【2021年版】青色のゲーミングチェアおすすめ10つ紹介!

eスポーツとパソコン・スマホ

ゲーミングチェアをお探しの方の中には、「青色系のゲーミングチェアがいいな~」とお考えの方もいらっしゃるでしょう。機能性やスペックはもちろん大切ですが、デザインや見た目が好きというのも、長く使い続けるゲーミングチェアを選ぶ上では重要な要素です。

とはいえ、ゲーミングチェアメーカーは数多くあり、どれを選んでよいか迷ってしまうかもしれません。

そこでこの記事では、おすすめの青色ゲーミングチェアを10つ紹介します!

「全体が青色のタイプ」と「黒地に青色のタイプ」の2種類に分けてご紹介しますので、お好みの方をチェックしてみてください!

関連記事
▷ ゲーミングチェアのおすすめメーカー10選
▷ 「緑色」のゲーミングチェアおすすめ紹介

スポンサーリンク

全体が青色のタイプ・3つ

まずは、チェア全体が青色なゲーミングチェアを3つご紹介します。いずれもデザイン性の高さが評価されているメーカーの、安心して長く使えるものを選んでいます。

イトーキ「クロスフォーカスチェアa」:部屋になじみやすい

画像:Amazonをスクリーンショット

イトーキは、日本の老舗オフィス家具メーカーです。オフィス空間設計を専門としているメーカーであり、数多くの企業から信頼されています。イトーキのゲーミングチェアは、自宅に違和感なく溶け込むデザインをコンセプトに作られており、落ち着いた雰囲気のお部屋作りにはピッタリです。

そんなイトーキのゲーミングチェアの中の「クロスフォーカスチェアa」というシリーズには、チェア全体が青色のタイプがあります。淡いネイビー調の青色で、様々な家具と調和しやすいデザインとなっています。

素材はPVC(ポリ塩化ビニル)レザー製です。日本メーカーということもあって、サイズ感も日本人向けの低座面設計となっています。

機能としては、135度リクライニング、座面を揺らせるロッキング機能、7段階で上下するアームレスト、首を支えるネックサポートと腰を支えるランバーサポートの付属など、ゲーミングチェアとしての機能性が十分に備わっています。

信頼の日本メーカー製の、お部屋になじむゲーミングチェアとしておすすめです!

イトーキのほかのチェアも見る
▷ 【完全版】イトーキのゲーミングチェアおすすめ全紹介!

Dowinx「LS-6668」:コスパ最強でおしゃれ

画像:Amazonをスクリーンショット

Dowinx(ドウィンクス)は、中国の格安系ゲーミングチェアメーカーです。どの製品も2万円前後と格安かつ高機能であることが特徴です。格安系は謎のメーカーも多い中、Dowinxは生産元がはっきりしているほか、コスパの良さサポート対応の良さなどから信頼を集めており、おすすめできる格安メーカーだと言えます。

そんなDowinxの中の「LS-6668」というモデルには、チェア全体が青色のタイプがあります。こちらも淡い色合いのスカイブルーとなっており、どんな部屋にも合わせやすくなっています。

素材はファブリック製であり、通気性の良さが期待できます。座面は少し高めで、推奨身長は160~180cmとなっています。

機能としては、170度リクライニング上下昇降できるアームレスト、首を支えるヘッドレストと腰を支えるマッサージ機能付きランバーサポートの付属、さらに足置き(オットマン)の付属、360度回転できる座面など、2万円前後でありながらかなりの高機能となっており、大変コスパが良いと言えます。

オットマン付きの青色ゲーミングチェアをお探しの方におすすめです!

Dowinxのほかのチェアも見る
▷ 【完全版】Dowinxのゲーミングチェアおすすめ全紹介!

HBADA「HDJY001」:鮮やかなブルーが目を引く

画像:Amazonをスクリーンショット

HBADA(ハバダ)は、中国のチェアブランドです。ゲーミングチェア以外にも、オフィスチェアや学習用チェアなどを手掛けており、中国では売れ筋の人気ブランドとなっています。HBADAのゲーミングチェアは、チェア専門ブランドとして培われた堅実な技術が織り込まれていながら1万円台と格安であり、おすすめできる格安系ゲーミングチェアの1つとなっています。

そんなHBADAの中の「HDJY001」というシリーズの中には、チェア全体が青色のタイプがあります。鮮やかでありながらも大人びた綺麗なブルーで、お部屋をクールな雰囲気にしてくれるでしょう。

素材はソフトPU(ポリウレタン)レザー製で、高級感がありながらも肌触りが良好です。推奨身長は155~185cmと、幅広い方が座りやすくなっています。

機能としては、155度リクライニング、座面を揺らせるロッキング機能7cm昇降できるアームレスト、首を支えるヘッドレストと腰を支えるマッサージ機能付きランバーサポートの付属、360度回転できる座面など、充実しています。

クールなゲーミングチェアを格安で手に入れたい方におすすめです!

HBADAのほかのチェアも見る
▷ 【完全版】HBADAのゲーミングチェアおすすめ全紹介!

黒地に青のタイプ・7つ

続いて、黒地に青色のデザインのゲーミングチェアを7つ紹介します。これぞゲーミングチェア!といった王道な雰囲気のものをお探しの方におすすめです。人気メーカーから厳選しました。

DXRACER「DXZ」:大会での使用実績あり

画像:Amazonより。左がダークブルー、右がライトブルー。

DXRACER(デラックスレーサー)は、アメリカのゲーミングチェアメーカーです。次に紹介するAKRacingと並んで最も有名な2大ゲーミングチェアメーカーの1つです。長年の研究開発によって作られた高品質なチェアは、世界各地のeスポーツプレイヤーに愛用されており、大会でも使用されています。

そんなDXRACERの中でも、スタンダードなシリーズである「フォーミュラシリーズ」の中の「DXZ」というモデルには、青色があります。暗めの「ダークブルー」と、明るめの「ライトブルー」の2色があります。

素材は、ステッチ入りPUソフトレザーで、高級感があり肌触りも良いです。推奨身長は155~175cmで、幅広い体型の方に向いています。

機能としては、135度リクライニングが可能、座面を最大15度傾けられるロッキング機能、首を支えるヘッドレストと腰を支えるランバーサポートの付属、上下昇降できる1Dアームレストなど、十分に備わっています。

本格的な環境でゲームをプレイしたい方におすすめのゲーミングチェアです!

DXRACERのほかのチェアも見る
▷ 【完全版】DXRACERのゲーミングチェアおすすめ全紹介!

AKRacing「Nitro V2」:人気の定番モデル

画像:Amazonをスクリーンショット

AKRacing(エーケーレーシング)は、中国を拠点とするゲーミングチェアメーカーです。1個前に紹介したDXRACERと並んで、最も有名な2大ゲーミングチェアメーカーの1つです。元々はプロ向けのレーシングシートを開発していたため、技術力や品質の高さには定評があります。

そんなAKRacingの代表作ともいえる「Nitro V2」シリーズには、青色があります。ロゴの部分もすべて同じ青色で統一されており、派手すぎないクールな雰囲気になっています。

素材は、高級感のあるPU(ポリウレタン)レザー製です。低座面設計となっているため、身長が低めの方でも座りやすいです。

機能としては、180度リクライニングが可能、座面を最大12度傾けられるロッキング機能、首を支えるヘッドレストと腰を支えるランバーサポートの付属、上下昇降できる1Dアームレストなど、充実しています。

人気メーカーの売れ筋ゲーミングチェアとして、幅広い方におすすめです!

created by Rinker
エーケーレーシング(Akracing)
¥44,033 (2021/05/09 08:31:31時点 Amazon調べ-詳細)

AKRacingのほかのチェアも見る
▷ 【完全版】AKRacingのゲーミングチェアおすすめ全紹介!

Contieaks「Rosa」:日本メーカー&通気性良し

画像:Amazonをスクリーンショット

Contieaks(コンティークス)は、福岡の家具商社である関家具(せきかぐ)が開発しているゲーミングチェアブランドです。日本メーカーであり、日本人の体格や利用シーンを考慮して開発されているため、日本人プレイヤーの愛用者が多くなっています。

そんなContieaksの中の「Rosa(ローザ)」シリーズには、青色があります。素材は、通気性の良いジャージファブリック製であり、長時間使用による背中の蒸れ・汗が気になる方にもおすすめできます。

機能としては、160度リクライニング、頭と首を支えるヘッドレストと腰を支えるランバーサポートの付属、前後・左右・上下の移動および左右の首振りが可能な4Dアームレストの付属など、高機能な作りになっています。4Dアームレストは、アーム間の幅を狭めることで肘をついてゲームパッドを操作できるところも、評判の良いポイントです。

日本メーカーにこだわる方や、通気性の良いゲーミングチェアをお探しの方におすすめです!

created by Rinker
コンティークス(Contieaks)
¥38,800 (2021/05/09 08:31:31時点 Amazon調べ-詳細)

Contieaksのほかのチェアも見る
▷ 【完全版】関家具のゲーミングチェアおすすめ全紹介!

GTRACING「GT002」:格安界No.1

画像:Amazonをスクリーンショット

GTRACING(ジーティーレーシング)は、中国の格安系ゲーミングチェアメーカーです。1~3万円台という安さでありながら、有名メーカーに劣らない高機能なチェアを展開しており、格安系メーカーの中ではダントツ人気となっています。コスパの高さから、日本でも愛用者が多いです。

そんなGTRACINGの代表的なモデルである「GT002」には、青色があります。

素材は、高級感のあるPU(ポリウレタン)レザー製です。推奨身長は155~185cm、アジア人の体格向けのサイズ感で作られているため、小柄な人でも座りやすいです。

機能としては、165度リクライニング上下に動くアームレスト、腰を支えるランバーサポートや首を支えるヘッドレストが付属するなど、1万円台でありながら基本的な機能が備わっています。

なるべく安めでコスパの良いゲーミングチェアをお探しの方におすすめです!

GTRACINGのほかのチェアも見る
▷ 【完全版】GTRACINGのゲーミングチェアおすすめ全紹介!

E-WIN「CP」:チェア全体が肉厚

画像:Amazonをスクリーンショット

E-WIN(イーウィン)は、中国のゲーミングチェアメーカーです。機能性の高さや美しいデザインが評価されており、日本やアメリカ、ヨーロッパなどで着々と愛用者を増やしています。また、有名メーカーよりも価格が少し安めである点も人気の理由となっています。

そんなE-WINの中の「CP」シリーズには青色があります。E-WINのゲーミングチェアは、座面だけでなくチェア全体が肉厚になっており、座り心地が快適です。

素材は、ピンホール(小さな穴)の空いたPUレザー製で、高級感がありながらも通気性の良さが期待できます。日本人向けの低座面設計となっているため、小柄な方でも足がつきやすいです。

機能としては、155度リクライニング、座面を最大15度まで傾けられるロッキング機能、腰を支えるランバーサポート(取り外し可能)や首を支えるヘッドレストの付属、上下・左右・前後に動かせる3Dアームレストに加え、E-WINオリジナル機能ともいえる、チェアを最大15度前傾できる「前傾チルト機能」が搭載されています。それでいて、2万円台で購入できるというコスパの良さです。

肉厚な座り心地をお好みの方におすすめのゲーミングチェアです!

E-WINのほかのチェアも見る
▷ 【完全版】E-WINのゲーミングチェアおすすめ全紹介!

COUGAR「ARMOR ONE」:チェックパターンがおしゃれ

画像:Amazonより

COUGAR(クーガー)は、ドイツのゲーミングデバイスブランドです。ゲーミングチェアをはじめ、キーボードやマウスなど、様々なゲーミングデバイスを展開しています。高級感ある大人びたデザイン品質の高さが特徴で、世界中のeスポーツプレイヤーに愛用されています。

そんなCOUGARの中「ARMOR ONE(アーマーワン)」シリーズには、青色(色名:SKY BLUE)があります。背もたれや座面にダイヤモンドチェックパターンの刺繍が施されており、ラグジュアリーな雰囲気があります。

素材は、PVC(ポリ塩化ビニル)レザーで触り心地が良いです。座面は少し高めなので、160~180cmぐらいの方に向いていると思われます。

機能としては、180度リクライニング、座面を傾けられるロッキング機能、上下・左右に動く2Dアームレスト首と腰を支えるピローの付属など、十分備わっています。

COUGAR独自のおしゃれなデザインが気に入った方におすすめです!

COUGARのほかのチェアも見る
▷ 【完全版】COUGARのゲーミングチェアおすすめ全紹介!

IODOOS「18シリーズ」:個性的なトリコロール

画像:Amazonをスクリーンショット

IODOOS(イオドウス)は、千葉を拠点とするSCM株式会社が開発・販売しているゲーミングチェアブランドです。公式ホームページなどは無いため謎が多いブランドではありますが、1万円台という安さや、類を見ない個性的なデザインが魅力の格安ブランドとなっています。

そんなIODOOSの「18」シリーズには、青色があります。黒地に青といっても、トリコロールカラーという珍しいデザインとなっています。このデザインはIODOOS以外では見たことがありません。レアです。

素材は、低反発で汚れに強いPVC(ポリ塩化ビニル)レザーです。座面の高さを見る限り、155~185cmぐらいの方に向いていると思われます。

機能としては、170度リクライニング、座面を揺らせるロッキング機能、上下左右に動く2Dアームレスト、首を支えるヘッドレストと腰を支えるランバーサポートの付属など、充実しています。

唯一無二のデザインが気に入った方におすすめのゲーミングチェアです!

IODOOSのほかのチェアも見る
▷ 【完全版】IODOOSのゲーミングチェアおすすめ全紹介!

色や特徴からゲーミングチェアを選ぼう

▷ 【全10色】色別のおすすめゲーミングチェア紹介
▷ 「赤色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「オレンジ色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「黄色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「緑色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「パープル色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「ピンク色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「白色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「黒色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「グレー色」のゲーミングチェアおすすめ紹介

▷ 部屋に自然になじむ「おしゃれ」なゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ ファブリック素材で「通気性の良い」ゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 180度リクライニングで「寝れる」ゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ オットマン(足置き)付きのゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ テレワークにおすすめのゲーミングチェア紹介
▷ 「ゲーミングソファ」のおすすめ紹介
▷ 「ゲーミング座椅子」のおすすめ紹介
▷ 【180cm~】大柄・高身長におすすめのゲーミングチェア紹介
▷ 【150cm台】小柄・低身長におすすめのゲーミングチェア紹介
▷ 女性向け!かわいいゲーミングチェアおすすめ紹介

有名メーカーのゲーミングチェアをもっと見てみる

▷ ゲーミングチェアのおすすめメーカー10選
▷ AKRacingのゲーミングチェア全紹介
▷ GTRACINGのゲーミングチェア全紹介
▷ DXRACERのゲーミングチェア全紹介
▷ 【番外編】AKRacing・DXRACER・GTRACINGの違いを解説!
▷ E-WINのゲーミングチェア全紹介
▷ Bauhutteのゲーミングチェア全紹介
▷ CORSAIRのゲーミングチェア全紹介
▷ イトーキのゲーミングチェア全紹介
▷ COUGARのゲーミングチェア全紹介
▷ noblechairsのゲーミングチェア全紹介
▷ 関家具のゲーミングチェア全紹介
▷ Secretlabのゲーミングチェア全紹介
▷ サンワダイレクトのゲーミングチェア全紹介
▷ VETRAGEARのゲーミングチェア全紹介

1万円台の格安ゲーミングチェアをもっと見てみる

▷ 【1万円台】安いゲーミングチェアのおすすめ厳選紹介!
▷ GTRACINGのゲーミングチェア全紹介
▷ SWOLOLのゲーミングチェア全紹介
▷ EXRACINGのゲーミングチェア全紹介
▷ GALAXHEROのゲーミングチェア全紹介
▷ JKOOKのゲーミングチェア全紹介
▷ Dowinxのゲーミングチェア全紹介
▷ GTXMANのゲーミングチェア全紹介
▷ HBADAのゲーミングチェア全紹介
▷ SKYEのゲーミングチェア全紹介
▷ RAKUのゲーミングチェア全紹介
▷ GTPLAYERのゲーミングチェア全紹介
▷ LEOVOLのゲーミングチェア全紹介
▷ IODOOSのゲーミングチェア全紹介
▷ LUCKRACERのゲーミングチェア全紹介
▷ NEOLEAD(Liv House)のゲーミングチェア全紹介
▷ PRORACINGのゲーミングチェア全紹介