【レビュー】EKSA H1、環境音を拾わないマイク性能がすごい!

オーディオレビュー記事

こんにちは。eスポーツをはじめよう!編集部です。

この度は、EKSA様(Twitter:@EksaJapan)より、EKSA Telecomのノイズキャンセリングワイヤレスヘッドセット「H1」をご提供頂きましたので、使用した感想を書いてみたいと思います!

関連記事:ゲーミングイヤフォンEKSA「GT1」使用レビュー

スポンサーリンク

「EKSA Telecom H1」とは?

写真:製品ページのスクリーンショット

EKSA Telecom(エクサ・テレコム)は、香港発のオーディオ機器メーカーOneOdio(ワンオーディオ)が展開しているブランドの一つです。ENCテクノロジー(環境音を消すことによって話者の音声だけをクリアに伝える技術)を用いて、音声を忠実に伝えることに注力した製品を販売しています。

今回ご提供頂いたEKSA H1も、ENCテクノロジーを採用した片耳ヘッドセットです。ENCテクノロジーにより、工事現場や工場、人が多く集まっているコールセンターなどでも、話者の音声だけをクリアに拾うことができます。

編集部でも、会議のほとんどがZoomやTeamsなどのオンライン会議です。オンライン会議に特化したヘッドセットに興味があったため、EKSA H1のご提供を素直に喜びました。

開封レビュー

では、実際に開封していきます。

写真:編集部で撮影(EKSA H1外箱)

まずは、外箱です。業務用のヘッドセットということもあり、製品が何であるかがわかりやすシンプルな外箱になっています。

写真:編集部で撮影(EKSA H1の箱を開けたところ)

内装も非常にシンプルです。まさに、プロユースの製品といった感じです。

写真:編集部で撮影(EKSA H1内容物)

内容物は、ヘッドセット本体と充電用のUSBケーブル、ヘッドフォンポーチ、マニュアル類です。

写真:編集部で撮影(EKSA H1本体)

本体はプラスチック製です。どんな仕事現場でも使えそうな、ブラックのシンプルなデザインです。

写真:編集部で撮影(EKSA H1本体)

マイク部分は270°回転するため、右耳にも左耳にも装着可能です。

写真:編集部で撮影(EKSA H1)

イヤーパッドは片側のみで、逆側はこめかみのあたりでヘッドセットを支える作りとなっています。肌ざわりのよいゴム素材でこめかみにフィットします。

写真:編集部で撮影(EKSA H1 スライダー)

ヘッドバンドにはスライダーがついており、頭のサイズに合わせて長さを調整可能です。

写真:編集部で撮影(EKSA H1充電用のUSB Type-Cコネクタ)

充電はUSB Type-Cのコネクタから行います。最近はUSB Type-Cで充電するガジェットが多いので、このコネクタは嬉しいですね。500mAhのバッテリーが搭載されており、連続30時間の音声通話に対応しています。

写真:編集部で撮影(EKSA H1充電用のUSB Type-Cケーブル)

充電用のUSB Type-Cケーブルです。コネクタ部分は、外箱と同じオレンジ色となっています。製品のテーマカラーなのでしょうか。

写真:編集部で撮影(EKSA H1のボタン類)

ボタン類です。「+」、「-」ボタンが音量ボタンです。その真ん中のボタンはマルチファンクションボタンで、電源のオン・オフや再生、一時停止などに利用します。マルチファンクションボタンの下にはマイクミュートボタンが設置されています。

使用感

続いて、実際に使ってみた感想を述べていきたいと思います。2週間ほど、実際のオンライン会議で利用してみました。

人の声が聞きやすい

EKSA H1は仕事でのコミュニケーション向けヘッドセットということもあり、音楽再生よりも、人の声の聞きやすさを重視した作りになっています。

オンライン会議では、実際に人の声がクリアに聞こえる印象を持ちました。音質自体は少しこもった音という感じですが、人の声だけが強調されて聞こえる気がしました。

オンライン会議においては相手が何を話しているかを正しく聞き取ることが重要ですので、人の声を聞き取ることにストレスがなく、会議に集中することができた点が良かったです。

ENCテクノロジー対応マイクがすごい!

写真:Amazonのスクリーンショット

EKSA H1を使って一番驚いたのはマイクの性能です!EKSA H1は、私の声以外の環境音をほとんど拾いません。

編集部では、机が隣り合わせになっていることもあり、オンライン会議中にたびたび、隣のメンバのキーボードの音を指摘されることがあったのですが、EKSA H1を使いだしてからキーボードの音を一切拾わず、指摘されることもなくなりました。

自分の声しか拾わないことを良いことに、夕方に開催される会議などでは自宅で料理をしながら参加してみました。水道を出しながら会議中に発言するなど、厳しい条件でも相手に料理中であることがバレずに参加することができました。

ENCテクノロジーは純粋に素晴らしく、感動しました!

まとめ

EKSA H1の一番の推しポイントは、とにかくマイクの性能です。どんな環境であっても自分の声だけをクリアに伝えるマイクは非常に優秀であり、まさにプロ仕様と言えるヘッドセットだと感じました。

テレワークで自宅からオンライン会議をする際に、家族の生活音を拾ってしまって困っている方など、オンライン会議環境を改善したい方にはおすすめです!

★EKSA Telecomの公式サイトもぜひご覧ください!:https://www.eksatelecom.com/

編集部のほかのオーディオレビューも見てみる

▷ B&Oワイヤレスイヤフォン「Beoplay E8 Sport」
▷ ワイヤレスイヤフォン「EarFun Air Pro2」
▷ ワイヤレスイヤフォン「EarFun Free Mini」
▷ OneOdioノイズキャンセリングヘッドフォン「SuperEQ S1」
▷ NPETゲーミングヘッドセット「HS10」
▷ EKSAワイヤレスゲーミングイヤフォン「GT1」
▷ EKSA Telecomワイヤレスヘッドセット「H1」
▷ FIFINEゲーミングマイク「K658」