカーであるASUS(エイスース)のモバイルモニター「ZenScreen MB16AH-J」です。

ASUSは、一般的なPCモニターからゲーミングモニターまで数多くのモニターを展開しているメーカーです。大手PC関連メーカーの中でも特にモバイルモニターに注力しており、ラインナップも豊富です。

ZenScreen MB16AH-Jは、標準的なモバイルモニターサイズである15.6インチ・フルHD(1920×1080)のモデルであり、USB Type-CとMicro HDMIの両方に対応しています。

その他の特徴としては、スピーカーが内蔵されている点や、 一般的な三脚に接続できるネジ穴がついている点が挙げられます。三脚に接続することで、高さ調節や角度調節の自由度が格段に上がります

写真:編集部で撮影

編集部でも、三脚用ねじ穴付きのASUSモバイルモニターを利用しており、上の写真のようにノートPCの上部にモバイルモニターを配置しています。上部に配置することで画面の高さを目の高さにすることができ、正しい姿勢でPC作業ができます。

外出先で長時間作業される方や、肩こりなどのリスクを低減したいという方に特におすすめなモバイルモニターです!

製品名MB16AH-J
パネルIPS 15.6インチ
解像度フルHD (1920×1080)
入出力PC接続用:
 USB Type-C(DP Alt mode) x1
 Micro HDMI x1
出力用:
 3.5mm ステレオミニジャック x1
スピーカー1W x2
サイズ359.8×227.6x9mm
重量730g
その他三脚用ねじ穴搭載
保護スリーブ付属

ASUS「MB16AH」:旧モデル

「MB16AH」は、MB16AH-Jの旧モデルです。スペックはほぼ変わりませんが、MB16AH-Jより低価格で販売されていることが多いので、少しでも安いモデルが良い方は検討してみてください。

ASUS「MB16ACV」:USB Type-C接続のみのシンプルモデル

「MB16ACV」は、USB Type-Cでの接続にのみ対応したシンプルなモデルです。価格が少し安いのと、本体に自立スタンドがついていることが特徴です。

編集部で使っているのはMB16ACVです。レビュー記事もありますので、ぜひ参考にしてみてください。

EVICIV「EVC-1506」:Amazonで大人気

写真:Amazonのスクリーンショット

続いてご紹介するのは、2019年に設立された中国のモバイルモニターブランドであるEVICIVのモバイルモニター「EVC-1506」です。

EVICIVは、新しいブランドであるためまだ知名度は低いですが、一般のモニターやゲーミングモニターを含むAmazonのディスプレイ売れ筋ランキングで、モバイルモニターでありながら常に上位に食い込む人気ブランドです。

写真:Amazonのスクリーンショット(2022年3月時点)

EVICIVの中でも一番の売れ筋であるEVC-1506は、標準的なモバイルモニターサイズである15.6インチ・フルHD(1920×1080)のモデルであり、2つのUSB Type-CとHDMIの計3つの入力に対応しています。

さらに、スピーカーが内蔵されているため、モニターから直接音を出すこともできます。

手頃な価格で人気の高いモバイルモニターとしておすすめです!

製品名EVC-1506
パネルIPS 15.6インチ
解像度フルHD (1920×1080)
入出力PC接続用:
 USB Type-C(DP Alt mode/給電) x2
 HDMI x1
出力用:
 3.5mm ステレオミニジャック x1
USBハブ機能:
 Micro USB Type-B x1
スピーカー2W x2
サイズ357x225x10mm
重量658g
その他保護ケース付属

EVICIVのモニターは、Amazonでクーポンが配布されていることが多いので、購入の際は商品ページをご確認ください。クーポンが配布されている際には、「クーポンをクリックして¥****割引」を適用して購入すると、割引価格で購入できます。

innocn「PF15-PRO」:内蔵バッテリーと10点マルチタッチ対応

写真:Amazonのスクリーンショット

続いてご紹介するのは、中国で2014年に設立された、高級・業務用モニターの研究開発・販売を行う会社であるinnocn「PF15-PRE」です。

PF15-PREは、標準的なモバイルモニターサイズである15.6インチ・フルHD(1920×1080)のモデルであり、USB Type-CとMini HDMIの両方に対応しています。

また、5,000mAhの内蔵大容量バッテリーを搭載しているため、最大4時間ほど連続使用することができます。カフェや訪問先など電源が確保できない場所で小一時間利用する際にも安心です。

さらに、10点マルチタッチ対応スピーカーも内蔵されているなど高機能です。

どんなシーンでも使い勝手の良いモバイルモニターとしておすすめです!

製品名PF15-PRO
パネルIPS 15.6インチ
解像度フルHD (1920×1080)
入出力PC接続用:
 USB Type-C(DP Alt mode) x1
 Mini HDMI x1
スピーカー搭載
サイズ362.4×236.6×8.4mm
重量1090g
その他10点マルチタッチ対応
スタンドカバー付属
5,000mAhバッテリー内蔵

アイリスオーヤマ「ILD-A1616MS-B」:圧倒的な軽さ

写真:Amazonのスクリーンショット

続いてご紹介するのは、仙台に本社を置く生活用品・家電の企画製造を行うアイリスオーヤマのモバイルモニター「ILD-A1616MS-B」です。

ILD-A1616MS-Bは、標準的なモバイルモニターサイズである15.6インチ・フルHD(1920×1080)のモデルであり、2つのUSB Type-CとMini HDMIの計3つの入力に対応しています。

最大の特徴は、軽量さにあります。本体重量はわずか550gという軽さであり、13.3インチクラスのモバイルモニターと同等の重量になります。持ち運んで利用することが多いモバイルモニターにおいて、この軽さは魅力的です。

さらに、スピーカーが内蔵されているため、モニターから直接音を出すこともできます。

軽くて持ち運びやすいモバイルモニターとしておすすめです!

製品名ILD-A1616MS-B
パネルIPS 15.6インチ
解像度フルHD (1920×1080)
入出力PC接続用:
 USB Type-C(DP Alt mode/給電) x2
 Mini HDMI x1
出力用:
 3.5mm ステレオミニジャック x1
スピーカー1W x2
サイズ356x227x9mm
重量550g
その他スタンドカバー付属

ASUS「ROG STRIX XG16AHPE」:超高速のゲーミングモニター

写真:Amazonのスクリーンショット

続いてご紹介するのは、ASUSのモバイルゲーミングモニター「ROG STRIX XG16AHPE」です。

ROG STRIX XG16AHPEは、標準的なモバイルモニターサイズである15.6インチ・フルHD(1920×1080)のモデルであり、PCゲームやNintendo Switch、PlayStationなどのプレイにも利用可能なゲーミングモニターとして販売されています。

リフレッシュレート(1秒間に画面を描画する回数)は144Hz応答速度(色が切り替わる速度)は3msです。一般的なモバイルモニターのリフレッシュレートは60Hz程度なので、XG16APEは2倍以上高速に画面描画できるモバイルモニターだと言えます。

さらに、7,800mAhの大容量バッテリーを内蔵しており、リフレッシュレート144Hzで動作した場合も最大3時間駆動できます。また、三脚に取り付けるためのねじ穴も搭載されており、自由な角度でモニターを設置することが可能です。

接続方式は、USB Type-CとMicro HDMIの入力に対応しています。さらに、スピーカーが内蔵されているため、モニターから直接音を出すこともできます。

どんな場所でもハイクオリティなゲーム体験ができるモバイルモニターとしておすすめです!

製品名XG16AHPE
パネルIPS 15.6インチ
解像度フルHD (1920×1080)
入出力PC接続用:
 USB Type-C(DP Alt mode) x1
 Micro HDMI x1
出力用:
 3.5mm ステレオミニジャック x1
スピーカー1W x2
サイズ360.52×225.52×11.8mm
重量900g
その他三脚用ねじ穴搭載
保護スリーブ付属
7,800mAhバッテリー内蔵

ROG STRIX XG16AHPEは、ホワイトとブラックの2つのカラーモデルが販売されています。

ホワイト

ブラック

純正の三脚とのセットモデル

13.3インチ・フルHDのおすすめモデル2つ

続いて、画面サイズが13.3インチ・解像度がフルHDのモデルを2つご紹介します。

13.3インチのモバイルモニターは、サイズが小さく軽量なものが多いので、持ち運びのしやすさが大きな魅力です。小さいものでは本体がA4サイズ程度、重さも500g~750g程度のものが多いです。

持ち運ぶ際の疲れを少しでも抑えたい方は、13.3インチのモバイルモニターをぜひ検討してみてください!

I-O DATA「EX-LDC131DBM」:安心の日本メーカー

写真:Amazonのスクリーンショット

まずご紹介するのは、日本の老舗PC周辺機器メーカーであるI-O DATA(アイ・オー・データ)のモバイルモニター「EX-LDC131DBM」です。

I-O DATAは日本企業なだけあって、マニュアル類や国内のサポートも充実しているため、安心感を持って購入できます。

EX-LDC131DBMは、コンパクトなモバイルモニターサイズである13.3インチ・フルHD(1920×1080)のモデルであり、USB Type-CとMini HDMIの両方に対応しています。

また、キックスタンドが本体に搭載されており、モバイルモニター本体のみでモニターを立てて設置できる点も魅力的です。

コンパクトで使いやすい日本メーカーの小型モバイルモニターとしておすすめです!

製品名EX-LDC131DBM
パネルADS 13.3インチ
解像度フルHD (1920×1080)
入出力PC接続用:
 USB Type-C(DP Alt mode) x1
 Mini HDMI x1
出力用:
 3.5mm ステレオミニジャック x1
スピーカーなし
サイズ329x204x10mm
重量740g
その他キャリングケース付属

Kogoda「K1301R-B」:高コスパで人気

写真:Amazonのスクリーンショット

続いてご紹介するのは、モバイルモニターを中心に製品展開する中国発のブランドであるKogodaのモバイルモニター「K1301R-B」です。

Kogodaのモバイルモニターは、同スペックの他社製品と比較しても、シンプルな構成で価格もお手頃なことから、Amazonなどの通販サイトでも人気の製品です。

K1301R-Bは、コンパクトなモバイルモニターサイズである13.3インチ・フルHD(1920×1080)のモデルであり、2つのUSB Type-CとMini HDMIの計3つの入力に対応しています。

さらに、スピーカーが内蔵されているため、モニターから直接音を出すこともできます。

小型のモバイルモニターを少しでも安く手に入れたい方におすすめです!

製品名‎K1301R-B
パネルIPS 13.3インチ
解像度フルHD (1920×1080)
入出力PC接続用:
 USB Type-C(DP Alt mode/給電) x2
 Mini HDMI x1
出力用:
 3.5mm ステレオミニジャック x1
スピーカー1W x2
サイズ非公開(厚さ:7.8mm)
重量529g
その他保護ケース付属

Kogodaのモニターは、Amazonでクーポンが配布されていることが多いので、購入の際は商品ページをご確認ください。クーポンが配布されている際には、「クーポンをクリックして¥****割引」を適用して購入すると、割引価格で購入できます。

17.3インチ・フルHDのおすすめモデル2つ

続いて、画面サイズが17.3インチ・解像度がフルHDのモデルを2つご紹介します。

17.3インチのモバイルモニターは、とにかくサイズが大きくて見やすいのが魅力です。外出先ではもちろんのこと、家の中でも食卓などで気軽に使えて簡単に片づけられるモニターとしても活躍します。

多少重くてもいいから大きくて見やすいほうが良いという方は、17.3インチのモバイルモニターをぜひ検討してみてください!

EVICIV「EVC-1701」:高機能で売れ筋

写真:Amazonのスクリーンショット

まずご紹介するのは、EVICIVのモバイルモニター「EVC-1701」です。

EVC-1701は、モバイルモニターとしては大型の17.3インチ・フルHD(1920×1080)のモデルであり、USB Type-CとHDMIの両方に対応しています。

本体に自立スタンドが搭載されているため、本体のみでモニターを立てることができます。また、USBハブ機能も搭載されているため、USBマウスやUSBキーボードなどを接続して利用することができます。

さらに、スピーカーが内蔵されているため、モニターから直接音を出すこともできます。

利便性も高くて使いやすい大型のモバイルモニターとしておすすめです!

製品名EVC-1701
パネルIPS 17.3インチ
解像度フルHD (1920×1080)
入出力PC接続用:
 USB Type-C(DP Alt mode/給電) x1
 HDMI x1
出力用:
 3.5mm ステレオミニジャック x1
USBハブ機能:
 USB Type-A x1
スピーカー2W x2
サイズ非公開
重量916g
その他保護ケース付属

EVICIVのモニターは、Amazonでクーポンが配布されていることが多いので、購入の際は商品ページをご確認ください。クーポンが配布されている際には、「クーポンをクリックして¥****割引」を適用して購入すると、割引価格で購入できます。

Acouto「XC17」:シンプルで低価格

写真:Amazonのスクリーンショット

続いてご紹介するのは、中国発のモバイルモニターブランドであるAcouto(アコウト)のモバイルモニター「XC17」です。

XC17は、モバイルモニターとしては大型の17.3インチ・フルHD(1920×1080)のモデルであり、USB Type-Cと2つのMini HDMIの計3つの入力に対応しています。

2つのMini HDMIに対応しているため、据え置き型のモニターとしても活躍してくれるでしょう。Nintendo SwitchやPlayStationをHDMIで接続し、PCとはUSB Type-Cなど複数の機器と接続するなど、ゲーム機との相性も良いモバイルモニターです。

さらに、スピーカーが内蔵されているため、モニターから直接音を出すこともできます。

手頃な価格で入手できる大型モバイルモニターとしておすすめです!

製品名XC17
パネルIPS 17.3インチ
解像度フルHD (1920×1080)
入出力PC接続用:
 USB Type-C(DP Alt mode/給電) x1
 Mini HDMI x2
出力用:
 3.5mm ステレオミニジャック x1
スピーカー2W x2
サイズ391x241x11mm
重量900g
その他スタンドカバー付属
折りたたみ式軽量スタンド付属

Acoutoのモニターは、Amazonでクーポンが配布されていることが多いので、購入の際は商品ページをご確認ください。クーポンが配布されている際には、「クーポンをクリックして¥****割引」を適用して購入すると、割引価格で購入できます。

高解像度モデルのおすすめ2つ

続いて、高解像度な4Kのモデルを2つご紹介します。

4Kは最高クラスの解像度であり、密度の高い精細な映像を満喫できます。画像や映像を扱う作業をしたい方や、動画視聴をハイクオリティに楽しみたい方は、4Kモバイルモニターがおすすめです。

InnoView「INVPM204」:マルチタッチ対応の4Kモニター

写真:Amazonのスクリーンショット

まずご紹介するのは、中国発のモバイルモニターブランドであるInnoViewのモバイルモニター「INVPM204」です。

INVPM204は、モバイルモニターとしては小ぶりなサイズの14インチ・4K(3840×2160)のモデルであり、2つのUSB Type-CとMini HDMIの計3つの入力に対応しています。

本体には180°開脚可能な自立スタンドが搭載されているため、本体のみで自由な角度でモニターを立てることができます。さらに、INVPM204は10点マルチタッチにも対応しているため、タブレットのようなタッチ操作が可能です。

さらに、スピーカーが内蔵されているため、モニターから直接音を出すこともできます。

タッチ操作で感覚的な作業も可能な4Kモバイルモニターとしておすすめです!

製品名INVPM204
パネルIPS 14インチ
解像度4K (3840×2160)
入出力PC接続用:
 USB Type-C(DP Alt mode/給電) x2
 Mini HDMI x1
出力用:
 3.5mm ステレオミニジャック x1
スピーカー内蔵
サイズ非公開
重量865g
その他10点マルチタッチ対応
保護ケース付属

山善「QMM4K-156」:日本の高コスパ4Kモニター

写真:Amazonのスクリーンショット

続いてご紹介するのは、日本の商社である山善のモバイルモニター「QMM4K-156」です。

モバイルモニターは中国ブランドの製品が多い中、山善は家電業界でも評判の高い日本企業であるため、サポート体制もしっかりしており、安心して購入することができます。さらに、中国ブランドの製品に負けないくらい価格が手頃である点も魅力的です。

QMM4K-156は、標準的なモバイルモニターサイズである15.6インチ・4K(3840×2160)のモデルであり、2つのUSB Type-CとMini HDMIの計3つの入力に対応しています。

さらに、スピーカーが内蔵されているため、モニターから直接音を出すこともできます。

安心して購入できる手頃な価格の4Kモバイルモニターとしておすすめです!

製品名QMM4K-156
パネルIPS 15.6インチ
解像度4K (3840×2160)
入出力PC接続用:
 USB Type-C(DP Alt mode/給電) x2
 Mini HDMI x1
出力用:
 3.5mm ステレオミニジャック x1
スピーカー2W x2
サイズ363x221x10mm
重量840g
その他スタンドカバー付属

ほかのモバイルモニターも見てみる

▷ 【厳選】モバイルモニターのおすすめ紹介
▷ 4Kモバイルモニターのおすすめ紹介
▷ タッチパネル付きモバイルモニターおすすめ紹介
▷ Nintendo Switch向けモバイルモニターおすすめ紹介
▷ ASUSのモバイルモニターおすすめ紹介
▷ EVICIVのモバイルモニターおすすめ紹介