プロによる「ペッカ攻城(初期型)」使い方解説動画まとめ【クラロワデッキ解説Vol.3】

クラッシュ・ロワイヤル(クラロワ)の戦い方のコツは、様々なサイトや動画で解説されていますが、一つのカードや一つのデッキごとに沢山の情報がまとまった記事は少ないように思います。

そこで、「クラロワデッキ解説シリーズ」では、一つのカードまたは一つのデッキごとに、プロ選手による解説動画を集めてみました。

Vol.2では、定番デッキの一つである「ペッカ攻城」の使い方の参考になる動画を紹介します。ペッカ攻城にはいくつかのバリエーションがありますが、今回は「初期型」と呼ばれるデッキを特集します。プロ選手のテクニックを参考に、ペッカ攻城(初期型)デッキを極めましょう!

ペッカ攻城(マジアチャ型)の解説動画を見たい方はこちら
▷ プロによる「ペッカ攻城(マジアチャ型)」使い方解説動画まとめ

▷ クラロワデッキ解説シリーズ記事一覧はこちら

スポンサーリンク

ペッカ攻城デッキとは?

Photo Credit

ペッカ攻城は、相手の陸受けカードを枯渇させた上で、攻城バーバリアン、ゴースト、アサシンユーノで攻撃をしかけるデッキです。そのためにも、相手の陸受けカードの把握がポイントとなります。防衛では、主にペッカとエレクトロウィザードで、相手の主軸カードや重量級カードを処理して、カウンター攻撃につなげます。

クラロワでは、定期的に各カードの強さが調整されて環境が変わりますが、ペッカ攻城はどんな環境においても安定して強いデッキとして根強い人気があります。

ペッカ攻城には、ロイヤルゴーストとダークプリンス、ザップと雪玉を入れ替えるなど様々なバリエーションがありますが、この記事では、対空カードとしてガーゴイルを入れた「初期型」のペッカ攻城デッキを紹介します。

ペッカ攻城(初期型)参考動画5つ紹介

それでは、ペッカ攻城(初期型)デッキの使い方の参考になるプロ選手の動画を見ていきたいと思います。

PONOS所属・ライキジョーンズ選手の動画2つ

ペッカデッキ使いで有名な日本人選手といえば、プロチーム「PONOS(ポノス)」のライキジョーンズ選手です。ライキジョーンズ選手による初期型のペッカ攻城解説動画を2つ紹介します。

ライキジョーンズ選手が、攻城バーバリアンの通し方を解説している動画(21分6秒)です。攻城バーバリアンの通し方を「1. 形を作った逆サイドに通す」、「2. 相手のエリクサーが枯渇している時に通す」、「3. ペッカの後ろに付けて通す」と3通り解説しています。

1戦目の相手はペッカ攻城には相性の悪い「テスラクロスデッキ」。2戦目の相手はゴブリンの檻、バルーン、ティガーを中心とした高回転デッキ。3戦目の相手は「ラヴァバルーンデッキ」(ラヴァハウンド、バルーンを中心としたデッキ)。4戦目の相手は「ゴレダクネデッキ」(ゴーレムとダークネクロマンサーを中心としたデッキ)。

特に、4戦目では、施設の入っていないデッキに対して攻城バーバリアンを「3. ペッカの後ろに付けて通す」方法を解説しています。

こちらの動画では、ライキジョーンズ選手が、アサシンユーノ、ロイヤルゴーストを使って相手の陸受けカードを使わせる方法や、ペッカによる守備について解説しています(13分39秒)。

1戦目の相手はゴーレム、エリートバーバリアンを中心としたデッキです。エリクサーアドバンテージをとるために相手の攻撃を許容するタイミングを解説しています。2戦目の相手はゴブリンジャイアント、プリンス、ダークプリンスを中心としたデッキで、3コストのアサシンユーノ、ロイヤルゴースト、ゴブリンを使って相手の高コストのカードを引き出す方法を解説しています。3戦目の相手は「マジアチャ型の攻城ペッカデッキ」です。

ライキジョーンズ選手の2つの動画はペッカ攻城(初期型)の基本を丁寧に解説しており、ペッカ攻城初心者には大変参考になる動画です。

元GameWith所属・ZEROS監督の動画1つ

2019年まで活動していたプロチーム「GameWith(ゲームウィズ)」に監督して所属していたZEROS(ゼロス)監督の動画を紹介します。

ZEROS監督が、ペッカ攻城(初期型)デッキで3戦している動画です(14分14秒)。

最初に、ペッカ攻城が上手い人のテクニックとしてロイヤルゴーストを先行させた攻城バーバリアンの出し方を解説しています。

1戦目の相手はロイヤルジャイアント、オーブンを中心としたデッキ、2戦目の相手は「ラヴァクローンデッキ」(ラヴァハウンド、クローンを中心としたデッキ)、3戦目の相手はロイヤルジャイアント、ダークプリンス、トルネード、ファイアーボールを中心としたデッキです。

元PONOS所属・みかん坊や選手の動画1つ

2020年1月2日の動画でプロ休止を発表したみかん坊や選手の解説動画を紹介します。

みかん坊や選手が、ペッカ攻城(初期型)デッキで3戦している動画です(12分25秒)。

1戦目の相手はラヴァハウンド、ランバージャック、ベビードラゴンを中心としたデッキです。2戦目はマスケット銃士入りの神器系デッキ、3戦目はゴーレム、ライトニングドラゴン、盾の戦士を中心としたデッキです。

攻城バーバリアンを通すためにどのようにエリクサーやカードを把握するか解説されています。みかん坊や選手の解説はカードを出す意図を細かく説明しており、初心者には非常に参考になります。

元GameWith所属・Blossom選手の動画1つ

最後に、2019年までプロチーム「GameWith」に所属していたBlossom(ブロッサム)選手の動画1つを紹介します。

Blossom選手が、ペッカ攻城(初期型)デッキで3戦している動画です(15分22秒)。

1戦目の相手はペッカ、スパーキー、トリトンを主軸としたデッキです。2戦目の相手は迫撃砲を中心としたオリジナルデッキ、3戦目の相手は「ボウラースケラデッキ」(ボウラー、スケルトンラッシュを中心としたデッキ)です。

2019年10月時点の環境ではペッカ攻城(初期型)デッキ(動画の中では元祖ペッカ攻城と表現)はおススメできないと解説していますが、相手のカードを把握しながら両サイドをどのように攻めればいいか解説されており、参考になります。

以上で紹介を終了します。プロ選手の上手いプレイを参考に、ペッカ攻城(初期型)上達を目指していきましょう!(チームの所属は2020年5月12日時点での情報です)。

▷ クラロワデッキ解説シリーズ記事一覧はこちら

「クラロワ解説」のほかの記事もどうぞ

▷ クラロワ定番デッキの3つの「型」を紹介
▷ プロによる「遅延クロス」使い方解説動画まとめ
▷ プロによる「ペッカ攻城(マジアチャ型)」使い方解説動画まとめ
▷ プロによる「2.6ホグ」使い方解説動画まとめ
▷ プロによる「ゴブジャイスパーキー(クエイク型)」使い方解説動画まとめ
▷ 絶対にキング起動できるトルネードの位置解説!

スポンサーリンク

このページが役に立ったらシェアしてね!