【最新版】日本で発売中の「eスポーツドリンク」を4つ紹介!

運動をする人はポカリスウェットのようなドリンクで体に必要な成分を補うように、頭脳と集中力を駆使するeスポーツプレイヤーにも、プレイの合間や休憩時間のリフレッシュにつながるドリンクが必要です。

もちろん、好きな飲み物を飲んでリフレッシュ&水分補給するのが一番ですが、最近ではeスポーツプレイヤー向けのドリンクが発売されています。

この記事では、国内で発売されているeスポーツドリンクを4種類紹介します。eスポーツを長時間プレイする方は、ぜひ試してみてください!(2020年5月10日時点での情報です)。

関連記事
▷ eスポーツ中にも手軽に栄養が摂れる食べ物・飲み物まとめ

スポンサーリンク

BRAIN SPORTS DRINK『e3』

画像:https://bsd-e3.com/ よりスクリーンショット

「BRAIN SPORTS DRINK『e3(イースリー)』」は、食品メーカーである大塚食品株式会社が発売しているeスポーツドリンクです。

BRAIN SPORTS DRINKという名の通り、頭脳を活発にするドリンクです。実際のeスポーツプレイヤーの意見を取り入れながら共同開発されました。

「ブドウ糖」と「パラチノース」という2種類の糖が入っているので、頭にすばやく糖が回るだけでなく、集中力を持続することにもつながります。また、カフェインが入っているので脳の覚醒度もアップします。早朝や深夜でも眠気と戦うことができます。総じて、試合直後から勝利する瞬間まで、パフォーマンスを発揮し続けることをサポートしてくれます。

1缶240mLで、カロリーは100mLあたり61kcal。価格は185円(税抜)です。

created by Rinker
e3(イースリー)
¥1,298 (2020/10/29 03:15:53時点 Amazon調べ-詳細)

eスポーツ対策 BREAK OUT

画像:https://web.ako-kasei.co.jp/sp/PR/es_breakout/ よりスクリーンショット

「eスポーツ対策 BREAK OUT(ブレイクアウト)」は、食品メーカーである赤穂化成株式会社が発売しているeスポーツドリンクです。

やる気につながる「ヒスチジン」と「ブドウ糖」、リフレッシュにつながる「GABA」、回復につながる「アスタキサンチン」と「クエン酸」の合計5つの成分が、長時間のeスポーツプレイをサポートします。

味はエナジードリンクに寄せていますが、ノンカフェイン無炭酸、さらに1本あたり33kcalと低カロリーになっているので、刺激的な飲み物が苦手な人でも飲みやすくなっています。

500mLのペットボトル飲料で、価格は162円(税込)とお手頃です。

created by Rinker
赤穂化成
¥2,841 (2020/10/29 14:14:32時点 Amazon調べ-詳細)

ZONe

画像:https://zone-energy.jp/ よりスクリーンショット

「ZONe(ゾーン)」は、清涼飲料メーカーであるサントリーが発売しているeスポーツドリンクです。黒い缶の「ZONe」と、フレーバー違いの赤い缶の「ZONe FIREWALL」があります。また、9月8日からは、新フレーバーの「ZONe DEEPDIVE」も発売されます。

eスポーツのみならず、ゲーム、アニメ、音楽などのデジタル文化を愛好する人全般に向けて、最高の没入体験を提供するためのドリンクです。「ブドウ糖」や「アルギニン」、「パラチノース」、「カフェイン」など、複数のエナジー成分が配合されており、eスポーツのプレイを総合的にサポートしてくれます。

1缶500mLと、缶にしては大容量です。カロリーは1缶あたり265kcalで、1本丸々飲むとおやつ1回分になりますね。価格は190円(税別)です。

created by Rinker
ZONe(ゾーン)
¥4,473 (2020/10/29 14:14:33時点 Amazon調べ-詳細)

FIREWALLはメロンソーダのような、かき氷のシロップのような味わいです。こちらのカロリーは270kcalです。

created by Rinker
ZONe(ゾーン)
¥4,592 (2020/10/29 14:14:33時点 Amazon調べ-詳細)

新フレーバーであるDEEPDIVEは、液体が白色で、ホワイトソーダやカルピス系統の味だと噂されています。こちらのカロリーは275kcalです。

created by Rinker
ZONe(ゾーン)
¥4,473 (2020/10/29 14:14:34時点 Amazon調べ-詳細)

eNERGY HACK

「eNERGY HACK(エナジーハック)」は、プロゲーミングチームである「父ノ背中」の副リーダーを務めるけんきさんがプロデュースしたeスポーツドリンクです。

FPSゲーマー専用のエナジードリンクを謳っており、「ブドウ糖」「アルギニン」「カフェイン」「ニコチン酸アミド」などの、FPSで実力を発揮するための成分が十分に含まれています。典型的なエナジードリンクらしい味わいなので、FPSをやらなくてもエナドリ好きの方におすすめです。

100mLあたり55kcal。現在は品切れ中ですが、ブラッシュアップ版であるシーズン2を開発中のようで、2020年5月中旬に発売が予定されています。

「eスポーツ向けアイテム」のほかの記事もどうぞ

▷ 目を守る!ゲーム専用メガネ「ゲーミンググラス」を紹介!
▷ eスポーツ中にも手軽に栄養が摂れる食べ物・飲み物まとめ
▷ eスポーツ向け「白いゲーミングヘッドセット」6つのおすすめを紹介!
▷ ゲーム向けスマホ「ゲーミングスマホ」とは何か?普通のスマホとの違いは?

スポンサーリンク

このページが役に立ったらシェアしてね!