【2020年冬版】コルセア(CORSAIR)のゲーミングチェアおすすめ全紹介!

ゲーミングチェアをお探しの方の中には、CORSAIR(コルセア)のゲーミングチェアが気になっている人がいるかもしれません。COSAIRのゲーミングチェアは、中くらいの価格帯でありながら十分な高機能が備わっており、コスパが良いと言えます。

この記事では、CORSAIRのゲーミングチェアの特徴や違いを詳しくまとめました!CORSAIRのゲーミングチェア選びの参考となれば幸いです。

関連記事
▷ AKRacingのゲーミングチェア全紹介
▷ イトーキのゲーミングチェア全紹介
▷ ゲーミングチェアのおすすめメーカー10選

スポンサーリンク

CORSAIRってどんなメーカー?

ロゴ:公式HPより

CORSAIR(コルセア)は、1994年に設立された、ゲーミングデバイスや自作PCパーツなどを販売するアメリカの企業です。高品質で革新的な数々の製品は、パソコンマニアやeスポーツプレイヤーに長年愛用され続けています。

CORSAIRのゲーミングチェアは、180度リクライニング、4Dアームレストなどのゲーミングチェアに必要な高機能が十分揃っています。それでいて価格は3万円台と、ゲーミングチェアとしては少し奮発して手が出せる価格帯です。デザインもスタイリッシュであり、価格に対して総合的なスペックがかなり良いと言えます。

日本では、株式会社リンクスインターナショナルが、CORSAIRのゲーミングチェアの正規代理店となっている模様です。いずれのチェアにも2年間の保証がついており、不具合があった際にも日本語でサポートを受けられます。

CORSAIRのゲーミングチェアは2シリーズ

2020年11月現在、日本で正規に販売されているCORSAIRのゲーミングチェアには2つのシリーズがあります。

・「T1 RACE 2018」シリーズ
・「T3 RUSH」シリーズ

(公式HPには「T2 ROAD WARRIOR」シリーズも掲載されていますが、いずれのショップでも在庫がなく、生産終了したとみられるため、紹介を省きます。)

これら2つのシリーズの特徴を、詳しく紹介していきます!

T1 RACE 2018:背もたれ高め、黒地でクール

画像:公式動画をスクリーンショット

「T1 RACE 2018」は、自動車シート風のステッチ入りPU(ポリウレタン)レザーを使用した、高めの背もたれ(95cm)を特徴とするゲーミングチェアです。

カラーは、黒地に赤、黄、青、白、黒の5色があり、クールなデザインとなっています。

機能性も高く、90~180度のリクライニング機能や、座面と背もたれの角度を固定して最大10度傾けられる角度調整機能、上下左右前後の移動と回転が可能な4Dアームレスト座面昇降機能など、他のゲーミングチェアメーカーの上位モデルに搭載されている高機能がほぼすべて備わっています。

さらに、頭と首を支える「ネックピロー」や、腰を支えて疲れにくい姿勢をキープする「ランバーピロー」が備わっており、身体負荷の低い姿勢で長時間快適に座り続けることができます。

チェアの内部は耐久性の高いスチール製フレームで出来ており、120kgまで耐えられます。キャスターも滑らかな滑りのローラーブレード式のPUキャスターホイールを採用しており、床を傷つけにくくなっています。

落ち着いたデザインでありながら、機能性が高く、価格も中程度(税抜3万円台)ということで、非常にバランスの良いゲーミングチェアとしておすすめできます。

created by Rinker
CORSAIR
¥29,639 (2020/12/04 14:08:08時点 Amazon調べ-詳細)
var vc_pid = “886711632”;

T3 RUSH:ファブリック素材で、落ち着いたグレー系カラー

画像:公式動画をスクリーンショット

「T3 RUSH」は、レーシングカーのシート風デザインでありながら、ファブリック素材の採用で落ち着きと通気性の高さを備えているゲーミングチェアです。T1 RACE 2018よりも背もたれは低い(85cm)ですが、座面サイズは大差ありません。

カラーは、チャコール(炭のような黒)、グレー地にチャコール、グレー地に白の色があり、部屋や空間になじみやすくなっています。

機能性の面ではT1 RACE 2018と同様に、90~180度のリクライニング機能や、座面と背もたれの角度を固定して最大10度傾けられる角度調整機能、上下左右前後の移動と回転が可能な4Dアームレスト座面昇降機能など、他のゲーミングチェアメーカーの上位モデルに搭載されている高機能がほぼすべて備わっています。

また、頭と首を支える「パッド入りネッククッション」や、腰を支えて疲れにくい姿勢をキープする「形状記憶素材のランバーサポート」が備わっており、より身体にフィットする快適な座り心地を可能にしています。

T1 RACE 2018と同様に120kgまで耐えられ、なめらかで滑りが良く、耐久性の高い耐荷重デュアルホイールキャスターが採用されています。

部屋になじみやすいデザインと高機能のバランスが良く、価格も中程度(税抜3万円台)ということで、派手なゲーミングチェアが苦手な方におすすめできます。

ほかのゲーミングチェアもどうぞ

▷ ゲーミングチェアのおすすめメーカー10選
▷ AKRacingのゲーミングチェア全紹介
▷ DXRACERのゲーミングチェア全紹介
▷ GTRACINGのゲーミングチェア全紹介
▷ 【番外編】AKRacing・DXRACER・GTRACINGの違いを解説!
▷ E-WINのゲーミングチェア全紹介
▷ Bauhutteのゲーミングチェア全紹介
▷ イトーキのゲーミングチェア全紹介
▷ COUGARのゲーミングチェア全紹介
▷ noblechairsのゲーミングチェア全紹介
▷ 関家具のゲーミングチェア全紹介

快適なゲーミング環境を作ろう

当メディアでは、ゲーミングチェア以外にも、eスポーツを快適にプレイするための商品を紹介しています。合わせてご覧ください!

▷ 手首を守る!おすすめのゲーミングリストレスト紹介
▷ eスポーツ中にも手軽に栄養が摂れる食べ物・飲み物まとめ
▷ イスに置くだけで姿勢改善!「pinto」レビュー
▷ eスポーツ配信向け「ゲーミングマイク」のおすすめ紹介
▷ はじめてにおすすめ!一万円以下のゲーミングキーボード紹介

スポンサーリンク

このページが役に立ったらシェアしてね!