AKRacing・DXRACER・GTRACINGの違いを解説!【ゲーミングチェア】

ゲーミングチェアを探していると、名前が似ているメーカーが見つかるかと思います。中でもよく見るのは、

・AKRacing(エーケーレーシング)
・DXRACER(デラックスレーサー)

・GTRACING(ジーティーレーシング)

の3つではないでしょうか。

この3メーカーのゲーミングチェアは、いずれもプロのeスポーツ大会で使用された実績を持つ、数々のeスポーツプレイヤーに愛用されているなど、共通点が多いことからも、ゲーミングチェア初心者の方には違いが分かりづらいのではないかと思います。

そこでこの記事では、AKRacing・DXRACER・GTRACINGの違いを徹底解説していきます!ゲーミングチェアを知る上での参考となれば幸いです。

各メーカーを個別に知りたい方はこちら
▷ AKRacingのゲーミングチェアを全紹介!
▷ DXRACERのゲーミングチェアを全紹介!
▷ GTRACINGのゲーミングチェアを全紹介!

スポンサーリンク

メーカーとしての違い

まずはメーカー情報について、どこの国で、いつできた会社で、どんな会社か、という視点でまとめてみます。

メーカー創業特徴
AKRacing中国2000年元々はレーシングカーのシートを開発
DXRACERアメリカ2001年元々はレーシングカーのシートを開発
GTRACING中国2011年最初からゲーミングチェアに特化

AKRacingとDXRACERは同時期に誕生し、GTRACINGは後発です。

また、AKRacingとDXRACERは、元々はレーシングカーのシートを開発していたノウハウを活かしてゲーミングチェアに参入しているという経歴が共通しています。

ちなみに、DXRACER日本支部にとっては、GTRACINGは模倣品メーカーとしての扱いのようです。

ゲーミングチェア業界におけるメーカーの立ち位置としては、「AKRacingとDXRACERが本家で、GTRACINGが模倣(?)」といった認識を持つ方が多いようです。

とはいえ、消費者の間ではGTRACINGの商品の評価は高いので、この記事では3つを対等に扱いながら比較を続けていきたいと思います!

3メーカーのゲーミングチェアの共通点

メーカーの違いがなんとなく分かったところで、次はメインテーマであるゲーミングチェアの違いについて見ていきましょう。

まずは、3つのメーカーのゲーミングチェアに共通するポイントを4つ挙げてみます。

1.レーシングシートのような高級感のあるデザインである。
2.人間工学に基づいて設計されており、長時間使用しても疲れにくい
3.首を支えるヘッドレスト、腰を支えるランバーサポートがついている。
4.リクライニング、ロッキング機能、座面昇降、アームレスト可動など、姿勢に合わせてチェアを自在に動かせる

つまり、見た目や大まかな機能は似ているということです。高級感あるカッコいいチェアで、長時間快適にeスポーツがプレイできるという点は共通しているのです。

メーカーごとに異なる点

メーカー名も似ていて、ゲーミングチェアも一見似ているとなると、一体どこが違うのでしょうか?ここからは、各メーカーの特徴を深堀していきます!

AKRacingの特徴

画像:AKRacing公式動画をスクリーンショット

AKRacingのゲーミングチェアは、

100名以上の専門家が設計に携わっている
・厳しい安全性試験をクリアしており高品質
・価格帯は4~5万円台

といった具合に、高い技術が使われており、耐久性・安全性がしっかりとしており、高価に見合う安心して長く使える品質であるという点が特徴です。

2020年10月現在、AKRacingのゲーミングチェアには、

5つのシリーズ

があります。このうち、他社と異なるポイントとしては、

・背もたれのリクライニングが180度倒せるので、完全に横になれる
・通気性の良いファブリックタイプがある
・アームレストを左右前後上下に自在に動かせる4Dタイプがある
カラーが豊富である

という点が挙げられます。

一言でいうと、「高品質・高機能で、高級なゲーミングチェア」と言えるでしょう。

*AKRacingのゲーミングチェアを詳しく知りたい方はこちら
▷ 【完全版】AKRacingのゲーミングチェアを全紹介!

DXRACERの特徴

画像:公式サイトより

DXRACERのゲーミングチェアは、

長年の革新と研究開発への投資のもと開発されている
・精密に製造されており、厳格な高品質管理を行っている
・価格帯は3~6万円

といった具合に、AKRacingと同様に、高い技術が使われており、耐久性・安全性がしっかりとしており、高価に見合う安心して長く使える品質であるという点が特徴です。

2020年10月現在、DXRACERのゲーミングチェアには、

5つのシリーズ、12のモデル

があります。このうち、他社と異なるポイントとしては、

幅広い身長・体格に合わせたモデルが用意されている
・アームレストを左右前後上下に自在に動かせる4Dタイプがある
・複数の素材を組み合わせるなど素材にこだわりがある
カラーが豊富である

という点が挙げられます。

「高品質・高機能で、高級なゲーミングチェア」である点はAKRacingと同じであり、さらに体型やデザイン面での選択肢が多いことが特徴だと言えるでしょう。

*DXRACERのゲーミングチェアを詳しく知りたい方はこちら
▷ 【完全版】DXRACERのゲーミングチェアを全紹介!

GTRACINGの特徴

画像:Amazonより

GTRACINGのゲーミングチェアは、

・国際検査機関にて認証を得た部品を採用するなど高品質を追求
・価格帯が1~3万円台という格安
・AmazonなどでNo.1を獲得するほどたくさん売れている

といった具合に、「品質の良い格安ゲーミングチェアで、よく売れている」のが特徴です。

2020年10月現在、DXRACERのゲーミングチェアには、

11つのモデル

があります。このうち、他社と異なるポイントとしては、

アジア人体型向けに設計されている
・足を置けるオットマン付きBluetoothスピーカー付きなど個性的な商品がある

という点が挙げられます。

スピーカー付きでも3万円台で買えるなど、コスパの良さで愛用されていることが特徴だと言えるでしょう。

*GTRACINGのゲーミングチェアを詳しく知りたい方はこちら
▷ 【完全版】GTRACINGのゲーミングチェアを全紹介!

3メーカーの特徴・まとめ

今述べた各社のゲーミングチェアの特徴を表で完結にまとめると次のようになります。

メーカー価格帯品質モデル数特徴
AKRacing4~5万円台5180度リクライニング
4Dアームレストなど高機能
カラーが豊富
DXRACER3~6万円台12幅広い体格をカバー
4Dアームレストなど高機能
カラー・デザインが豊富
GTRACING1~3万円台11アジア人体型向けに設計
オットマン付きあり
スピーカー付きあり

各メーカーの商品を詳しく知るなら

以上でAKRacing・DXRACER・GTRACINGの違いの解説を終わります。なんとなく、概要がつかめましたでしょうか?

以下の記事では、各メーカーのゲーミングチェアのシリーズ・モデルごとの特徴の違いを解説しています。「シリーズの違いが分からない!」と悩まれている方は、ぜひ参考にしてみてください!

▷ 【完全版】AKRacingのゲーミングチェアを全紹介!
▷ 【完全版】DXRACERのゲーミングチェアを全紹介!
▷ 【完全版】GTRACINGのゲーミングチェアを全紹介!

3社以外のメーカーもどうぞ!

▷ E-WINのゲーミングチェア全紹介
▷ Bauhutteのゲーミングチェア全紹介
▷ CORSAIRのゲーミングチェア全紹介
▷ イトーキのゲーミングチェア全紹介
▷ COUGARのゲーミングチェア全紹介
▷ noblechairsのゲーミングチェア全紹介

スポンサーリンク

このページが役に立ったらシェアしてね!