【2021年版】LEOVOLのゲーミングチェアおすすめ紹介!

eスポーツとパソコン・スマホ

ゲーミングチェアを探している方は、価格の安いLEOVOLのゲーミングチェアが気になっているかもしれません。LEOVOLとはどんなメーカーで、LEOVOLのゲーミングチェアにはどのような特徴があるのでしょうか?

この記事では、LEOVOLのゲーミングチェアの特徴を詳しくまとめました!

関連記事
▷ 安いゲーミングチェアのおすすめ厳選紹介!

スポンサーリンク

LEOVOLってどんなメーカー?

ロゴ:Amazonより

LEOVOLは、おそらく中国のZhejiang Liwo Household Products Co.,Ltd.という企業が展開している家具ブランドです。この企業は2001年に設立されており、ソファを中心とする家具を幅広く開発・販売しているようです。ゲーミングチェアにも、そうした家具開発のノウハウが活かされていると思われます。

LEOVOLのゲーミングチェアは、1万円台で購入できるという圧倒的安さが特徴です。ブランドの公式ホームページはないため、商品に関する情報は販売ページのみに限られています。

レビューを見ますと、時折部品の不揃いなどの不備があるようですが、すべての商品に1年間の品質保証がついており、不具合があった際にきちんと対応してもらえたユーザの声も見受けられます。ただし、Amazonでは販売元が中国のショップなので、日本のショップのような親切な対応とは異なるかもしれません。購入の際は、このあたりを承知しておいたほうがよさそうです。

総合的に見ますと、完璧じゃなくてもいいから安いゲーミングチェアを買いたい!という方に向いているブランドだと思います。

LEOVOLのゲーミングチェアは3種類ある

画像:Amazonより

2021年2月現在、LEOVOLのゲーミングチェアは3種類あります。シリーズ名がはっきり明記されていないので、個人的に分かりやすく分類してみました。

1.メッシュモデル
2.オットマン(足置き)付きモデル
3.3Dアームレストモデル

の3種類です。それぞれの特徴について、詳しく紹介していきます!

メッシュモデル

画像:Amazonをスクリーンショット

LEOVOLの最も個性的なゲーミングチェアが、このメッシュモデルのタイプです。

背もたれが通気性の良いメッシュ素材になっており、さらにカクカクとしたサイバー風のデザインが魅力的です。背もたれ以外はシンプルに見えますが、座面は10cmと十分な肉厚さがあります。

機能としては、135度リクライニングが可能、座面を前後に揺らせるロッキング機能(ゆりかご機能)、首を支える丸形ヘッドレストと腰を支えるランバーサポートの付属が挙げられます。アームレストは動かず固定タイプのようです。

画像:Amazonより

サイズ感は、背もたれ・座面幅に関しては平均的です。座面は49cm~61cmに昇降でき、低座面仕様とは言えないので、160cm以上の方が座りやすいかと思います。

カラーは、レッド、イエロー、ブラックの3色があります。サイバー風デザインのゲーミングチェアは他社にはなかなかありませんので、デザインが気に入った方におすすめです!

オットマン付きモデル

画像:Amazonをスクリーンショット

LEOVOLのゲーミングチェアの中で、唯一オットマン(足置き)が付属しているモデルです。

素材はPU(ポリウレタン)レザー製で、全体的にクッション感のある、人間の身体にフィットする立体的な形状になっています。

機能としては、165度リクライニングが可能、首を支えるヘッドレストと腰を支えるランバーサポートの付属が挙げられます。アームレストはリクライニングに連動して動きますが、上下昇降などはしません。キャスターは静音仕様で、140kgの重さにまで耐えられます。

画像:Amazonより

サイズ感は、平均的なゲーミングチェアより少し背もたれが低めで、座面が横に広めといった印象です。座面は47cm~55cmに昇降でき、他社と比べるとすごく低座面といった作りではないので、155cm以上の方に向いているサイズ感だと思います。

カラーは、ブラック、グレー、グリーン、ブルー、レッドの5色があります。オットマン付きのゲーミングチェアを安く買いたい方におすすめです!

3Dアームレストモデル

画像:Amazonをスクリーンショット

最後にご紹介するのは、アームレストの可動性が高い3Dアームレストモデルです。

他の2つのモデルはアームレストが上下に動いたりしませんが、こちらのモデルのアームレストは、上下・前後・左右に動かすことができます。また、見た目の特徴としては、チェックパターンの刺繍が入っている点がおしゃれです。素材はPU(ポリウレタン)レザー製です。

3Dアームレスト以外の機能としては、165度リクライニングが可能、座面を前後に揺らせるロッキング機能(ゆりかご機能)、首を支えるヘッドレストと腰を支えるランバーサポートの付属が挙げられます。キャスターは静音仕様で、140kgの重さにまで耐えられます。

画像:Amazonより

サイズ感は、背もたれが高めで、座面の奥行があり、座面の幅は少しタイトめといった具合です。座面は39cm~48cmに昇降でき、3モデルの中では最も低座面な作りになっているので、小柄な人や身長が低めの方でも座りやすいのではないかと思います。

カラーは、ブラック、ブルー、レッドの3色があります。機能がバランスよく備わっているゲーミングチェアを安くお探しの方におすすめです!

ほかの格安ゲーミングチェアも見てみる

▷ 【1万円台】安いゲーミングチェアのおすすめ厳選紹介!
▷ GTRACINGのゲーミングチェア全紹介
▷ SWOLOLのゲーミングチェア全紹介
▷ EXRACINGのゲーミングチェア全紹介
▷ GALAXHEROのゲーミングチェア全紹介
▷ JKOOKのゲーミングチェア全紹介
▷ Dowinxのゲーミングチェア全紹介
▷ GTXMANのゲーミングチェア全紹介
▷ HBADAのゲーミングチェア全紹介
▷ SKYEのゲーミングチェア全紹介
▷ RAKUのゲーミングチェア全紹介
▷ GTPLAYERのゲーミングチェア全紹介
▷ IODOOSのゲーミングチェア全紹介
▷ LUCKRACERのゲーミングチェア全紹介

色や特徴からゲーミングチェアを選ぼう

▷ 「パープル色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「ピンク色」のゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 部屋に自然になじむ「おしゃれ」なゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ ファブリック素材で「通気性の良い」ゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 180度リクライニングで「寝れる」ゲーミングチェアおすすめ紹介
▷ 「ゲーミングソファ」のおすすめ紹介

有名メーカーのゲーミングチェアを見てみる

▷ ゲーミングチェアのおすすめメーカー10選
▷ AKRacingのゲーミングチェア全紹介
▷ GTRACINGのゲーミングチェア全紹介
▷ DXRACERのゲーミングチェア全紹介
▷ 【番外編】AKRacing・DXRACER・GTRACINGの違いを解説!
▷ E-WINのゲーミングチェア全紹介
▷ Bauhutteのゲーミングチェア全紹介
▷ CORSAIRのゲーミングチェア全紹介
▷ イトーキのゲーミングチェア全紹介
▷ COUGARのゲーミングチェア全紹介
▷ noblechairsのゲーミングチェア全紹介
▷ 関家具のゲーミングチェア全紹介
▷ Secretlabのゲーミングチェア全紹介
▷ サンワダイレクトのゲーミングチェア全紹介